授乳中のアルコール摂取

テーマ:
妊娠中から禁酒
お酒を飲む女性
お酒を好きな女性にとって
禁酒はかなり辛いですよね
切実な問題です

男性は
妊娠中も産後の授乳中も普段通り
アルコールの飲むのですが
まあ同じ家庭内で
そのような状況は
お酒好きな女性からみると
かなり面白くないですよね

さて
授乳中のアルコールをどのように考えるか?

米国小児科学会のコメントでは
アルコールによる悪影響はあるが
アルコール摂取は母乳育児の禁忌とはならない

つまり
アルコールもある意味薬剤と一緒で
必ず血中に移行して母乳中にも移行します

つまり
アルコールを飲んでその後の母乳には
アルコールが含まれるのです

しかし
アルコールを飲むから
飲みたいから母乳を止める
断乳卒乳するという必要はないとのスタンス

ビール1缶350ml
ワイングラス1杯
これであれば許容範囲と理解して良いです

また
それ以上飲む場合でも
アルコールがカラダから
母乳からどのくらいの時間でどの程度減るのかを
知っていれば
母乳育児を続行しながらアルコールも飲めることになります

具体的には
飲酒後1時間で母乳中のアルコール量が最大量になります
前後30分
30-90分と考えてください

つまりこの時間帯には授乳を避ける
さらにアルコールの半減期
血中濃度が半分になるのに要する時間は

30分

1時間経過していれば最大の4分の1になり
さらに1時間つまり2時間経過していれば
16分の1になります
それでもまだアルコールは血中には残っているのですが
7-8時間経てばもうほとんど残っていません

もちろん最初に飲んだアルコールの量が重要にもなるのですが
ビール1杯
ワイングラス1杯程度であれば

数時間で十分な量に低下すると思います

ですから

お酒飲みたいので卒乳断乳するとは
考えないようにお願いします

授乳中のアルコール摂取は
本当に切実な問題だと思っています

ちなみに
私はあまりというかほとんどアルコールを飲まないので
あまり
禁酒の辛さを理解しておりません
悪しからず



AD
新しい避妊法のニュースを見つけました

ベイサルジェル

男性に使用するのですが
特殊なジェルを精管に注射で注入します

パイプカットではなく
精管内にジェルを入れることで
精子の運動性を著しく低下させ
精子の受精能力を奪ってしまうという方法

基本的に1回の注入で
10年くらいの効果があるとのこと
まだまだ承認も発売もされていないのですが
インドの研究者が開発したそうです

男性避妊の新たなる方法ということですが
精管に注射って
要するに
睾丸の裏の当たりから
注射を打たれる訳で
麻酔をしてするのかどうか分かりませんが

個人的には
その注射を考えると
カラダがぶるぶるっと震えてしまいます

あそこに注射って
なかなかイメージ湧きません

今度泌尿器科の医師に聞いてみます

まずは米国で承認発売して
様子を見てみましょう



AD

シャンプー バー

テーマ:
shampoo bar
聞いた事ありますか?

先日東京での研修の合間
かなりの眠気に襲われて
時間が2時間ほどありました

Googleで
「昼寝」「赤坂」
その時赤坂付近にいたので
赤坂なのですが
検索してみると

シャンプーバー赤坂
昼寝セットみたいなものが検索でひっかかり
必ず昼寝できますとのうたい文句

さて
早速電話を入れて
訪問してみました

かなり古い汚いビルの2階でした
狭い場末の階段を昇り
安っぽいドアを開け
「あの~予約を入れている者ですが」と
はい
メニューは昼寝でよいですか?
は~
頭皮チェックもしますか?
は~お願いします

店内も全体的にかなり安っぽい造りで
シャンプー台が3代並列にあり
その間をロールカーテンでしきっているだけ
私は真ん中の台に案内され
右は男性
左は女性
まずは
頭皮チェック

健康な頭皮の毛根の部分は
凹んでいるのです
でもちょっと凹みが少ないですね
さらに
毛根の部分にちょっと茶色のようなうっすら色が
ついていますね
これはシャンプやリンスの取り残しなのです
それと頭皮の色もやや茶色がかっていて
血行が良くない状況です

今からシャンプーとマッサージでそれを改善しますので
後ほどまた頭皮チェックしましょう

ということで
後ろ向きにリクライニングされ
シャンプー開始

かなり気持ちよく
おそらく数分で気を失って
お約束の昼寝に突入してしまいました
よって
どのようにシャンプーしていたのか
どのように頭皮マッサージをしていたのかは
全くリポート出来ません

ということで
場所を移って
自分でドライヤーをかけて
ちなみに右隣に中年の女性がドライヤーをかけて
いましたが
まあ気にせず
私も髪を乾かし
終了

しめて2170円

良かったです
シャンプーバー
再訪します
AD