親子での本の音読

テーマ:
米国小児科学会からの報告です
極めてシンプルで有益は声明です

最近
貧困や電子メディアの普及によって
幼少期での親子での本の音読を通じた
健全な成長や読み書き能力の獲得のための
準備が不十分な子どもが増加している

要するに
幼少期に必要な親子間の音読が減ってしまい
将来に渡って必要な基礎能力を得る
基礎ができていない
この事は
個人のレベルでも
国家単位でのレベルでも
とても重要な事で
米国の小児科学会ではあえて声明という警告を
出している

日本でも同じことが言える

親子での十分な音読は子どもの発達に欠かせない
脳の発達や親子関係の強化に
最も有効な手段であり
これによって
子どもの生涯続く言語
読み書きに関する能力
社会性や情動スキルが形成される

つまり
幼児期には
子どもに本を読んで聞かせよ
という事
奇をてらった子どもの教育法を考える暇が
あったら
とにかく
子どもに本の音読をせよということ

子どもの能力の基礎さえつくってしまえば
あとはその子どもの
環境や能力などによって
様々な優れた能力を得る事ができるかもしれない

しかし
この
親子間の本の音読で得られるべき
基礎能力が形成されないと
悲惨な将来が待ち受けているということ

昔は
貧困ゆえに
現在の電子機器などはなかったので
親子間のふれあいには
たまたま絵本などの読み聞かせくらいしかなく
結果的にそれが良かった

しかし
選択肢が多岐にわたる現在では
本の読み聞かせが
one of them
になってしまい
選択されない場合が増えている

小さいお子さんをお持ちの皆さん
今からでも
このブログを読み終えたら
なんでも良いので
子どもに本の音読をしてあげましょう

これほど簡単かつ有効な
親子関係や子どもの読み書き能力を養う手法は
ありません

AD

脱法ハーブと妊娠

テーマ:
あまり考えたくないですが
産科医としては真剣に考えねばいけない時期に
なっていると感じます
最近の脱法ハーブを吸引して運転
そして大事故を起こす事件が多発しています

その背景には
脱法ハーブの入手がかなり容易なのでしょう

そもそも
ハーブ?なんでしょうか?
まじめにまともにハーブに取り組んでいる
方々にとっても
イメージがかなり悪くなり
迷惑している事と思います

先日のテレビ番組で
最近の脱法ハーブの成分は
かなり覚せい剤に近いものになっているとのこと

幻覚などがひどいということ

さらにいろいろ調べると
なかなかテレビでは言ってくれないのですが
脱法ハーブを吸う目的は
「性的興奮」を高めるためだそうです

つまり
カップルで吸引するケースが多いと
容易に想像できます

そんな脱法ハーブを吸引しながらの性交渉で
避妊をちゃんとしよう
なんて考えは
はなから無いでしょう

つまり
望まない妊娠をしてしまう可能性が
かなり高く
さらに
妊娠後も依存から抜けられずに
妊娠婦さんが脱法ハーブを吸引するケースが
おそらく起きているでしょうに
間違いなく起きるでしょう

さて
脱法ハーブの胎児への影響は?
誰が考えても容易に分かります
良い訳がありません
ひどいでしょう
単に早産になるとかではなく
児の奇形
さらには精神発達遅滞
知能の低下などは間違いなく起こるでしょう

何としても
避けなければ行けない事態です

厚労省もさすがに
脱法ハーブによる危険運転が多発するなか
早々に法改正をしました

脱法ハーブの所持や吸引を罰する法律です

当たり前ですが
日本の良い所の一つに
薬物依存が世界に比較すると少ないということ
ニコチン依存は多いけれど
違法薬物の依存は
かなり少ないです
ですから
この長所を何とか守りましょう

そのためには
皆が声を上げて
脱法ハーブなる
社会と個人を破滅させる
とんでもないドラッグを排除するためにも

メディアでも
脱法ハーブを吸うと
こうなるんだぞという
大々的ネガティブキャンペーンの即時実施が
必要です
脱法ハーブに関しては
JTさまも横やりは入れてこないでしょう
かえって
脱法ハーブはやばいからタバコにしな的な
ステルスマーケッティングを打ってくるでしょう

まあ
さておき
この脱法ハーブと妊娠にかんしては
より恐ろしい事が起きます

いまから
それを想定して
産科医も何かできることはないだろうか?

AD

横浜路上喫煙裁判 2審判決

テーマ:
先日もこのブログで取り上げた
横浜市の路上喫煙禁止区域での
喫煙者に過料2000円の聴取をしたところ

この男性が
路上喫煙禁止区域であることの表示が小さい
表示が不十分で
禁止区域と認識できなかった
よって
過失はなしという
ちょっとかなり
無理筋の裁判を起こして
なんと1審では

この男性の主張が認められ
市側の敗訴
つまり表示が小さいので
いけないのだという
今後の受動喫煙防止に関して
致命的な判決がでていました

しかし
今回2審の判決は

横浜市程度の禁止区域の表示で十分
この男性の住んでいる地域でも路上喫煙禁止区域は
あり
男性は喫煙場所の制限が時代の流れであることを
認識していた
つまり
男性は路上で喫煙する際に
男性自身が
ここが喫煙しても大丈夫な場所かを
確認する義務があり
その義務を怠った過失がある
よって

市側の勝訴
この男性は路上喫煙禁止区域での違反を犯したという
ことになった

もちろんこの男性が
最高裁に控訴するなら
まだ判決は確定しないのですが

まあ
ある意味
くだらない裁判ですよね
こんなことで裁判を起こすことが
日本の時間と労力の無駄であることは
自明の理であり
もっともっとやらなければならないことが
沢山あるはずで
2審の判決は
なかばこの男性の主張と行動に
あきれているのではないかと
勝手に私は推察する

もちろん
戦わなければいけない事態は
いろいろあると思う
でも
路上喫煙禁止区域で喫煙を咎められ
表示が小さいのが悪いって言うことは
彼がJTの職員
あるいは
喫煙擁護派の代表なら
戦略として理解できる

でも
あまりにくだらない裁判であることは
皆が承知しているはずだ

日本は本当に平和ボケしていると
痛感する裁判だと思う

控訴するのか結審するのかは
今後注目したい

こんな裁判が起きないためにも
日本の路上すべて喫煙禁止とすること
それが喫煙しない人々や
子供や妊婦さんにとって
メリットがあることであり

そのようにしてもらいたい
そうすると
路上に吸い殻もなくなり
街も奇麗になる

いい事ずくしではないですか
街の1画に
洒落た毒ガス室をJTによるデザインで作って
そこで思う存分喫煙してもらえば良い
AD