カナダからの報告です

実は正確には

 

妊娠中の運動は

「肥満女性」の合併症を回避というのが

正しい題目なのですが

論文の中身を見ると

 

医療費の費用対効果が

肥満女性では明確にあり

普通の体型の女性も

合併症を回避することは同じなのですが

 

医療費用対効果は正常体型ではなかった

というものです

 

つまり

そもそも正常体型では

大きなトラブルや合併症が起きないので

医療費がかからない

という現実があるわけです

 

この研究

私とても気に入っています

 

彼らは

妊娠中の運動は

肥満妊婦にとって

肥満女性にとって有益だろうと推察して

調査を開始して

その通り

有益どころか医療費の削減にもなることを確認しました

 

素晴らしい研究です

 

現代社会においてはカロリー過多と都会的生活様式のため

運動不足が蔓延して肥満への道まっしぐらです

 

妊娠していなくても健康的な老後を過ごすためにも

日常生活に必須なのですが

ましてや妊娠に関しても

 

安静神話など

とっとと捨て去り

その人にあった運動を

日常生活に織り込むことが

いかに重要か

 

このことを

医学的な証拠で示してくれた

優れた研究です

 

みなさん

運動しましょうね

 

本日私

5kmのランニング敢行しました

汗かいて気持ち良いですよ

 

 

AD

医師の残業規制は5年猶予

テーマ:

働き方改革の焦点となっている罰則付きの残業規制について

厳しい環境になりがちな病院勤務の医師への適用を

法律の施行から5年後に遅らせる検討に入った

 

上記ニュースを見つけました

 

今回は医師に関しての話ですが

実際には

助産師もお産に関わる以上

長時間労働が必要になる場合もあります

これも

医師同様に対応は必要かと思うのですが

 

まあ

どうなんでしょうね

労働時間の上限を罰則付きで法律で決める

 

例えば

今月もう上限いっぱいに勤務したので

ただいまから

仕事(医療)できません

よって

受診されても診ることができません

 

あるいは

お産の最中に

今月の上限が来たので

担当を代わります

ってことになるのでしょうかね?

 

それならそれで

それを皆さんが受け入れるなら

ありだと思うのですが

 

きっと

医療は特別だ!

人様の命を預かっているだ

医療関係者だけは例外だ!って

言われるんでしょうね

 

そもそも

労働環境が厳しい職種に関して

残業規制するわけですから

医療機関に関しては

まさに

そのターゲットではないでしょうか

 

でも

やはり例外にするって

 

予想された流れなのですが

 

まあ

期待もしていないのですが

やはり

医療職をも一緒に守ろうという

姿勢ではないんなだと

改めて思いました

 

札幌市立病院の救急部門

医師7名一斉退職

この原因は知りませんが

救急部門って市民にとっても

とても重要じゃないですか

彼らは

個人的に時間を犠牲にしてまで

救急医療に関わっています

その重さ

 

軽視してはいけないですよね

 

私はこの救急部門で働く皆さんへの

敬意はいつも

毎日感じています

 

 

AD

乳癌のタイプを

大雑把に分けると

 

ホルモン受容体 有り

ホルモン受容体 無し

 

となります

 

さて

今回米国からの報告です

 

大豆つまりイソフラボンと乳がんの関連は

過去にも言及されています

 

以前の研究では大豆(イソフラボン)によりホルモン受容体ありの

乳がんの内分泌療法の有効性が低下し腫瘍の転移が促進される可能性が

あることも示唆されていました

 

今回の研究で

 

ホルモン受容体なしの乳がん患者さん

または内分泌療法を受けていない乳がん患者さんに関して

 

大豆を多く摂取することによって

生存期間が大豆をあまり摂取しない患者さんよりも

長くなることが確認された

 

とのことです

 

さらに

ホルモン受容体ありの乳がんの患者さんが

大豆を沢山食べても

有害ではない

でも生存期間が延びるというご利益も無い

 

という結論が報告されました

 

つまり

 

乳がん患者さんは

多くの大豆を食べた方が

よいですよ

という情報でした

 

現在はとても便利な時代で

もしも食事で摂取が難しければ

サプリメントという手段もあります

 

大豆イソフラボンが代謝された

エクオールが重要という可能性もあり

大塚製薬から

 

エクエルという

かなり信頼できるサプリが

医療機関で入手可能です

 

大豆に秘められたパワーにちょっと注目

AD