テーマ:

ヤーズフレックス⑤にも書いたのですが、

超低用量ピルを「月経困難症」の治療目的以外で使えないっていうのはどうなのっ!?うぉーっ!

ということをもう1度書きますね爆弾

 

低用量ピルを服用している方は、避妊目的だったり、避妊が必要かどうかもその時によるけれども、
生理不順の方の周期調整,PMSやニキビの改善、経血量を減らす目的、

そして、月経困難症の緩和目的にも使用されます。

“月経困難症の治療”として使われているもの(LEP)には、

低用量ピル(ルナベルLD/フリウェルLD)超低用量ピル(ヤーズ/ルナベルULD)の2種類があります。
こちらはあくまでも治療目的なので、避妊目的としては使用できません

とパンフレットにも記載されています。

 

☆ピルの中用量低用量超低用量の違いは、
1錠あたりに含まれるエストロゲン(卵胞ホルモン剤)の量によって分けられています

○中用量ピル:エストロゲン量が50㎍
○低用量ピル:エストロゲン量が50㎍未満(日本では30~40㎍)

○超低用量ピル:エストロゲン量が30㎍未満(日本では20㎍)


こちらのグラフは、日本家族計画協会の2016年1月1日の機関誌から抜粋しましたが、
今回見ていただきたいのは、右下がり折れ線グラフではなく、棒グラフの内訳です。


2014年のデータですが、保険適応薬のLEP(ルナベル・ヤーズ※まだフリウェルは発売前)は、
低用量経口避妊薬+保険適応薬の売上約1/3を占めています。
2014年といえば、ヤーズの血栓症報道があった年で、
その影響から売上シート数は前年よりやや落ちています。
(今は売り上げも回復し、LEPの割合が更に増えていると聞いた記憶が...汗記憶のみで、示せるデータがありませんおじぎ

低用量経口避妊薬を服用している方には、生理痛の改善目的の方もいるでしょうが、
LEPを服用している方は、月経困難症の治療目的で服用している方たちです。

最初にも書きましたが、2017年5月24日現在、
日本で発売されている超低用量ピルは、治療目的のみで使用可能です。


ピル服用における血栓症のリスクは、
低用量ピル超低用量ピルも、どちらも変わりませんよー(棒)

というなら“まだ”話は別ですが、超低用量ピルを製造販売している製薬会社さんはそれぞれ、
低用量ピルよりも超低用量ピルの方が血栓症のリスクが低いことが予測される
→より安全であることが期待できるしていますし、それはそれで当然のことだと思います。
血栓症のリスクを減らすためにエストロゲンの量を減らしてきた歴史を考えれば、
そりゃあそうですよねーーーーー、となります。

OC・LEPガイドライン-2015年度版- p63には、

『実際にOC(低用量経口避妊薬)に含まれるEE(卵胞ホルモン)量が30㎍のVTEリスク(深部静脈血栓症リスク)を1.0とした場合、20㎍のEE(卵胞ホルモン)ではそのリスクが0.8(0.5~1.2)と有意差はないが、50㎍では1.9(1.1~3.4)と有意に高値を示すことが報告されている』とあります。

※↑の(   )は私が補足・追加しました


であれば、どの目的で低用量ピルを服用するにしても、
より安全が期待できる方も選択肢に入って欲しいありがちなキラキラ
それを「月経困難症の治療目的」の方しか選択できないことに憤りを感じるわけですよカンカン

海外では超低用量ピルも避妊目的として使用されています。

もちろんピルと服用する方との相性はあるにせよ、
治療目的以外でピルを服用している女性たちの安全が蔑ろにされている気がするんですよねaya

 

もう少し続きますー花(マメルリハ)

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今回でヤーズフレックスについてのエントリーは一応終了ですcandy☆

 

ヤーズフレックス、
それは、今までちょっとマニア向けな

『ピル連続服用』という方法を、
最初から

「120日まで連続服用して手

生理の回数減らして、もっと快適に過ごしていいよ!!

と謳っている画期的な製剤ですレインボー
(120日連続服用で不正出血が出ない方は、全体の20%とのことですので

そのあたりはご自身でどこまで連続服用可能かを実験しながら、がいいでしょう)

 

今現在、ヤーズを服用中の方で興味のある方は

是非連続服用のフレックスを試してみたらいいですし、

生理痛が強く、これからピルの服用を検討している方は、

フレックスではない「ヤーズ配合錠」から試してみる方が

個人的には、いいのではないかな???と思っています。

慣れてきたらフレックスを試してみるひらめき電球

いきなりフレックスで120日チャレンジを止めはしませんが、

途中で不安になったり、心配になったり、出血して焦ったり..

最初の3~4か月は血栓症のリスクも高い時期ですしね。

服用に慣れてきた頃に、連続服用の方がスムーズかと音符

 

image

 

私自身、色々調べた上で

季節ごとの生理(消退出血)にしてから、

もう10年以上経過し、
ピル外来を始めてから8年が経過します。

その間、その方の必要に応じて連続服用を

推奨することもありましたし、

実際、そのようにしている方もいらっしゃいますが、人数としてはそれほど多くありません。

コストの問題もありますが、

都合の悪い日だけ出血を避けることができれば、毎月の消退出血で困らない方も多いです。

あとは、生理を毎月起こさないことに対して

○なんとなく不安、なんとなく心配

○やっぱり月に1回生理(消退出血)は起こした方がいいんじゃないか???

と思われる方も多いです。

どんな目的であれ、ピルを服用していること時点で“自然な状態”ではないのですが、

その話はまたいつか。
なので、最初に「マニア向け」と書きました。

「連続服用」という今まではちょっとイレギュラーだったことが、

レギュラーとして登場したことは、喜ばしいことだと思っていますcandy☆

 

しかし、今回のヤーズフレックスはあくまでも

月経困難症治療薬であり、子宮内膜症による疼痛治療薬です。

 

確かに、生理痛が辛い方は多いですが
みんながみんな生理痛が強い「月経困難症」の方ばかりではありません汗

生理痛がない方だっているのです。

ここ数年の日本では、

「月経困難症治療薬」としての低用量ピル・超低用量ピルばかり出ています。

血栓症のリスクの原因とされる

“エストロゲン”の量が少ない「超低用量ピル」は、

「月経困難症治療薬」以外ありませんがーん

治療を目的としない女性は、なおざりですか???

月経困難症のない女性が、

血栓症のリスクが少ないとされる超低用量ピルを選択できないことに憤りを感じます爆弾

 

ちゃんと女の子たち、女性たちにピルのことを伝えたら

そして、コストも安くなれば、

(そして、婦人科医以外での処方が認められたら)

日本のピル服用率はまだまだあがると思います↑

 

※ちなみにOC(経口避妊薬)であれば、

マーベロンやファボワールは一相性で同じように連続服用可能です。

ほかの種類も可能ですが、不正出血が出やすいかも。試してみるのは手ですよ電球

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

4月21日に発売された

月経困難症,内膜症に伴う疼痛治療薬

ヤーズフレックス(超低用量ピル)について、
続けて書いていますが、今回とあと1回くらいで終わりそうですcandy☆

 

今回はヤーズフレックスの注意点について、です。

ヤーズフレックスは超低用量ピルなので、

ほかの低用量ピルと同じように血栓症の発症リスクが高くなります↑

このことから、

○習慣的喫煙者は35歳以上で服用不可きんえん

○前兆を伴う片頭痛がある方

○40歳以上は慎重投与

など、すべての女性が服用可能なわけではありません。

病院・クリニックの先生のお考えにもよりますが、

エナでは40歳以上の方の新規処方は、

“明らかにリスク以上のベネフィットがある”と医師が判断した時のみです。

年齢に関しては、40代の低用量ピルを考えるシリーズ

詳しく書いておりますので、ご参考にどうぞ。

 

ヤーズフレックスは前回にも書いたように

120日まで連続服用可能となっています。

月経困難症治療薬(内膜症に伴う疼痛改善薬)ですが、

パートナーがいらっしゃる方は、2シートまでの連続服用をお勧めします。

念のためですが。

 

ヤーズフレックスのピンクの錠剤の上に、

服用何日目なのかを記入する長四角のボックスがありますが、

これはちょっと書きにくいですね苦笑い

1番上はともかく、2列目以降は難しそうなので

1番最初と4列目の最後だけでいいように思いますポイント

 

{6AD7DA6F-30B9-4613-8832-58F84E2E8082}
                      ↑ココにそう書いてありますcandy☆
 
あともう1回で終わりますねはぁとv

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

つづきですcandy☆

 

昨日、ヤーズフレックスは

4シートまでは連続服用してOK

お薬ですよ、とお伝えしました。

 

しかしですね。

みんながみんな4シートまで

連続服用できるか???

と言われれば、そうではありませんあせ

先日の勉強会では、

連続4シート服用していて、

途中で出血がなかったのは2割”でした。

(正確な数字をメモし忘れました...汗

ということは、

8割方の女性は、4シートまで行かずに

服用途中で出血しちゃいますよーということで、
実際、外来で連続服用の方の様子を聞いていると、

5~6列目くらいで出血してくる方が多いです。

データでも確か40日前後で出血する方が多くて、

(正確な数字をメモしておけばよかった②がーん

やっぱりポイントと思ったんですよね。

 

で、ココに戻ります。

「25日目以降に 3 日間連続で

出血(点状出血を含む)が認められた場合,

又は,連続投与が120日に達した場合は4日間休薬する.」
(↑解りやすいようにちょっと打消し)

の部分を解説しますパステル

●●●●●●●●●●●●●●●

連続で2シート目以降を服用している状況において、

途中で出血しはじめたら、

2~3日様子見てみて

続くようなら4日休薬しましょうポイント

(そのまま服用してても、ダラダラ出血が続くことが多いので...汗

だからといって、続けて服用するのがダメな訳じゃないですよ

出血の具合は、ご自身の気になり具合で決めてくれて手OK

茶色いおりもの程度で気にならなければ続ければいいし、

出血量が増えてくるようなら休薬したらいいし、

少量の出血でも、気になる人は休薬してみたらいいしcandy☆手

MAX4シートまでは続けてもいいですよ↑

どこかで休薬したら、その続きから開始です電球

 

ぶっちゃけ、自分の都合に合わせて

好きな時に生理(消退出血)を起こしていいですよポイント

●●●●●●●●●●●●●●●

 

って感じです。

伝わるかなぁ...

もう1回続きます(笑)

 

image

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

前回、ヤーズフレックスの「見た目」について書きましたcandy☆

今回は、その服用方法について書いていきますねポイント

 

まずは前々回にも書いた【用法・用量】

再度確認しましょう

●●●●●●●●●●●●●●●

【用法・用量】

1 日 1 錠を経口投与する.

24日目までは出血の有無にかかわらず連続投与する.

25日目以降に 3 日間連続で出血(点状出血を含む)が認められた場合,

又は,連続投与が120日に達した場合は,4日間休薬する. 

●●●●●●●●●●●●●●●

とあります。

この2行目まではヤーズ配合錠の

「4日休薬」の前までのことが書かれています。

なので、フレックスも

とりあえずは最低24日は服用しましょう

ということです。
絶対にそこまでは服用しなければならない!!

ってことではないので、その前に何か困ったことがあれば、処方してもらった病院・クリニックに相談しましょう)

 

さて、3行目に進みます。

25日目以降に 3 日間連続で

出血(点状出血を含む)が認められた場合,

又は,連続投与が120日に達した場合は,4日間休薬する.

とあります。

 

1つずつ整理していきましょう。

まず、連続投与120日って

一体どのくらいの期間なのか???

→→28日錠を1シートとしている

ヤーズフレックスの場合だと、

4シートと1列と1日

という、まぁ中途半端(笑)な数字です苦笑い

なので、

4シートまでは休薬せずに

連続で服用しちゃっていいんだな

と覚えておきましょうか。

 

つづきます電球

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。