テーマ:
今回、北日本産婦人科学会と同時開催していたのが、
こちらの『日本婦人科がん検診学会』でした。
なので、プログラムを見ながら、あっち行ったり、こっち行ったりしていました

婦人科がん検診学会で感じたのは、
HPVワクチンの定期接種プログラムがあり、高い接種率の国々はもう
子宮頸がんの検診の間隔も変わってきているし、
検診は細胞診からHPV検査に変わってきていて、
細胞診とHPV検査の併用検診という時代ですらなくなってきている...がーん
HPV検査で引っかかったら、細胞診
と変わって来てるんだな…ということ

日本でもHPVワクチン接種群は明らかに、HPV16/18陽性 CIN2~3/上皮内がんの発症が減少↓↓しているというデータは出て来てるのに、
日本はこれでいいのsei
いつまでHPVワクチンの接種勧奨を差し控えた状態を続けるの??
もう世界では、9価のワクチンが普及し始めているのに、まだ承認されない日本。
こんなに遅れをとったままでいいのsei
 
「検診の新たな課題」というシンポジウムの中での、
昭和大学の松本光司先生の話の中で、
★最近では、より積極的にHPVワクチンを検診に組み入れる
頸がんの予防戦略構想(HPV-FASTER)が提唱されている!!
これは45歳までの女性を対象にまずHPV検査を行い、
HPV陰性者にはワクチン接種を行って検診間隔をHPV検査単独検診の時よりも更に延長させるというもの。
4価ワクチンよりもさらに予防効果の高い9価ワクチンを組み合わせれば検診は、
生涯1~2回で済むようになるかもしれない、ということだった。
→サーバリックスが発売された時、わたくし、早々にHPVの検査をして陰性だったので
サーバリックスを3回接種したのですが、それって、HPV-FASTERそのもの…電球
 
ただ、腺がんはやっぱり難しいみたいガクリ 細胞診でも引っかかりにくいですし汗
子宮頸がんの発生する細胞の質によって、「扁平上皮がん」と「腺がん」があり、その割合は7:3くらい。
腺がんでのHPVワクチンの効果は7割ほどにしても、HPVワクチンの効果は素晴らしいと思いますありがちなキラキラ
 
日本はこのままでいいのかseiと、今まで以上に強く感じた日本婦人科検診学会でした。
2週連続で学会に参加したのですが、参加して良かったです。ホント。
新しい情報はネットでももちろん得られるけれど、
私個人としては、情報や知識のアップデートのため、これからも学会やセミナーに参加していきますcandy☆
(※宮崎は1年に1回の出張扱いで参加、今回の仙台は院生経費で全額ではないけれど補助が出ますひらめき電球その他は自費金欠勉強するにはお金がかかるけれど、止められない金欠
 
{9F35B828-63DB-41BA-A754-1AC7CEE4A0B4}

 

帰りに、仙台空港で牛タン定食食べてきましたニカ

美味しかったはぁとv

牛タン丸ごと定食で、左からタンの先、右がタン元 真ん中は、タンの真ん中らへん

ネギが苦手なので、テールスープはネギ抜きonpu2

{DC581D21-F88C-4CE0-BDA0-63EC694A9CBA}

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

緊急避妊はちょっと置いといて(笑)

数日前に、ツイッター基本タイプ
「HPVワクチンを接種した人は献血しないでください!」
なんていうツィートが拡散されておりました焦る

 

今回の献血に関しては全くのデマぐるぐるなんですが...

日赤のHPでも、山梨県の日本赤十字センターのHPの表がわかりやすく書いていましたcandy☆

下から3番目にHPVワクチンが載っています。
インフルエンザワクチン同様、接種後24時間はご遠慮いただいていますとのこと。
風疹ワクチンやMRワクチンなどの生ワクチンは接種後4週間はNGです。

(その他のワクチンについてはコチラ

ほか、献血をご遠慮いただく場合、として

6か月以内にピアスを開けた方、6か月以内に刺青(TATOO)を入れた方、
動物、または人に噛まれた方、など記載がありますので、気になる方は(コチラ‐日赤HP-)をどうぞ。

ちなみに低用量ピルは、服用していても献血手です電球

 

医療の情報を載せる時、
私自身は、かなり慎重に時間をかけて調べてブログに載せています。
インチキ情報を流すわけにはいかないですからね...あせ
 

ただ、今回の件に関していえば、
ちょっと調べればすぐにわかることなのですが...↓
 

ワクチンプログラムによって、これからどんどん子宮頸がんが減っていく中、
先進国の中で、これから子宮頸がんが増えていくと予測される日本aya
時代は、2価(HPV16、18型)→4価(HPV6、11、16、18型)を経て、
9価(HPV6、11、16、18、31、33、45、52及び58型を予防=ガーダシル9)のワクチンになり、
より多くのHPVが予防できるようになっているにも関わらず、承認が降りない日本。
残念でなりません...がーん

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ハイリスクHPV、悩ましい存在ですあせる

性的接触で感染しますが、

前回も書いたように、『処女と童貞という組み合わせ以外』では、

パートナーがたった1人だろうが、たった1回のセックスだろうが感染しうるわけです。

 

しかし、感染したとしても、殆どの場合は一時的な感染で、自然に消失するウイルス。

どのくらい消失するのか?というと

HPV感染から12カ月後に感染が消えていたのは70% 

(HPVは自然に消える、とその周辺 文献3より)

ただ、ハイリスクHPVの中でも、16型は消失しにくい、とあります

HPVは自然に消える、とその周辺 文献1、3より)

 

子宮頸がんは、数年~十数年に渡ってのHPV持続感染によって、異形成という状態を経て、

上皮内がん→浸潤がんと進んでいきます。

上皮内がんと浸潤がんでは治療が大きく変わるため(子宮を残せるか、残せないか)

その後の女性の人生にまで関わってくる事態になる前に検診で発見しましょう

となるのですが、日本での子宮頸がん検診率は、以前の20%台に比べると高くはなってきたものの、他の先進国と比べるとまだまだ低く、HPVワクチンは接種勧奨が中止されたままです

先ほどの、消えにくいHPV16型は、HPVワクチンで感染を防ぐことが可能です。

 

 

HPVの多くは自然に消失するし...

初期であれば子宮を残すことができるし...とおっしゃる方もいますが、

前がん病変で辛い思いをされている方については?!

この超少子化時代に妊孕性(妊娠しやすさ、妊娠する力)を奪われたり、低下したり、

流産率や早産率が高くなったりする可能性もあることに対しては?!と思ってしまいますぐるぐる

 

そもそもHPVに感染しなければ、持続感染もしないわけです。

その方法があって、すでに世界130か国以上で承認され、安全性と有効性が確認され、

今や男性への接種も推奨となってきています(オーストラリア・アメリカ・カナダ・韓国など11か国)。

ワクチンも4価から9価になり、より予防できるハイリスクHPVが増えているのにも関わらず、

日本の今の現状ですあせるああああああがーん

 

以前から言われていたように、HPVワクチンの副反応といわれている症状は、

HPVワクチン非接種群でもみられます。28日、厚労省の有識者会議でもその報告がなされていました。

またHPVワクチンの副反応、副反応である可能性がある子たちの回復については、

全く報道されませんが、回復している子たちはいますし、

その報告をブログでUPされている親御さんもいます。


今回でHPVの回は一先ず終了しますが、

今後、ワクチンプログラムがなされている国では、

既に前がん病変が減っているデータは出てきていますから、

子宮頸がんは減っていきますし、ワクチン&検診によって子宮頚がんで亡くなる人はいなくなったひらめき電球なんてことも夢ではありません。

一方、HPVワクチンは接種勧奨中止のままで、検診率が低い日本では、

予測されているように、子宮頸がんが増えていくのかと思うと...ショボーンあせる


憂いていても仕方ありませんあせる

ヒマワリしばらく子宮頚がん検診を受けていなかったわ…

ヒマワリ検診、恥ずかしくて行ったことないんだよね…という女性たちは、是非婦人科へ

お待ちしていますラブラブ

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

子宮頸がん検診を定期的に受けている方には、

「パートナーが変わってから、がん検診で引っかかるようになったあせる

「昨年まで(または、前回まで)大丈夫だったのに…↓今のパートナーから感染したに違いない!!」」

という方がいらっしゃいます。

ついそう思ってしまう気持ちもわかりますが、実際のところ、そうとも言えません汗

もちろん、そのパートナーがあなたにとって“初めてのセックスパートナー”であればまた話は別ですが、

がん検診を受ける女性の年齢を考えると、そうじゃないケースの方が多いでしょう。

この「そうとも言えません」というところが、
性感染症であるクラミジアや淋菌、梅毒とは大きく異なるところです。

 

今現在、子宮頸がんの検診は、細胞診といって、子宮の入り口の細胞を専用のブラシで採取したのものを細胞検査士さんが顕微鏡で細胞の形を見て、怪しい細胞がないかどうかを判断してくれています。

ここでみているのは、「細胞」であって、「ウイルス」ではありません。

今まで異常がなかった=HPV感染がない!!ということではないのです。

 

子宮頸がんの発がんの原因となりうる

HPV16,18,31,33,35,39,45,51,52,56,58,59,68型を合わせてハイリスクHPVと呼ばれます。

特に太字にした16、18型は発がんリスクの高い型で、がん化する進行が早いと報告されていますが、

多くの型は数年から十数年を要して進行します。

ウイルスがDNAに組み込まれて、細胞診に変化が出るまでの期間は、

そのウイルス進行度によって変わってきますし、検査するタイミングもあるでしょう。

というのも、昨年は異常なかったのに、今回初めて細胞診に少し異常があったとして、ですよ。

医師と相談した結果、

→今回は、ウイルス検査ではなく、3か月後に細胞診の再検査をすることになりました。

→3か月後の細胞診では異常ありませんでした。

という場合もありますから。
HPV感染がなくても、細胞診の結果がASC-US(意義不明な異型扁平上皮細胞)のこともよくあります。そうなると、

頸がん検診で引っかかった=HPV感染かどうかは、調べてみないとわかりませんし、

HPV感染があったとして、今のパートナーなのか、元パートナーなのか、数年前のパートナーなのか...

特定することはできません。

 

これが“クラミジア”であれば、感染後3週間以降で検査を受けると、

症状の有無に関わらず、自分が陰性なのか陽性なのかわかります。

①昨年の検査ではクラミジア陰性だった。

②半年前から今のパートナーと付き合い始めた。

③今回の検査でクラミジア陽性だった。

④そのほかにセックスをした人は1人もいない。

→となれば、今のパートナーから感染したんだな、となります。

その時は、パートナーも一緒に治療しましょう手

パートナーが複数であれば、誰から感染したかは不明です

パートナーが変わっていず、自分はパートナー以外にセックスはしていない、となると...ぐるぐる

今までクラミジアの検査を受けたことがない方が、初めて検査を受けて陽性だった場合は、「過去にセックスしたパートナーは1人しかいない」というケース以外は、いつから感染しているか、誰から感染したかは不明です。

今のあなたは、クラミジア陰性ですか???

(クラミジアに感染していても6-7割は、無症状です)

 

HPVは過去のセックスパートナーのどなたかから感染したことは間違いありませんが、

直近のパートナーとは限りません。

そして、セックスの経験がある女性であれば、誰がなってもおかしくないのが子宮頸がんです。

だからこそ、子宮頸がん検診を受けましょうcandy☆

検診でできるのは早期発見!!

検診で子宮頸がんの予防はできませんよ注意

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ここしばらく、HPVワクチンが認可、発売された頃のようにHPVについて調べておりましたあせ

最近、HPVについてあまり勉強してなかったな...という反省も含めながら...↓

 

がん検診の結果から、フォロー中だったり、HPV検査をしたり、組織診をしたり、

もう少し進んで、高度異形成でレーザー蒸散、円錐切除を受けたり、

上皮内がんで円錐切除を受けた後は、その後もしばらくの間は経過観察が必要です。

浸潤がんまで進んでしまうと、また話は変わってしまいますが、

その原因としてはハイリスクHPVの持続感染があり、

HPVが性的接触で感染するウイルスで、どこにでもありふれているウイルスだからこそ、

再発や今後の感染について不安に感じ、セックスに恐怖がーを感じたり、

今後、パートナーにHPVを感染させてしまうのではないか???

パートナーからのHPV感染があるのではないか???

元、も含めたパートナーにこのことを伝えないといけないのか???

などと不安を感じていても、その恐怖や不安を払拭できる情報には、なかなか辿りつけないなー...がーん

と、今回調べていて感じました汗

 

1つ大事なことは、

確かに、子宮頸がんの原因としてハイリスクHPVの持続感染があります。
しかし、これからのHPV
感染=必ずしも“がん”に進むわけではない。

浸潤がんまで進むのは極めて僅かであるということ。

不安が強くなる気持ちは重々に承知ではあるのですが、まずはそこを押さえた上で、

今後の予防として何か出来ることはないか??というと、

○セックスの時にはコンドームを最初から使用する

→HPVは、性器から性器、指から膣、指から肛門への接触でも感染することがあるので、

コンドームでHPVの感染を完全に防げるわけではありませんが、リスクを軽減することは可能です。

 

○定期的に検診を受けること

30歳以上であればHPV併用検診が望ましいですありがちなキラキラ

コストのこともあるので、検診時に担当医と相談されるとよいでしょうポイント

(※子宮頸がんの検診の結果が「ASC-US」の判定時のみ、HPV簡易ジェノタイプの検査が保険適応になります)

検診やフォローの間隔は、検査結果により3か月後だったり、半年後だったり、1年後でOKだったり、

人それぞれ違いますが、今後も検診だけは受け続けましょう。受け続けてくださいお願い

 

○HPVワクチンは”要検討”

産婦人科診療ガイドライン2017でも、45歳までの女性に対しては接種推奨となっていますが、
あくまでも、HPV16、18型に感染していない場合の今後の予防、ということになります。

HPVの感染は、子宮頸部の構造的に、10~20代女性の方が感染しやすい、ということもあり、

その女性の年齢、パートナーがハイリスクか否かにもよるでしょう。

1回15,000円のワクチンを3回接種することの費用対効果と、

やれることはやった、というご本人の安心感を天秤にかけて、どうなのか???

定期的に検診を受けるだけでも十分かもしれないし、

接種した!!という安心感が必要な場合もあるかもしれません...

ただ、今年の3月にリリースされている、米国腫瘍学会のHPVワクチンの臨床接種ガイドラインでは、

26歳までに接種を行う必要がある、とありました(原文はコチラ)。

→HPVワクチン接種については、担当の先生ともよく相談して決められると良いかと考えますcandy☆

 

○喫煙されている方は禁煙を!!

北海道女性の喫煙率は全国一ですがーん全く嬉しくない全国一なのですが、

喫煙は免疫機能を低下させるので、喫煙されている方は禁煙しましょう禁煙

 

○セックスをするパートナーは限定する

コンドームをしても完全には防ぎきれないHPV感染。
セックスが初めて同士(処女と童貞)という2人以外のケースでは感染の機会となります、

いつ、誰から感染したかを知ることはできませんし、知る必要もないのですが、

パートナーが多数の方が、感染機会は増えます。もちろん、パートナーが変わることはあるでしょう。

が、不特定多数になると感染機会はどんどん増えていきますので、ご注意ください!

 

○心配しすぎないレインボー♪

今までの治療経過と、これからの状況は違います。

ご自身の年齢によって、感染しやすいかそうではないか、も違いますし、

その当時の体と自分の今の体、環境は同じではありません。

パートナーに関しては、同じの場合もあれば、変わっている場合もあるでしょう。

ただ、同じパートナーだとしても、HPVが持続感染しているかどうかはわからないんですよねあせ

HPVに再度感染したとして、感染が持続するかどうかはわからないですし、

持続感染したとして、がん化するまでには数年~十数年を要します。

だからこそ、定期的な検診が必要となってきます。

 

つづくパステル

 

 

画像は(株)ジェネティックラボ HPVってなぁに?より
 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。