テーマ:

少し間が空いてしまいましたが、
HPV関連のことで、ずっと気になったままになっていたことがありました。
それは、青木眞先生の「感染症診療の原則」というブログの2015年4月のエントリー、

HPVは自然に消える、とその周辺 の下部に書いて質問のことで、

HPVに感染している女性たちが抱えている今の不安、そして今後の不安が質問形式で並んでいます。

 

前回、浸潤がんのことをチラリと書きましたが、

子宮頸がんには、がんではない、けれどもこれからがんに進むかもしれないという

『前がん病変』という状態があります。

(図はMSDさんの、もっと守ろう.jp からです。下にバナーあります)

 

 

(正常な状態→)軽度異形成→中等度異形成→高度異形成→上皮内がん→浸潤がん

と進行していく中で、この異形成の状態を『前がん病変』といい、
異形成~上皮内癌までをCIN(頸部上皮内腫瘍)と言います。


子宮頸がんで亡くなる方が年間約3000人

子宮頸がんと診断される方(罹患数)が年間約11,000人

前がん病変と診断される方は一体どのくらいいらっしゃるのでしょうひゃ~・・・!!

この方たちの数たるや...ですガーン!!

 

『前がん病変』と診断された方は、まだ頸がんではないことに安心できるでしょうか?

質問を読むと、HPVの感染についてご自身で調べたりしていくうちに、

不安になっていくことがうかがえます。

しかし、この不安はどこで解消することができるのでしょう?

 

その方たちの状況に応じて経過観察なり、治療なりしていくのですが、
その後は検診を受けていたらいいのか?

パートナーに、HPV感染について伝えた方がいいのか?

新しいパートナーができた時は?

夫しか今までパートナーはいないけれど、この先も夫とセックスしていたら感染が持続するのでは?

 

これって、すごく身近な問題で、そうは思ってもなかなか病院では聞きにくいかもしれません。

異形成は「がん」ではないし、

もし高度異形成や上皮内がんで円錐切除手術で無事手術が終わったとして、

子宮は残っているから妊娠も出産も可能...とはいっても、
彼女たちの不安は払拭されているかといえば、そうではない。

このあたりは調べてもなかなか明確なものは出てこない。

 

私自身、このモヤモヤを今までずっと気になっていながらも、そのままモヤモヤしていましたぐるぐる

そろそろモヤモヤに取り掛かろうかと思います。

少し時間はかかると思いますが、私の中でここがクリアになったら、

ももいろ相談室の相談の枠に、この分野を拡げられるかな???と考えています↑

 

1つ受けているHPVについての相談事も、今週末解決できるよう調べてみます。

もう少しお待ちくださいねはぁとv

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、知り合いの先生がこのようなツィートをしていました。

出産経験はない方、と書いてありましたが、それ以外の詳しい状況は全くわかりません。
これがどういうことを指しているのか、また後半で書きますね。

 

HPVワクチンの接種に反対されている方は、

子宮頸がんは検診で早期発見できるから

また、子宮頸がんで亡くなる人は少ないから、など

副反応を考えると接種するべきではないと言っています。

 

こちらは、2014年の部位別死亡率ですが、「子宮頸がん」というと実際のところ多くはありません。

「子宮頸部」と「体部」を合わせて「子宮」と一括りにしても、8番目です。

 


しかし、年齢別でみると、他のがんに比べて、特に若い女性の死亡率が高いことが解ります。
 

 

最初のツイィート内容に戻ります。

「27歳の浸潤子宮頸がんの人。どうやって告知するべきかな。難しい。
子宮を全摘すれば命はなくならないと思うけど...」

 

浸潤がんとなると、一般的に「子宮を残す」という選択はなくなります。
「子宮」を失うと、その女性が自身の体で妊娠・出産することはできません...がーん

告知される女性、その家族にとって、これがどれほど大きいことなのか...
告知する側も、それがわかるから本当に辛いわけで...悲しい

 

亡くなる人が少ない、といっても年間3000人の女性の命が失われています。

30~40代、お子さんがまだ小さいうちに命を亡くすことがどれほどのことか...

命を落とさないにしても、妊娠・出産~に大きく影響する若い年代にとって「子宮」を失うことは、
その後の人生にどんなに大きく影響するか。

 

検診で早期発見できるがん、確かにその通りです。

しかし、検診率が低い日本で、「早期発見できるがんだから」というのは、どうでしょう?

ツイィートの女性は、まだ27歳です。
20代女性の子宮頸がん検診率、どのくらいかわかりますか?
平成25年のデータでは、20代女性の子宮頸がん検診率はわずか22.2%です。

 

HPVワクチンのプログラムがなされている国では、子宮頸がんはこれから間違いなく減っていきます。

 

もう少し続きます。

 

MSDの「子宮頸がん 私の問題」にも、子宮頸がんについてわかりやすく書いてあります。
ご参考にどうぞ花(マメルリハ)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2013年6月にHPVワクチンの接種勧奨を一時停止としてから、4年が経過します。

今年の4月に接種勧奨再開されるのではないかsei
と淡い期待を抱いていたのですが、残念ながら接種勧奨再開ならず...↓

 

最近、4年経過したことを受けて、6月11日の産経ニュースでは、
子宮頸がん、ウイルス感染リスク、導入前水準に ワクチン接種勧奨中止から4年

 

(画像は上記の産経ニュースより)

 

6月22日のBuzzFeedNewsでは、
2000年度生まれ以降は子宮頸がんから守られない?HPVワクチン実質ストップの影響

 

6月27日の毎日新聞の記事では、
『記者の目:子宮頸がんワクチン勧奨中止4年=高野聡(医療福祉部)

 

という記事が出ていました。

先日、久しぶりにお嬢さんのHPVワクチンについて相談にいらしたお母様がいましたが、

医療者のお嬢さんや、お母さんがHPVワクチンのことを調べて、お嬢さんを連れてくるパターン以外

HPVワクチンを接種する子は殆どいないのが現状ですあせる

接種勧奨中止が続けば、その結果として、HPVの感染リスクが上記のグラフになることは
想定範囲内なわけで。
HPVは子宮頸がんほか、中咽頭がん、肛門がん、陰茎がんにも関連しており、
HPVワクチンをなんで「子宮頸がんワクチン」なんて名前にしちゃったんだろうぐるぐる
ワクチンプログラムがなされている国では、これらのがんも予防できるわけですよありがちなキラキラ

昨年に12月26日のHUFFPOSTに、『HPVと中咽頭がん』という記事がありました。
その記事の最初に、

『私が暮らすヨーロッパでは HPV ワクチンを打つのは常識だ。ほとんどの国が国費でワクチン接種費用を賄っている。そして、UKやオーストリアでは男子のワクチン接種も推奨されている。』とあります。

そこを読むだけで、日本の現状に溜息がでますガクリ
今はアメリカでも男子のHPVワクチン接種を推奨しています。
いつまで接種勧奨の中止を続けるのか...嘆かわしい状況が続いていますがー

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

1月の半ばから、ダイエット目的で始めたボクシングぼくし

4月半ばから学校が始まり、行く回数が減ってしまい、先月は7回、今月も今のところ6回あせるこれでは痩せません...あせる


私よりも遅く、3月に入会したYさん(男性)。週に3〜4回は来ています。年齢は聞いたことないけれど多分60代くらいかな??*体型はぽっちゃり気味。

スローペースでやってるのだけど、久しぶりにジムでお会いしたら、見た感じからして痩せててビックリめ!!

思わず「痩せましたね!!!!って声を掛けてしまいました。

そしたら、ズボンもゆるゆるで、7kgも落ちたと教えてくれまして…

7kgって…食事をどうしてるのかまでは聞けていないけれども、3か月でこんなに痩せるものなのね…


ただ、私が痩せない原因はジムに行く回数だけではなく、夜中ずっと起きていることが多くなったからに違いない

起きてるためには、口を動かしていないといつでも睡魔が襲ってきますぐるぐる

夜中のおやつ、特に"じゃが〇こ"の出現頻度が高い...これはいただけない...ピンクのブタ黒豚さんピンクのブタ工夫しなければ…

 

~先月からの変化~

○5月から水かお茶を毎日1Lくらいは飲むようになった

○今月から、夜の炭水化物は減らしている(週に2~3回食べないくらい)

○40代女性にもなると、なかなか落ちないので、今週から運動前に『SUPER VAAM』の力を借りることにした(笑)

↓コレを飲んで動くと滝汗です!!効果のほどはまた来月に電球(過度な期待は禁物!!

  

○とはいえ、悲観的でもなく、まぁ続けてれば今に落ちるはずだレインボーと思っているし、気づけていないどこかは変化しているはずだとも思っている

○ジムに行く=気分転換になりはじめたありがちなキラキラ

 気長に続けていきますーパステル

今週末に初めてボクシングの試合を観戦してきますジムの選手たちのプロデビューなので応援に応援する棒人間 みんなガンバレっぼくし

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

下の動画は、2015年にイギリスの警察署が公開したものです。

“Consent” とは、~に同意する、~を承諾する、という意味です。
まずはこの動画を御覧ください。

「え、英語の動画?汗

と思われた方も、字幕がついていますのでご安心をはぁとv

 

彼女は、お付き合いして数カ月のパートナーと

会うたびにセックスをするのはどうなのかな?そんなにしたくないなと思っていました。

彼女は性感染症と妊娠を心配していました。コンドームをつけて欲しいと伝えたことはありましたが、パートナーは膣外射精を望み、そうしてきました。

ある時、彼女は「私はそんなに毎回セックスをしたくない」と伝えた時、

彼は「付き合っているのだから、セックスをするのは当然だ」と大げんか。

毎回セックスをしたくないという私はおかしいのだろうか...汗

彼女は彼との関係をそんな思いで続けていった矢先に妊娠。

彼女は産みたいと思いましたが、彼は反対でした。

 

ーーーーーーー

 

こういったパターンって、少なくありませんaya

妊娠という結末にならなくても、

「コンドーム」を付けてとすら言えない女の子は沢山います。

言ったら嫌われるかもしれない...あせる

コンドームすらつけない男子なんて、こっちがゴメンだわっ怒 とはなかなかならないのね...

いつでも「セックスをしたくない」と言っていいし、もちろん「したい」と言ってもいい。

したくないのに、強いられる必要はないし、強いられるというのは例えお付き合いしていても暴力です。

どちらかがしたくない時であれば、「今日はしたくないんだな」というだけのはなし。それが続くようなら話し合えばいい。

セックスのことは、もっと2人で話しあうといいですよはぁとv大事なことですから。

Q:デートするたびに、性的行為を強要されます。
本当はイヤなんだけれど、断ったらきらわれてしまいそうです。どうしたらいいんでしょうか?
A:コチラ

この質問は、「それってDVなんじゃない?」から引用しました。

DVって暴力を振るわれたりすることだけではありませんよ!!
言葉の暴力も、服装をチェックされたり、体のことを言われたり、
携帯をチェックされたり、避妊に協力しないこともDVに含まれます。

デートDVのことが詳しく書いてありますので、え?もしかして自分のされてることって?
と感じた方はぜひデートDVって?も読んでみてくださいね。

 

いいね!した人  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。