恵那爺の里山歩き

千葉県を中心に 日帰り山歩きや散歩などで撮った写真を中心に載せています。


テーマ:
弘前から鹿角を通り新玉川温泉に向かっていく

1
高度を上げていくと道には雪に壁
2


上の地図上で、八幡平大場谷地の下の341辺りで車道に子熊がウロウロ
バスで添乗員さんが熊だって言う声に見ると車道に居たけど慌てて逃げていったよ。
親は見えなかったけどきっと近くに居たんだろうね。

一眼すぐに取り出せない状態なんでコンデジで慌てて撮りました。
少し暗いのとコンデジなんで、走っている車窓からではこんな感じでしか撮れなかったのが残念。
3

4
他に動物見えないかなと思っていたんだけど、そううまくいくことはないですね。
新玉川温泉に到着です。
5
部屋に到着して窓から内庭覗いた。
結構な雪でしょ。
この部屋に来るのは、本館から二階に上がりけっこう長い廊下を移動してその後エレベータで3階分またあがってようやく部屋のある会にたどり着いた。

お風呂も、食堂も本館なんでそのたんびに歩かないといけない
人気があるから増築増築なんだろうね。
6
この宿の温泉は、pH1.2と日本一の強酸性の温泉水だそうで
湯船は源泉・50%源泉・ぬるい湯・熱い湯など色々揃ってた。
まづ、50%源泉で様子を見た後で源泉に入った。
体の所々が酸でチョットピリピリした。
源泉は酸性が高いからか、お湯の温度は少しぬるめの感じでした。
温度が高いと強酸性と相まって効果が強くなっちゃうせいなんだろうかはてなマーク
さすが温泉は良かったけど、髭剃りが置いていなかったり櫛がなかったりでアメニティーが貧弱

そして食事は、ビュッフェ形式だったけど山の中のせいか種類が貧弱でがっかり。
この宿は温泉がごちそうなんで、他は目をつぶる必要がありそうだ。

7
次に日の朝
空はみぞれ混じりの雨で寒かった。
外を散歩することも出来無いのが残念。
まあ、散策するのもチョット事では難しかったかもしれないけどね。
8
最後の日、これから角館に出発
9
刺巻駅の横を通過
10


刺巻湿原 刺巻駅から1km程東京寄りに刺巻湿原があり、そこにちょうど水芭蕉がたくさん咲いている光景が見えた。
11
見物人もたくさんいました。
12
新しい線路 ここを秋田新幹線も通るのでしょう。
線路が一本!?叫び
レールが二本OK
13
茅葺屋根の家が見えました。
14
玉川(たまがわ)
秋田県を流れる一級河川で、雄物川の支流
玉川温泉の強酸性水が流れ、玉川毒水と呼ばれているようです。
15
遠くに桜、角館も近い
つづく
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。