温羅煙乃呟~ウラエンノツブヤキ~

~艶乃呟~のウラブログです。
超個人的な好みの話とか、記録とかとか。
ちなみに、温羅(うら)は、鬼の名前らしいです。

ヨウコソ!
基本的に文書くのが好きだけど、放置っぷりも大胆になっちゃう、時間のやりくりあたふた。

こちらはウラ艶乃呟(えんのつぶやき)です。

オモテは~艶乃呟~へどうぞ。
http://odorico-en.hatenablog.com/
↑は、主にベリーダンサー艶(えん)としての、レッスンやらイベントやらの情報発信、後記など。

こちらは、色んな雑記事を、なるべく喋り言葉のまま、書いていく予定。

テーマ:

ご存知、週刊少年ジャンプ大人気!連載中の、吾峠呼世春:作の和風漫画です。

 


時代背景は大正。
ハイカラな時代に、人喰い鬼が存在する世界。
そんな鬼と戦う男の子の物語。
(もう泣けてくる)

本誌で読んだ時から、コミック出たら買っちゃう予感はしてた。
でも、買わずにズルズル先延ばしにしていて…。
(週刊誌のコミックは、1度手をつけるとねぇ…もうあれよあれよと本棚を圧迫するし)
只今、2017/3月の時点で、5巻まで既刊です!

3/3に5巻発売!!で盛り上がっておる…うぅぅ。

だってね、何より、

何より、第1話から、惨い。
第1話を読み返すのが、辛くて、なかなかコミック購入に至らなかったのが本音。

 

少年漫画で、主人公が好き!ってなる事が私はあんまりないんだけども、久しぶりに大好き主人公で。可愛くて仕方ない。

なので、もう一回、その主人公である炭治郎(6人兄弟の一番上のお兄ちゃん)の悲しみに触れるのがどうにも切なくてね。

(本の内容を読み飛ばすとかしたくない)

 

~冒頭のあらすじ~

冒頭で、炭治郎の居ぬ間に、家族全員が鬼に殺されてしまう。

そして、唯一息があったと思われた妹の禰豆子(ねずこ)は、鬼になってしまっていた。

禰豆子を元の人間に戻す方法を探す一方で、禰豆子を連れ、家族を奪った鬼の元へ向かう炭治郎。

~~~~~~~~

 

絵は、コミカルでめちゃくちゃ可愛いやつから、血とか蟲的なグロさもありありと描かれているので、誰彼もとは簡単におススメできない所が難点ではある。

 

IMG_20170308_232356182.jpg

 

ダッテこんなん出てくんだよ…。父、蜘蛛だよ…。

 

個人的に、笑いのツボが、じわじわ刺激されまくるのがまた。

妹がモグラみたいになってとか真面目にさ…!

 

どうしたらこんな素晴らしい長男力が身についた子に育つんだ。

実際の長男なんて、きっともっとアレだぞ(個人的見解です)

 

真剣に相手を思いやる炭治郎。その方向がどこかずれてる炭治郎。

長男で面倒見のいい炭治郎。

不意打ちなんてできない炭治郎。

礼儀正しくて頑固な炭治郎。

我慢強い炭治郎。(次男だったらできない、はなんとなく納得。イメージですよ)

自分の事は、ちゃんと自分で鼓舞する炭治郎。

 

あばら骨折れてるんだって…この子…。

自分で自分を励ますとか、もう、ホント応援しかできない。

私も涙を堪えながら応援しました。がんばれがんばれ炭治郎!あー。

 

勿論仲間にも、敵と認識している鬼にですら、気持ちを込めて正面から向き合う炭治郎。

それでいて、躊躇しない。(結果、仲間のあばらも折ったけどね…)

 

自分が決めた事への覚悟をしている子。

5巻の表紙に、作者ご本人も書かれてましたが、努力したからといって、それが必ず報われるとは限らない。

でも、その努力は、自分自身を信じるという芯の強さを育てていくのかもしれない。

 

覚悟の仕方を教えてもらうシーンも印象的。

絶望して、立ちすくんでいる場合ではないと、立ち上がらせてくれる人との出会い。

道を照らしてくれる人との出会い。

 

「妹が、人を喰ったらどうするか?」と尋ねられて、固まってしまう炭治郎。

そりゃそうだよ。まだ13歳の子供だよ。カワイイ←

うおぉぉん。

 

今、本誌では鬼の総本山も、鬼滅隊という鬼退治部隊も、なんとなく全体像が見えてきていて、どうなるのかもう楽しみすぎる作品です。

 

とにかく、炭治郎がんばれ!という個人的応援記事でした。

一巻の表紙を外したら、一気に涙腺崩壊。

そうなる未来を、信じてる。うぉぉぉぉん。

 

 

炭治郎がんばれ!

応援してます!吾峠先生!!

 

 

No Comic No Life

Love&eNjoy

~艶~

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「漫画」 の記事

テーマ:
…は?
と思われましたか。
私は言いました(笑)

母親が、自分の健康の為に購入したらしきそのブーブー。
写真が送られてきて、普通に可愛い(*^_^*)

予てから、自分一人で健康の為に運動を習慣づけするのはとても根気がいる事だけども、やらねば…だがしかし!(単に自分に甘いとも言う)という話はしていて。
ついね、誰かとやる事よりもやっぱり、さぼりがちな自分の為の自分によるイイ習慣。

・やったほうがいいなんてわかっちゃいるけど…できない。

・誰か、毎日電話かけてきて、はい!やるよ!って言ってくれないかなぁ…。


そんな方に!このブーブー!笑
体操ブーブー 体操ブーブー
1,598円
Amazon
 
PC立ちあげて~ブラウザ開いて~youtube起動して~(ブックマークという手はgoodですが!)という手間要らず!
ブーブーの鼻を押すだけで、ラジオ体操第一が流れるという代物。ウケル!




商品説明によると…
_人人人人人人人_
> 用意するもの <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

1、健康になりたい気持ち
2、ブーブーと一緒に頑張る心


「ラジオ体操するとしないじゃ全然違うブヒブヒ」とか
「たった3分だし、やろうよ!」とか言ってくれるってよ!

確かに、ワンタッチでできるくらいじゃないと続かないんだよね。
習慣づけするのが割と楽な人もいるかもしれないけど、やっぱり仕事で疲れて帰ってきたらついだらっとしちゃうし、お風呂上がりにストレッチ…!とはいえ、睡眠時間を優先してしまったり。

私はまだお目見えしてないのでなんとも言えないのだけど、やる気が出ない時にも、コメントで励ましてくれるみたい。
ちょっと、早く会いたい!(笑)


そしてちょっとアマゾンを眺めていたら、この体操ブーブー、他にもお仲間がたくさんいるらしい!!
黒とかピンクとか…ダイエットブーブーとか、禁煙ブーブーなんてのも。
ダイエットブーブーは、コメントがちょっと辛辣っぽい(笑)
「この、ブタやろう!」とかw

これは、普段運動をする習慣がない方には、とてもいいアイテムなんじゃないでしょうか。
お値段も可愛いし♡


動かす筋肉を意識しながら本気でやると、けっこういい運動になるラジオ体操。
小学生の頃はなんにも感じなかったあのテンポ、大人になってからやるとけっこう早いし!

you tubeの動画をご覧になった事がある方はご存知かと思いますが、真ん中の、椅子に座ってる方は、胸反らしの運動以降、テンポ(カウント)を倍使って、半分の運動量で、行っています。





しばらく運動を本当にしていない、という方(昔取ったなんちゃらって一気に動くと、ぎっくりとかやりかねないので、30代の方とかでもお気をつけて!)や、ご高齢の方は、まずはゆっくりやってみるとよいかと思います。

会いたくて会いたくて震えそうなイキオイで、早く一緒に体操したい!(笑)

音量調節はできない上に、けっこうなボリュームだそうです。
誰にあげようかな…(笑)

ブーブーがない私は、ケータイのタイマーのメロディを、ラジオ体操にしようかと今曲を移したりしてます。


健康は本当に大事。
まず身体がないと始まらない。
ご自分の身体の為に是非、毎日のちょっとした運動、意識してみてくださいね♪

Love&eNjoy
~艶~
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

唐突にお気に入りの漫画をご紹介。

 

ランキングにする必要もないんだけど、なんとなく、自分の中でのそういう整理をしておけば、実際に本棚整理する際に役に立つかなと。

本って捨てられなくて。

売りに行くのも悲しい気持ちになるしねぇ。

 

で、初めは美麗画編。

・本屋さんで、表紙を見かけて思わず手にとってそのままレジへ行った作品。

・雑誌で読んでいて、ずっと自分の手元に置いておきたいと思った作品。

・とにかくその絵師さんの絵が好きという作品。

などなど。

 

 

10位

昔の話 (Fx COMICS) 昔の話 (Fx COMICS)
1,028円
Amazon

 

★タイトル:昔の話

★作:藤原薫

★美麗度:☆☆☆

★ストーリー:☆☆☆★

★内容:ダーク ファンタジー?

★完結:短編集1巻

絵とストーリーの好き嫌いははっきり分かれそうだけど、このなんとも暗い重い話達が好き。

生きてると、そういう表に出さないけれど色々あるよねっていうアレコレとか。

救いがある話も、ない話もあります。

美麗というか、私の好みなんだけども、だいたい同じ世代の人物が描かれている事が多いので、もっとじいさんとか見たい。

目力。視線は本当に多くを語る。

擬人化というものに最初に触れた人かもしれない(この本じゃないけど)。

 

 

 

9位

 

★タイトル:ヒカルの碁

★作画:小畑 健(原作:ほった ゆみ)

★美麗度:☆☆☆☆

★ストーリー:☆☆☆

★内容:少年の成長物語…?

★完結:全23巻

いわゆる、フツーの小学生が、天才囲碁棋士(藤原佐為)の霊に取りつかれて(笑)、囲碁の世界に最初は巻き込まれて、そしてハマっていきながら、人と関わって成長していく…という話。

囲碁っていう割と地味なマインドスポーツという題材だけれど、囲碁の持つ空気、静寂、集中力なんかすら、見事にコマに落とされてる。

「あやつり左近」で小畑健さんの絵にハマって、勿論デスノート、バクマンも読んだけど、あの、碁石を盤上に置くコマは未だに印象に残ってて。

あと、佐為が好みというのが一番のあれです。へへ。

私は囲碁の事は全然わからないけど、それでも読んでて楽しい。ちょっと長いけどね。

 

※因みに「人形(からくり)草紙あやつり左近」は全4巻とお気軽に読めるのでおススメ。

推理物です↓

 

 

 

8位

 

★タイトル:週刊少年ガール

★作:中村ゆうひ

★美麗度:☆☆☆

★ストーリー:☆☆☆☆

★内容:ちょいファンタジー 恋愛

★完結:全3巻

高校生達の楽しい学校生活の中でちょっとだけ不思議な事が起こる。

甘酸っぱい恋をしたら不思議が起こったり、不思議が起こって恋が芽生えたり。

友情もありと、高校生達がきゃっきゃと楽しそうです。

女の子が可愛い!ってついジャケ買いしちゃったんだけど、髪型くらいでしか描きわけがなくて、もうむしろ清々しいくらいの似た顔の女の子達。

でも、実際本当にそうなのかもしれなくて、少しの皮肉なのかと深読みしてしまった。

ストーリーというか、着眼点が面白くて好き。

漫画ならではの不思議が特にお気に入り。(セリフの吹き出しがそのまま具現化するとか、考えてる事が自分の体に模様で出るとかw)

ちょっとだけハッとさせられるような一言とかも。

 

 

 

7位

 

★タイトル:屍鬼

★作画:藤崎竜(原作:小野不由美)

★美麗度:☆☆☆☆

★ストーリー:☆☆☆

★内容:ホラー ダークファンタジー

★完結:全11巻(文庫版は全5巻)

タイトルからしてアレですが(笑)

原作を先に読んでいて、大好きなフジリューが漫画家するというので、リアルタイムに追いかけたお話。

登場人物がえらい数になるので、原作は途中から誰が死んでたかとかわかんなくなってたんだけど、漫画版はすっきりと話の要を絞ってて、それぞれの人物に特徴づけをして紙上で表現できるとか天才か。

封神演技でもすごい数のキャラいたよなー…描き分けすごい。

私は元々フジリューパイセンをジャンプで追ってて、ダークな短編の話と絵が好きだったのだけど。

コミカルな絵と写実的な感じがうまい具合に混ざってる作品が屍鬼かなと。

 

 

 

6位

 

★タイトル:12ヵ月

★作:おかざき真理

★美麗度:☆☆☆☆

★ストーリー:☆☆☆

★内容:ファンタジー 日常

★完結:全2巻(前後編)

…私、なんだかんだとファンタジーが好きなんだな。

日常から、少しだけトリップした人の発想とか、妄想とかの世界を楽しむ為に、漫画を読んでるのかも。

その土地に、夏を呼ぶ為に全国を旅する人達。

新学年の浮足立つ感じが落ち着いたところに、転校生とか、長い休みとか新学期とか、学生のいつもの日常に、変化が起こる時には、気持ちも何かに動かされるような。

おかざきさんの作品はどれも、体温を肌で感じられる錯覚に陥る。

この作品では季節を、特に夏の空気は肌にまとわりつくようだし、冬の風の冷たさも、鼻先を冷やしていくよう。

人の気持ちには、体温があるんだった、と。

 

 

 

5位

★タイトル:レベルE

★作:冨樫 義博

★美麗度:☆☆☆☆

★ストーリー:☆☆☆☆

★内容:宇宙人の言い分とか色々w

★完結:全3巻

やはり避けて通れないのがこのお方。荒木パイセンと北斗なあのお方とかも迷いましたが。

ハンター×ハンター連載中(一応…)のあのお方です。有名なハッシュタグもできてw

基本的にジャンプ英才教育で育ったもので、幽遊白書は私の青春。

飛影ちゃん派です(どうでもいい)

幽白の魔界編や、ハンターハンターの今の暗黒大陸の生き物達を見てもなんとなく想像がつくでしょうけども(笑)

レベルEはエイリアン達と人間との交流を描いたハートフル…ブルブルなお話です。

色んな蟲みたいなのも勿論いっぱいでてきます(笑)

宇宙一頭のいい馬鹿王子に振り回される宇宙人と人間。

3巻だけだから、是非読んでみてください。

趣味丸出しって感じで小気味よい作品。

 

 

 

4位

★タイトル:COSMOS

★作画:池本幹雄

★美麗度:☆☆☆☆

★ストーリー:☆☆☆☆

★内容:少年ギャングの譲れないもの的な…

★完結:読み切り2部作コミックス化はまだ…だよねぇ?

ホント国会図書館に行きたい。

どっかで連載していたらしいんですよ。

ツイッターのフォロワーさんに教えていただいた。

ふぉぉぉぉ。

平日休みって、本当に身体を休めたい、寝たい、ってなってとるから、いつもぐっすり寝た後に「あ…行けばよかった」ってなる。

不良少年達(時代背景から)の、譲れないだいじなもんってさ、あるよね、みたいな話。

なんかすいません説明が…。

ストーリーが云々はなんでもいいと思えるくらい、1コマ1コマが眼球に飛び込んでくる3D感というか、絵が立体的で女性が艶めかしくて好き。

背景の太陽とか月とかに顔を描いても許される絵面(どんな)

なんだろう、一言で言えば世界観、空気感なんだけど、台詞回しの古臭さとかも魅力にしかならん。

当時のジャンプ切り取って取っておいてよかった。

ハマる人はハマる作品。

同士は是非友達になってくださいぃ!

 

 

 

3位

Alichino Vol. 1 Alichino Vol. 1
960円
Amazon

 

★タイトル:ALICHINO~アリキーノ~

★作:珠黎こうゆ(イラストレーターとしては珠黎皐夕)

★美麗度:☆☆☆☆☆★

★ストーリー:☆☆★

★内容:ファンタジー

★未完:2017年現在、3巻まで発売(この先はもう出なさそう)

これは途中で終わってしまっていて、この先ストーリーがどう交錯するのやら…という中途半端な所なので、ストーリーの評価ができないという感じ。

複製原画集が出ようものなら即買い。

とにかく私の中で美麗画No.1の方なので、個人的にはぶっちゃけストーリーとかどうでもよくて、画を眺めていられればそれで満足という神レベル。

細部の細部まで描きこまれていて観ていて飽きない。

 

 

 

2位

 

★タイトル:空挺懐古都市

★作画:石据 カチル

★美麗度:☆☆☆☆☆★

★ストーリー:☆☆☆☆

★内容:ファンタジー 恋愛

★未完:2017年現在、3巻までの発売

その都市では、ある病が流行っていて、患うと’一番依存している相手を忘れてしまう’という。

恋愛に限らず、様々な'愛'が問われる感じで先が楽しみ。

忘れられてしまったという事は、相手の心に一番残っていた事でもあり、会う度に「誰?」って顔されながらも離れられない…とか、一番好きだと思っていた相手ではなく忘れたのは親友…とかとか。

読みながら、色々に苦しむ登場人物達をみながら、自分だったら誰を忘れるだろう、誰かに忘れられる事なんかあるんだろうか、なんて色々考えてしまう。

先がとてもとても楽しみ。

出てくる人物皆好み。眼福眼福。

 

 

 

1位

 

★タイトル:きみにしか聞こえない

★作画:清原紘(原作:乙一)

★美麗度:☆☆☆☆☆★

★ストーリー:☆☆☆☆

★内容:ファンタジー 現代

★完結:全1巻

ファンタジーというか、もう設定が秀逸。さすが乙一サン。

これは白乙一のほうになるのかな。

クラスに馴染めない引っ込み思案の主人公が、わいわいきゃっきゃしてる周りを羨みつつ、こっそり頭の中に自分だけの携帯電話をソウゾウする。

想像した頭の中の携帯電話に、ある日電話がかかってくる…!!なんて!

実在している人物と話しているのかを確かめたり、ネタバレになるのでなんか色々言えないので、是非読んでみてくださいまし。

誰かと繋がりたい、繋がった相手と心を交わすという事、改めて色々と考えるきっかけになった。

で、さらに清原紘さんの絵が美しくてー!!!

http://www.pixiv.net/member.php?id=22954

’美し怖い’を愛する私の好みどんぴしゃなのです!

あの、触れたら切れそうな壊れそうな絵で描かれた人物が笑うと、なんかほっとするのだ。

 

因みにホラーテイストですが、小説ならではのオチも見事に漫画で表現しきった素敵作。

 

 

客観的に☆を付けてみましたが、どーしても自分の好みがぐいぐい我慢できないものは、個人的評価で★が追加されています。

が、☆だろうが★だろうが、完全に個人の見解ですので悪しからず!!!

 

漫画読んでダラダラしてる時は本当に幸せ。

 

漫画家さんの訃報にはただただ動揺してしまう…。

 

No Comic! No Life!

 

Love&eNjoy

~艶~

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

知る事で、体験する事で、見る目が変わる
「そりゃそうだろう」
って思われるでしょうかね。

観客として、
誰かの表現に触れる時、
楽器の演奏を聴いたり
陶芸や絵などを観たり触れたり
誰かの料理を食したり
踊り、演劇、落語、能、等々を観たり…
なんでもいいんだけど。

それらがどうやって紡ぎ出されるのかを
''知らない"のと、
"知っている"のと、
"実際にやったことがある"のとでは、
そりゃあもう、ものすごい差がある。

もっと言うなら、"知っている"や"やったことがある"の中にだって、それぞれ色んな段階がある。
その時々で自分がどう受けとるかが変わるとしたら、誰かの何かの表現に触れる時には、同じ演目でも最低3回も楽しめる事になるんじゃないかと。
そして、それぞれ前段階の状態での、その先を想像する楽しみもある。
 

自分がやったことがあるものを観るときに、なんとなく知ってるフィルターがかかるから(知っている、なんて事が本当はあるわけなくても。笑)、何も知らない状態で観たかった!って思う事がたまにある。
何も知らない自分は、どんな風に観て、どんな風に感じるんだろうなー、と。
 

あ、勿論、どの状態だったとしても、表現者に対して敬意をもって体験するというのは、最低条件ですよ。
折角、貴重な自分の時間を割いて誰かの表現に触れる時間を作ったんだから、ニュートラルに(自分はこうだ、とか誰かと何かと比べて、とかなんもなしに)素直にその時間いっぱいを受け取れたら、それは自分へのプレゼントになるわけだし。
素直で在る、って単純だけど難しいんだけどね。
 
 
ちょっとの想像力。
例えば、演者側からして、何か演目の途中でお喋り始められたら不快でしょうし。
温度から何から色々考えて作った食事を、食べながら他の事されたり、手を着けずに残されたりしたら…。
作品に無遠慮にベタベタ触られたり、手荷物いっぱいで作品に当たったりしたら…とか。

そういう畏敬の念がない方に限って、事故が起こったり注意なんてされようもんなら「演者側が、夢中にさせる技量がなかったせいだ」とか「注意書きが書いてなかったから」とか言うんですよホント、どこで覚えてくるのかしらそういう棚上げ自己援護ばっかり。
 
オ マ エ が 言 う か。
問題になった物事を引き起こした側が言うセリフ?それ。
ってのはあるわけで。
他でよく見かけるのが、
 
「子供のしたことだし」←なんかやらかした子供の親が言う
(あ、こーいう親の元で育つと…なのかな)
 
「体調が悪いから仕方ないよ」←体調悪い本人が言う
http://ameblo.jp/en-belly/entry-12226110077.html
 
男女のやつもたまに見かけますが、そもそも男女で区別してこういうもんだ!っていう価値観が私には微妙なのでそこは触れません。
「女(男)に~する(させる)なんて」「男(女)のくせに~」←こういうの
 


そうじゃなくて、そういうのは、やられた側が、自身の向上の為に、または相手への愛情で、もしくはそのどちらもで、そりゃもうでっかい器でもってそれを起こした相手に言うセリフなんであって。
それを免罪符に自分は悪くないって言いながら生きる人を量産する便利なセリフじゃない、と思うんですよねぇ。
(そんで勝手な想像だけど、自分がやられたら、烈火のごとく怒りそうだしなー)
棚上げする人間には何を言っても無駄なのかもしれませんが。
 
 
相手の気持ちが想像できないなら、ご自分の身体で体験して欲しい。
やってみて、それを紡ぎだすのにどれだけの労力を割いているのか。
相手へ伝わった時、どれだけの喜びか。
向けた相手の態度で、どれだけ傷つくか。
 
 
わかった上で、貶めたいって気持ちで動いてる人は論外だけども。
ちょっとやってて知ってるからってわかったような顔して文句言いにわざわざ行く人のほうがまだ可愛いと思える…。
 
きっと、何かに真剣に取り組んで生きている人が羨ましいから、自分のレベルまで落とそうとする。
自分のコンプレックスを処理しきれないで、他人を攻撃する、または搾取しようとする。
そんなところにいつまでもいないで、自分の命削って何かやってみたらいい。
 

中学生の頃、漫画をくだらないと括った教師に対して「あんたにとってくだらなかろうがなんだろうが、こちとら命削って描いてんだ!!!」って言い放った(心の中で思った?)漫画家さんの話を読んで、衝撃だったのを思い出した。
本当そうだよ!!って。
何かに時間を費やすって事は、その人の命がそこに編まれているわけで。

簡単そうにやってるから、短時間で何かをやってるからって、軽んじていいわけじゃない。

そうなる為にその人が時間を費やしたからだからね。
本人が認識していなくても、周りから見ればとてもとても努力をした、単純にその結果がそこにでているだけだからね。

 


表現者側は、ただむやみに攻撃するような人にいちいち感情を振り回されないように、絶対的に自分の技術なりを磨いて、自信を持つことも大事。

自分で、最大限にやったと思えない事を表に出しても、ちゃんと周りからの評価で、自分の思った通りの結果が返ってくるでしょうし。

意外な視点でみてくれる人ももしかしたらいるかもしれないけど、まずは、’自分’という舞台裏も知っている観客に、全てひっくるめて、せめて拍手をもらえるように在りたい。

まずは、’自分なりに’

そして、受け入れられたり、相手の要望とマッチした際には、それでお金をいただくという現実にもなるかもね、と。

 

そして、プロとして仕事として表現をするなら、自分のしたいものだけの具現化ではなくて、相手のニーズにも対応する必要があるよね。
いつまでも、’自分なりに’は通用しませんね。

「’自分なりに’○○した」というお話↓

http://ameblo.jp/en-belly/entry-12232462482.html

そして、第三者。
少し遠いところから、表現者の作品と観客をみられる立場。
もしくは、表現者側が、誰ともなしに作品を公開してるような、街角のポスターとか、観客でもあるのだけど、作者との距離が遠い時。
誰かのlive映像をTVで観ている時とか、誰かが投稿した作品なんかを観ている人達のコメントもみられるようなサイトも溢れているしね。


最近炎上してる、パクリ記事関連も本当にそうだけど、誰かが命削って培った能力なり、表現された絵や文章に対して敬意を払えないってのは、この、PC画面の向こう側には、確かに生きた人間がいるってのが想像できないか、バレなければいいって価値観なのか…。
 
自分が何かをした時に、相手と面と向かっていれば、相手の表情なんかで、自分が何をしたのかがすぐに反映されたりするけど、ネットでは’誰も見ていないし自分だとわからない’っていうのがね。
便利な道具、便利な言葉達、たくさん溢れているけど、どんな道具でも本当に使い方次第。
 
 
どうあるべき、と人に言いたいわけではなくて。

ただ、自分がどんな人で在りたいかという事を常に問う。

人の振り見て我が振り直せとはよく言ったもんだと思う。

 

 

2017年、今年も、そんな感じで自問自答しながら生きて行きたいと思います。

よい年明けであったでしょうか。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

Love&eNjoy

~艶~
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お風呂タイム…そうそれは至福の時。

皆さん、お風呂に入りながら、何か習慣的にやってることありますか?

以前、Twitterでお風呂の中でこんなことしてるっていうのを図解されてる方がいらして、職場でも話題に上がったのですが、うちのJは、全部やってるって言ってた(笑)
あー…だめだみつからない…。
けっこう前の話題だったしな。
 
A:歌う
B:おもちゃを持ち込んで遊ぶ(ひよことか)
C:飲食する
D:タオルに空気貯めてなんか遊ぶ
みたいなやつ(だったと思う)が、図解されてて可愛かったんです。
 
飲食は…飲み物くらいなら…


お風呂の中は、唯一目を休める場所になるので、私は基本的にマッサージの時間になるのだけど、最近は本も持ち込んでしまってる…。

クレンジング→髪洗う→コンディショナー的なものの間に歯磨き→落とす→身体洗う→洗顔→湯槽(マッサージ→読書、時々潜る)
 

しかしうち、浴室が寒いんですわ。
湯に浸かっているそばから、顔が冷たくなってきて凍えるので、時々湯に潜る。
遊んでるわけじゃなくて。
 
浴室暖房?ナニソレ。

なので、ぼっちテントなるもの(商品)をかぶって湯槽に浸かるんだけど、これがまた快適で!!!
今度は出たくなくなるから困ったもんです。
 

 
BIBILAB (ビビラボ) テント式サウナ ぼっちてんとサウナ BT1-14
BIBILAB (ビビラボ) テント式サウナ ぼっちてんとサウナ BT1-14
3,240円
Amazon

 


 
うちみたいな寒い浴室の家にお住まいの方には、是非使っていただきたい!
あったか快適ですよー。
ちゃんと身体が温まりますよー。
お風呂に入ったのにあったまった気がしない方。
出ると瞬間に身体が冷えていく方。
! ! 是 非 ! !
 
そんなわけで、便利グッズのおかげで浴槽に長く浸かっていられる事になった私。
カビ対策をしっかりしとけば、ずっと使えると思う。


そして、マッサージを足の指から行うのである。

 

足首から先
・指を1本1本前後に動かして関節を付け根から伸ばしていく
・甲側から、足の指の間に手の指を入れてぎゅっと握って放してを何度か
・足の甲側、指と指の間を繋がってるところまで押していく
・足の指を内側に折り曲げて第3関節を出す
・足の裏側を全体的にもみほぐす(指が疲れたら、風呂から出た後に麺棒に乗ってごろごろやる事にして飛ばすことも)
 

膝下
・足首周り、くるぶし周辺を、筋に沿って解していく
・そのまま足のすね(脛骨に沿って)をしたからぎゅっぎゅっと掴んで膝まで
・すねの2本の骨の間にも指を入れていく
・ふくらはぎも、下から膝裏に向かって全体的に押していく(指が疲れたら、風呂から出た後に反対の膝でやる事にして飛ばすことも)
 

膝上
・膝から上、太ももの前側を大腿骨に沿ってヒジで押していく
・太ももの裏側を手でもみほぐす(これ疲れるから、疲れてる時は飛ばす)
・鼠蹊部を指で押していく
 

お腹
・腹周りをもむ(なんとなく、大腸の方向に沿って)
・脇腹をすごい掴みながらもむ(もう、この辺で手の指が限界)
 ・浴槽の中で向きを変えて、浴槽に反って身体がエビ反りになる(お腹伸ばして上体反らす)
・片手を上に上げて壁に手の指をつく(脇腹と、脇を伸ばす)
・反対も
・手を下して、浴槽の中に片手をついて、身体の側面(腰の横部分)を伸ばす
・反対側も

 

・両手を自分の身体の後ろの浴槽の縁につき、身体を湯船に沈めていく(肩周辺伸ばす)
・両手をついて、身体を前に出せる場所で、胸を突きだす(鎖骨下周辺を伸ばす)
 
のストレッチ(全方向)
 
なんか、書き出してみたら、いつもいつの間にかすごい時間が経ってる理由がわかった…。
これらが全部終わってからさらに本とか読み出すからな…。


こんなエンジョイしてるお風呂タイムなんだけど、実際は、お風呂に入るまでが長い。
とてつもなく長い。
そこを何とか短縮させたいんだけど、どうしたらいいの?
寒くて脱ぎたくないのもある。
お風呂に入って、「入らなきゃよかった…」なんて後悔したことないから、絶対さっさと入るべきなのはわかってるんだよ。


「お風呂が、沸きました」
とセンサー的なものに言われても。

一昔前には、追い焚きしながら沸騰させたことある。
この2コマ目の音、すごいわかる(笑)


臨死!江古田ちゃん①巻@瀧波ゆかり


「お風呂入んなさい」
と、さっさとお風呂に入ることのできる旦那さんに、この年になってまで言われても、なかなか入れない。
 

全体的に家の中が寒いのがいけないのか…。
(基本的に、自分が着膨れてあまりエアコンを使いたくない人)

なんか暗示的な(強迫でない)方法でもいいので、うまいこと快適に毎日お風呂に入れてらっしゃる方のご意見、お待ちしてます。
旦那さんと一緒に入ればいいじゃんとかそういう類いの意見は、まぁ、悟ってください。


エンジョイお風呂タイムを!
Love&eNjoy
~艶~

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

って聞くと、何が浮かびますか?
 
「私なりに愛していた」
 
とか
 
「私なりに頑張った、努力した」
 
とか
 
そして、その言葉を聞いた時、どんな気持ちでしょうかね。
 
私なりに、の意味を調べてみると、’自分で考えて善処する’というのが直訳らしく、類義語として
’自分のできるやり方で’
’自分のやり方で’
’自分の持つ考えで’
等があるよう。
 
これ、自分の意見として主張する人と初めて遭遇したんだけども。
なんかそれがものすごい違和感で、なんでなのかわからないので考えてみることにする。
 
私自身、使ったことがあるかどうか?を思い出してみる…。
うーん、私は自分自身に向けてしか使ったことがないな、と。
 
目の前の結果が到底受け入れ難くて、自分にはショックだったり傷ついたりしたけども、仕方ない事だと受け入れなきゃならない時に、ささやかな抵抗?というか。
・報われなかったもの、手に入らなかったものへの気持ちを経ち切る為の、単純な慰め
・自分が行った部分はちゃんと肯定して、また前に進んでいく為の言葉
・至らなかった自分を責める自分自身への言い訳もあるかも

 
 
そう、これをひとたび外へ、他人へ向けるとなると、意味合いが少し変わってくる
・自分の足らなかった部分を責める周りへの言い訳
・評価をもらえなかったと、相手のせいにして自分は悪くないという気持ち

 
 
まぁ、言葉をどう使おうが結局は本人次第だしかまわないけれど。
ただの便利な言葉に成り下げてしまうのは悲しいかな。
きっと、誰かに優しく響いたであろうその言葉が、使い方も多様化されて便利に使われ始めてしまうと、元々の使い方に込められた気持ちなんかはあっという間に無視されて、下手するとその言葉自体が不快に感じるものになっちゃったりする。
 
 
話を戻して、つまり、「私なりに○○した」って言いたい時、そもそも自分が欲しかった現実でない結果が目の前に現れた時なんだろうな、と。
大抵、「でも、」がつきそうだもんね。
「(思わぬ結果になっちゃったけど)でも、私なりに○○した(つもりだった)んだ」
 
 
そしてこれはどういう事かというと、「相手の思うところ(基準)と違った」って感じか。
コンクールで優勝できなかった審査員の基準を満たせなかった
志望校に受からなかったその学校が基準とするラインを満たせなかった
好きな相手にフラれた相手が必要とする(好みの)基準を満たせなかった

 
まぁ一言で言うと、相手とのすり合わせを(考えも)せずに、自己満足だったって事になる。
残念。
 
欲しくもないプレゼントをもらった時の気持ちって言えば想像できると思うけど、そんな感じ。
相手の’喜びの基準’はどこにあるのか、を考えられれば、それを選ばなかったかもしれない。
でも、そもそも相手がそれを好きだと、喜ぶと思い込んでやってる場合は、根本の受け取り方の問題だな…。

会話の受け取り方でわかる色々

http://ameblo.jp/en-belly/entry-12218927421.html
 
 
 ’自分のできる範囲で’’自分のやり方で’やった事、またはやらなかった事っていうのは、いくら相手の為にやったと自負していても、その相手の望むところと違うのであれば、結果として要らない余計な事になってしまうのだね、と。
そしてその現実に対して、「お前のためにやったのに!」と直接的に言う攻撃型の代わりに「自分なりに100%やったんだ」と相手と自分の双方への’言い聞かせ型’にシフトしたのかな。

 

 

コレ、やられる側は、いつまでもちゃんと自分の事を見てもらえない、ときっと不満が溜まっていくよね。

勝手な思い込みで判断されている、その相手に映っている自分は自分じゃないから。

「欲しいのはそれじゃない」「こういうのが欲しい」と伝えても、今の自分ができる範囲以上の事はやろうとしない相手とは、ずっと同じところにしかいられないから。

 

 

でも、本人、そんな言い訳まがいのようなセリフを吐くくらいなんだから、そもそも違う結果が欲しかったんでしょう。

上のプレゼントの例であれば、ちゃんと相手を喜ばせたい、という想いからやったんだろうし。

’自分のやったことで、相手が喜ぶ!’という現実が欲しかったんじゃないの。

自分のしたい事しただけってのはまた別問題だが。(これは私はよくやってしまうので猛省…)

 

 

相手との食い違いを防ぐためには、自分が、これをしたら相手は喜ぶ!と思い込んでいる事(過去にやって喜んだ!って実績があるという理由だけでは、あまり繰り返さない方がいいかも。女性には特に?)は本当に、’今、相手の望むところだろうか?’と一呼吸置く事。

’過去’の相手ではなく、’こうだろうと思い描いた’相手ではなく、’今この瞬間’の相手がどう思っているのか、その価値観をわかろうとする努力

 

で、それはやっぱり日常の会話や態度からわかるのだと思う。

相手の事を、自分の’相手はきっとこうだろうフィルター’を外した状態で、よくみる!

さらに、自分がどうしたいか、という事と合わせて考える。

相手の望みだからと、自分がしたくないと思う事をやる必要はない。

 

ただ、したくないと思う理由が、例えば変なプライドみたいなもんなら(なんで私がそんなことしなくちゃならんのだ的な)相手の幸せよりも、自分(のそんなもの)を優先して大事にするのを選んでいるだけの話ですから。

 

自分を優先にしてんじゃねぇ、という話ではないですよ。

大事にするってのは、’自分の事も、相手の事も、ちゃんと尊重できる’っていうのをお互いにする事なのではと。

それはお互いに話し合いで摺合せができる事でもあるだろうし。

この話し合いに必要な、自分の意見や要望を相手に伝えるには、ちゃんと自分自身の望みや価値観を理解していないとできない部分もある。

それができていて初めて、相手の話がきけるという場合も。

 

 

誰でも、ちゃんと自分を大事にしてくれる人と一緒にいたいでしょう。

 

また、1年が終わり新しい年も始まるという節目ですし、自分と話す時間を是非作ってみてくださいね。

 

自分の、欲しい環境はどんなもんですかね?

自分は何を大事に頑なに守ろうとしてるんですかね?

自分の優先順位を見直してみては?

 

大切な相手を、’自分なりに’愛するのではなく、自分も相手も幸せな状態で愛しているとなれば、それは本当に幸せな事だからね。

 

幸あれ。

 

Love&eNjoy

~艶~

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

体調の悪い人間に対して、非道な振る舞いはできないだろう、っていうかするなよ?したらそっちが悪人だぞ?という、人の良心に付け込んだ、いやらしい手段ですねぇ。
そして、本人、本当に具合悪くなっている事が多いのでまた質が悪い。
 

大切にされて育った方なら、誰もが体験あるかなぁと思うのですが、小学生の頃、仮病を使って学校を休んだ事ありませんか?
私は、あります(笑)
幼い頃って、自分にもとても暗示がかけやすいのか、ちょっと信じてもらえなかったりすると本当に痛くなってきて、涙まで出て来る。
そんなん見たら、そりゃあもう親は心配しますよ。
 
「どうしたの?大丈夫?」
貴方の事をちゃんとみていますよ、という愛情。
「何もしなくていいから、寝てなさい」
身体の回復を最優先にさせる、愛情。
後でツケが回ってくるのは本人なんだけど、ここで色々許されたと勝手に勘違いして甘えてしまうと、愛情がただの甘やかしに変わってしまう。うーむ…。
 
なんで仮病なんか使うかって、その時学校に行きたくないとかの最初の理由は勿論あるんだけど、加えて、優しくされたいのかも。
幼い頃、受け入れてくれたのは母親という人。
きっと、今、自分だけをみて欲しいという気持ち。

病気の時に、とても心配されて、優しくされた事を覚えてる
その状態では、色々許される(と勘違いしている)事も
 
それは当人にとってとても気持ちのいい、居心地のいい状態。
さながら、ふかふかのお布団だよねまさに。
 

なので、成人してようと関係なく、年齢を重ねても、まだこれをやる人はいるんですヨネー。
それが通用する相手をちゃんと見極めてる。
許されたい時、風向きが思わしくない時、相手が離れていこうとするのを引きとめたい、愛情の確認をしたい時、まして、自分がただ面倒くさくなって断りたいだけの時ですら、相手の気持ちを無視して(いや、もうむしろ愛情を無理やり引き出してるよね)。
情に訴えて(時には、本当に自分の身体を痛めつけてでも)、これ以上酷い事をしようとしないでくれ、と。
それは暗に、それをするならオマエは加害者になるからな!と、いつのまにか定位置の被害者ポスト。

まぁ都合のいい体調不良ですこと!

それを使う為に、普段から体調崩しやすいアピールする方もいらっしゃるとか…。
 
その場限りで問題を誤魔化して、先延ばしにしたところで何の解決にもならないし、それは許されたという事ではないのに。
・何かをしてしまった

・何もしなかった(何もしないをしたというか…)

どちらにしても、他のどんな選択をしても、そう行動した事によって起こる何かしらの結果は、必ず自分の目の前に、現実に、どん!と置かれる事になるのは変わらない。

 


そして、だんだんやられる側も、何度も続くと信じづらくなってくる。
「またか」
「(痛がってないで、しんどい、辛いアピールしてないで)さっさと病院に行くなりすればいいのに」
そして、体調が悪いと言っている相手に、そんな事を思ってしまう事に自己嫌悪すら感じているかもしれない。
勿論元々抱いている愛情があって、それを逆手に利用されてるだけなんだけど。
その愛情を無理やり引きだされて、疲弊しているというのに。

 
家族や恋人、職場の上司や同僚、心を寄せてくれる人達は、愛情のATMじゃないのだよ?
彼ら彼女らも、同じ人間で、感情がある。
都合のいい時に、もらうだけむしり取っていいもんじゃない。
違う時にこっちだって愛情たっぷり与えてるし!なんて反論もありそうだけど、行動や態度に、愛があるかどうかはちゃんと伝わるし、相手の事を考えたり聞いたりして、その人がして欲しい事をしたんじゃなくて、自分ができる範囲で、単に今の自分ができる事をしただけだったりね。

→「'私なりに'○○した」http://ameblo.jp/en-belly/entry-12232462482.html
だって、それでお互いに満たされているなら、そもそも体調悪い事にしてまで逃げたい状況にもならないんじゃないかねぇ。
 


何かが起こっても、解決策を探して選んで、行動できるのが、大人ってもんだろうと思うのですよ。
自分一人で抱えられないとか、自分だけの問題でないのなら、ちゃんと周りと話し合って、解決策を一緒につくっていく事ができる人。

つまり、状況に応じて自分を変化させていける事。

 

だから、本来なら、体調が悪かったらさっさと病院に行くなり寝るなりするでしょう。
そして、そうする事にしたら、周りへの必要な依頼や要望を自分で伝える。
わざわざ、相手に「どうしたの?」なんて言わせないと思う。
相手側が、あれこれしようか?って言ってくれるのは勿論とてもありがたいし、そんな事言われたら泣いて感謝するけど。
 
 
でも、痛い辛いアピールされてると感じた時、話し合い拒否!みたいに使われた時は、気をつけて欲しい。

自分がやっちゃったーって時も。
きっと、もう本人もわかってるんでしょう。
誰か(相手)のせいにして、自分は悪くないと言いたいけど、部が悪いのがわかってる、もしくは完全に自分に原因があるとわかってて、すでに逃げ道がない場合。

’体調が悪いんだから仕方ない(誰のせいでもない)’に持っていきたいんだよね。
「私の事愛しているでしょう?許して欲しい」って自覚無自覚問わず思ってる。
これは甘えでもあるし、相手の愛情を盾にした脅迫でもある。
「それをしてくれないなら、体調の悪い人間に追い打ちをかける酷い人間はお前だぞ」とね。
更には、自分に有利な条件さえ引き出して屈服させる
よくもここまで自分の事ばかり考えられるなーって感心しちゃうよね。
自分の問題に、堂々と相手を巻き込んで。


これ、一回やり返してみたことあるんだけど、最初は自分も悪人になりたくないからかなんか飲み込んでたけど、最終的に逆ギレな上に関係を切ろうとされたから、その程度なんだなーと思ったよね。
自分がされたら、すぐ手を離そうとする。
自分の思い通りにならない相手なら、要らないってさ。
きちんと要望すら口にせず、察して欲しいんでちゅかね。

だからつまり、これをやる人が相手に選んでるのは、絶対に自分の手を離さないだろう人であって、自分が一緒にいたい、とかじゃないんだな、と。
精神的に、最終的に、自分に隷属してくれる人なら、誰でもいいんでしょう。

自分がされたら嫌な事を人にはする。

そりゃあ、周りから人は離れていくよね。

 
すぐ被害者になる人って周りにもいたし、勝手にそうやって生きて行けばいいんじゃないって他人事に思ってたけど、実際近くにいたらまぁ…ものすごいモンスターだよね。怖い。
精神的に追い詰められる(と勝手に受けとる)と、弱者になってそっくりそのまま相手に同じだけ、時にはそれ以上のダメージを与えてくる。
自尊心が低いのに、自分はこういう人間で在りたい、という変なプライドがあるのか、現状を変化させる事はとにかく拒否。
下手したら、現状を認めるのも拒否。

 
それ、いつまで続けるの?
都合が悪くなる→具合が悪いことにしよう(したい)→いつか、本当に病気になっちゃうよ。
 

何か言われたりして、また面倒な事を…って都合が悪くなったと思ったその相手は、ちゃんと自分と向き合おうとしてくれて、愛情でもって貴方の今のまんまの現状を理解して、どうしていこうかを、一緒に考えてくれる人なのかもしれないよ。


周りに何も言われず、段々距離を置かれてぼっちになるほうが楽でしょうけど。
楽なほうが、幸せな道なのかもわからんけどね。


印籠が通じるから、何度も繰り返す。
それができる相手がいるってことは、確かに貴方は愛されていて、体調が悪い、あれこれが悪いと言う度に、何かできることはないかと考えてくれて、心配の気持ちから、繰り返さないように提案したりしてくれるのかもしれない。
でも、貴方はそこから動く気がない。


そんな手段がとれるって事は、そんな相手がいるって事なんだよ。
いつまで傍にいるかわからないけど。
道のまん中でいつまでも動かない大きな石に、愛情かけて磨いて側にいる…のを、好き好んでやりたい人もいるかもだけどさ。

違う道を探して通るか、声もかけず避けて通るのが当たり前になるか、どうするだろうね。

 

 

そんな弱い者に対しての愛情、優しさ、そんなものが欲しいものなの?

無理やり引き出さなくたって、自ら優しくしてあげたくなる人ってどんな人だろうね。

 

 

傍にいる人へ、最大の感謝を。

 

Love&eNjoy

~艶~

 

※追記

2016/12/13(火)放送のドラマ'逃げるは恥だが役に立つ'で、「愛情の搾取」って表現が使われていて、場面は違えどあーそれそれー!と共感する場面がありました。
「やりがい搾取」についても、また別記事書きたいな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

モモカシュー…わからないけどなんて美味しそうな名前…♡
と、そのお名前とは裏腹に、とても重厚な、素晴らしい狂気の表現曲を届けてくださるボカロP。
そうでない民族調や、優しい素敵な曲もたくさんです。
歌い手さんもやられているようです。

http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%A2%E3%83%A2%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC

https://www.youtube.com/user/momocashew/


私が出会ったのは、ハロウィン用に狂想曲な感じを探していた時でした。
それまでに耳にしたことのない、中性的で透き通る少年の声(オト)。
それがOliverくんとモモカシューさんとの出会い。(一方的ですがね)

 



おぉおぉぉっ!!!
ってなって、彼女のオリジナル曲を流しながら、色々な妄想に耽りました。
そしてしっかり踊りましたとも。
踊って…み~た~な~的な、後半がホラーになるような感じでそりゃあもう。

 

踊らせていただきました。

後半の5:20~くらいからです。

 

新しい曲探しは楽しいけれど時間があっという間で…!!

 

素敵な出会いがありますように。

 

Love&eNjoy

~艶~
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こちらはボーカロックな曲、狂おしいほどの切な美しい旋律が魅力のボカロP。
そして歌詞には、要所要所にエロスがほんのり(時に全面的に)組み込まれ比喩され、大好物な中二感と疎外感、そして基本的に愛あり。
※個人的な印象です。
 

残念なイケメンとかも言われてましたね。

しゃべると下ネタ連発する的な。

一度イベントでお見かけした程度なのであまり残念感は感じませんでしたが。

整ったお顔でしたよ。

また、ご本人の歌ってる声が好き。

「何故、拙者を買ったし」タグ(byガクポ)付けられてたのは笑ったw

 


きっかえは、初音ミク…もう聴くの辛い…(もう、声がどうしても好きな声じゃない)ってなったので、他のボカロに歌わせている曲(作ってるボカロP)を探し始めたのです。
作曲家は好きだが歌ってる人が気に入らないというアレはもう、好みの問題だから仕方ないよね。

その頃は、今ほど種類がなかったから、順番にメイコ、カイトと聴いて…(スルーしてすまん。笑)すぐ、ルカ姉さんに辿り着いたよ。

巡音(めぐりね)ルカ
ちょっと大人っぽいお声の彼女。

http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vocaloid/cv03.jsp
中の人は声優さんのようですね。

 


そしてルカの曲を検索したらたくさんのボカロPが出てくる中で、’ルカマスター’の称号なんてもんがあるらしく(笑)
otetsuさんに行きついた。
使ってらっしゃるイラストもすごく好みだったので(riria009さん:http://www.pixiv.net/member.php?id=153399)、早速聴いてみたらねー。
はー。
たまらん旋律だったのだ。

リズムも早くて、ロックな印象だったけど、急に転調したかと思えば切ないワルツの旋律へと変わる。(単に私が3拍子にものすごく弱い)
インスト曲がまた好き。
歌詞をのせてないその曲の世界へは、タイトルからしか飛べない場所で。
 

何年か前に、頭おかしいほど再生してたotetsuさんのお気に入り曲達のリスト

https://www.youtube.com/watch?v=-fE1S2fwB4w&index=2&list=PL_BjH8mKibEUXeSmGLnu2yPU_0DciSYVP

 

 

個人的にツボだったのが


"ノラネコ"…まぁ、最初に聴いた曲だからかな。自由ってたまに孤独。

 

"ピーマン"…えっ?そんなタイトル?ってか短っ!FF!!


"五月十一日"…何があった?!…本当に何があった!



"ネムラネーゼ"…カレンダーにセクシーさを感じるとかやるな…!!

 

タイトルも歌詞も、全て作った人の自由なので、本当、タイトルも歌詞も…(笑)
何曲くらいあるのか…アルバムもけっこうな枚数出してらっしゃるの。(ituneでも購入可能→https://itunes.apple.com/jp/artist/otetsu/id313306738?ign-mpt=uo%3D4)


最近はあまり投稿されていないようなので、すっかりおてつぶん不足だわ。
クリスマスあたりにまた鬱曲出してくれないかなぁ(笑)

 

鬱曲がまた、しっかり鬱で(笑)

人間不信半端ないというか、公開してないアルバム曲達の中にも、ものすごいお気に入りあります。

そうして代弁してくれるかのように鬱鬱垂れ流してくれて、陰鬱な歌詞がかっこいい旋律にのってるとなんだか気持ちがスッキリする。

いつのまにか、同調したい時、全部嫌になった時、ものすごく隣にいてくれる曲になってしまった。

 

そんな歌詞なので、一人カラオケにもってこいです(笑)

3時間ずっとotetsuさんイケるんじゃないかな。そんなに曲配信されてないかな。

 

じっくりアルバムを聴きながら、新曲を待つなんて、未だに出す出す詐欺のどこぞのバンドさん以来だわ。

 

No Music No Life

Love&eNjoy

~艶~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうしても相容れない存在。

関わらなくて済むのであればそれが一番いい選択なのかもしれないけど、親、兄弟姉妹、同居や近くにいる親戚、等々…。
生まれ落ちたその瞬間から、属するグループとして振り分けられたように、 最初から関わる、または生活を共にする事を余儀なくされた相手だったらねぇ。

その相手が、周りに危害を加えるとか虐待なんぞをするようなレベルの人格的に問題がある酷い話とかではなく、単に自分と合わないっていう存在であるならば。
一緒にいると、相手に対する態度(攻撃したり無視したりとか)に自己嫌悪したりと、自分の事が嫌になる、みたいな。

お互いにただ辛いだけの状態。

 

’家族だから’’きょうだいだから’’お姉ちゃん、お兄ちゃんなんだから’

何か違和感を感じていても、周りの’当たり前’の意識を最初は刷り込まれてしまうから、何に対しての違和感かも最初はわからない。

 

最近は’毒親’なんて言い方が定着して色々言われてるし、本もたくさん出てるから、嫌だと思う、おかしいと思う本人を必要以上に周りも責めないかもだけど。

 

自分を産んだ親、自分が産んだ子供とそりが合わない

きょうだいとどうしてもうまくやっていけない

理想として、’家族はみんな仲良く’’愛して当たり前’なんて想いがあれば(祖父母からの当たり前要求なんかも含め)、より現実との違いに苦しむ事になる。

現実、事実として、「合わない」というのがもう浮き彫りになってるんだから。

 

最初から共同生活をするグループで、それはとても悲しい事だと感じるだろうし、その中でなんとかうまくやって行こうと、努力はするに越したことはないと思う。

考えて探して、たくさんの選択肢から色々試して。

現状を打破する為にどうすればいいか?と考えるその思考回路ができるのは、後々きっと役に立つ場面がある。

何もせず、愚痴ばかりを周りに吐き出す選択をする人もいるだろうけど。

我慢をし続ける選択をする人もいるだろうし、物理的に部屋に鍵を付けるとか生活時間帯をずらすとかとかとか。

 

やってみて、どうにも自分が疲弊したり、どうしようもなくただ辛いだけなのであれば、そこはもう、最初に与えられた関係性がどうであれ、他人と同じように、相手から物理的、心理的に距離を置く「そこから離れる、逃げる」という選択肢をちゃんと行使していいと思う。

想像もできないくらいの酷い環境で、逃げる選択肢すら奪われてる人もいるかもしれないけれど…。

離れる、逃げる、っていう選択肢がないと、きっとおかしくなる。

 

そもそも、最初の関係性は、仲良しである為に与えられたものじゃないと思うし。

学校の班決めと同じように、生前の魂の状態とかがあるなら、くじ引きでもしてるんじゃないの。

最初に共同生活をする人達ですよーって。

たまたま、

親役やるね

子供役やるね

同じ人から産まれる役にするね

つってくじ引いてきただけで、絆、絆って言うけど、そういうのは、共同生活の中で作り上げていくものなんじゃないかな、と。

そこから、個々の価値観が育って、やり方も表現の仕方も皆違う人間達が、最初にグループ分けされたところにずっといるかって言ったら、ねぇ。

学生の頃の属するグループが変わっていく、属さなくなる、とかも自然な流れ。

 

 

人生80年としたら、十数年~二十数年、最初のグループ(生まれた環境での家族)は4分の1くらい。

一番大事で、一番長く感じる場所でもあるんだけど。

自分がよりよく、心地よく過ごせるために、何が必要か、どんな事をすると自分は喜ぶのか、何をされたら嫌だと感じるのか、そういうのを、自分で確立する為の場所。

 


ちょっとのきっかけ、周りからしたら本当にくだらないのかもしれない理由で、家族内での死傷事件や自殺が起こる気持ちはわかる。

その選択もありとかOKって言ってるんじゃなくて。

瞬間、’魔が差した’って単語があるくらい、たまたま貯まりに貯めてた我慢スタンプカードが揃っちゃったとか、それだけはやられたら嫌だった事が起きたとか、たまたま二人きりだったとか、手に凶器になるものを持っていたとか、相手が背を向けてたとか、全てのタイミングが揃ったその瞬間が来ちゃって起きたのだとしたら。

 

一緒にいるのが無理な相手と無理やり一緒にいようとすると、そういう瞬間が来ちゃうかもしれないのが怖かった。

 

 

ずっと願い続けた。

どうか、どうか、この人と離れられますように。

自分にも、相手にも酷いことが起こりませんように。

一緒に生活をするのはあまりにも辛くて。

その願いを一言でまとめたのが、表題の「どうか遠くで幸せに」なんだけど。

 

 

「あいつムカつく」とか「本当に嫌い」とか「~をされたのが許せない」「~されるかもと思うと怖い」、的な事を周りに愚痴っちゃう代わりに、「どうか遠くで幸せに勝手に生きてほしいんだよね」って言うようにした。

 

今までにされたと思ってた嫌な事がずっと続いていくのかと思うと死にたくなってたけど、早く離れられますようにって思ってからは、終わりがあるかもしれないっていうなんか希望的な気持ちが持てて。

そこから、自分の中でその人の存在をいない事にしたら、だんだん視界にも入らなくなったし、声も聞こえなくなった。

これは本当にそうなるから不思議。

今でも、たまに親戚の会で顔を見ることがあっても、あんまり顔も声も認識できない。

人間の脳ってすごいんだねぇ。

そして物理的にも、トントン拍子に場所の変化も起こって。

 

人づてに、パートナーができたとか、新しく仕事を始めたとかの話は入ってきたりするので、今でもそのたびに想う。

「よかった。どうか、そのまま遠くで幸せに」

 

 

色んな立場から、こうして欲しいっていう家族への願いとか願望もあるだろうけど。

「家族だから~するのが当たり前」、なんて事はないんだよ、って言葉が救いになる事もある。

共同生活をする人間と人間の関わりの中で、気が合って一緒にいるのが幸せだという家族になれたのなら、それはとても幸運で(もしかしたら皆、もしくは誰かの努力で)、それこそその絆を大事にしたら素敵と思う。

 

 

我慢するしかない、と苦しんでいる方がいるなら、「そんな我慢しなくていいからさっさと離れられるように、どうしたらいいか考えたほうがいい」、と周りの人が言ってあげて欲しい。

「’家族だから’仲良くなんて、誰が決めたの?」って。

いっぱいいっぱいになってる人が、自らこんな選択肢があるかも?なんて考える余裕もないだろうから。

 

私は、愚痴っちゃってた時期は「えー仲良くしなよー」とか、「家族なんだからさー」っていっぱい言われたけど、全部うるせぇと思ってた(笑)

でも、そう言われて「そっか…やっぱり私がおかしいんだ」って素直に受け止めちゃう人もきっといて、さらに苦しむ事になったらそれは見てる方も辛いんじゃないかと。

 

 

一緒にいると辛い人と離れる準備をするのは、お互いの幸せの為なんだからね。

「お互いに、どうか遠くで幸せに!」

そして、心から一緒にいたいと思う人を自分で選んで見つけて、本当に幸せになれるのがいいよね。

 

 

選択は、そこに愛あり、の方へ。

Love&eNjoy

~艶~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。