社長力アップの専門家 安室元博  高収益経営実践講座

最短10ヶ月で高収益経営を実現した「社長力アップの専門家」の安室が渾身のネタを披露します!

NEW !
テーマ:
おはようございます。安室です。


「目標」と「目的」

それぞれの意味や違いを
説明できますか?

同じように使ってしまう
こともありますが違うはずですね。


辞書では

「目標」は、
目的を達成するために
設けためあて

「目的」は、
成し遂げようと目指す事柄
行為の目指すところ、

とあります。


私たちは子どもの頃から
「目標」を持て
と言われて育ってきました。


会社に入ってからも
色々な目標
(売上や利益、件数など)
が与えられ
その達成度合いで評価されます

「目標」が仕事の全てと
言えるところがあります。


でも、本来の「目標」は
目的を達成するための目当であり

「目標」の前に「目的」があるはず

「目的」がわかっているのと
そうでないのとでは
「目標」に対する意気込みや
やる気が全く違います。


仕事の「目的」とは、
仕事で成し遂げたい事柄
または、
事業の目指すところです。


仕事の「目的」を明確にして
社員に理解させる

それを徹底することが
業務の目標へ向かう
エネルギーの源になるはずです。



【先週の復習】-------------------------

「社長のビジョンの描き方」


3年後または5年後を
良いイメージして
具体的にしてみましょう。

1.会社の事業内容
2.売上規模
3.拠点数
4.社員数
5.社員一人ひとりの様子
6.社長の私生活(年収、趣味)
7.社長の家族の様子

http://bit.ly/1rvrAqv

--------------------------------------------

【今日のお題】
「経営理念って効果あるの?」


そもそも経営理念とは何でしょうか?


経営理念とは
会社の存在意義であり、
社会や顧客との約束である

このような定義が当てはまります。


経営理念が無ければ
ダメなのかと言うと
そうではないのですが、

年商3億以上の会社の50%以上は
何かしらの経営理念があります。


ということは、

経営理念と会社の発展には
関連がありそうです。


経営理念による効果は
次のステップにより高まります。


1.経営理念が経営の規範となる
(経営者が実践する)

2.その姿を社員、外部、顧客が見る

3.社員が外部、顧客から期待される行動をする
(社員が実践する)

4.経営と現場が一体となって、
外部、顧客の期待を上回るように研鑽を重ねる
(経営理念の定着し会社が成長する)



イメージしてください。


経営理念が社員まで浸透し
定着することで会社が成長し
ビジネスが発展するのです。


その本質は、

社員に実践を求める前に
経営者が襟を正すものであり


経営者が実践して
命を持つものであることを
忘れてはいけませんね。


最後までお読み下さりありがとうございます。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。