目当ブログの掲載している文章・写真の無断引用・転載は固くお断りしております。

合格ソーシャルメディア spotlightにて 発達障害
学習障害 ディスグラフィア(先天性書字障害)の事について 記事をいくつか書かせて頂いております。
ダウンダウン http://spotlight-media.jp/writer/14590

合格2012年秋に 学研教育出版より 「ママと呼んでくれてありがとう」という手記を出版いたしました。
紙の本は 現在、品薄となりかなり入手しづらい状況だそうです。

紙の本を希望して下さる方で、店舗やサイトで在庫がない場合、ABAについて学べるNPO法人つみきの会にて 会員の方、非会員の方も注文・購入が可能ですので どうかよろしくお願い申し上げます。

ダウンNPO法人 つみきの会は こちらです。事務局宛てにメールにての注文方法となります。

http://www.tsumiki.org/


合格すぐ入手出来る電子書籍版の方も ございますので どうぞ今後は、そちらのご検討をよろしくお願いいたします。
○電子書籍ストア— honto
ダウン
http://honto.jp/ebook/pd_25933973.html

アマゾンのkindleその他の電子書籍販売サイトでも購入が可能となっております。


「ママ」と呼んでくれてありがとう―自閉症の息子と歩んだABA早期療育の軌跡 (学研のヒューマン.../学研教育出版
¥1,512
Amazon.co.jp

ドキドキ2014年9月 息子との療育の手記 「ママ」と呼んでくれてありがとうが 韓国にて 翻訳、出版されました。
タイトルは 엄마라고 불러줘서 고마워
本の帯には「ママ」って誰でも言って 良く聴く言葉ですが、誰かにとっては切実な願いです!と書いて下さっています。

韓国の出版社は YEMOONSA社です。

韓国版では、韓国のABAの専門家の方の監修もあります。
療育をとりまく環境が日本とは異なる事もあり、本の後半には ABAを知らない方にもどんな療育方法で何が得られる可能性があるかや 韓国のお子さん達がABAに取り組んだ報告なども綴られています。(この部分をお書きになったのは、韓国の皆様です。)
日本版にはない、最近の太郎の様子、就学後のあらたな診断や課題 これからのことについて、ご依頼頂き追加で新しい原稿を書かせて頂きました。

発達障害のお子さんの困難やニーズは(わが子も含めて)1人1人 例え診断名が同じであったとしても 異なります。

なので、1つの家族の経験が、当たり前ですが全ての方に参考になるとは言えないかと思いますし、出版の際も 私はそれが誤解を生むのではないか、と気がかりでした。

しかし、出版後 数年経過いたしましたが、様々なご意見を頂きつつも、こうして、多くの皆さまに 読んで頂ける事、心より感謝申し上げます。

私の本を読んだ事をきっかけとし、お子さんとの新しい一歩を踏み出した親御さん達が 日本国内・海外にも多くいらっしゃることを後から知り、著者として 心より感謝しております。

私も親として、子ども達とこれからも学び続け、支えて行きたいと思っております。

http://www.yeamoonsa.com/shop.php?goPage=GoodDetail&g_code=20140911084923804
AD

プロフィール

美花たん

自己紹介:
杉本 美花(すぎもと みか)と 申します。 南の島で、子どもの療育と 子育て、しながら暮らしていま...

続きを見る >

読者になる

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。