花々のびっくり仰天子宮体癌

2010年10月に発覚した子宮体癌 右往左往しながら戦っています。


テーマ:

山椒の実 500g 


本日、つくだ煮にしました。


熱々のご飯のお供に

お茶漬けのトッピングに

ちりめん山椒

その他使い道多しです。


舌にピリピリくる刺激 がたまらないのです。

口に入れると、しゅわーっとスースー感が広まり、

空気を吸うと口中が涼しくなるって楽しみ方もあります。

苦手な方もいらっしゃると思いますが、



検索してみると


hienai  から抜粋



山椒

冷えや冷え性の生薬:山椒はミカン科サンショウ属の実。利尿,殺虫,抗菌の作用があり、食欲不振、胃炎、むくみ、咳などに。

薬理作用:環状ヌクレオチドに対する作用, 抗腫瘍活性, 免疫活性, 局所麻酔, 子宮に対する作用, 蛋白質消化, 血流増加, 抗菌

効能・用途: 山椒(サンショウ)には、健胃、鎮痛、駆虫作用があるとされる。
※ 成分のサンショオールやサンショウアミドは大脳を刺激して、内臓器官の働きを活発にする作用があるとされ、胃腸の働きの弱くなった消化不良や消化不良が原因の胸苦しさ、みぞおちのつかえ、腹の冷え、腹部のガスの停滞、それに伴う腹痛に効果があるといわれている。
七味唐辛子: 七味唐辛子は、トウガラシ、山椒(サンショウ)、胡麻(ごま)、麻子仁(マシニン/麻の実)、陳皮(チンピ)、罌粟子(オウゾクシ/ケシの実)、紫蘇子(シソシ)の7種類から成る薬味調味料。また、スリコギ棒の材料にはサンシュウ(山椒の木のこと)の太い枝が使われていた。



 とありました。手術後腸の癒着を防ぐために 大健中湯 を飲んでいましたが、
その中にも山椒が使われていました。

また、ウナギの蒲焼きに粉山椒 を振りかけるのは
胃腸を温め、消化を促進したり、
ウナギの油っぽさを消したり、
臭味を消したりする効果     もあるそうです。


山椒にこんな効能があるとは知りませんでした。

ここ最近、季節の山菜づいていますが、
効能を知って食すれば
味わいも深まるかもしれません。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード