パソコンで高速インターネットをいつでもどこでも利用したいユーザの為に、3月上旬ソフトバンクモバイルはMVNO(仮想移動体通信事業者)として、イーモバイルのデータ通信網を利用してサービスを提供開始します。


イーモバイルの高速モバイルデータ通信サービスは、提供エリアは今年3月末には人口カバー率90%に達しており、地下鉄や地下街のエリア化も本格化されてきています。


ここ数年で急成長を遂げているイーモバイルとソフトバンクが提携、イーモバイルには収益確保以外にも得策がありそうですね。両社の今後が楽しみです!



⇒7.2Mbps対応データカード人気№1!D02HWを購入する。
AD