ホロスコープの声を聴く~読む占星術無料講座

占星術・ホロスコープには、人生の使命や才能が、描かれています。星占いではないのです。
新月満月の力の使い方、牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座・獅子座・乙女座・天秤座・蠍座・射手座・山羊座・水瓶座・魚座、12星座、それぞれの質をいかす方法をお伝えします。


テーマ:
● 痛みを緩和する見えない力

こんにちは。蛭田えみです。

看護師時代の中で、「痛み」と向き合う機会は、とてもたくさんありました。

入院している患者さんたちは、痛みを持っていることがとても多いから。



WHOでは、健康の定義の中で、身体的・精神的・社会的・霊的・・・という言葉が使われています。

このどの領域にも痛みが存在する。

医療の現場で、特に終末期の患者さんに対しては、まず、身体的な痛みの緩和に、薬剤をつかいます。

痛みは気のせいとかでは、すまないレベル。

今は、現状も変わっていると思いますが、私が新人の頃は、鎮痛剤は4時間おきとか、1日3回みたいな医師の指示が多かったです。

その許容を超えるときに、痛みを訴えられることが、とても恐怖だった。

痛いと言う人を目の前にして、何もできない自分を、思い知らされるからです。

でも、薬剤による身体的な疼痛コントロールが、比較的良好な場合にも、痛みとして訴えられることがあります。

それが、霊的な痛み…スピリチュアルペインだったりするのです。

スピリチュアルペインとは、死が間近に迫った患者さんが、自分が生きる意味や価値を、見失ったり、死後の不安や罪悪感などで、苦しむ痛みのこと。

がんを告知された患者さんは、「なぜ自分が癌にならなければならないのか?」「なぜこんな痛みを味わわなければならないのか?」という怒りを持ちます。

「自分の人生の意味は一体何だったのか?」という生きる意味への問いもある。

そして、病気になったことで、周りに迷惑をかけてしまったという、罪悪感や死後の恐怖などで、苦しみや痛みを感じます。

窪寺俊之氏は、スピリチュアルペインについて、次のように述べています。

「スピリチュアルペインとは、人生を支えていた生きる意味や目的が、死や病の接近によって脅かされて経験する、全存在的苦痛である。

特に死の接近によって『わたし』意識がもっとも意識され、感情的・哲学的・宗教的問題が顕著になる」 

また、村田久行氏は、「自己の存在と意味の消滅から生ずる苦痛」というようにスピリチュアルペインを定義しています。

ここに介入していくには、自分が生死をどのように考えているのか、つまり死生観を持っていなければ、踏み込むことのできない領域だと思います。

余命が短いと思われる患者さんに、『さわりに来て』と言われることがよくありました。

肉体的な触れ合いは、生きていると実感できる行為。

そのことによって、スピリチュアルペインが少しでも和らぐのかもしれません。

鎮痛剤は、薬効として証明されているものがあります。

しかし、ただ手を触れることは、化学的には証明されてはいません。

でも、その人の苦痛が和らぐのなら、証明できない見えない力というものも、価値があるのではないかと感じていました。

こんな数々の経験が、今、見えない力を信じるまた実感する、基盤になっているのだと感じています。

キロンの傷と癒しとは?~キロンのセミナー

日時:8月20日(日)

場所:シンシア

料金:10000円

日程は未定ですが、9月にも開催予定です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

旅する占星家:蛭田えみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります