ホロスコープで、自分を知る!占星術で、星の才能を使う!

占星術・ホロスコープには、人生の使命や才能が、描かれています。星占いではないのです。
新月満月の力の使い方、牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座・獅子座・乙女座・天秤座・蠍座・射手座・山羊座・水瓶座・魚座、12星座、それぞれの質をいかす方法をお伝えします。


テーマ:
● 水星の違いで起こる、コミュニケーションのすれ違い

こんにちは。蛭田えみです。

人間関係に、欠かせないのが、コミュニケーションです。

そのパターンは、ホロスコープに、刻まれています。

一般的に、双子座は、おしゃべりで、コミュニケーション能力に、長けていると言われます。

しかし、それだけではありません。

自己表現を表す、アセンダントや、コミュニケーションを表す、水星が、何座なのかによっても、大きく変わってくるからです。

自分のパターンを、いつの間にか、普通だと、思ってしまうことがあります。

会話でも、メールでも、そのような、行き違いは、起きるのです。

そうすると、「こんな言い方、信じられない。」「普通は、こんな書き方するなんて、あり得ない。」という、発想になります。

自分に、自信がない時ほど、他者を、攻撃することで、自分を、正当化しようとします。

コミュニケーションの、パターンに、違いがあることを知ると、自分の表現方法も、磨きがかかるし、他者の言動も、もっと、大きな視点から、捉えることができるのです。

どんな星を、持っているのかを知り、それを、どのように生かすのかで、コミュニケーションの問題は、解決することが多いです。

男女のスレ違いって、実は、水星の問題も、大きく関係しているのです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

旅する占星家:蛭田えみ(ひるたえみ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります