星占いではわからない!ホロスコープで、未来の人生を変える占星術

占星術・ホロスコープには、人生の使命や才能が、描かれています。星占いではないのです。
新月満月の力の使い方、牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座・獅子座・乙女座・天秤座・蠍座・射手座・山羊座・水瓶座・魚座、12星座、それぞれの質をいかす方法をお伝えします。


テーマ:
● 太陽が魚座に移動~1年のまとめと、次への方向性を見出す時期

こんにちは。蛭田えみです。

2月18日、太陽は魚座に入ります。

いよいよ、まとめの時期ですね。

魚座は、様々なことを学んできた、最終段階。

日々を過ごしていれば、学ぶこともたくさんあるけど、許しが必要なことも、たくさんあります。

最も大切なのは、自分を許し、癒されていくこと。

そして、次のサイクルに向かって、方向性を決めていく時期です。



12星座は、魂の成長過程に、なぞらえることがあります。

その成長のサイクルを、繰り返していくのです。

魚座の時期は、そのひとつの締めくくりです。

魚座の神話は、母子の美しい絆が描かれています。

ちょっとご紹介しますね。

愛と美の女神、アフロディーテ。

ある日、アフロディーテは、最愛の息子エロスと、ユーフラテス河のほとりを散歩していました。

その時、百の首をもつ怪獣テューポンが立ちはだかりました。

怪獣テューポンから逃れるため、愛の女神アフロディーテは、息子のエロスと一緒に魚の姿に変身して、ユーフラテス河に飛び込みました。

二匹の魚の尾が、紐でしっかりと結ばれているのは、母と子の深い愛情の絆を描いているそうです。

魚座のイメージは、2匹の魚で描かれていることが、多いです。

親子が強く結ばれるのは、水の中、つまり感情の面です。

それは、愛と言い換えることができるかもしれません。

深い愛情を持っていることは、現実的な束縛を、しないという事なのかもしれませんね。

魚座の時期は、私たちが受け取った、目に見えない恩恵を受け取ることと、本当に大切なもの以外を手放すことです。

次のサイクルに入るために、必要なものは、そう多くはないのです。

魚座が、肉体を手放して、スピリチュアルな世界に戻るように、私たちもにも、手放すことを、促すのです。

自分の夢や理想、心の奥から湧き上がる想い。

形はないけれど、人生を支える大きな柱を、見つめてみましょう。

そして、新しいサイクルで、どんな方向へ進んでいきたいのかを、問いかけてみましょう。

もし、あなたが素直に自分の想いに反応すれば、きっと、1年を締めくくるのにふさわしい時間となるでしょう。

■春分に開催のセミナー■

占星術スペース シンシア

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ホロスコープで、未来の人生を変える占星家:蛭田えみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります