北極星を目指す旅のうたびと 詠美衣(えみい)のブログ

歌うことで酸素を取り込む-“ウタ呼吸”で生きてます。

目指すは北極星。

暗闇で彷徨う人の命をつなぐ、小さな光になれたら…
そんな想いで詠(うた)っています。


テーマ:
10年前から父の日にプレゼントを選ぶことがなくなってしまった。

生前好きだったチップスター(塩味)とアーモンドチョコレートを仏壇にお供えするくらい。「そういえば今日、父の日だったんだねー」なんて、素通りしてしまう薄情な年もあった。

今年はなんとなくプレゼントをしたくなって、何がいいかなと思ったときに、以前タイミングがきたらプレゼントしようと思って購入していたものを思い出した。

友人の元氣アーティストの宮田亮介くんが1000人書き下ろしチャレンジのときに書いてくれた、家族の名前を入れた色紙。

{58DD7D49-5990-4A30-9BBD-F37954E17554}


その人の目を直接見てインスピレーションで書いてくれるから、亡くなった人の名前を書いてもらうのは、難しいかなぁなんて思ったんだけど、亮介くんは忙しい中、心を込めて書いてくれた。

だけど、私は、大事なものほど出し惜しみしてしまって、掘った穴に隠しておくようなリスみたいなやつなのでw  なかなかプレゼントするタイミングを逃していた。(普通の日に渡すにはもったいなさすぎる!と思ってたら1年以上も経ってしまった。笑)


「お父さん」って直接呼べなくなってしまったけど、久しぶりに声に出して呼んでみると、心の真ん中が熱くなった。。。


もうこの世にはいないんだよなぁって思うと、10年経った今でも、本当に不思議な気持ちになるときがある。


一緒に過ごした時間って、幻だったんじゃないかと思うくらいに、不思議な感覚になる。


生きてるうちに、生きてる人に会えること。


生きてるうちに、会いたい人に会えること。

生きてるうちに、その人の名前を呼び、自分の名前を呼んでもらえること。


これって本当にすごいことで、奇跡なんよな。


そうはわかっていても、お互いに素直になれずに、会えなかったり、感謝の気持ちを表に出せないこともあるよね。


でも、会えない時間も心の中で想い、成長してけば、きっと心の距離は近づいていく。

離れていたって、会えなくなったって、いつもそばにいるような、そんな力強さや愛というものを感じられるようになるような気がして。

どんなに生き急いでると小バカにされてもかまわないよ。私はこれからもっともっと、会いたい人に、会いに行く。大切な人を大切にしていく。

そんな私の人生に大事な道しるべを遺してくれたお父さんに、改めて、ありがとう!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

実はこの素敵なアクセサリー、"銃弾の鉄"を溶かして創られたものなんです!!!!

 

{F8B8695C-5358-40A2-9775-D267257D53BC}

 

 

トランポリンを担いで子供たちの笑顔を繋ぐアジアの旅に出た

FLY HIGHの石原舞ちゃんが、この前の講演会で、

このアクセサリーを日本で広める活動を始めたことを話していた。

 

鉄のリングを大事そうに、愛おしそうに握りしめながら、こんなことを言っていた。

 

"この鉄のかたまりは、人間の勝手な都合で、

人を傷つけるための道具として生まれてきた。

 

それからは、銃弾として、人の悲鳴や泣き声を

聞くばかりの運命を背負わされてしまった。

 

でも、溶かされて、アクセサリーになったことで、

人を幸せに、笑顔にするためのものに

生まれ変わることができた。

 

運命は、生まれてくる前から決まってるのかもしれない。

でも、それはこの手でいくらでも塗り変えていけるんだ"

 

 

私はこのアクセサリーにある様々な背景と

舞ちゃんの想いにとても感銘を受け、共感し、胸が熱くなった。

 

どんなに高価なブランド物のアクセサリーよりも、

このアクセサリーが欲しいと思った。

 

なぜなら、こんなに平和や夢への想いが

自分と重なった人は初めてで、いつも心の中で、

舞ちゃんの存在は大きな支えになっている。

 

このアクセサリーをお守りのように

肌身離さず身につけたいと思った。

 

私には、

すべての大砲を花火に、
すべての武器を楽器に
して、
満天星空☆野外LIVEをする

という大きな夢がある。

 

舞ちゃんには、

すべての武器をトランポリンにして
すべての武器をアクセサリーにして
笑顔を繋ぎ平和わくわくノーベル受賞

という大きな夢がある。

 

そしてついに数日前、予約しておいたアクセサリーが送られてきた!

 

{A7C2C7F3-36DE-409A-8E98-66F548D966F3}

 

 

 

封筒の中には、舞ちゃんの心のこもった

手書きのお手紙も同封されていた。

 

ささいなところに、一人ひとりと向き合う

誠実な舞ちゃんらしさが溢れてる。

 

さっそくアクセサリーを身につけた写真を送ったら、

舞ちゃんは、"美しい…"とつぶやくように返してくれた。

 

流行りとかブランドだから、とかじゃなくて、

自分が納得して心から惚れ込んだものを身につけるだけで、

こんなに人は…特に女の子の表情や雰囲気って

変わっちゃうんだなって、身をもって実感した。

 

このアクセサリーをつけた瞬間、

心と体から力がみなぎってきて、

どこまでも芯が強く、やさしく、愛に溢れ、

大事な人を守り抜ける、自然な笑顔をまとった

美しい女性でいられる気がした。

 

{7CCF8CF4-FD6E-49BB-9648-8D731E4850F5}

 

 

 

 

すごい、、、魔法のアクセサリーだ!

 

人を殺すことができるほどの威力を持った鉄つぶは、

舞ちゃんの"愛の力"という錬金術によって、

人を生き生きさせるほどの威力を持った

魔法の宝物に生まれ変わってしまったのだ。


大事にするね (。-_-。)
ありがとう。舞ちゃん。


舞ちゃんがこのアクセサリーのことを自身のブログでも書いてる。


直接言霊を受け取って欲しいな。

 

そして、 彼女の著書も、読んでほしいな。

 

 

 

そしてそして、このアクセサリーにビビッときてしまった人は

コメントかメッセージを( ´艸`) ♪ お繋ぎいたしますっ☆


もちろん、男性も愛する女性の美しい笑顔のために、

プレゼントしてもいいよね♡

 

ちなみにこのハートのネックレスは、本当はかんざしです!
不器用な私は、とりあえずネックレスにして

肌身離さずつけられるようにしましたー☆笑 

夏に浴衣を着る頃までには、ちゃんと
かんざしにできるように練習するんだ^^♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おかげさまで、本日で詠美衣として

活動を開始してから4年目に

突入いたしましたー!

早いような長いような~!

 

去年は初めてワンマンライブを

やらせていただいたりと
突っ走った年だったので、

とくに3周年とかなんとか
自分自身さえ全く気づかずに

素通りしてしまったのですが(笑)

 

6月9日は、「詠美衣」として

はじめてライブハウスで、
青いギターのマリリンと一緒に

弾き語りをした日なのです!

 

{8D6E3937-F12D-4938-B497-AC1174F8B370}

 

↑当時の写真。ガラケーで
撮ってもらった、貴重な一枚!
照明で顔はノッペラボー!笑
 

 

「ジャンルはアコースティックだけど

今日は"ロックの日"なので、

ロックに負けないくらい

魂込めて歌います!!!!!!!!」

 

 

なんてMCで言ったのを、

今でもはっきり覚えています~^^

 

しかし結果は、、、

めっちゃ緊張して

声は震えまくりーの、、
ギターも練習した半分の

成果も出ないーの、
終わったあと、店長さんに

ダメ出しされまくりーの、
凹みまくりーだったけどwww


オリジナルの曲を

人に聴かせるなんて、
自分の心を真っ裸に

されるようなもんで。
それくらい恥ずかしくて、

怖いことだったんだ。


だけど、、、

詠美衣のすべては

そこから始まったのです^^


それから4年たった今、、、


「こんなに泣いたライブは、

えーちゃん(矢沢永吉)以来だよ!!!
最近はもっぱら、えーちゃんを

差しおいてエミーのCDしか

聞いてないよ!」

 

なんて、まさかの感想を

いただくほどに、成長を

遂げてきているようですwww

 

右も左もわからず

飛び込んだ音楽の世界で、

身体的にも精神的にも

たくさんの壁にぶち当たり、

自分が歌うことは

無意味なんじゃないかと

自問した日々もあったし、

なかなか上達しない
ギターを放り投げたく

なる日々もあったwww

(マリリンごめん!)

 

最近あったアイドルの

殺傷未遂事件じゃないけど、

(↑本当は彼女も

アイドルじゃなくて、

シンガーソングライター

だったんだよね・・・)

音楽以外のところで、

悩んだり悔しい想いを

したこともあった。

 

それでも、なんやかんや4年間

生きて、歌い続けてこれたのは、
それを上回るほどの

素敵な人たちとの出会いや
心動かされる瞬間や

学び、気づきあったから。

 

歌やトークを聞いて、

そばで応援したり、
遠くで見守ったり

してくれた存在がいたから
なんだろうな~って

しみじみ感じます。。。

 

本当に本当に

ありがとう・・・・!!!!

 

 
{A067944A-6134-48C3-87FB-6E9114B625C7}

 

これからも、見た目によらず(?)、

アコースロック(?)な魂の歌を
届けていきたいと思うので、

どうぞよろしくお願いします!^^9

 

ただ、最近は

少し肩の力が抜けたのか、

風のように、鳥のように歌ったり
自然の中でくつろいで聞けたり

そんな曲もつくっていきたいなぁ

という気持ちも出てきました!

 

まだまだ成長していく私。
どんどん変わっていく私。
どこまでも、どこまでも。

 

と同時に、

 

いま自分が与えられているものや

持っているものにも十分に感謝し、

小さな幸せを大切に感じながら、

一瞬一瞬心を込めて生きたいな。

 

色~んな詠美衣の声、

ギターのマリリンの声を

響かせていけるように、
これからも楽しみながら、

焦らず一歩一歩、

精進して参ります^^>

 

そして、これからは歌だけじゃなくて

トークだけのときもあったり、

絵での表現だったり、

日本国内外への旅とか

キャンプとか自然とか・・・

そんなキーワードも詠美衣から

増えていく予感がしております^^

 

「詠美衣」という人間、生き様を通して、

色んなアートや世界を
皆さんの心に映し出したり、

残したりしていけたらと思いますので
どうぞ、楽しみにしていてくださいね!

 

・・・・・・と、いうよりも!

一緒に人生の旅を

楽しんでいきましょ~^^b 

 

{81556199-2FE2-424D-B426-66BB8E98D8F3}

 

おわりに、もう一度、

どうもありがとう。


そしてこれからも

よろしくお願いします!

 

2016.6.9

Your Polaris,
詠美衣

 

~~~今後の出演情報~~~~

◎6月はライブお休み月間に

させていただいたのですが、

梅雨の晴れ間をぬって

路上ライブをするかもしれません!
その際は、facebook,twitterで

ゲリラ告知するので
ぜひチェックしてください~^^♪

 

◎そして!梅雨が明けたら、

7、8月には超~~おすすめの
ライブが控えております!

どちらのイベントも心震える
本格派アーティストさんばかりが

集まっているので、私自身も楽しみ!

ぜひぜひお越し下さい~!

 

※ご予約は直接各種SNSで

お声がけいただくか、
emmy.polaris★gmail.comまで

メールをください!
(★を@に変えてください)

--------------
▼Play For ~ vol.1 restart ~
--------------

日時: 7/17(日)

Open/ 11:30~Start/ 12:00~
@新宿御苑papera (パペラ)

http://currypapera.moo.jp/
Ticket/ ¥3,000- (ランチセット¥1,500含む)
出演:FUXAN/尾崎俊介/

ハヤシマユカ/詠美衣/憲史
イベントページ:

https://www.facebook.com/events/1566463756985942/


洋楽と平和を愛するFUXANくん主催!
本格派若手アーティストの音楽と
本格派インドカレーを堪能をした上に、
熊本復興の支援もできるチャリティLIVE!!

{51841F30-700D-4EF4-8937-DD0DC74AB6B7}

--------------
▼Camba Fes vol.3 ~命を繋ぐ天使たち~
--------------
日時:8/27(土) 17:30open / 18:00~21:30
場所:四谷天窓

http://otonami.com/yotsuya_access
東京都新宿区高田馬場3-4-11
チケット:¥2000/1Drink別途¥600
出演:2inkle Sugar/詠美衣/由潮
イベントページ:

https://www.facebook.com/events/1722915174663912/

例の4年前にはじめて

詠美衣がライブをした場所が、
実はここ、四谷天窓さん!

4年越しのリベンジなるか?!笑

 

{4808E672-2EC5-4CE4-99BF-15091A1CEF83}

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
人知れず頑張っているあなたも

また我慢してしまったあなたも

誰にもわかってもらえぬ心の古傷も

誰にも言えなかった悲しみや怒りも

誰にも見せなかった悔し涙も


誰かに本当は見てもらいたい、
聞いてもらいたいと思うときも


なぜ、なぜ、どうして?
報われないと思うときも


愛したい愛されたいと願うときも


{6BE67E3C-BE9E-477E-9195-78CC09902EB2}



もう1人のあなたは、
あなたのことを見ている


いつもいつもあなたを
暖かい目で見守っている


たとえあなた以外の誰かに
わかってもらえなくても
孤独だと感じる日でも


決してあの花のように
目立つ姿ではなくとも


{D3C8F88B-BC69-4886-BEE9-E7F495745114}


小さくて誰にも気づかれず
名前すらも呼んでもらえずに
咲いて散るだけの身だとしても



それぞれの美しい色と形の種を
持って生まれてきたから



脇目も振らずに、ただただ
その芽を育て、花を咲かせよう


心に水を注いで
体に光を浴びて


{BBA2CFF5-9928-4221-BF8B-9A6ED377679A}



ただ、静かに静かに、
自分を愛せばいい


あなただけが知っているあなたを


あなたがあなたを
一番知ってあげればいい


たくさん感じて、たくさん泣いて、
たくさん笑って、たくさん怒って、


疲れたら少し休んで無になって、、、
休むのに飽きたらまた動けばいい


笑いたくなったら、また笑えばいい



{60C13E87-FA8E-4FFF-A664-9188A122A892}



名もなき花のように
静かに、静かに…
自分を愛せばいい



{9DBF1F49-31A7-460E-8574-DE6D59ACA18A}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年の3.11は、私の第二の故郷ともいえる
大好きな福島にいました。

元ラジオ福島で現在フリーアナウンサーの大和田新さんの
取材に同行させていただいたのです。

浪江町請度出身のシンガーソングライター門馬よし彦さんが車を出してくださり、
深夜3時に福島市を出発。丸一日かけて、福島の沿岸部を回りました。

{967C3116-1266-42AD-8DE5-0E64A52E75D3}

テレビでは映されない、本当の被災地の現状、
被災者の方々一人ひとりの気持ちを
見て、聞き、感じさせていただきました。

そんな貴重な経験を、自分のものだけにせず、
多くの方に知っていただきたいという気持ちで
いくつかに分けて、ブログを書いていきます。

もともと言葉にするのが下手くそだから
音楽という手段を使って表現しているような
人間ですのでちょっと時間がかかるかもしれませんが・・・
心を込めて、まっすぐに、言葉の糸を紡いでいこうと思います。


まず最初に、全体を通して何を今回一番学んだか
ということを書き留めておきます。


本当の「寄り添う」とはどういうことか、です。


それは、自分が持っている経験、感覚、感情すべてを
総動員させて「想像」すること。

そして、そのときに「被災者」とか「遺族」と一括りで
考えるのではなく、一人ひとりの状況や立場に合わせて考えること。

さらに、それを一回きりではなく、継続していくこと

なのだと、学びました。

こうやって言葉にすると、当たり前のことなんだけど、
この当たり前が、案外難しかったりするのが今の時代。

人の痛みを自分のことのように感じることが
できる人がどんどん少なくなってきています。

大自然や生身の人間関係の中ではなく、
ゲームやSNSのようにバーチャルの中で過ごす時間が多いし、
本のように想像力を使わなくても、すぐに映像化してくれるテレビもある。

昔ほど、死に直接触れる機会も少なければ、
話題にすることさえタブーになりやすい風潮も。

だから、仕方ないといえば、仕方ないのかもしれない。


だけど、そのような機会が昔ほどなくても、
想像力を高める方法があります。


それは、現地に足を運んでみること。


{924DE9C8-44A9-494C-BBF8-E14C37D5A7D2}


例えば、3月の福島の風が、海が、どれだけ冷たかったか。

ヒートテックを2枚重ね、カイロを背中に貼り、ダウンを着ていても、
沿岸部は肩が震えるくらい、冷たく刺さるような潮風が吹きすさぶ。

その中で、着の身着のまま逃げ、一瞬でも海の水に触れようものなら・・・・・

日が暮れ、明かりもなく、暖を取る場所もなく、いつも頼りにしていた
人たちと連絡が取れないなんて、どれだけ心細かったか・・・


{D321F720-5D84-457B-AE8C-813FAD03D4D2}


足元に落ちていた瓦礫を拾って、肌に強く当ててみる。

痛い・・・・・・・・・。

手のひら程度の大きさでも、角の尖った重さのあるコンクリートは十分な凶器になる。
自分の体より大きなそれが被さってこようものなら、痛いなんてもんじゃないだろう。

簡単にガレキといっても、それは間違いなく誰かが住んでいた大事な家だったり、
大切な思い出だったりする。それが一瞬にして、人の命を奪う凶器へと変わる。
どれほど切ないことだろうか・・・

{B7FF494C-C74E-4207-91F5-57E7D363B026}


ご遺族の方のご自宅に上がらせていただき、お線香をあげさせてもらう。
この遺影の写真の中に写っているのが、
もし、すべて自分の家族だったら、
恋人だったら、友達だったら・・・と
大切な人の顔を思い浮かべ、額の中にはめてみる。

私はまだ未婚だし子どももいないけど、
これが生涯を共にすると誓った愛する人、
自分の一部ともいえる子どもだったら……????


私が現地では想像したときのプロセスを細かく描写してみました。

それでも、言葉で表現するには、限度があるなぁと感じます。

文章、写真、映像で見るだけでは、
全く感じられない感覚がそこにはあるから。

「被災地のために何かしたいけど、
何をしたらいいかわからない」

という声があるけれど、そういう場合は、まず一度でも現地に足を運んで、
上に書いたような想像力のカケラを拾い集めるところから始めるということが
ひとつの支援の形になるのではないかと感じます。

そうやって限りなく本人に近い状況に身を置いて想いを寄せるだけでも、
その慈愛の念が被災者の方々の心に届いて、
心の復興につながっていくように感じられるのです。

また、こういったことを何度か繰り返していくと、

自分が、誰のために、何ができるのか

自然とわかってくるものなのではないかとも思います。

むしろ、この過程がなければ、ニーズの合わない
自己満足の支援になってしまうのかもしれません。


逆に、想像力が豊かすぎる人は、色々感じすぎてしまって、辛くて、
向き合うことが苦しくなってしまうこともあるのではないでしょうか。
私もどちらかというとそういうタイプなので、よくわかります。

でも、そういうときは、自分の心の中にある傷がまだ癒えていないときだったりします。
だから、まず自分の傷を癒すことが先でいいのではないかなぁと思います。
自分に余裕がないと、人に手を差し伸べることはできないから。

ただ、誰かの役に立てることで、自分が励まされ、癒されてしまう
という逆説的なことが起こるのも事実です。

思えば、私なんかは、いつも
"音楽の力を借りて心の復興のお手伝いをしたい"
と思いながら福島に行ったはずなのに、

帰る頃には、私のほうがすっかり福島の皆さんからたくさんの
温かな愛と、優しさと、励ましをいただいてしまっていることに気づきます。

だから、助けるのではなく、助け合いでいいのだと思いました。

自分ができる範囲でもいいから、想い続けていくこと、
そして、行動し続けていくことが大事なんだなと感じています。

{D620C3E7-6B58-4E5A-94E1-97A1A4108320}


今回被災地回りで、

「点」で終わっちゃダメなんだ。
「線」でつながっていかないと、
人の心に本当に寄り添うことはできない

という言葉を聞きました。

遺族の方に取材をすることが多い、大和田さんの言葉です。とても説得力があります。


あれから丸5年。
でも、原発廃炉まで40年。

被災地の方々、特に遺族にとっては、節目なんてない

という言葉も、現地ではたくさん耳にしました。

これを読んでくれるあなたが、初めの一点を踏み出したり、
または次の一点をつないで線にしていくきっかけになれば嬉しいです。

つづく
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。