自民党は20日、消費税の税率を引き上げ、その一部を目的税化して医療や福祉に充てる「国民安心税」(仮称)創設を提唱する方針を固めた。税率の引き上げ時期と幅について大型連休明けにも結論を出し、今夏の参院選のマニフェスト(政権公約)に盛り込む。

 また、高校、大学の新卒者の完全雇用に向けた取り組みとして、「トライアル雇用制度」の拡充を打ち出す。現行制度は主に中高年の離職者を想定した内容となっているが、自民党は内定を得られなかった新卒者に重点を置き、未内定者を試行的に2年程度雇った企業に対し1人当たり年100万円の助成金を支給する。今春の新卒者のうち10万人以上の就職先が決まっていないとみられ、1000億円規模の財源を想定している。【野原大輔】

【関連ニュース】
消費税:引き上げ、与党内で論議
与謝野・平沼新党:「消費税上げ」で一致
同友会:成長戦略へ提言 消費税率17年度までに17%
経団連:消費税率を段階的引き上げ…成長戦略への提言
発信箱:「消費税政局」の予感=倉重篤郎(論説室)

高齢公務員の給与下げに意欲=仙谷担当相(時事通信)
【from Editor】小さなエコを考える(産経新聞)
時効撤廃が参院可決 月内にも成立、来月施行へ(産経新聞)
平城遷都1300年祭 和の匠と学者、熱い挑戦実る 困難極めた資料なき復原(産経新聞)
市長不信任案を否決=阿久根市議会-鹿児島(時事通信)
AD