働くこと。。。

テーマ:

景気が回復して有効求人倍率が上昇

まぁそうだよね

接客やサービス業・介護職は人手不足で求人出しているから、上昇はする

ただそれが「働きたい」仕事であれば求人はくる

「働きたい」と思うには色々な条件がある

・給与がいい

・福利厚生がしっかりしている

・勤続年数によりメリットがある(年収やキャリアアップができるなど)

・その仕事が好き

まぁきっとほかにも諸条件はあるとは思いますが、何事も「続けること」が大事なのかな

と個人的には思う

 

GWに一緒に出掛けた友人の1人が

「3年経ってやっと仕事が楽になってきた」

これはホントそうだと思う

派遣社員として業種関係なく、働いてきたけれど帰国してからはこれが1番長い職種だわ

接客は好きだけれど、給与はそこに発生する人間関係・職場環境の対価としては安すぎる

今の職場は業務内容的にはいろいろ経験できるし楽しみがある。上司は何考えているのかサッパリわからないし、仕事の仕方が下手。(前の上司とはコミュニケーションでの問題はあったけれど仕事の指示はまだ明確ではあった)

 

どんな職種でも自分なりの目標をもって働くことがめげないで働ける源なのかも

 

AD

 

「(周りの人はいっぱいいるのに私だけ)友達がいない」「(私には)心を許せる友達がいない」「(周りはどんどんしているのに私だけ)結婚ができない」「(わたしあけが頑張っているのに)誰も認めてくれない」「なんで(私だけが)そうなるの?」

 

承認欲求が高い人が多くなったのか、少子化により「大人」になりきれいない社会人が多くなったのか。。。

何事にも「褒めて」育ってきた子供たちは「褒めて」くれない会社には残らないのかもしれない

当たり前に「褒めて」くれていた人たちがいなくなり、その状況に順応もできず、ほとんどのことを「教わり」「調べて」きた子供たちは「間違える」ことを極端に嫌い、逃げる

誰だって間違えたくない

「怒って」ばかりで「叱る」年上が少なくなり(そもそも知らない人が多いのかも)

どちらの年齢層もストレスがたまる企業内

 

もう「背中をみて覚えろ」は教え方としては時代に合ってないのかも

何についても「教えて」いく我慢強さが必要なのかもしれない

「教わってきた」人たちが「教えられる」人になれるようになったらいいな

 

AD

確定申告

テーマ:

昨日無事に済ませました爆  笑

 

今の職場は昨年の7月から働いているのですが、書類不備のため年末調整されず。。。えーん

なので3/15までに確定申告をしなければだったのです!!

 

初めて自分で申請をするので、ネットで調べてもわからないことだらけショボーン

月曜日にお休みを頂き行ってきましたよ税務署へ!!

 

人・ひと・ヒトで酔いそうでしたショボーン

 

ただ実際にしてみると意外と簡単ニヤリ

源泉徴収と保険関係の書類があれば、必要項目に入力してプリントしておしまい音譜

 

マイナンバーが必須だけど、派遣会社にお知らせするのは何か信用しきれてなく、だとしたら今後も自分で確定申告しようかな~

 

申告漏れがあったので、源泉徴収もらって来年申請しなきゃだな

たぶんいくらか返ってくるはず。。。

AD

SNS

テーマ:

さきほどFacebookを見ていたのですが、この週末の報告?がたくさん載っておりました

(最近ほぼ見るだけ または見ていないw)

 

いやーびっくりですよw

 

元カレの婚約だったり、友人の結婚式の写真だったり、違う友人で「付き合って1年未満なのになんでこんなに結婚急いだんだろう?」ってフワって思ってたら彼女さんが妊娠してたりw

いやビックリですよこれはw

 

USいた時にFacebook始めて(あの頃は気が付いたらFacebook見たり写真Upしたりしてたからホント時間あったんだなぁって思うw)、その当時は日本ではmixiが主流でFacebookって何?日本語できないなら無理が大多数だったのに。。。

インターネットやSNSの進化はすごいね

最近Instagramでの報告が多いみたいですがw

 

TVでもYou TubeやNETFLIXが見れたり、写真や動画のシェアが出来たり(これは安全性の改善の余地ありだけど)なんだか色々ついていけない気分w

 

35歳も近くなると結婚報告も少なくなる、または家族婚だったり

妊娠報告も今はなかなか難しいらしい(不妊?とか??)

うれしい報告はどんどん発信するのがいいと個人的には思うけど

それをうまく受け取れない人が増えたのかもね~

 

受け取る側の気持ちも大事だけど、せっかくだしお祝いの気持ちを伝えるだけでも違うと思うのよね

 

ただFacebookdで繋がってる関係は少なからずプライベートに「ものすごく」影響する人だけではないので、気にしなくてもよいと個人的には思います

言いたい人はどんな手段使っても発信するし、それに反応があれば嬉しかったり反論したりするからね

「いろんな意見があるんだよ」の場所だと思っているので、言いたいことは言ってよし!

ただそれに関して反応があった場合には、反論とか怒り?とかではなく「どうして相手がそう思ったのか」を考えてから「自分はこう思いますの補足」をしたらいいと思うんだ

 

BlogでもFacebookでもtwitter他いろいろ情報だったり個人の意見を発信する場所が増えて、いい意味で情報が多いけれど、その情報をちゃんと調べたり、自分の意見を取り入れていかないと、ただただ情報に振り回されてしまう。

 

個人的には「かまってちゃん」たちはFacebookやBlogなどのSNSではなく、個人的にメールなりLINEなりで発信する方が相手からの反応はあると思うけど、その人の今までも関係してくるので一概に100%そうなるとは限らないw

気を付けましょう

気を付けます

楽しかった1泊会でも。。。

テーマ:

10/29~30で知的障がい者の方と一緒に1泊でお出かけ

場所は静岡県にある東山荘(とうざんそう)

http://www.ymcajapan.org/tozanso/

 

本館の立替などもあり3年ぶりに行きました。

新しい本館は綺麗だし旧本館にあった暖炉とか移設されていて懐かしい部分もあったけど、

旧本館にあった写真や本があった資料室っぽいところはなく、バリアフリーであったり便利だけれど趣(おもむき)が少なく何だかさびしい感じもしました。

 

お天気はあいにくの雨や曇りで富士山の近くであるからかものすごく寒くてヒートテック・ロンT・コロンビアのジャケットでは厳しかった(完全に私のチョイスミスですが)

 

初日も2日目もお昼ご飯の時間も含め2時間ほど公園にいて、ただただ寒い

雨だったし辛かった~

 

晴れていれば普段都会でたくさん走れない参加者の方にとっては広くて走れるから楽しかったかもだけど、雨によりなかなか難しくもうちょっと雨でも晴れでも過ごせる様に考えないとだなって思った

屋根があれば暑くても日陰に入れるし、建物で休憩できる場所があれば雨や風もしのげるところが欲しいなぁ

 

今回も体制はきつきつ

夏のキャンプもそうだったのに、何も伝わってない

と言うかスタッフ側の「3泊4日だった夏キャンプもとりあえず無事に終わったし、1泊なら大丈夫っしょ」を感じ取ってしまいツライ

スタッフ自身もキツイけど、一緒に時間を多く過ごすボランティアひとりひとりの負担を考えてないんじゃないかな。。。と思ってしまう

 

長年関わってきた活動だし、もっともっとボランティアを増やして安全に参加者さんと楽しむ環境にしたいのにできない状況にストレスがたまる

 

つらいなぁ