命の道具

テーマ:

思えば私は
ずっと何かを求めてました。

虐待を受けて
育ったこともあり

なぜ自分は生まれたのか
なぜ自分は生きているのか


生きる中で
何をどうしたらいいのか
どうやったらうまくいくのか
幸せになれるのか

それを知りたかった。
納得いく答えが欲しかった。

もっと言うと
単純に幸せになりたかった。


その方法をずっと求めてたんです。
役に立つものを。

何かに出会っては
それに取り組み
なんちゃらの法則を知って
その通りにし

束の間
喜んでそれをしていても

「何か」が違うことを

感じていましたし

どんなものかわからない「何か」を

ずっと求めていたと

今ならわかります。


そこそこのところで
満足できるほど
本当は人は人生をあきらめて
いないはず。


けれど
この先はもうないというほど
満足するものに
出会っていないことも
正直なところだと思います。

 

 


コオさんの
この言葉を読んだ時

ああ、本当にそうだ

そう思いました。

役に立つ

と。

奇跡のコースは

私の人生を変え、私の心を変え
目の前のもやを
取り払ってくれました。

誰もがそうであるように
生きてきた過程で
身につけた生きる術で
自己流で生きてきた私の
あらゆるものを
洗い流してくれました。

それが奇跡のコースでした。

 

 

It works.

2013年、雑誌の企画として奇跡のコースの教師である、ジョンマンディさんと対談の機会をいただいた際、ひとつの質問をしてみました。

「たくさんの哲学、宗教の教えを学ばれたなかで、なぜ最終的に奇跡のコースを選んだのですか」 彼は一言で答えてくれました。

「It works(役に立つから)」

わたしも奇跡のコースと出会おうとしているみなさんに、いま同じ言葉をお伝えしたいと思います。奇跡のコースは本当に「役に立つ」ということを一緒に経験できることを心から楽しみにしています。

人間がこの世に生きることにはいったいどんな意味があるのか? そのような根源的、哲学的な問いかけにも、日常の問題にもこの教えは本当に役に立ちます。


(川上貢一さんの言葉)

 

 

パートナーのあぶは

以前は庭師で今は写真家。

 

いつも言います。

 

いい道具が

よい結果を出すことにつながり

 

道具を大切に使うことで

その道具が自分を助けてくれる

 

と。

 

 

 

奇跡のコースは


庭師であったあぶの

ハサミやいろいろな道具で

あるように

 

写真であるあぶの

カメラやいろいろな機材で

あるように

 

命の道具

 

だと感じました。

 

 

とても役に立ち

私の人生は変わっていきました。

 

乾いた土に

雨が降り注ぎ

渇きを癒す植物のように

 

私のハートは

奇跡のコースを

ごくごくと飲み干し

 

いつも、どんな時も

乾くことのない潤いのある人生へと

足を踏み入れました。

 

 

 

それは

「おかえりなさい」

私に言ってくれました。

 

 

 

えまごやで

そんな奇跡のコースを学ぶ

インテンシブクラスを

開催してきました。

 

そして

第3期が始まります。

 

今までは

5回連続クラスでしたが

今回から3回になります。

 

奇跡の時間を共に過ごし

そして、それが終わることなく続いてく

そのはじまりに

ご一緒できることを

楽しみにしています。

 

これまで

インテンシブクラスに

参加なさった方も

あらためて奇跡に触れる時間として

ぜひお越しください。

 

 

 

人生の分岐点となる

このクラスでご一緒しましょう。

 

 

【ティーチャー・川上貢一さんからのメッセージ】

 

 

奇跡のコースとの出会いに導かれた方へ

 

人は誰でも、心の奥では一つの哲学的な問題を抱えていると私は思っています。

 

自分とは何か、この世界とは何なのか、死とは何なのか、生きるとは何なのか?

 

ただこのようなことを深く考えるには人生の前半は忙しすぎるかもしれませんし、おそらくはそのための経験も十分ではありません。

 

いまこうして奇跡のコースに出会おうとしている方はすでに十分な経験をしてこられたことと思います。その上で、この世界に対する問題の根源にある、上のような哲学的な問題に向かい合うときを迎えたのではないかと思います。

 

奇跡のコースはその問題に対する答えをただ得るだけではありません。本当に生きること、それもただ生きる、のではなく生きることの意義をこれ以上ないほど高められること、それを誰もが実際に人生において確かめることのできる一つの知の体系です。

 

ことばで説明できることには限りがありますが、この3回のクラスの期間にこのような説明が不要になるほど十分な経験が与えられることをわたしは確信しています。それはずっと続いていきます。奇跡のコースとの出会いがご自身の人生の分岐点だったこと、それを見過ごさなかったご自分をあとで誇りに思う日が来ることを保証します。

 

【川上貢一さんについて】

 

1964年生・射手座・A型。
11年間の会社員生活のあと独立、1999年にパートナー川上美保さんと共に「ヒーリングスクール・やすらぎの部屋」を設立。ACIMとの出会いにより、本当に求めていたものはまさにこれだと感じ、独学で学びを深める。現在ACIMを学ぶクラスを主宰。クラス、ワークショップ、セミナーなどを通してACIMを伝えることをライフワークとしている。その絶対的人間の存在への愛と信頼により、場を共にする人の心に灯をともし続けている。メルマガ「インナーメッセンジャー」は2005年より毎朝発行中。

 

 

やすらぎの部屋・川上貢一さん
ACIMインテンシブクラス 全3回

   満 席 御 礼 

 

 

概要:

A Course in Miracles(奇跡のコース)を初めて学ぶ方向けの少人数制クラス。ACIMテキスト、奇跡の道―兄イエズスの教え―から、第1章「奇跡の原理」の解説とシンプルなワークの実践によって知覚の変化を経験し、聖霊の働きを知るプロセスをサポートします。「奇跡のコース」に触れるのがまったく初めてという方も歓迎いたします。


日程:

▶︎木曜クラス
10/26、11/23、12/21
   *テキストはこちらで用意いたします。


時間:
13時〜16時

定員:

6名 満席

場所:
えまごや(茨城県龍ヶ崎市)

受講料:
月謝払い:20,000円(税込)×3回

お支払い方法
・銀行振込

 

●お申込みの前に
┗━━━━━━━

インテンシブクラスは
3回の連続講座であり
3回の出席がお約束となっております。

なんらかのご都合により
ご参加いただけない回があった場合も
受講料が発生しますことを
あらかじめご了承ください。

●キャンセルポリシー
┗━━━━━━━━━

お申込み後のキャンセルは
以下のキャンセル料を適応させていただいています。

・8日前まで:なし
(初回参加費ご入金済みの場合は振込み手数料を差し引いた全額をご返金)

・7日前から3日前まで:料金の50%
(上記金額から振込手数料を差し引いた金額をご返金)

・2日前(前々日)から当日:料金の100%
(ご返金はありません)

それまでのお振込みの有無に関わらず
キャンセル料が発生します。
未入金の場合は、該当する金額を
お振込いただきますことをご了承の上
お申し込みください。


お申し込みはこちらから

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTkiXzylTc

 

 

【ACIMのクラスについてのQ&A】
やすらぎの部屋公式ブログのこちらをご覧ください
http://lksitnr.exblog.jp/9122633/

 

合格川上貢一さんのインテンシブクラスは、湘南「やすらぎの部屋」、高田馬場「リアン」でも同じく10月から別日程で開催されます。

 

合格やむを得ない事情により希望クラスの日程が合わない場合は、やすらぎの部屋、リアンで開催される各クラスに振り替えが可能。参加しやすい環境を目指しました。

 

合格えまごや開催のクラス以外にも、下記リンク先から、お申込み、お問い合わせいただけます。

 

▶︎湘南・やすらぎの部屋
【日曜クラス】
・10/22、11/26、12/24
・11/12、12/10、1/14

詳細とお申込みはこちらから

http://lksitnr.exblog.jp/24566289/


▶︎高田馬場・リアン
【土曜クラス】
・10/21、11/25、12/16
【水曜クラス】
・10/25、11/22、12/20

お申込みはこちらから

https://ws.formzu.net/fgen/S50243875/

 

 

 

ティーチャー

川上貢一さんの情報を。

 

▶︎やすらぎの部屋公式サイト

http://www.cityfujisawa.ne.jp/~koandmio/

▶︎川上貢一さんメールマガジン
   「インナーメッセンジャー」

http://www.mag2.com/m/0000067959.html

 

【ACIMのクラスについてのQ&A】

やすらぎの部屋公式ブログのこちらのページをご覧ください

http://lksitnr.exblog.jp/9122633/

 

 

 

 

 

 

 

音譜 エイミーくじ、ひいてみる? ぽち、はこちら

 

メールマガジン
点 エイミー通信 → 詳しくはこちら
点 先行案内専用メルマガ → 詳しくはこちら

 

エイミーのいろいろ