この1月で
えまごやで初めて開催した
ACIMインテンシブクラスが
終了しました。

楽しくて、おかしくて
たくさん笑った5ヶ月
けれど、その笑顔の陰には
それぞれに切なる体験と思いがあり
心にしみる素敵な時間でした。

たくさんの奇跡を見ましたキラキラ

私は主催者ですが
みなさんと同じ参加者です。

今ここであらためて
奇跡のコースに触れるよう
聖霊にいらずらされたのだと
導かれていたのだと
確信しています。

 

 

最終回、事情があったり

体調を崩したりで

お休みの方もいらっしゃいましたが

気持ちはえまごやのクラスで

一緒でした。

 

私からは

クラス終了のお祝いに

小さな花束をプレゼントしたよ。

 

クラスは終わったけど

奇跡は終わりません。

 

 

 

土曜クラスのみなさんキラキラ

 

 

土曜クラスに参加してくださった

鎗田聡子さん(左端)が

インテンシブクラスの受講を終えて

お感じになったことを

ブログに書いてくださいました。

合格「愛の告白。」

 

 

火曜クラスの皆さんキラキラ

 

 

みんなー

本当に、本当に、ありがとう!

 

そして

火曜クラスの最終回を

インフルエンザでお休みした

井上さつきさんが
インテンシブクラスを受講して感じたことを
ブログに書いていらっしゃいました。

 

ご紹介させてください。
こんなふうにお感じになってるんです。

 

合格「奇跡のコース〜最終章〜」

 

実はね

最終回をお休みされたその後

 

私とさつきさんで

FBメッセージでの

ふたりだけの奇跡のコースの物語が

あったんです。

 

感動して泣きました。

内容はひみつ(笑)キラキラ

 

 


そして
始まります。

奇跡のコースに触れる
次のACIMインテンシブクラス。

 

あなたの人生は完全な愛のためにある。
もしそれが可能なら他に何を望むというのだろう。
わたしはあなたとの約束を忘れていない。


インテンシブクラスは
奇跡のコースを
初めて学ぶ方のためのクラスです。

もちろん
初めてではない方でも大歓迎。
(私自身そうですし)

何度参加しても
同じテキストを使用していても
受け取るものが違います。

私自身、毎月2回参加していますが
それぞれのクラス
同じものとは思えません。



ティーチャーは
湘南やすらぎの部屋
コオさんこと川上貢一さん。

えまごやでは
3月からのクラスが
第2回目の開催となります。



奇跡のコースとは一冊の本。
原題がA Course in Miraclesで
ACIMと呼ばれることも多くあります。

奇跡のコースのテキスト
第1章「奇跡の意味」を
共に読み進めながらその解説をし

ご自身の実生活の中で
ワークを実践しながら
知覚、物事や状況の変化を
感じていく体験を経て

聖霊の働きを知る
サポートをしていきます。

そもそも
聖霊ってナニ?ってところからね(笑)



奇跡のコースは、1965年に
アメリカのコロンビア大学に在籍していた
臨床心理学教授の
ヘレン・シャックマン女史が
イエス・キリストから
受け取ったガイダンスを
7年に渡り書き取り続けた
文書が本になったもの。

1976年に出版、20ヶ国語に翻訳され
現在、全世界で200万部以上販売されており
いわゆる、ベストセラーでもあります。



上記に書いた
杓子定規なことはさておき

特筆すべきは
この本を書き取った
ヘレン・シャックマン女史が

スピリチュアルなものに
関与している人物ではなく
むしろ、現実的なものに
重きを置く方だったということです。

それが、ある日

「私が言うことを書き取ってほしい」

という声がしたのが始まり。

その声の主は
イエス・キリストだったといいます。

この声がする前に
ヘレン・シャックマン女史は

人が幸せになるための
臨床心理学にたずさわっているのに

それにたずさわっている人々自らが
いがみあい、ぶつかりあい、否定しあい
自らの正しさの主張をしあい
争いや対立、攻撃ばかりで

こんなはずではないのに…と
疑問を感じたのでした。



そして、思ったそうです。

「There must be another way」

他に何かいい方法があるはずだ、と。

その思いへの問いが
イエス・キリストの声でした。

「あなたが思った通り、他に道がある」

イエス・キリストは
ヘレン・シャックマン女史の
その思いに応えるように
その答えを長きにわたり
伝え続けたのが「奇跡のコース」です。



私自身が
この奇跡のコースに出会ったのは
2007年のことでした。

本を手にしながら

正直、読んでも
さっぱり意味がわからず(笑)


放置していました。

読んでいると眠くなるので
眠れない時に読んだほど。



ある日、電車に乗る時
電車の中で読む本に何か…と
思った時に目に付いたのが
奇跡のコースでした。

長い間放置していたけれど
ま、読んでみるか、程度の
軽い気持ちで手にしました。

電車なの中で、ぱらぱらと
適当に本をなぞり開いたページで
私の目に飛び込んできた言葉が
この言葉でした。

「あなたに一切の罪はない。
   それは神によって保障されている」


私の目から
涙がぽろぽろこぼれました。

考える間もなく
何かがこみ上げてきて
涙が止まらなくなったのです。

人の多い電車の中
慌ててうつむき寝たふりをしました。

それでも溢れてくる涙を
こっそりハンカチでふきながら。

本当に、本当に、きっと
心の底から欲しかった言葉でした。



それから
わけもわからないままに
ただ、なんとなく心惹かれるままに

インテンシブクラスの
ティーチャーである
コオさんこと川上貢一さんの
奇跡のコースを学ぶアドバンスクラスの
門を叩きました。

そこで奇跡のコースに触れながら
私の中のそれまでの世界は崩壊し
崩壊したその瓦礫の中から
欲しかった世界が現れてきたのでした。

「まだ見たこともなければ聞いたこともない
   確かに存在するといわれる世界が
   あなたと共にやってくる」


私は奇跡のコースの中にある
この一節が大好きです。

そして、その通りだと
自分自身の体験から思っています。



ご案内する以上
奇跡のコースについて
ある程度の説明をする必要があり
こうして言葉を連ねていますが

奇跡のコースはとても不思議なもので
奇跡のコース自体が
つまり、聖霊が、出会う人をいざないます。
聖霊をホーリースピリットとも言います。

奇跡のコースを学ぶ人
インテンシブクラスに参加する人もしかり
このようにおっしゃる方が多いです。

「奇跡のコースのことは知らないけれど
   なんだか気になって来ました」


「特に理由はないのですが
   行こうと思って来ました」


奇跡のコースがどんなものかも
まったくわからないまま
来てくださる方もとても多いです。

ご自身の範疇を超えて
聖霊のはたらきにより生まれた衝動に
突き動かされていらっしゃる方が。



奇跡のコースはいざないます。
「その時」を迎えた人を。


偶然に見せかけた出来事で
ある日その心にはたらきかけて
招きます。

私も招かれたひとりでした。

インテンシブクラスも
ティーチャーの
コオさんがおっしゃいます。

「このクラスは私がやるのではないのだから」

と。

コオさんを通してそこに在る聖霊が
関わる人ひとりひとりの心に
そして、人生に、はたらきかけます。

嘘みたいなんですが
本当なんですよ(と、私は思う・笑)



奇跡のコースの説明をしようとする時
そこに明確な説明がないことを感じます。

現実的には、こうして
クラスという形で募集をするため
言葉を連ねているわけですが

私ができることは
必要最低限のことを
こうしてお知らせすることと
あとはその経過を
聖霊にゆだねることであると
思っています。

クラスをコオさんが
なさらないように
募集を私が
しないということであり

来てくださる方が
いらっしゃるのだとしたら
それは、その心に
聖霊のはたらきかけがあり
扉を開くということ。

遠い約束を果たしに。



イエス・キリストの言葉を
書き取った本、というと
宗教なのでは?という疑問を
持つ方もいらっしゃいます。

奇跡のコースは
宗教ではありません。
また、聖書とも違います。

クリスチャンの方もいらっしゃいます。

私の夫、あぶも
クリスチャンですが
インテンシブクラスで
奇跡のコースを学びました。

宗教は人間が作ったものですが
奇跡のコースは誰も作っていないもの。

私は「お手紙」みたいだなぁと
思いながら触れ続けています。

かのお方(笑)からのお手紙。



もう終わらせたいものを
終わらせたい方へ

どうしたらいいかわからないことを
どうしたらいいか知りたい方へ

なぜか気になる方へ

ティーチャーのコオさんと
お待ちしています。

いつかの約束を果たすために。



前回のインテンシブクラスの
ご案内記事にご興味のある方は
そちらもどうぞ音譜
合格「舞い降りる奇跡」

 

やすらぎの部屋・川上貢一さん
ACIMインテンシブクラス 全5回

 

 

 

概要:

A Course in Miracles(奇跡のコース)を初めて学ぶ方向けの少人数制クラスです。ACIMテキスト、奇跡の道 ― 兄イエズスの教え ―から、第1章「奇跡の原理」の解説と、シンプルなワークの実践によって知覚の変化を経験し、聖霊の働きを知るプロセスをサポートします。「奇跡のコース」に触れるのがまったく初めてという方も歓迎します。

福島千種さん主催インテンシブクラスご案内ページより転載)


日程:

▶︎土曜クラス
3月18日、4月15日、5月20日、6月17日、7月15日

▶︎火曜クラス
3月28日、4月25日、5月23日、6月27日、7月25日

*土曜クラス、火曜クラス共に
   開催最低人数3名となっています。

*テキストはこちらで用意いたします。


時間:
13時〜16時

定員:

土曜クラス 6名 残席2
火曜クラス 6名 残席2

場所:
えまごや(茨城県龍ヶ崎市)

受講料:
一括払い:100,000円(税込)
月謝払い:20,000円(税込)×5回

お支払い方法
・銀行振込
・クレジット決済(一括払いの方のみPaypalにて)

 

【ACIMのクラスについてのQ&A】
やすらぎの部屋公式ブログのこちらのページをご覧ください
http://lksitnr.exblog.jp/9122633/

 

 

【ティーチャー・川上貢一さんからのメッセージ】

 

 

わたしはこのクラスを通してこれまで多くの方々と出会い、たくさんの体験をわかちあってきました。いま振り返って感じていることを一言で言うなら、それは「ホーリースピリットに不可能はない」ということに尽きます。

 

ホーリースピリットとはいったい何か?いったい何が可能なのか?これらを自分自身の人生で確かめること。これがこのクラスの目的ですが、それがいつも、誰にでも可能だ、といま改めて思っています。

 

奇跡のコースとの出会いに導かれたみなさんにお伝えします。「奇跡のコースとの出会いは奇跡のひとつですが、それ以上のものです。それは想像をはるかに超えてどこまでも広がっていきます」わたしはクラスでお会いできるのを心から楽しみにしています。

 

 

【川上貢一さんについて】

 

1964年生・射手座・A型。
11年間の会社員生活のあと独立、1999年にパートナー川上美保さんと共に「ヒーリングスクール・やすらぎの部屋」を設立。ACIMとの出会いにより、本当に求めていたものはまさにこれだと感じ、独学で学びを深める。現在ACIMを学ぶクラスを主宰。クラス、ワークショップ、セミナーなどを通してACIMを伝えることをライフワークとしている。その絶対的人間の存在への愛と信頼により、場を共にする人の心に灯をともし続けている。メルマガ「インナーメッセンジャー」は2005年より毎朝発行中。

 

▶︎やすらぎの部屋公式サイト

http://www.cityfujisawa.ne.jp/~koandmio/

▶︎やすらぎの部屋公式ブログ「ルクス・インテルナー」

http://lksitnr.exblog.jp/

▶︎メールマガジン「インナーメッセンジャー」

http://www.mag2.com/m/0000067959.html

 

 

【ACIMのクラスについてのQ&A】

やすらぎの部屋公式ブログのこちらのページをご覧ください

http://lksitnr.exblog.jp/9122633/

 

お申し込みの方はこちらの「お申し込みにあたって」と「キャンセルポリシー」をご確認の上お申し込みください。

 


お申し込みはこちらから
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTkiXzylTc

*PCアドレスでのお申し込み推奨

やむを得ず携帯メールからお申し込みの方は
ドメイン「ema-net.com」からのメールが
受信できるよう設定の上お申し込みください。


合格川上貢一さんのインテンシブクラスは、湘南「やすらぎの部屋」、祐天寺「スペースU」でも同じく3月から別日程でも開催されます。

 

合格やむを得ない事情により希望クラスの日程が合わない場合は、やすらぎの部屋、スペースUで開催される各クラスに振り替えが可能。参加しやすい環境を目指しました。

 

合格えまごや開催のクラス以外にも、下記リンク先から、お申し込み、お問い合わせいただけます。

 

 

▶︎湘南・やすらぎの部屋
【日曜クラス】
・3/26、4/23、5/28、6/25、7/23
http://www.cityfujisawa.ne.jp/~koandmio/page7.html

▶︎祐天寺・スペースU
【木曜クラス】
・3/23、4/27、5/25、6/29、7/27
http://space-u.net/yutolina/acim.html

 

 

 

 

なんか…

暑苦しいけど

これを告知記事としよう(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音譜 エイミーくじ、ひいてみる? ぽち、はこちら

 

メールマガジン
点 エイミー通信 → 詳しくはこちら
点 先行案内専用メルマガ → 詳しくはこちら

 

エイミーのいろいろ