私は高校を卒業して
英語の専門学校に

行ったんだけど

 

英語はそんなに

できるようにならなかったし

英語の仕事もしなかった。

 

 

 

高い入学金や授業料に加え

茨城から東京までの

これまた高い通学定期を2年間分

みんな親が出してくれた。

 

当時は当たり前と言うか

当たり前とも思わないほど

気にもかけなかった。

 

 

 

自分が親になって

娘が進みたい道に進む時に

かかる金額に目ん玉ひんむいて(笑)

 

自分の親も

こうして自分を

支えてくれたんだなぁって

思ったりして。

 

ありきたりな言葉だけど

本当にありがたいなぁって

思うんだ。

 

 

 

そして

心のどこかで

 

英語は使わずじまいで

親に対してすんまそん的な

気持ちになることが

ほんのちょっとだけあった。

 

 

 

それがここしばらくの間に

そんな気持ちがなくなって

 

死んじゃったお父ちゃん

ぼけちゃったお母ちゃん

英語の専門学校に

行かせてくれてありがとね!

 

本当に役に立ってるよ!

 

って心から思えるようになった。

 

 

 

その理由は

 

海外のネットショップで

買い物ができる

 

から(笑)

 

 

 

そんなんでいいんか!?

って思うんだけど

 

そんなんでいいんだと

思い直せるほど

 

たとえたどたどしい英語でも

読解力低くても

私にとっては

かなり役に立ってるんだ。

 

うれしくてぇー(*≧∀≦)

 

 

 

私とあぶは

日本にはショップもない

BUDDHA TO BUDDHAという

ブランドの大ファンでね。

 

シルバーアクセサリーが

ヤバすぎるほどカッコイイ!!!

 

 

 

少しずつ買って

 

まぁ、主に私がなんだが(笑)

 

ここのアクセサリーを

集めてるトコ。

 

 

 

先日は

キャップも買ったぜぇ。

 

 

フリースはユニクロです(笑)

 

 

 

そのBUDDHA TO BUDDHAで

先日あぶとおそろで

2つビーニーを買ったんだけど

ひとつしか来なかったのね。

 

注文履歴も2つだし

決済も2つ分済んでるので

あちらのミスだなーってわかって。

 

 

 

駄菓子菓子。

 

そこで一瞬ひるむ。

 

えっと、このことを

英語でどうやって伝えたら

いいんだっぺ…

 

と。

 

それでもネットで調べながら

 

「注文したのが2つなんですが

   届いたのがひとつでした。

   もうひとつ送っていただけますか?」

 

って

写真を添えてメールしてみたんだ。

 

そしたらすぐに

お返事が来て

 

「申し訳ありませんっ!

   すぐにお送りしますねー!」

 

と、迅速にフレンドリーに

対応してくれたの。

 

わぁぁぁ

英語通じたぁヽ(*´∀`)ノキラキラ

 

普段の海外サイトでの

買い物の時も

英語ちょっとでもわかると

ほんっと助かるけど

 

この時は

 

もぉほんっとに

英語少しでもわかって

マジよかった!!!

 

って心から思った。

 

大好きなものを

心から欲しいものを

手に入れるとハッピーになるものを

買うことができるんだもん。

 

 

 

もう一度言おう。

 

死んじゃったお父ちゃん

ぼけちゃったお母ちゃん

英語の専門学校に

行かせてくれてありがとね!

 

本当に役に立ってるよ!

 

 

 

昔はね

 

海外で働くとか

外資系で働くとか

英語の仕事するとか

 

英語の学校に行ったなら

そういうのが

立派なことだと思ってたの。

 

だけど私は

ちょっとだけ得意な英語を

専門学校でもうちょっとかじった

なんか楽しかったかもー(*≧∀≦)

 

な感じだったんだよ。

 

そこに親は

ウン百万払った。

 

それにちょっとだけ

負い目があったけど

(理解とは別の部分でね)

やっとそれが消えていきました。

 

それだけ私が

今幸せだということでも

あるのだと思う。

 

 

 

 

人生、何が

幸いするかわからない。

 

人間の判断で

ああだのこうだのとか

何がよくて、何がよくないとか

すごいとか、すごくないとか

羨ましいとか、気の毒とか

そんなものほどあてにならない。

 

それよりも

「そうなってしまった」それを

存分に味わうことの方が

きっと私たちを

幸せにするんじゃないかな。

 

だって

 

それ自体が本当は

そこを通らなければ辿り着けない

すんごい場所に行くための

正規ルートなんだから。

 

すんごい場所ってのはね

 

私にとっては

 

ものすごーく

うれしくて楽しくて

ハッピーな気持ちで

いられる状態。

 

そこには条件はなくて

ただそういう気持ちで

暮らせてるかってこと。

 

 

 

英語の専門学校での

経験や学びは

 

私を

バイリンガルにしたわけでも

英語に堪能にしたわけでもなく

仕事にもつながらなかったけど

 

私をとても

ハッピーにしてくれてる。

 

娘が幸せになって

腹を立てる親が

いるだろうか(笑)

 

ま、ひとりはあの世だが。

 

 

 

海外通販もしかり

 

文通してたメラニーとの

こともそうだし。

 

アメリカの

おじいちゃんのトコに

行った時もそうだし。

 

私は

お父ちゃんとお母ちゃんに

こんなにも幸せに

してもらってることを

 

この年齢になって

あらためて知るのです。

 

 

 

 

 

 


合格エイミーの部屋にハートの電池充電しに遊びにおいでよー音譜

合格奇跡のコースを学ぶACIMインテンシブクラス募集中

 

 

音譜 エイミーくじ、ひいてみる? ぽち、はこちら

 

メールマガジン
点 エイミー通信 → 詳しくはこちら
点 先行案内専用メルマガ → 詳しくはこちら

 

エイミーのいろいろ

うちの夫婦は

とにかくよく話す。

 

話し込んでるうちに

午前様なんてのもしょっちゅう。

 

だからウチは

夫婦で夜型に

なっちまうのかもしれん(笑)

 

 

 

ゆうべも

ある出来事について

話をしました。

 

その時にこんなことを

言ったんです。

 

 

 

【今日のあぶの男なら節】
 

あぶ

 

「歩み寄るってのは
   相手のためにするんじゃない。
   自分のためにするんだよ。
自分が心地よくなるために
心地いい場所まで歩み寄るんだよ。
相手のために何かをしても
心地よくなんてならないし
相手の心地いいとこなんて
   わからないからね」

 

 

 

歩み寄るって

時と場合によっては

妥協するような

ニュアンスもある。

 

自分はそうじゃないけど

まぁ、相手がそうだし

折れますかね、みたいな。

 

仕方ない

丸くおさめますかね、みたいな。

 

 

 

パートナーや

人間関係のね

話をしてた時なの。

 

相手に歩み寄ることって

違う人間同士が一緒にいる時

一緒に何かする時

必要なこともあると思うんだ。

 

そんな時

ちっ、仕方ねーな、とか

くそー、ここは折れとくか、とか

こっちが折れたんだかんね、とか

思っちゃうんだよねー(遠い目)

 

目の前の何かを

解決したり

円滑にしたり

するために。

 

こじらせたり

怒らせたり

もめたり

しないために。

 

言いづらいことを

言わずに済ませるために。

 

そしてねー

それやってると

その人間関係って

私の場合はだけど

例外なく破綻するんだよ。

 

本意じゃないけど

仕方ないから相手に合わせるってのも

そういうことだと思う。

 

 

 

あぶのこの言葉を聞いて

はっ!としたんだな。

 

私にとっての歩み寄りは

妥協だったし

我慢だったし

いい子ちゃんの演出だったし

物分かりのいいフリだったし

 

心からそれをしてるってことは

おそらくなかったんじゃないかって

思ったんだ。

 

だもの

心の中に

たまっていく障害物は

増えるばかりだよね。

 

だってさ

私が「してあげてる」って

気持ちなんだもの。

 

しかも、そうしてくれと

頼まれたわけじゃないのに(爆)

 

そういう時ってすでに

相手を下に見てる。

完全な上から目線(笑)

 

 

 

あぶは

自分が心地よくなるために

人に歩み寄ると言う。

 

あぶにとっての心地よさって

相手とうれしく楽しく

過ごすことなんだって。

 

だから

ここまで歩み寄ったら

相手との関係の中で

心地よくいられると感じるところまで

相手と自分をすり合わせるのだそうだ。

 

相手に合わせることでも

相手に同調することでも

ないのだとあぶは言う。

 

そんな彼は

相手を尊重しているのだと感じる。

 

だから

相手と自分の違いが

問題にはならないのだ。

 

それによって

お互いの考え方や感じ方

いろいろなものの距離が縮まって

 

結果、相手も心地よくなって

その人間関係は

素敵なものになるって

 

彼が私にしてくれることを

振り返ってみても思う。

 

 

 

あぶは私にたくさん

歩み寄ってくれている。

 

同意もしないけど

否定もしないってのも

私たち夫婦の中では

まあ、あぶがね

よくしてくれることで

 

それはすごい歩み寄りだと思う。

 

 

 

歩み寄りって

わかる、わかる、そーだよねーって

あなたの言う通りだよねーって

同調するのとは違うんだよね。

 

 

 

たとえ私の考え方や感じ方が

あぶのそれとまったく違っても

 

真っ向否定して

自分の正しさを

主張するのではなく

 

私といい関係を築くためにも

歩み寄ることが

彼の心地いい状態であり

 

私も

歩み寄ってもらえたこと

頭ごなしに否定されないこと

尊重されたこと

それに感謝の気持ちが湧く。

 

 

 

つくづく思う。

 

結局ね

本当の意味での

自分の心地よさって

 

相手の、すべての人の

心地よさに繋がるんだ、って。

 

だからこそ

心地いいところまでなんだ

歩み寄るのは。

 

相手の心地よさなんて

いやマジほんっとわかんないし

 

そこに犠牲があっては

ならないんだと

あらためて思う。

 

 

 

そうして

 

自分を大切にすれば

自分を変に守ろうとしなければ

 

相手を悪者や異端者にせず

純粋に、ただ「私は」こうです、って

生きられるし

 

違いを悪とせず

責めもせず

 

結果、相手や周りの人に

なんらかのレッテルを張らず

自然に尊重し大切にする

 

そういうことになると

 

あぶを見ていて感じる。

 

 

 

耳障りのいいことを
言ってくれる人がいいパートナー

同意してくれる人がいいパートナー

 

とか


自分が折れることで
自分が合わせることで
成立させているパートナーシップ

 

また、自分がそれを

してあげているという目線で

相手を見ることによっての

どこかで生まれる
見下しや被害者意識

      あ、ここでのパートナーってのは
      あらゆる人間関係ね


とか

そういうのがベースにあると
どっかで歯車が
狂い始めることを
私は体験から実感してる。

そして
誰も幸せにならない。

精神的に病む割には
マジ何の進展もない(笑)


ないどころか
心地よくない方に行っちゃう。
 

 


あぶがぼそっと言った言葉で
私の中にあったものが
そんなふうに明確な輪郭を持ち
ストンとハートに落ちてきた。

 

私はいつでも

おうちであぶに

再教育されてる(笑)

 

また私は

自分の真ん中に戻れた。

 

 

 

結論から
決めたらいいんだと思う。

幸せになりたい
心地いいつながりを持ちたい
とかさ。

じゃあ、どうするかってのは
そこで見えてくる。






 

アイスが大好き
瞬撮フォトグラファー

 

 

あぶこと大関学

ブログ:あぶろぐ

写真撮影サイト:ema

個人サイト:Manabu Ozeki Photography

 

 

 

 

人生について
語ったりもしてますが

撮影もしてます。

 

 

 

 

 

 


合格エイミーの部屋にハートの電池充電しに遊びにおいでよー音譜

合格奇跡のコースを学ぶACIMインテンシブクラス募集中

 

 

音譜 エイミーくじ、ひいてみる? ぽち、はこちら

 

メールマガジン
点 エイミー通信 → 詳しくはこちら
点 先行案内専用メルマガ → 詳しくはこちら

 

エイミーのいろいろ

沖縄を旅して

さっき帰りました。

 
離れていく日常。
戻ってくる忘れ物。
 
旅はいいな。
 
 
{C8E61B3F-6544-4A1E-B992-D33068BA687F}

 
沖縄は
寒い季節と言えども
やはりあたたかく
 
トロピカルビーチでは
足だけは海に入り
砂浜に座って
しばしぽーっとしたり。
 
 
{DC90FF4E-C67B-4795-972A-7E00182DB67D}

 
 
心からゆっくり
しようと思って
Facebookの投稿も
しないようした
今回の沖縄の旅。

いつもなら
今沖縄のどこどこでーす、とか
誰と一緒でーす、とか
何を食べてまーす、とか
Facebookに
逐一アップしたり
タグ付けしたり
するけれど

今回は
沖縄にいること
みんなと過ごすこと

そこで起こることを
体験すること
感じること

何よりも
ゆっくりすること

それをしたかったのです。


 
以前えまごやで開催した
 
しんこさんの
ブレスセッションの後の
ブレスフォローアップセッションを
受けてくださった方々の中で
 
沖縄に行きたい
しんこさんのサロン
フォレストに行ってみたいと
手をあげてくださった方々との
内々のリトリートツアー。
 
以下省略(笑)
 
 
 
とてもいい旅でした。

日常から離れる
いつもすることをしない
それだけで
そこには隙間ができる。

その隙間に
滑り込んでくるものは
言葉にならない素敵なもの。

iPhoneのカメラの
シャッターを押す代わりに
心のシャッターを
たくさん押しました。

心から笑った。
心から楽しんだ。
心から感じた。

旅を企画し
旅の最中も
ツアーをナビゲートしましたが

私のすっとこどっこいは
炸裂しまくりで
みんなごめんね、という場面も
たくさんあったのですが

みんなイヤな顔ひとつせず
笑ってくれました。

主催者しっかりしなきゃを
完全に捨て去って
みんなに甘えた旅でもありました。



フォレストさん
私たちのために
サロンを貸し切りにしてくださって
このツアーのための
特別セッションを
メンバー全員で
提供してくださいました。

これがすごかった…

もしも体に
ファスナーが付いてるなら
私はそれを全開にして
腹の中を全部出した
そんな感じのセッションでした。

自分の中にあるものを認める。
誰のせいにするでもなく認める。

自分のしたことを認める。
自分の言ったことを認める。
それによって起こった不快な出来事を認める。

けれど、そんな自分を責めず
それらをなんとかしようともしない。

心の中でそんな作業もしました。

こわいこと
こうなったらイヤだってこと
たくさん出てきました。

だけど、それも認めて
そして、受け入れると腹くくって
こわさも苦しさもあるのに
本当に清々しくて
うれしい気持ちになったのは

それが私の大切な答えだったから。

心地よい以外の感情が
自分にある時
誰かを敵視している時
目の前のごちゃごちゃを
なんとかしようと画策している時

それはもう本来の自分から
離れてしまっている時だということを
あらためて感じ
 
私は手を離したのでした。

ツアーに参加してくださったみなさんも
それぞれがとても深い体験を
されたそうです。



本当に来てよかった
楽しかった
企画してくれてありがとう

そう言ってもらえたことが
何よりうれしかったです。

私としては
ただ、ただ、もう
一緒に来てくれてありがとうなんです。

私ひとりでは
こんな素敵な旅にならなかった。

全員がこの旅の
大切なひとつひとつのパーツで
どれひとつ欠けても
成り立たなかったよ。



しんこさん
孝子さん
仲本先生
えっちゃん
本当にありがとうございました。

ツアーに参加してくださったみなさん
本当にありがとうございました。

みんな大好き。
 
 
{9B8BFB9C-8E4C-451E-A5C0-5BFAEEE464F2}



旅はいいな。

えまごやに
来てくださったことから
こうして繋がったご縁
宝物だと思いました。

みんな、また行こうね。



日常は戻ってきたけれど
旅に出る前とは
ちょっと違った日常になってる。

またそのうち旅をして
心に隙間を作って
私は何度でも脱皮しよう。
 
 
 
 
 


合格エイミーの部屋にハートの電池充電しに遊びにおいでよー音譜

合格奇跡のコースを学ぶACIMインテンシブクラス募集中

 

 

音譜 エイミーくじ、ひいてみる? ぽち、はこちら

 

メールマガジン
点 エイミー通信 → 詳しくはこちら
点 先行案内専用メルマガ → 詳しくはこちら

 

エイミーのいろいろ
正しさとは
時に「違い」であることも多い。

自分が
自分の考えが
正しいという前提がある時
それと違う相手は
間違いになる。

これはこうすべきだ
これはこうあるべきだ

そういう気持ちが生まれるし
時にはそれを
言葉に出して言うのだろう。



こんな話がある。

日本では
って涼しい感じのする
色でしょ?



夏に青を見ると
を見るよりも
ずっと清涼感を感じたり。

ところが。

日本ではそんな
涼しさを感じさせる色の青が
砂漠のあるような国に行くと
暑さを感じさせる色になる。

なぜならね
太陽が照って
それが青い時は
砂漠ってものすごい暑いから

青を見ると
暑さを喚起させるんだって。



だから青は
そういう国の人にとっては
暑い色なんだそうだよ。

カラーのプロでもある
仮面心理学の中村眞子さんから
その話を聞いた時
目からウロコだった。



この話は
色の感じ方の違いの話だけど

あるところでは
涼しさの象徴であるものが
あるところでは
暑さの象徴であるように

あるところでは
正しいものが
違うところでは
全く逆になることも
あるよなぁって思った。

何が正しいのかなんて
本当にあてにならないのだと
その時つくづく思った。

正しさとは
人間が作り出した
ものなんだって思う。

神が作ったんじゃない、って。


正しさだけじゃない
この世のあらゆることが。



自分が正しい
自分の考えが正しい
自分の意見が正しい
自分が見たことが正しい

あの人はおかしい
あの人ってどうかと思う

私がその部分に
心を奪われてしまう時は
自分の中に厚い雲が立ち込め
自我にまみれている時だ。

そして仮に

誰かに
自分の正しさを突きつけたり
それを証明したりして
私が正しいのだと
心の中で満足したとしても

あなたは間違ってるのよ
あなたは変わった方がいいのよ
なんて、まるで自分が
その人の上にいるような
そんな気分になっても

おもしろいことに
その満足は
本当の意味で
自分を満たすことはない。

また、本当の意味では何も
解決しない。


自分の正しさを
証明しようとすればするほど
ほんの一瞬の満足の後には
虚しさと悲しさが襲ってくる。

だから
さらなる自分の正しさを証明するために
さらなる人の間違いを
餓鬼のように求めていく。



否定や批判は
とても気持ちよいもの。

そうする時
自分は正しくなれるから。

一瞬勝ち誇った気分になっても
正しさの証明をした気になっても
制裁を加えて一瞬気が済んだとしても

そのあとに訪れる後味の悪さを
私たちは、本当は知ってるんです。




どちらが正しいかという部分に
正解はないのだとつくづく思う。

自我は正しさを欲し
自分の正しさを証明しようとする。

そうしないと不安でたまらない。




そんな心の地獄を
私はよく知っているつもり。

なぜなら
私自身がその地獄に
身を置くことがあるから。

私はたくさんの人を
正しいことを
したつもりになりながら
傷つけたことだろう。

傷つける意図は
なかったにしても、だ。

それは
自分自身を傷つけていたに
他ならない。



そして、時に
逆の立場にもなる。

攻撃された
傷つけられた
否定された

そんなふうに
不快さや悲しみや怒りを訴える。



写し合うんだ。
私たちは。

傷つけあうんだ
私たちは。

自分の中にないものを
見ることは決してないから。

攻撃はすべて
愛を求める叫びである


そのコースの言葉は
正しさを主張しあい
傷つけあう
私たちが
本当はひとつであることを
教えてくれる。



そして、そのどちらも
本当のその人じゃないし
本当の私じゃない。



自我が
自分の姿を見るためには
鏡を使って見る以外に方法がない。

自我が覗き込む鏡は
いつもとても暗くおぞましい。

例外なく。


それが他人に見る
自我が自分だと信じる自分だ。

私たちの本当の姿は
自我ではないのだ。



幸せになりたいと言いながら
そんな幸せから離れていく行為を
繰り返してきた私だけど

そうしたことを
終わらせられることを
知ることで

たとえ自我に
まみれることがあっても
正気に戻れることも知った。

その時の際限のない安堵感を
知ってしまったら
人はみなもう二度と
昔の生き方には
戻れないんじゃないかとさえ思う。



忘れることはできても
失うことができない生き方。


エイミー連続クラスでは
そのようなことを学びます。



本当はさ
クラスのご案内とか
まだ書くつもりなかったけど

思いつくまま書いてたら
そんなネタにつながっちゃった感じ。



満を持して
(いやホント決めるまで時間かかった)
エイミーが
奇跡のコースのエッセンスを
お伝えしていきます。


難しいと感じる方も多い
奇跡のコース

ハガネのような固いおせんべいを
噛み砕いて流動食のようにして

(奇跡のコースをなんか下品にしてゴメン・笑)

一緒に触れていけたらと思います。

もうすでに
先行案内専用メルマガでは
募集を開始してます。

3月に入ったら
スケジュールも落ち着くし
ブログでも募集始めようかな。

詳細はいいから行く!という方は
(いるのか、そんな奇特な人)
こちらにカリキュラムとか載せて
お申込みフォームに
飛べるようになってるんで
ポチしてください。

明日から3日間
リトリートで沖縄に行くので
メールのお返事遅くなりますが

よくわからないけど
呼ばれちゃってしょうがない
そんな人と奇跡を分かち合うことを
楽しみにしてます。








合格エイミーの部屋にハートの電池充電しに遊びにおいでよー音譜

合格奇跡のコースを学ぶACIMインテンシブクラス募集中

 

 

音譜 エイミーくじ、ひいてみる? ぽち、はこちら

 

メールマガジン
点 エイミー通信 → 詳しくはこちら
点 先行案内専用メルマガ → 詳しくはこちら

 

エイミーのいろいろ
いやぁ
びっくりですわ!

先日の
エッサほいさの
ゆるトークちゃんねるの
収録で会った時のことです。

だって
沙璃ちゃん
一回り小さくなってたんだもん!

シルエットもタイトになってラブラブ





なもんだから
その日の収録ネタは

ダイエットと
ウエイトトレーニングで
確実に体を絞ってきている
そんな沙璃ちゃんの
そのお話。

話しながら
ふたりが行き着いたのは
自分の状態を
一番心地よくすることや
幸せ感度のことでした。

なぜ
ウエイトコントロールするのか
もちろん体型を
整えるためなんだけど

じゃあ、なぜ
体型を整えるのか
そこが大事なんだよね。

自分がダメだからじゃなくて
心地いい状態になりたいから
ってトコが大事なんだと思うんだ。

そんな話もしとります。

沙璃ちゃんの
パーソナルトレーナー
マコ先生の名言も炸裂!

エッサほいさの
ゆるトークちゃんねる
第21回


相変わらずのゆるトーク
お届けします音譜

あぶ監督
今回から
メインカメラに加え
2カメ、3カメもセットし
多方向からの撮影にトライしてます。

俺たちは慣れてないので
前しか見てないが(笑)

ぜひポチしてやってくださいませキラキラ



私の前髪が
クセが出で変な方向いてるのは
気にしない(笑)





今回も観てくれてありがとう(*≧∀≦)

沙璃ちゃんを
こんなにキレイにしちゃった
マコ先生のブログこちら

遠くても指導を受けられるので
ぜひぜひチェックしてみてね音譜


 

【これまでのエッサほいさのゆるトークちゃんねる】

出演:沙璃・エイミー
撮影・監督・編集:あぶ

第1回 埼玉県Sさんいません

第2回 おめかしがコスプレに

第3回 浴衣で豹変の沙璃と和田アキ子風はイヤなエイミー

第4回 ゆるトレインツアー

第5回 眉職人riccaさんゲスト

第6回 姫パーティ@チャン・軍手&屁・ヨンジュン

第7回 ~新春スペシャル~(ちぐりすゲスト)

第7回 ~新春スペシャル~(酔いどれ番外編)

第8回 う○こちゃんとブログ

第9回 色めくあの人はカムカム美人・池田めいさんゲスト

第10回 酔いどれの夏

第11回 雨存オフィスにて放送事故発生

第13回 それはケロリン!

第14回 三度のメシよりメシが好き

第15回 珍獣ランドの楽しみ方・友松ハニーさんゲスト

第15回 第2話 よさげなブラの選び方

第16回 同じドン!でも違うドン!沙璃節が真髄を突く!

第16回 第2話 ハードトレーニングのその後

第17回 笑っちゃダメ!の刑に処せられた人

 

第18回 沙璃ちゃんの台湾不思議体験!

 

第19回 なくて当たり前、あっておかげさま

 

第20回 人間関係ってこんなふうかもね








合格エイミーの部屋にハートの電池充電しに遊びにおいでよー音譜

合格奇跡のコースを学ぶACIMインテンシブクラス募集中

 

 

音譜 エイミーくじ、ひいてみる? ぽち、はこちら

 

メールマガジン
点 エイミー通信 → 詳しくはこちら
点 先行案内専用メルマガ → 詳しくはこちら

 

エイミーのいろいろ