沖縄を旅して

さっき帰りました。

 
離れていく日常。
戻ってくる忘れ物。
 
旅はいいな。
 
 
{C8E61B3F-6544-4A1E-B992-D33068BA687F}

 
沖縄は
寒い季節と言えども
やはりあたたかく
 
トロピカルビーチでは
足だけは海に入り
砂浜に座って
しばしぽーっとしたり。
 
 
{DC90FF4E-C67B-4795-972A-7E00182DB67D}

 
 
心からゆっくり
しようと思って
Facebookの投稿も
しないようした
今回の沖縄の旅。

いつもなら
今沖縄のどこどこでーす、とか
誰と一緒でーす、とか
何を食べてまーす、とか
Facebookに
逐一アップしたり
タグ付けしたり
するけれど

今回は
沖縄にいること
みんなと過ごすこと

そこで起こることを
体験すること
感じること

何よりも
ゆっくりすること

それをしたかったのです。


 
以前えまごやで開催した
 
しんこさんの
ブレスセッションの後の
ブレスフォローアップセッションを
受けてくださった方々の中で
 
沖縄に行きたい
しんこさんのサロン
フォレストに行ってみたいと
手をあげてくださった方々との
内々のリトリートツアー。
 
以下省略(笑)
 
 
 
とてもいい旅でした。

日常から離れる
いつもすることをしない
それだけで
そこには隙間ができる。

その隙間に
滑り込んでくるものは
言葉にならない素敵なもの。

iPhoneのカメラの
シャッターを押す代わりに
心のシャッターを
たくさん押しました。

心から笑った。
心から楽しんだ。
心から感じた。

旅を企画し
旅の最中も
ツアーをナビゲートしましたが

私のすっとこどっこいは
炸裂しまくりで
みんなごめんね、という場面も
たくさんあったのですが

みんなイヤな顔ひとつせず
笑ってくれました。

主催者しっかりしなきゃを
完全に捨て去って
みんなに甘えた旅でもありました。



フォレストさん
私たちのために
サロンを貸し切りにしてくださって
このツアーのための
特別セッションを
メンバー全員で
提供してくださいました。

これがすごかった…

もしも体に
ファスナーが付いてるなら
私はそれを全開にして
腹の中を全部出した
そんな感じのセッションでした。

自分の中にあるものを認める。
誰のせいにするでもなく認める。

自分のしたことを認める。
自分の言ったことを認める。
それによって起こった不快な出来事を認める。

けれど、そんな自分を責めず
それらをなんとかしようともしない。

心の中でそんな作業もしました。

こわいこと
こうなったらイヤだってこと
たくさん出てきました。

だけど、それも認めて
そして、受け入れると腹くくって
こわさも苦しさもあるのに
本当に清々しくて
うれしい気持ちになったのは

それが私の大切な答えだったから。

心地よい以外の感情が
自分にある時
誰かを敵視している時
目の前のごちゃごちゃを
なんとかしようと画策している時

それはもう本来の自分から
離れてしまっている時だということを
あらためて感じ
 
私は手を離したのでした。

ツアーに参加してくださったみなさんも
それぞれがとても深い体験を
されたそうです。



本当に来てよかった
楽しかった
企画してくれてありがとう

そう言ってもらえたことが
何よりうれしかったです。

私としては
ただ、ただ、もう
一緒に来てくれてありがとうなんです。

私ひとりでは
こんな素敵な旅にならなかった。

全員がこの旅の
大切なひとつひとつのパーツで
どれひとつ欠けても
成り立たなかったよ。



しんこさん
孝子さん
仲本先生
えっちゃん
本当にありがとうございました。

ツアーに参加してくださったみなさん
本当にありがとうございました。

みんな大好き。
 
 
{9B8BFB9C-8E4C-451E-A5C0-5BFAEEE464F2}



旅はいいな。

えまごやに
来てくださったことから
こうして繋がったご縁
宝物だと思いました。

みんな、また行こうね。



日常は戻ってきたけれど
旅に出る前とは
ちょっと違った日常になってる。

またそのうち旅をして
心に隙間を作って
私は何度でも脱皮しよう。
 
 
 
 
 


合格エイミーの部屋にハートの電池充電しに遊びにおいでよー音譜

合格奇跡のコースを学ぶACIMインテンシブクラス募集中

 

 

音譜 エイミーくじ、ひいてみる? ぽち、はこちら

 

メールマガジン
点 エイミー通信 → 詳しくはこちら
点 先行案内専用メルマガ → 詳しくはこちら

 

エイミーのいろいろ
正しさとは
時に「違い」であることも多い。

自分が
自分の考えが
正しいという前提がある時
それと違う相手は
間違いになる。

これはこうすべきだ
これはこうあるべきだ

そういう気持ちが生まれるし
時にはそれを
言葉に出して言うのだろう。



こんな話がある。

日本では
って涼しい感じのする
色でしょ?



夏に青を見ると
を見るよりも
ずっと清涼感を感じたり。

ところが。

日本ではそんな
涼しさを感じさせる色の青が
砂漠のあるような国に行くと
暑さを感じさせる色になる。

なぜならね
太陽が照って
それが青い時は
砂漠ってものすごい暑いから

青を見ると
暑さを喚起させるんだって。



だから青は
そういう国の人にとっては
暑い色なんだそうだよ。

カラーのプロでもある
仮面心理学の中村眞子さんから
その話を聞いた時
目からウロコだった。



この話は
色の感じ方の違いの話だけど

あるところでは
涼しさの象徴であるものが
あるところでは
暑さの象徴であるように

あるところでは
正しいものが
違うところでは
全く逆になることも
あるよなぁって思った。

何が正しいのかなんて
本当にあてにならないのだと
その時つくづく思った。

正しさとは
人間が作り出した
ものなんだって思う。

神が作ったんじゃない、って。


正しさだけじゃない
この世のあらゆることが。



自分が正しい
自分の考えが正しい
自分の意見が正しい
自分が見たことが正しい

あの人はおかしい
あの人ってどうかと思う

私がその部分に
心を奪われてしまう時は
自分の中に厚い雲が立ち込め
自我にまみれている時だ。

そして仮に

誰かに
自分の正しさを突きつけたり
それを証明したりして
私が正しいのだと
心の中で満足したとしても

あなたは間違ってるのよ
あなたは変わった方がいいのよ
なんて、まるで自分が
その人の上にいるような
そんな気分になっても

おもしろいことに
その満足は
本当の意味で
自分を満たすことはない。

また、本当の意味では何も
解決しない。


自分の正しさを
証明しようとすればするほど
ほんの一瞬の満足の後には
虚しさと悲しさが襲ってくる。

だから
さらなる自分の正しさを証明するために
さらなる人の間違いを
餓鬼のように求めていく。



否定や批判は
とても気持ちよいもの。

そうする時
自分は正しくなれるから。

一瞬勝ち誇った気分になっても
正しさの証明をした気になっても
制裁を加えて一瞬気が済んだとしても

そのあとに訪れる後味の悪さを
私たちは、本当は知ってるんです。




どちらが正しいかという部分に
正解はないのだとつくづく思う。

自我は正しさを欲し
自分の正しさを証明しようとする。

そうしないと不安でたまらない。




そんな心の地獄を
私はよく知っているつもり。

なぜなら
私自身がその地獄に
身を置くことがあるから。

私はたくさんの人を
正しいことを
したつもりになりながら
傷つけたことだろう。

傷つける意図は
なかったにしても、だ。

それは
自分自身を傷つけていたに
他ならない。



そして、時に
逆の立場にもなる。

攻撃された
傷つけられた
否定された

そんなふうに
不快さや悲しみや怒りを訴える。



写し合うんだ。
私たちは。

傷つけあうんだ
私たちは。

自分の中にないものを
見ることは決してないから。

攻撃はすべて
愛を求める叫びである


そのコースの言葉は
正しさを主張しあい
傷つけあう
私たちが
本当はひとつであることを
教えてくれる。



そして、そのどちらも
本当のその人じゃないし
本当の私じゃない。



自我が
自分の姿を見るためには
鏡を使って見る以外に方法がない。

自我が覗き込む鏡は
いつもとても暗くおぞましい。

例外なく。


それが他人に見る
自我が自分だと信じる自分だ。

私たちの本当の姿は
自我ではないのだ。



幸せになりたいと言いながら
そんな幸せから離れていく行為を
繰り返してきた私だけど

そうしたことを
終わらせられることを
知ることで

たとえ自我に
まみれることがあっても
正気に戻れることも知った。

その時の際限のない安堵感を
知ってしまったら
人はみなもう二度と
昔の生き方には
戻れないんじゃないかとさえ思う。



忘れることはできても
失うことができない生き方。


エイミー連続クラスでは
そのようなことを学びます。



本当はさ
クラスのご案内とか
まだ書くつもりなかったけど

思いつくまま書いてたら
そんなネタにつながっちゃった感じ。



満を持して
(いやホント決めるまで時間かかった)
エイミーが
奇跡のコースのエッセンスを
お伝えしていきます。


難しいと感じる方も多い
奇跡のコース

ハガネのような固いおせんべいを
噛み砕いて流動食のようにして

(奇跡のコースをなんか下品にしてゴメン・笑)

一緒に触れていけたらと思います。

もうすでに
先行案内専用メルマガでは
募集を開始してます。

3月に入ったら
スケジュールも落ち着くし
ブログでも募集始めようかな。

詳細はいいから行く!という方は
(いるのか、そんな奇特な人)
こちらにカリキュラムとか載せて
お申込みフォームに
飛べるようになってるんで
ポチしてください。

明日から3日間
リトリートで沖縄に行くので
メールのお返事遅くなりますが

よくわからないけど
呼ばれちゃってしょうがない
そんな人と奇跡を分かち合うことを
楽しみにしてます。








合格エイミーの部屋にハートの電池充電しに遊びにおいでよー音譜

合格奇跡のコースを学ぶACIMインテンシブクラス募集中

 

 

音譜 エイミーくじ、ひいてみる? ぽち、はこちら

 

メールマガジン
点 エイミー通信 → 詳しくはこちら
点 先行案内専用メルマガ → 詳しくはこちら

 

エイミーのいろいろ
いやぁ
びっくりですわ!

先日の
エッサほいさの
ゆるトークちゃんねるの
収録で会った時のことです。

だって
沙璃ちゃん
一回り小さくなってたんだもん!

シルエットもタイトになってラブラブ





なもんだから
その日の収録ネタは

ダイエットと
ウエイトトレーニングで
確実に体を絞ってきている
そんな沙璃ちゃんの
そのお話。

話しながら
ふたりが行き着いたのは
自分の状態を
一番心地よくすることや
幸せ感度のことでした。

なぜ
ウエイトコントロールするのか
もちろん体型を
整えるためなんだけど

じゃあ、なぜ
体型を整えるのか
そこが大事なんだよね。

自分がダメだからじゃなくて
心地いい状態になりたいから
ってトコが大事なんだと思うんだ。

そんな話もしとります。

沙璃ちゃんの
パーソナルトレーナー
マコ先生の名言も炸裂!

エッサほいさの
ゆるトークちゃんねる
第21回


相変わらずのゆるトーク
お届けします音譜

あぶ監督
今回から
メインカメラに加え
2カメ、3カメもセットし
多方向からの撮影にトライしてます。

俺たちは慣れてないので
前しか見てないが(笑)

ぜひポチしてやってくださいませキラキラ



私の前髪が
クセが出で変な方向いてるのは
気にしない(笑)





今回も観てくれてありがとう(*≧∀≦)

沙璃ちゃんを
こんなにキレイにしちゃった
マコ先生のブログこちら

遠くても指導を受けられるので
ぜひぜひチェックしてみてね音譜


 

【これまでのエッサほいさのゆるトークちゃんねる】

出演:沙璃・エイミー
撮影・監督・編集:あぶ

第1回 埼玉県Sさんいません

第2回 おめかしがコスプレに

第3回 浴衣で豹変の沙璃と和田アキ子風はイヤなエイミー

第4回 ゆるトレインツアー

第5回 眉職人riccaさんゲスト

第6回 姫パーティ@チャン・軍手&屁・ヨンジュン

第7回 ~新春スペシャル~(ちぐりすゲスト)

第7回 ~新春スペシャル~(酔いどれ番外編)

第8回 う○こちゃんとブログ

第9回 色めくあの人はカムカム美人・池田めいさんゲスト

第10回 酔いどれの夏

第11回 雨存オフィスにて放送事故発生

第13回 それはケロリン!

第14回 三度のメシよりメシが好き

第15回 珍獣ランドの楽しみ方・友松ハニーさんゲスト

第15回 第2話 よさげなブラの選び方

第16回 同じドン!でも違うドン!沙璃節が真髄を突く!

第16回 第2話 ハードトレーニングのその後

第17回 笑っちゃダメ!の刑に処せられた人

 

第18回 沙璃ちゃんの台湾不思議体験!

 

第19回 なくて当たり前、あっておかげさま

 

第20回 人間関係ってこんなふうかもね








合格エイミーの部屋にハートの電池充電しに遊びにおいでよー音譜

合格奇跡のコースを学ぶACIMインテンシブクラス募集中

 

 

音譜 エイミーくじ、ひいてみる? ぽち、はこちら

 

メールマガジン
点 エイミー通信 → 詳しくはこちら
点 先行案内専用メルマガ → 詳しくはこちら

 

エイミーのいろいろ
意外なことを
言っていただいたんです。

みお塾講師でもある
やすらぎの部屋の
川上美保さんに。

美保さんって
いつも

そう来るか!

ってことを
言ってくださって
びっくりしつつも
妙に納得する。

そう、発覚したのですよ。

エイミーがふたりいることが。
エイミーとエイミーさんが。





先日、美保さんと
おさべりしていて

「私、イベントオーガナイズしていて
   たくさん人が来てくださるけど
   自分が何かやる企画を出すと
   人があんまり来ないんですよ。
   なんだかなー(´・ω・`)ショボーン」


というくだりの話を
した時のことです。



あ、ちなみに
それマジです(笑)

どなたかを招致して
募集すると
ありがたいことに
だだだーーーっと
来てくださることが多いんだけど

私が講師になったり
私が何かやるものを
企画して募集すると

メーラーの受信音が鳴らない(爆)

他の方が講師の場合は
募集を開始すると
メーラーの受信音が
ちーん、ちーん、って鳴るんだけど
(受信音を「ちーん」に設定・笑)

自分の企画は
そりゃ静かなもんです( ;∀;)



なんか呪いがかかってんのかな…
(ンなワケありません・笑)
とか

自己肯定感低いのかしら…
とか

無意識のうちに
自分で止めてんのかしら…
とか

いろいろ、いろいろ
考えるワケです。

でもって
さびしいワケです。

(´・ω・`)ショボーン



そんな私に
美保さんが言ったんですな。

「エイミーさん
   自分をオーガナイズしてますか?」


某カフェで
お茶を飲みながら

「へ???」

とハテナマークを
頭上に飛ばしました。

「私や他の方を
   オーガナイズするように
   ご自分のことを
   オーガナイズしてますか?」


「・・・」(目をぱちくり)

「エイミーさんが
   他の講師の方の素晴らしさを
   紹介するように
   ご自分のことをなさってますか?」


「・・・」(頭を横にぶんぶん)

「エイミーさんが
   エイミーさんという人を
   オーガナイズすればいいんです」


 「自分をオーガナイズかぁ…」

「エイミーさんは
   とても素敵に人のことを
   紹介なさるのですから
   ご自分のこともなさればいいんです」




それを聞いて
心の中で

いや自分のこと
素敵に紹介なんて
それめっちゃムリっス!

私ってどんだけ素敵で
来るとこんないいことあるよとか
書けないっス!

つか
自慢っぽいって言うか
ジャイアンちっくって言うか

えええええ!?

と、たじろぐ私。



駄菓子菓子
よく考えよう。



提供すると決めたのは
私自身が自分でも
これはいいぞー!と
思ったものなの。

自負のあるもの。

そうでなければ
サービスとして出すのって
違うと思うんだ。

失礼じゃないかと思う。

だってさ

「私、全然自信ないし
   これあんまりよくないけど
   来てくださいね」


って、ないわー
それないわー(笑)


そういうサービス
欲しくないもん(爆)



よくないって思ってるものを
サービスとして提供するのって

よくないけど
買ってくださいねって

食べ物屋さんなら
美味しくないけど
買ってくださいねって

言ってるようなもんじゃん。

そんなんいらんわーーー(笑)

もしくは
別によくないとも言ってなくても
店の人がそれのよさを
伝えてくれないで
ただ置いてあるものってば
そのよさぜんっぜんわからんわ。



自分のことを
しっかりオーガナイズ
してないってことは
それと同じってこと。

自分ではいいと思って
出してても
もごもごしてたら

それはただ商品を陳列して
奥で新聞読んで
お客様無視してる
店番のおっさんと同じやんけ。

まさに俺


ひとり撃沈…orz

いや、ほら
自分のことはね
なんかこぉ書きにくいじゃんとか
言ってる場合じゃないじゃん。



美保さんが

「エイミーさんが
   エイミーさんという人物を
   オーガナイズすればいいんです。
   だから、自分のことも
   『エイミー』ではなく
   『エイミーさん』のつもりで
   書いてみたらどうでしょう?」


そうおっしゃったのだ。
しかもこう続いた。

「ブロックとか関係ないです。
   もしブロックだったとしても
   そんなのそれですぐに外れますよ」


あああああ…( ;∀;)
ものすごい あ・ん・し・ん
キラキラ

そうだ
私が欲しいのは
いつでも安心なのだ。



美保さんのすごいところは
たとえば何か
うまくいっていない部分があって
それはこうなっているようだと
伝えてきたのなら
次にそれをどうすればいいかまで
ちゃんと言ってくれるところだ。

人としての在り方の
素晴らしさを見せてもらっている。

あなたブロックありますね
あなた無意識レベルで抵抗してますね
じゃあさよなら〜(爆)
じゃないのね(笑)


だから悲しい気持ちに
ならないんだよ。

逆に言えば
そこまで言わない場合は
最初から何も言わない。

こういう美保さんの姿勢は
自分の仕事での在り方
もっと言えば人としての在り方を
考えさせてくれる。



私はもっともっと
お話を聞きたくて
その場で頼み込み

お茶を急遽
美保コンサルに切り替えてもらい
その場でにこにこ現金払いして
続きや他のことも聞くべく
コンサルを受けました。

対価をお支払いすることで
心置きなく質問したり
アドバイスを受けたりできるので(笑)



そんなこんなで
自分が主体となって
出していく企画も

これからは
「みお塾の美保さん」を
紹介するように
「なになにのエイミーさん」を
紹介していこうと思います。

そう
エイミーがおすすめする
「エイミーさん」は
他人でした。

出していきたいのは
私が大好きな
「エイミーさん」なんだよなぁ。

「エイミーさん」
今までオーガナイズしなくて
本当にごめんね(爆)


なんかお門違いな文章になったら
みんなドン引きする文章になったら

すっげーこぇぇなーと
思いつつも
どこかでわくわくしている
私がいます。



気づくの遅い?(笑)
私は時に亀の歩みなの。

できないこといっぱいある。
なんだかなーなとこいっぱいある。

ブロックとか言わないでね(爆)
いつでも試行錯誤
成長過程なのよ( ̄▽ ̄)



自分をオーガナイズできないながら
一生懸命出したイベント(笑)

合格エイミーの部屋にハートの電池充電しに遊びに来てね音譜

 

 

 

そして

そんな的確な

かつ心がほっとして

目の前のことがクリアになっていく

 

でもって

思わぬ方向から突っ込んでもらえる(笑)

美保さんのコンサルも

ぜひ受けてみてね音譜

 

相当ハートにキくこと間違いなし!

受けないと損ってまで

言いたくなっちゃうの(笑)

 

エイミーもエイミーさんも

唸る美保コンサルはこちらキラキラ

(そうか、自分のこともこうやって書けばいいのか・笑)

 

 

 

 

 

 

 

合格奇跡のコースを学ぶACIMインテンシブクラス募集中

 

 

音譜 エイミーくじ、ひいてみる? ぽち、はこちら

 

メールマガジン
点 エイミー通信 → 詳しくはこちら
点 先行案内専用メルマガ → 詳しくはこちら

 

エイミーのいろいろ

2000年

樹齢1000年とも
2000年とも
言われる屋久杉がある。





ただ、そこに立っている。
ただ、ただ、そこに立っている。

なんてすごいんだろう。
なんて素晴らしいんだろう。

これという派手さもなく
鳴り物入りの何かがあるわけでもなく
静かに生きている。

大地に根を張って
自然の中で
自ら何をするでもなく
すべてを任せて委ねて
何にも抗わず
何とも戦わず

それゆえに
ここに立っている。



自分を見失っている時
自然の中に身を置くと

何を語るでもない自然が
その有り様で
私を包み込んで
すべてをOKにしてしまう。

自分の中が洗われてゆく。

そんなことが、ただ、「起こる」。



それは自然が
もっともな有り様で
そこにあるからに他ならないのだと
常々思う。





私はそんな自然と同調し

ぱつぱつになった頭や

情報を詰め込んで
おりこうさんになった「つもり」の自分や

問題だと信じているものや

いろいろなものに
バイバイしていく。



人は賢くなり
情報に溢れ
ノウハウがあちこちで語られ
理論や法則を歌い
それらに従って生きようとする。

うん、それも悪くない。
悪くない。



それでも私は
そんなものに疲れてしまうことがある。

自分が理解できることで
自分が納得できることで
説明のつくことで
事に当たろうとすると
閉塞感を感じる事がある。

見えない世界と言われる
スピリチュアルなことにおいても
そう感じることがある。

そして、どうしたらいいか
わからなくなるのだ。

迷子。



私には
そんな時に思い出す人がる。

そう、まるで
2000年生きている
屋久杉のような人。

やすらぎの部屋
川上貢一さん
奥様の川上美保さん

コオさんこと貢一さんは
インテンシブクラスを

奥様の美保さんは
みお塾を

それぞれ開催させていただいている。

私はめんどうくさがりだし
心に響かないものには
触れていられないので

だからこそ
このふたりを招致させて
いただいている。

そしてふたりは
尊敬する師であり
また、私の中で勝手に(笑)
心から愛する友でもある。



ふたりに触れていると
まるで自然に触れているみたい。

たとえ何も語らずとも
そばにいるだけで
私は自分に帰ってゆく。

もちろん
お話もとっても素敵で
ぐいぐいと引き込まれてゆき
わだかまりがほどけてゆく。

ふたりに会った帰りの足取りは
いつも軽い。

自分のいちばん好きな
自分になっている。



いいこともあって
イヤなこともある

素敵な気分もあって
最悪な気分もある

それが人生
そんな気がするでしょう?

だけどね。

本当は
私たちのデフォルトは
うれしくて楽しくて幸せな状態なの。

もやもやしたり
悲しかったり、苦しかったり
そんなのがイレギュラーなの。

私はそれをコオさんに教わりました。
奇跡のコースを介して。



ふたりに会うと
イレギュラーな私が
デフォルトの私に戻る。

たとえ他愛のない話しか
しなかったとしても。

そう、本当に
自然に触れた時のように。

それは
2000年生きる屋久杉のように

ふたりが
この世界で
自ら何をするでもなく
すべてを任せて委ねて
何にも抗わず
何とも戦わず
生きているからだと思うんです。

そこに生きていることで
世界の本当のことわりを
体現しているかのように。

そんな生き方
もしかしたら
こわくてできないかもしれない。

少なくとも
私はできなかった。

けれど、そういう生き方に
シフトし始めた私。

強い風が吹いて
私の枝が折れそうになると
ふたりに会いに行くんです。





本当は何も起こっていないし
何の問題もないし
自分ひとりでなんとかしようとしなくて
よいのだということを
思い出すために。

誰も教えてくれなかった生き方を
ともすれば、そんなんダメじゃんな生き方を
してもいいのだと
確認するために。

ぶれてしまった自分を
取り戻すために。

自分がいちばん好きな自分が
本当の自分。
おひさまの自分。

そこに戻るために。



今週もまた
ふたりに会いに行きます。

2月18日(土)に
東京・祐天寺の
これまた私の心から愛する友
三昧琴奏者でもある
ちぐりすこと福島千種さん
スペースUに。





コオさんと美保さんの
ダブルセミナーがあるんです。

ふたりのことが
説明できないのは
奇跡のコースとおんなじ(笑)

自然の中に行くと
心が洗われていく
それがなぜかと言われても
説明できないけれど
それは確実に起こるように。




一緒に行きませんか?

コオさんと美保さんに会いに。

ホーリースピリットと共に生きる
その生き方の片鱗を感じ
いつかそれが自分のものになるように。

ふと顔が浮かんだ人には
個人的にメッセもしました。

心がさわさわと風になびくように
弾かれたように
今回のセミナーは
なんだかとても
大きな分岐点になる気がしたのです。

まずその場にいるということで。



私も行くし
あぶも行きます。

驚いたことに
私が申し込んだすぐ後
撮影に行っていたあぶが
まったく違う場所から
申し込んでいたらしい。

何の打ち合わせもなく。

不思議なこともありますね。



そして、セミナー後には
懇親会もあるだよ。
自由参加だと思うけど。

それも楽しみじゃ音譜

俺とあぶとも
ぜひ絡んでくれよ(*´∀`)ノ



2月18日(土)の

川上貢一さん・川上美保さんダブルセミナー
 「ホーリースピリットとともに生きる」


確か13時からだったよな。
(調べとけや・笑)

主催者ちぐりすからのメッセージを。
 
今回のトークのテーマは「ルネッサンス2017」。ホーリースピリットに導かれて、いま、まさに新しい扉の前に立って扉を開けようとする瞬間にいることを、3人を含めた参加者のみなさまとともに確認する時間になると思います。

 

詳細とお申し込みは
こちらのページから。



幸せになっていいんだよね。
なにもなくとも。

どうやったら
そうなれるのか
誰も教えて
くれなかっただけなんだ。

2000年生きる
屋久杉もあると書いたけど
「あの人」は2000年待っていた。

私たちを元の世界に
連れ帰るために。







合格エイミーの部屋にハートの電池充電しに遊びにおいで音譜
合格奇跡のコースを学ぶACIMインテンシブクラス募集中
 
音譜 エイミーくじ、ひいてみる? ぽち、はこちら

 

メールマガジン
点 エイミー通信 → 詳しくはこちら
点 先行案内専用メルマガ → 詳しくはこちら

 

エイミーのいろいろ
 
音譜 エイミーのパートナー、大関学(あぶ)の写真撮影についてはこちら