〔メディア関係〕
★【 Jスポーツに出演 】12月9日・11日・12日・14日・15日!

〔遠征のお知らせ〕
★SAJアルペンページに遠征のお知らせがアップされました!【第2次アルペン女子遠征

〔怪我のご報告〕
★【 ご報告 】現在JISSにて順調にリハビリ回復中!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-24

アジア大会優勝

テーマ:ブログ
長谷川絵美選手がアジア大会優勝しました!!
おめでとう!!
優勝すると選手村の壁に張り出されます。
{06F64111-F17D-445F-8464-B19D8C1F8312}

私は世界選手権からアジア大会の入村日が決まっていたので、現地入りをし現場の判断や検査を行った上で欠場という運びになりました。
すぐに東京に帰る予定でしたが、飛行機の移動にて思った以上に膝が腫れてしまい東京に帰れなくなりました。

膝がかなり腫れてしまい正直落ち込みました。
本当にどうなるかと思いましたが、こちらの医療チームの皆様が最善を尽くしてくださり、膝の腫れがだいぶ収まってきました。
{31A0D6AA-4418-4ADA-93E6-B1058B966068}


{ECC96FEF-D2FC-44AF-9FDD-96645C1B5791}



今回の相部屋はもちろん優勝の長谷川絵美選手。
絵美の滑りを見ましたが、荒れたのコースの中のアタック流石でした。
最近、2人で話す技術でターンの早い位置での切り替えしはNGだよね。と話します。

切り替えのそのものが速い動きに越したことはないとは思いますが、切り替えのタイミングを早い位置でするのはNGです。
それは早い段階でターンを終えてしまうと、そこからまっすぐゲートに向かって板が入ってしまい、次のゲートの下で急激なターンをさせられてしまいブレーキに繋がるからです。
もしくはターン前半のスライドの時間が長くなります。どちらにしてもロスです。

開幕戦のパンティュローとヒルシャーの滑りの違いはそこだと感じました。
どれだけターンをし続けられるかが勝負の鍵かな。ギリギリまで踏み続けることがポイントとよく話します。踏み続けるって実際とても怖いことなんですよね。

技術も変わってきているのでそういうポイントを知った上で、ワールドカップやトップ選手の映像を見ると楽しいと思います。

あとは板の性能もこういう視点で見ると変わります。
最近のフィッシャースキーは最後までターンをし続けてくれるので、ずっと弧を描いてくれてくれます。これが他メーカーと違う板の動きです。

男子スラロームを見ると凄く分かりやすいです。
もちろん、運動能力が高いヒルシャーやクリストファーセンは異次元ですが、フィッシャーの選手達の滑りを見るとずっと板が安定して雪面から離れず動き続けているのでかなり参考になりますし、とても魅力的です。

{76EA7EBC-344A-4C78-A066-B5CD23C33BE1}


こうやってスキーのことを書くと、益々早くスキーがしたいと思ってしまいます。
アジア大会、出たかったな。
とにかく早く膝を治します。

絵美おめでとう!スラロームも勝つよね。
{7653922E-FDD5-46B9-99B2-1F229573712F}


いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-02-22

最後の世界選手権

テーマ:ブログ
自身最後の世界選手権が終わりました。
世界選手権は本当に素晴らしい場所でした。
たくさんの応援をありがとうございました。

振り返ると、これが私の限界…と感じた2016年3月末。

数ヶ月間。考えに考えたスキー人生。
そこから、やっぱりアルペンスキーが好きだからもう一度挑戦したい。
という僅かばかりの自分の可能性を信じ、様々なことを一新。
挑戦するからには世界選手権に出たい。と声を出して願って挑んだ今シーズン。

資金面に苦労し、ある社長にパートナー契約をお願いしに頭を下げに行った時、

『君は今すぐスキーを辞めなさい。世界選手権だって出れないし、日本代表にだってなれない。女性として30代でスポーツをやり、ましてはアルペンスキーで世界で戦うなんて君には可能性はない。』

と厳しいお言葉をいただいたこともあり、何度も自分は辞めるべきなのかと心が揺らぎそうになりました。

メンタル面を充実するためにスキーに乗らず、勉強をし心を整えて、
セミナーやトレーナーの仕事をして、少しでも遠征費の足しになるように務め、
ようやく他人基準から自分基準に生きれるようになってきたころ、
秋になりあっという間にレースが始まり、そして掴んだ世界選手権。

順位だけみると決して嬉しいものではありませんが、私は精一杯やれたことに対しては納得がいってます。
本当に素晴らしい時間を味わいさせて頂きました。
前回のブログの後から、調子も毎日のように良くなっていき、毎日ワクワクしていました。
このワクワク感、堪らなく最高でした。

2年に1度しかない大会。
2013年オーストリアのシュラドミング、
2017年スイスのサンモリッツ、

と数万人が集まる2つの世界選手権に出場出来たことは最高に幸せでした。
これはシュラドミング、サンモリッツならではの観客数でスタートまで聞こえる歓声の地響きは本当に凄くて、これから先こんな音を聞くことはないかもしれないと思うと、ゴールして味わってみたかったな。

各国の代表が集まる世界選手権は本当に素晴らしい場所です。
全ての選手が目指すべき場所だと思っています。
心から願うこと。
願えば行動に繋がる。
若い選手たちにも願うことを大事にして行動していって欲しいと思います。

また残念なご報告となりますが、世界選手権の2本目の急斜面で半月板をロッキングし、損傷してしまいました。
神様は幾度となく乗り越えさせたい壁を作るようですね。でも私はその壁が出来れば出来るほど壊したくなるのはなんででしょうかね。

それにてアジア大会は欠場することになり、その先のことも今はどうなるか分かりません。

しかし今やれることは最後までやりたいと思っていますし、自分が貫いてきたものを最後まで貫けるようにしたいです。
それは諦めないこと。続けること。可能性を信じること。
この3つ。

自分の足跡を通してこのような思いを後世に伝えていけたらいいなと思っていますし、自分も競技を通じて人としてまだまだ成長が出来るように頑張っていきたいと思っています。

まずは最善を尽くせるように精進していきたいと思います。

応援ありがとうございました。
{278F7756-D1B5-47D3-A6A3-C4CFB4D620CB}

{738CA2C6-B1CD-4516-B56D-94526942CD87}


同い年の湯浅直樹。
写真撮ろうってなり、えー。すっぴんだから嫌だ。って言ったら、俺だってすっぴんだぞ。って言って、しっかりキャップ被って自分だけかっこよし。笑  彼は平昌では絶対メダル取るよ。
{CB4475DE-DC81-413E-A711-A1D7C8FC1BD4}


ずっと励ましサポートし続けてくれた三増コーチ。不器用だけど(^^)すごい情熱で、本当に感謝しています。人としてとても尊敬しています。
{1E7F6829-CF87-4753-906B-A43DDE90BBDF}


スキーはもういいんじゃないか?早く孫の顔がみたい。と言いながら父が見にきてくれました。
終始笑顔でいてくれて有り難かったな。
{68A5DFA4-92A0-4CA4-AA8A-07F35D12B180}


久しぶりに会えたアルゼンチンの友達。ビッグハグしてくれました(^^)
{E49CC8D4-CCBD-4079-A758-B7115574FD6F}

スイスにスキー留学している工藤莉里ちゃんに会えました(^^) まだ中学生!期待の選手です!!
{4EAB23E1-EA17-4824-B97B-0CB781ED7276}


スタート台
{75115483-8C4D-4A9A-87B3-0FD79B204757}


安藤麻ちゃん  
麻ちゃんは正真正銘の日本の宝!!!
左側が男子コース、右側が女子コース。
{2BD74D18-603C-4555-AE13-B374437CAB39}


スタート直後の緩斜面は真っ平らです。
{1432737D-0CC0-4D63-AB6A-B126B60E1C4F}


またまた緩斜面。
{466BB634-5670-4CB8-8415-DF662D0B6754}


どこまでも緩斜面。
{30EEFC73-5330-4313-9F54-D0078824405B}

終始晴れが続き最高の世界選手権日和でした。
{96D0D58D-182F-4202-B591-B818305128A3}

かずき、サポート本当に感謝してるよ。ありがとう。
弟の旅は続く。

{CBDE67AB-539F-49F1-8EAE-9EF26445917D}


絵美と一緒に来たかった今大会。
アジア大会は必ず絵美が優勝する。
皆さん見ててください。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-02-09

all or nothing

テーマ:ブログ
いつだって私たちは迷いの中で不安と戦い、どんな小さなことでも常に選択を迫られる。
でもそれは向上する為の迷いであって不安でもあり選択であることは理解出来ている。

いつもポジティブだけではいられないし、こんな想いを感じると選手らしく戦おうとしているんだなと感じられる。

今日はドイツのヨーロッパカップに出場しましたが、アウトしてしまいました。
こちらに来てトレーニングも上手くいってないし、何より足元の感覚が良くない。
その感覚が道具やエッジの選択に迷いを生み、終いには不安を増幅させる。

競技をやっていたら上手くいかないことが殆どなはずなのに、少し上手くいくと欲が出てきて、
もっと。もっと。ってなるし、
それでいて、上手く行かないと"こんなはずじゃない"とか思いだしたりして、、

しかしこれでこそ選手。
様々な感情や経験を乗り越えてこそ本当の成長だと思うので、今日はたくさん素直に悔しがって、明日への活力にしたいと思います。

ホテルの前の湖。
お休みの日に岡本乃絵ちゃんと散歩してきました。
{5A6F24C2-1698-4924-8412-9558A3338541}


乃絵ちゃんのカメラは色が綺麗だなー
{91B08E40-7296-4D0F-A53D-8BC651DAC51D}


バドウィーゼのコース!!
{5F5609CB-9096-450B-9B3B-C42D1FB72495}



少し目を閉じて休んだら、こんな想いができてラッキーだと気がついた私。
なんかラッキー
{8F629DD5-AE0A-4C62-8BF3-99929A277CF0}


いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-02-06

大事にしていること

テーマ:ブログ
昨シーズン、なかなか上手くいかず自分の中で久々の挫折感を味わいました。

私はこれまでの怪我を挫折としては捉えてなくて、怪我をしてしまったことはしょうがない。と、
してしまった事の後悔よりもその先の行動をどうするべきかと常に考えることが出来たので、痛かった怪我でしたが人生においては糧となり前向きでした。

しかし昨シーズンは万全な状態で挑んだが、一度も上手く滑れなかったという敗北感がシーズン全体をしめ、
今思えばこの経験があったからこそ今の自分があると思えるが、その時は中々我慢が出来なかったし、振り返ると精神的に未熟だったと感じています。

昨シーズンの私。
{AB0F5578-A9C8-40FC-893C-A57569BCCACA}



そこで今シーズンを取り組む前に決めたことがありました。
それは心の充実を必ず保つということ。
前にもブログで書いたかな。

簡単にいうとゆとりを持つこと。
切羽詰まることはしない。

心技体の全てが高くなるのが理想だけど、1番はバランスを大切にすることが大事であると昨シーズンを振り返った時に感じました。

私の良いところでもあり、悪いところでもある。
自分を追い込むこと。追い込みすぎること。
強みと弱みは表裏一体。

スキルを求めて過ぎて、トレーニングをし過ぎて、心のゆとりがなくなり切羽詰まっていく。
それを続けていると上手くいくものも行かなくなり、自己否定を繰り返し、終いには行動がストップする原因になる。

前職を辞めるときに常務に言われてハッとしたことがありました。

"人は出来て8割だぞ" "完璧な人間なんていない"

まさにそうでした。
常に100パーセント。むしろ120パーセントやろうとしてたこと、求めようとしてたこと、そして人にも求めていたこと。
そのせいで取り組みが剣山のように尖りすぎてしまっていた。

それからの私は8割、8割。と心に言い聞かせて、このゆとりがなくならないように気をつけて取り組んだ。

特に体力面、技術面は精一杯やることは前提として、8割出来たら自分に必ずはなまるをあげる。
そして主にスケジュールの組み方はギリギリにならないように気を遣って。
心にゆとりや充実を作るためにも友達や仲間にも会うようにした。
勉強もした。資格も取った。
メリハリを大きくつけた。

そうしたら沢山の人の意見が素直に入ってきて、心も身体も充実してより前向きに取り組むことができた。

これまで一生懸命やってきたと思えるからこそ、私はいつスキーを辞めても後悔ないってずっと思ってきたけど、
その一生懸命に少し変化を加えて取り組んだ時に、後悔ないと思う気持ちよりも純粋にスキーが大好きだと心から思える自分がいました。

毎日スキーに対して一生懸命向かい合えることは本当に幸せです。

たくさんの方が私にパワーを与えてくださり
自分も諦めなかったけれど、サポートしてくださる方々が私を信じてくれて諦めなかったことに本当に感謝しています。


引き続き私にできることを続けていきたいと思います。

ここからは帰国滞在時に良い氣をためれた出来事を(^^)
{A9EEFBD0-19DD-4B78-BB0D-3DAEC3010F19}
前職ドームの先輩の米内さんが、ネイルサポートをしてくださっています(^^)
パワーを込めてやってくれることで指先に良い氣をいれてくれました。
米内さんありがとうございました!!


プロテニスプレイヤーの瀬間詠里花ちゃんと。
怪我をきっかけに出逢った大切な仲間に出発前に逢えてパワーを貰いました。ありがとう
{70CF83B6-DDAF-43DA-BBA9-C08940CDD4D9}



トレーニング行く時にあったモーグルの伊藤さつきちゃん。伊藤姉妹からはいつもパワーもらってる。元気なさっちゃんに会えて嬉しかった!
{9583750E-5F57-4154-ABEB-634EBF607FA8}


ずっとトレーニングを支えてくれた西村さんと。
どんな時も大きな声を出してずっとプッシュしてくれました!!本当にありがとうございました。
{304AFA40-70A4-4A7B-8678-34CE9D245B61}


私の乳酸値。全く疲れてませんね。
{37B22A6F-492B-44F7-9A88-938A0674A36B}



自分にとってとても大切な一分一秒。
その時間を大切に使えたことは本当に有難いことですね。

お肉も食べて心も体も準備万端です。
{A6D8FABE-08EF-442D-B07C-A55F6CD70ED5}





2017-02-04

世界選手権、アジア大会に選考されました

テーマ:ブログ
ご報告が遅くなりましたが、世界選手権及びアジア大会の出場が決まりました。
今シーズン、目標にしていた大会に出場できることはとても嬉しく今からとても楽しみです。
 
世界選手権は29歳で初めて出場することができ、今回は4年ぶり2度目の出場です。(2年に1度の開催)
アジア大会は23歳の時に初出場、10年ぶりとなる2度目の出場。(冬季は5年に1度)
 
世界選手権は29歳で初出場・・・。
33歳で2度目・・・。遅い。。(笑)
 
今の私を知っている若手選手たちには分からないかもしれないけれど、
昔から私には強みになる技術や体力があったわけではなく、ここまでやってこれたのは、ただ諦めなかっただけの事。

全国中学、インターハイ、インカレも勝ったことがなく、世界ジュニアだって出場できなかった。
けれど諦めなかった。誰がなんと言おうが自分を信じて可能性を信じて進み続けました。
振り返ると様々な過去の経験や酷い結果ですら自分自身の誇りとなっていました。


今、開催されている若手の登竜門である全中、インターハイ。
日々アップされる関係者や選手たちの記事をみて、過去を思い出して懐かしさを感じています。

〜若手の選手たちへ〜
どんな結果であれ、どんな順位であれ、その経験はきっとこれからの人生の活力となり糧になる。
その結果が気がついた時に"我が誇り"となっているように日々進んでいってほしいと思っています。あなた達は可能性の塊です。

と煩いこと言いましたが、きっと分かる日が来ると思います。(^^)

そして私にとって最後となる世界選手権、アジア大会を人生において”最高だった”と心から思える時間にしてきたいと思っています。

日本にいた束の間にイチゴ狩りに行ってきました。私の大好きな琴平農園のイチゴ。
たくさんのパワーをもらってきました。
{5BE838A3-494F-484F-B48C-11A255053F24}


{5C64718E-841E-4BFD-A2DA-1818EC4F70B7}





 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み