〔メディア関係〕
★【 Jスポーツに出演 】12月9日・11日・12日・14日・15日!

〔遠征のお知らせ〕
★SAJアルペンページに遠征のお知らせがアップされました!【第2次アルペン女子遠征

〔怪我のご報告〕
★【 ご報告 】現在JISSにて順調にリハビリ回復中!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-23

日本が世界と戦うための意識 (長文になります)

テーマ:ブログ
ここ数年、日本のレースでの選手たちのインスペクションの仕方がとても気になっています。
最近ではよくこんな話を選手間でしています。
明日から始まる全日本選手権前に皆さんの耳に少しでも入ってくれたら嬉しいと思います。


というのも、選手達のインスペクションが終わった時点でコースが掘れて荒れてしまっています。
そのため、まず大会運営の皆さんがスタート前の整備や排雪作業が大変になっていたことを目の当たりにしたことと、
同時に選手たちにもっと強くなるための意識をしてほしいと感じましたので、生意気ではありますが今日は書かせていただきます。



インスペクションの際、基本的には横滑りやプルークを低速で行うが、低速でもポールの横で一人一人がターンを行うことによってコースは掘れてしまいます。

特にゲートの上やインに雪がたまってしまい、ゼッケン1番が滑る段階でゲートのインサイドが斜めに掘れてしまっている時が最近のレースではよくあります。
要はゲートの上やターン前半部分に雪が溜まり高くなって、後半部分だけが雪が削られてしまっています。

そんな状態でレースが始まってしまうと、コース整備の方々も選手達が滑る合間に急いで高速スライドをしなくてはならない為、雪面のバンク化は加速し、更にはゲートの下のみ掘れてしまい滑るとターンの後半に板がドンとずり落ちるようなコースになってしまいます。

こうなるとスタート順が後ろの選手はトップとの差は埋めることは難しくなり、怪我のリスクも隣り合わせです。
(危ない写真…)
{7B2CF9DF-6397-4ADB-82EA-9ACEE1201518}


先日行われた遠軽ファーイーストカップの1日目に上記のことで少々気になったので、
2日目のインスペクション前にその場にいた女子選手には
『インスペクションでゲートの横でターンをしない事。ゲートの上に雪を溜めないようにする事。自分たちが滑るコースなんだから、考えてインスペクションをしてください』

と伝えさせて頂きました。
すると女子選手たちはゲートの横でターンをせずに横滑りをし、
ゲートの上や横に雪を溜めないように心がけてインスペクションしてくれました。


海外のレースでは雪が比較的硬いので、日本のようなバーン状況になることが少ないのですが、
最近では状況に応じて様々な対策がとられています。

TCMの際に、インスペクション時にはターンをしないようにと全体に指示があったり、
今季の男子のヨーロッパカップではインスペクションではライン上に入らないようにと、殆どのレースで言われていたそうです。(そして選手達はライン上を削らないようにと指示をしっかり守っているようです)

また雪質を見て、大会運営側からコース上に選手を入れさせないで全員外からインスペクションをするような対策がよく取られています。

今回のロシアシリーズでもゲートの横にゲートを立てて、ヘヤピン、ストレートにはテープが貼られて、掘れないように対策はされていました。

{59D05359-6ED3-4584-AA77-0B50A47BEC2B}


選手一人一人が良いレースをしたいという意識が高いし、自分が取りたいラインに雪がたまらないように個々がしているとも感じます。
これはレースに限った話ではありません。
練習も同様で、練習の際に自分達が行うコース整備でも考え方は同じです。

ターン前半にスライドし後半だけで合わせて踏んでいく技術ならコースは問題ないかもしれませんが、そのような技術では正直世界で戦っていくには厳しくなるし、
ターン前半から弧でターンをしていきたいのであれば、インスペクションを行う際にターン前半に雪がたまったり、後半だけが掘れてるのは嫌だなとか、注意しなくては、など分かると思います。
これはコースに合わせていくという技術はとても大事ですが、そもそもの話をしています。


{D4F57015-04CF-4573-B2CB-E80DFDE67D0C}



ちょっと内容がずれますが、
昨年、私が出場したヨーロッパカップでは雪が柔らかくコースが荒れすぎてしまい、フェアではない。と、
コーチ達がミーティングで議論して、次の日に行われたレースではスタートを下げて荒れる部分をなるべく少なくし、タイム差がつかないようにしたレースがありました。
その時に私は驚きました。

そもそもアルペンスキーにはフェアなんてないのに、、と思ったけれど、それで怪我のリスクも減るし、選手全員が力を発揮しポイントを獲得する為に、とにかく海外では選手達もコーチ達も勝負にすごくこだわっていてそのために声をあげて行動することは凄いなと感じました。

カナダのレースでも、ビブの早い選手達は滑走後に必ずコース整備を行わなければいけない事もあったり、フェアに近いレースにする為に様々な対策が取られています。

また排雪方法もスコップでゲートの上に溜まる雪をどかしてくれていることが大きく違ったりもします。 (掘れてるラインを綺麗にするのではなく、上の溜まった雪を排雪)

{99542BD4-D556-4E38-B8F7-D541E8017B44}



何が言いたいかというと、それぞれの国や選手、関係者が工夫しながら様々な意識をして世界ランクを上げ、戦うための準備をしているということです。

海外の例を挙げて矛盾はしているが私たちは日本の強みややり方を生かして、自分たちでポイントを取り、世界で戦うための準備をしなくてはいけないと思います。

海外で取ったポイントだって日本で取ったポイントだって同じポイントには変わらないし、勝ち得たランキングを生かして、ワールドカップやヨーロッパカップ等でチャンスを生かすことは十分可能です。

私たちは選手会があるわけでもないし、ワールドカップのような選手代表の仕組みもないので、
一人一人が我が事のように、良いレースを作っていくという意識を高めていくべきで、これはインスペクションに限った話ではなくて、様々な場面で意識を持って取り組みをしていけば日本全体の技術レベルもきっと上がるし、怪我などのリスク回避にもなるし、いつだってチャンスが回ってくるようなレースになる。

そして気がついた時には技術的にも人間的にも、レベルが必ず上がると思っています。

具体的なことは言えるわけではないが、強くためにどうしたら良いか様々な場面で考えるべきで、ましてや受け身でやってもらっているというのは良くない。

私たち選手が出来ることをやっていきましょう。
生意気かもしれませんが、サポートしてくださる関係者の方々にも声が届き、日本が強くなるために一緒に考えていただければ嬉しいです。

最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-03-22

ファーイーストカップ種目別優勝

テーマ:ブログ

3/18から今日までファーイーストカップ参戦の為、ロシアのサハリンへ行って来ました。


そして昨日と今日で行われたスラロームをもって今季のファーイーストカップの技術系競技が終わり、種目別優勝(スラローム)が決まりました。


コンチネンタルカップの種目別タイトルホルダーには翌年のワールドカップの出場権が与えられます。

今季は1戦も出られなかったワールドカップですが、来季は自分の権利として出場が可能となります。


しかし今は複雑な気持ちでいっぱいです。

と言いますのも、今季は優勝することが一度も出来ませんでした。

24回、31回、52回、81

コースアウト2回、不出場1回と、優勝がありません。確実にゴールをし、ポイントを積み立てていくことがこの種目別を獲得するための基本であり、戦い方には自信がありました。

ただ過去に何度も優勝してきただけに複雑です。


また今回のロシアシリーズで種目別優勝を決めたものの、内容的には全く歯が立ってませんでした。特に緩斜面で物凄いタイム差をつけられ、また得意な急斜面でもアドバンテージはつけることが出来ず苦しいレース展開でした。

全体を通して言えることは全レースにおいて緩斜面でタイムをつけられること。

分かってるのに変えられない。これは私の課題です。


それに加えサハリンに来てから、2度のかなしばりに合わせて不眠、最終戦ではスタートに置いてあったレーススキーが勝手に下に降ろされてたという、摩訶不思議な現象たちにより、振り返ると精神的にきつかったこともありました。


今回スタート前にスキーがなくなったことで、日本チームのメンバーに迷惑をかけてしまったのに、嫌な顔ひとつしないでいてくれたみんなには感謝してもしきれません。

そして何より、板を探していたのでギリギリのスタートで慌てる私にヘルプをしてくれた長谷川絵美ちゃんには本当に感謝ですし、そんな状況の中でもきっちり優勝してくるところがすごかった。

今回もお部屋が一緒だったから、かなしばりにあってもなんか怖くなかったり、本当にありがとうね。


さて、次は全日本選手権が24-26日で札幌で行われます。

GSは回避して、26日のスラロームに出場します。

やっぱり優勝がしたいな。

その気持ちを出しつつ、やるべきことをやってきます。


最後にファーイーストの種目別優勝は2009年に初めてGSでとってから、早8年。今回で4回目です。(GS2回、SL2回)

先ほどは複雑と言ったけれど、どんな形であれ、これ程の年月をかけてもまた種目別を取りに挑戦したこと。そして取れたということは誇りを持ちたいと思います。

諦めずに応援してくださった皆様には感謝しております。ありがとうございました。


少しだけお写真

サハリンの空港で安藤麻ちゃんがポッキーくれました。ありがとう💖

{2FA99BED-9FC3-4388-874D-00CD3E42E0EF}

種目別GSチャンピオンの麻!!おめでとう(^^)
{497E218C-51D1-417F-AA05-FB9F9B143D1A}


技術選4連覇の大先輩の佐藤麻子さんへ
出産おめでとう💖麻子ママー(^^)
富井ゆきなちゃんと富井正一さん、私
ゆきなちゃんは期待の若手(^^)これからが楽しみ!!正一さん黒すぎ…笑

{42579C6C-0B37-48D2-8895-F9EBD151E395}

サハリンの朝。
真っ暗の中のアップです。
{0DCE5E5E-8E89-433D-B018-6BB22E2BC344}


昼間は埃で街が茶色い…。
{C19ACC03-B50A-4086-9D33-7342ADCBF9C2}


日本に着いて、今回のご褒美
ハーゲンダッツさま㊗️
{0518E539-DDA9-4B54-806C-08009971CBE2}

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-03-11

試合復帰しました

テーマ:ブログ
3/9.10で北海道、遠軽で行われたファーイーストカップで試合復帰しました。

まずは試合を2日目で4本滑り切るという目的はクリアしました。
順位は3位と2位という結果となり、今出来ることはやれました。

いつまたロッキングしてもおかしくない状況の中でレースに挑むからには、当然そのリスクを背負うしかないから最後は膝に祈るしかなくて、
毎回ゴールするたびに耐えた。ありがとう。ってホッとするだけだった。

レースでは思った以上に負荷もかかるし、精神力も使う。その中で膝を使わないで滑ってもここまでは出来るし、リカバリーが出来なくてもここまでは出来ると本当に自信になりました。


また久々の日本のスキー場ということで、沢山のコーチや関係者の皆さんにお会い出来て、応援してもらいやっぱり日本っていいなって思いましたし、このような環境だったからこそ今回の結果に導いてもらえたんだなと感じています。
ボランティアでコース整備をしてくれてた地元の選手たちやコーチたちもすごい頑張ってくださり、有難い限りでした。


残り3戦。
やれるところまでやりきりたい。
出来ることしか出来ないけれど、自分を信じることは今の私なら出来ます。

笑いすぎてくしゃくしゃな顔ですが、ずっと笑っていられるように心がけていたいです。
{E376F65A-411C-4AE8-AA35-E64DD10E4F8C}


{AEE0F6B1-E78C-45BD-BB9D-4473AC55F95A}



スキーの先輩の長谷川奈月ちゃんが娘さんを連れて見にきてくれました。16年ぶり?笑
歌が上手くて高校の先輩、岡島さなえちゃんと3人で遠軽のカラオケに高校生の時に行ったのを思い出しました(^^)
{74E4B10A-6463-4976-AA65-9543095DF7E3}

来てくれてありがとうございました!!
{05C48325-FEC0-43C9-8AE5-CE0D95D14D69}



家に帰ってきて1人でご褒美にアイスを食べましたよ。膝にも栄養届いたかな(^^)美味しかった。
{C1F9AB08-87EF-41A7-BAF5-C827EA25ED66}



いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-03-01

回復

テーマ:ブログ
復帰に向けて毎日リハビリを行なっています。

スクワットで、
パラレルで90キロ3回
フルで80キロ3回が出来るようになるまで回復してきました(^^)
腹圧さえ逃げなければ、大丈夫!

中々順調です。

気持ちもとても前向きです。
今やってることは延命かもしれないけど、それでも何でもいいです。目指す復帰レースでは勝ちにいきます。


モーグルの伊藤みきちゃんが元気出るようにってくれたよーじやさんのいい香りの香水。
ありがとう。
{A8DEC1D9-57DF-4914-9B63-49FC1FC4EA57}

2人で出たかったけど、次にとっておくね
{FC611ED7-F275-4294-8277-3D089E478E51}


絵美とも出たかったけどそれも次にとっておくね
{0A76E5D9-E81A-49F6-A781-7D2C5FD599E7}


いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-02-24

アジア大会優勝

テーマ:ブログ
長谷川絵美選手がアジア大会優勝しました!!
おめでとう!!
優勝すると選手村の壁に張り出されます。
{06F64111-F17D-445F-8464-B19D8C1F8312}

私は世界選手権からアジア大会の入村日が決まっていたので、現地入りをし現場の判断や検査を行った上で欠場という運びになりました。
すぐに東京に帰る予定でしたが、飛行機の移動にて思った以上に膝が腫れてしまい東京に帰れなくなりました。

膝がかなり腫れてしまい正直落ち込みました。
本当にどうなるかと思いましたが、こちらの医療チームの皆様が最善を尽くしてくださり、膝の腫れがだいぶ収まってきました。
{31A0D6AA-4418-4ADA-93E6-B1058B966068}


{ECC96FEF-D2FC-44AF-9FDD-96645C1B5791}



今回の相部屋はもちろん優勝の長谷川絵美選手。
絵美の滑りを見ましたが、荒れたのコースの中のアタック流石でした。
最近、2人で話す技術でターンの早い位置での切り替えしはNGだよね。と話します。

切り替えのそのものが速い動きに越したことはないとは思いますが、切り替えのタイミングを早い位置でするのはNGです。
それは早い段階でターンを終えてしまうと、そこからまっすぐゲートに向かって板が入ってしまい、次のゲートの下で急激なターンをさせられてしまいブレーキに繋がるからです。
もしくはターン前半のスライドの時間が長くなります。どちらにしてもロスです。

開幕戦のパンティュローとヒルシャーの滑りの違いはそこだと感じました。
どれだけターンをし続けられるかが勝負の鍵かな。ギリギリまで踏み続けることがポイントとよく話します。踏み続けるって実際とても怖いことなんですよね。

技術も変わってきているのでそういうポイントを知った上で、ワールドカップやトップ選手の映像を見ると楽しいと思います。

あとは板の性能もこういう視点で見ると変わります。
最近のフィッシャースキーは最後までターンをし続けてくれるので、ずっと弧を描いてくれてくれます。これが他メーカーと違う板の動きです。

男子スラロームを見ると凄く分かりやすいです。
もちろん、運動能力が高いヒルシャーやクリストファーセンは異次元ですが、フィッシャーの選手達の滑りを見るとずっと板が安定して雪面から離れず動き続けているのでかなり参考になりますし、とても魅力的です。

{76EA7EBC-344A-4C78-A066-B5CD23C33BE1}


こうやってスキーのことを書くと、益々早くスキーがしたいと思ってしまいます。
アジア大会、出たかったな。
とにかく早く膝を治します。

絵美おめでとう!スラロームも勝つよね。
{7653922E-FDD5-46B9-99B2-1F229573712F}


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み