守屋惠美~よもやも話~~~

役者もりやえみが マイペースに努力しながら前に進みます


テーマ:
こんにちは。

前回のつづくから1ヶ月サボりました。

最初から1ヶ月後に書こうと決めていたので。


早いもので父が亡くなって1ヶ月とちょっとがたった。
三笠宮様が亡くなった日と同じ。


写真でつづる1ヶ月。

11月4日
バイト復帰する。
一週間お休み頂きましたが、みんなとても心配してくれたみたいでありがたい。


11月6日
撮影。
同じ事務所の先輩と同じ現場でしたが、実はお会いするのは初めて。控え室が一緒だったので長い待ち時間もおしゃべり。


11月8日
{5F47EA3F-D47B-4DDF-874C-D54F8FEC0219}

父が入院していた病院に診断書の申請にいく。
丘の上にある病院。この坂を登るのもこれで最後、いつもより時間をかけてのんびり登った。


11月9日
色んなものの申請と解除と名義変更を母と1日かけて巡る。

{746DD2A2-1DAB-44ED-B734-6AE52F3474D3}
帰りに
父がいつもコーヒー豆を買って来ていた地元の喫茶店に母と初めて入店。
カップがお茶碗級にでかい。
訃報には店主もびっくりしていた、父はいつもエチオピアを買って来ていたが、それまでに他の豆もみんな飲んでみた結果、エチオピアに決めたエピソードを聞く。


11月12日
{D5FD25B1-7D4D-4F78-8DBA-53669D4D80D1}

友人と前々から約束していたシネマ歌舞伎ワンピースを観にいく。違和感と感動が交互にやって来る 笑
早替えで一人何役もこなすのが歌舞伎の見せ所だけど、主人公ルフィを演じていた市川猿之助さんがシャンクスをやるのはちょっと…
だって小さいんだもん。
ボン・クレーを演じていた坂東巳ノ助さんがあっぱれ。


11月14日
{937FB7CF-EA98-4A4B-84B5-44CA9D5B0EEA}

帝国劇場にミス・サイゴンを観にいく。

赤坂でやった「普通の女」で共演した伊宮理恵ちゃんが初の大型ミュージカルデビュー。
B席からオペラグラスで理恵ちゃんを追いかける。パブのシーンで結構きわどい役柄だったけど、体当たりしていた。


11月15日
{AAEA381C-9C82-48DF-8676-43B8E032DF50}

父のお見舞い中読んでいた、今更1Q84。
先月27日で止まっていた栞を再び開く。

主人公の父が亡くなって火葬を終えた場面からだった。なんかタイムリー。
栞は今年一番グッと来た舞台のチケット。とくに意味はない。


11月19日
{004310A7-7EB5-4363-BE1C-BE9B70BDCB2E}

父と仲の良かったご近所さんに夕飯のおもてなしを受ける。一般家庭ではまずでてこないような品々が並ぶ。
香典返しに同封されていた、喪主からの挨拶文に感動したそうな。この話他にもきく。
頑張って文章考えた甲斐あり。
ごちそうさまでした。


11月20日
喪中ハガキを出し終える。
訃報を知って毎日のように電話を頂いたりお線香を頂いたり。
この頃から父の部屋を片付け始める。
過去の水道、ガス代明細、家族全ての年賀状、ありとあらゆるものを捨てずに(コピーまでとって)きっちりファイリングしてあった。断捨離とは真逆の人。そのおかげで小学校以来音信不通となっていた当時の親友のハガキが出て来た。ダメ元で手紙をだしてみよう。

そんな中
まだ名前の付いていない、大仏様の写真を発掘。
{443E2B84-08E4-4415-B4E1-8C6D57233197}
3200グラムだと聞かされていたが、100グラム増やされてた 笑
嫌なことがあってもベビー様をみると笑える。


11月21日
{BF809024-B063-4F60-9783-EC2048440431}

バイト先で注文していたボジョレーを母と二人で。酒が飲めない父がいた時はこんなことしなかったな。


11月23日
唯一の親友、美人妻のYとランチ。
愛する父ちゃんの話をいっぱい聞いてもらった。


11月24日
{EEF06E29-2C21-4488-B4C3-BB699B5D6262}

たまたま広報で見つけた、相続相談会に母と参加。難しい土地問題、税理士さんに頼まなくてもなんとか自分達でできそうだ。


11月26日
以前舞台で共演した方が主催する舞台を観に行く。
すこぶるつまらなかった。
良い所を探そうと頑張っても1つもなかった。
これはもう作品が私の好みに合わなかったとしか言いようがない。
久々の金返せ作品。


11月27日
{49D32D6E-64EB-4161-9417-28658682C001}

ちょっと早い誕生日プレゼントを頂く。
こんなバラあるんだね、人間ってすごい!
仏壇には向かないけど飾ってあげた。


11月28日
{FCCBE754-9953-4E6F-9C33-FF0D2B0876EE}

鳥獣戯画さんの舞台を観に行く。
いつもはがっつりセットをこさえていたけど、
今回はプロジェクションマッピング。進化している。
ご挨拶をすると、みな私のことを心配してくれていて(喪中ハガキ送ったから)うるうる。
石丸さんにご挨拶したとき、無言で私の手をぎゅっと握ってくれた。またうるうる。
訃報を知って一番に連絡をくれた、堀広道さんと他の共演者さんと呑み。何度も何度も「えみえみ、がんばれよ!」と言ってくれてうるうるうる。


11月30日
中学からの友人達とランチ。
これまた喪中ハガキで知って連絡をくれた仲間たち。
大人は4人だけど、人間は10人。
みんな2人づつ男女を産んでいる。素晴らしい。
{4D019D50-425C-409F-902F-F8F9FCB767FB}

私、初めて赤ん坊を抱く。

生命の重さずしり。


12月2日
{D2D023DF-5E2B-40DB-80E5-58330816B2CA}
昨年私が参加した、上野ストアハウスコレクション中津留章仁LOVERSさんの「水無月の云々」を観劇。
喜怒哀楽てんこ盛りの面白さ。
役者全てが舞台で映えていて、こないだの金返せを消してくれるような充実した2時間半。


心配のご連絡を頂いた皆様ありがとうございました。家にこもっていると何だが腐ってしまいそうで、色んな方にお会いしておしゃべりしました。
いつも何らかの作業をしている父が居るのが、当たり前だと思っていた。
遺品を整理しているとあの時の思い出や知らなかった事が次々と溢れてくる。

沢山の工具、祭壇に乗り切らなかった飛行機たち、何に使うかわからない金属、私が捨てたはずのガラクタ、8ミリ、ベータ、VHS、ヒストリーチャンネルを撮りためたDVD、じいちゃんの集めていたもの。
一体どれから片付けていけば良いやらとほほである。工具類に興味がある方は私まで。

もう自然と笑えます。
後はお墓に入るのを見届けるだけ。

{C96B1A24-093F-41B2-9663-A362C65F092D}
今頃は玄関前のさるすべりをイルミネーションで飾っているけど、今年は暗い。

来年は私ができるかしら。
うーん。無理だなー。

{00C3A874-AECC-422E-AE7B-B0A3C376E562}
去年の7月、下北沢にて。
舞台やらないとね


☆守屋惠美☆









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
父がすい臓がんの手術を受けたのは昨年出演した「黄色い叫び」の初日、10月21日。
初日打ち上げには参加せず、上野にある劇場から病院へすっとんだ。
十二指腸にも進行していて、その一部も切除した。

癌の大きさでステージ数は決まると言うものの
、すい臓は見つかった時点で覚悟を決めなければならないのが一般的知識。勿論、今まで病気知らずだった父は奇跡を起こすと自分に言い聞かせてはいたけれど。

回復の様子はこんなだったり
仕事にも復帰した。


5月。従兄弟の結婚式に家族4人で。
{AF6F2740-0C7C-491B-B258-ED1000A5B243}

7月、食べれなくなる。
十二指腸の切り取った部分が上手く広がらず、閉じてしまった。頑張って食べても吐いてしまう日々。母と交代して父を一人にしないように見守る。夜中バイトから帰ってきて苦しむ父を朝方まで看病したこともあった。


再発が確認され、医師から「もって半年」と告げられる。


食べない事には始まらない
という事で胃と大腸をつなげるバイパス手術を受ける。弱っている父に二度目の手術は酷だが「頑張って」としか言えない。

その後少しずつ食べれるようになったが、転移した癌を取ったわけではない。余命を知っているのは母、姉、私。

9月。
足のむくみによって歩けなくなる。

週2の通院に付き添う。
点滴を受けている間は私は暇なので読書をするも全く頭に入ってこない。

10月22日。
「家族に迷惑をかけたくない」という父の意思で再び入院する事になる。朝から母が付き添い午後から私と交代し夜まで付き添う日々を送る。風呂やトイレの家族の手伝いは父は固く拒否。母いわくジェントルマンだ。


27日、朝から苦しむ。

便秘もあってお腹が苦しいようだ。
点滴、飲み薬と痛み止めを投入するが効き目なし。父が再び入院したことを親戚に知らせる為、母は席をたつ。

17時。
父「えみちゃん今日バイト?」

私「うん、19時にはここでるよ。」


これが父との最期の会話。



姉が会社から到着するのを待ち

19時46分。

73歳と4ヶ月。




それからあっという間の一週間であった。


頼もしい姉が互助会とパイプ役になり全てを仕切る。父が大好きだった母。喪主ではあるが、血圧が高い為なるべく負担をかけないようサポート。
私は父の会社関係、友人への連絡。
真面目、几帳面、な父は2000年から全ての年賀状をきっちりととっており、今年きた分も属別にまとめてプリントしたものを保存していた為、連絡が非常にやり易い。

会社、友人、大学OBの方々、一人に電話をすると「皆に連絡しておきます。」と言ってくださり非常に助かる。父の人望の厚さを改めて知る。

準備期間がある結婚式と比べて葬式は誠に忙しい。悲しんでいる暇がない、マジで。
優秀な姉が居たから良かったけど私一人だったら頭ぱっかーんなっていたかも。

{228005D6-CCEF-411C-B03C-3958C1EA0D97}

遺影の写真がなかなか決まらない。
あまり写真に写りたがらなかったし、屋外での写真が多かったので全て帽子を被っている。

たった一枚だけ、今年3月に家族で温泉に行った時になんとなく撮ったいい写真がみつかる。

飛行機が大好きだった父。
思いつきで写真のバックを空に、斜め上に飛行機を合成したプランを提出すると、葬儀屋さんもその通りに作成してくれた。こんな遺影は初めてで感動しました!と葬儀場ではスタッフの方々に褒められる。


{6CB31B25-06B8-4D2A-8C35-DE3A751636A6}

入り口には趣味だったプラモデルを飾る。
家にはこの10倍あるのよ。

一番デカイのはオスプレイ。
戦闘機に全く興味がない我々はオスプレイを完成させ見せてくれた時「ふ〜ん。」としかいわなかったっけ。


31日。通夜
沢山の方が弔問に訪れてくれた。

父は自治会の会長経験がある為近所の人も沢山。
皆「毎年のイルミネーションを楽しみにしていた。」という。
テレビ局の照明技術者だった父の得意分野とでもいいましょうか、冬になると玄関前のさるすべりをライトアップしていたのです。
去年はできなかったからご近所の方は心配していたみたい。

通夜前にも何人かの方がお線香をあげに来てくださったけど、玄関開けて誰だかわからない時点で私は近所付き合いが乏しい。
これからはすれ違ったら挨拶、そして自治会にも参加する。


11月1日 雨
亡くなった次の日も雨だった。父が別れを悲しんでくれているのだろうか。

喪主の挨拶に緊張する母。

「喪主の挨拶」というと赤坂のBARでやる芝居シリーズの中に同タイトルの非常に面白い一人コントを思い出してしまう。気になった方はオオタスセリ・喪主の挨拶 で検索してみよう。
は、置いといて…

母が述べたい事を姉が文章にまとめ、私が編集し、読み方の練習を前の晩にした。
「僕がサポートするから仕事をつづけてもいいよ。」というプロポーズの言葉通り、料理以外全ての家事をこなしていた父、今年も雛人形を2台飾る父、病気になってからゴミの出し方を覚えた母。
一年かけ母が一通りの家事をこなせるようになると父は安心したのか旅立ってしまった。そんなエピソードも入っている。


火葬場は混んでいた。
毎日誰かが産まれ誰かが死んでいく。

ある遺族達とすれ違った時、遺影が成人式の写真で一瞬ドキリとした。
「逝って欲しくない人が逝き、逝って欲しい人が長生きするね。」なんて親戚達と話をしながら待つ。


父の骨はとてもしっかりしていた。
壺に収める為バキバキと崩しながら「しっかりしてますね。」と業者の人は言う。
親族が見守る中、一粒の欠片も取りこぼさないようハケで丁寧にかき集めていく作業はさぞかし緊張することだろう。この人、失敗談とかあるのかな?なんて考えたりして。


壺に小さな飛行機を入れてあげた。


火葬場を出るときには雲ひとつない晴天。

父は空になり、星になった。
いやもう生まれ変わっているかもしれない。
今度はパイロットになれるといいね。


これからが忙しい。
姉は色々な集計に取り掛かり、私は市役所やら税務署やらで手続きに回る。
『遺族が死亡した際にやるべき事』がネット上にわかりやすくのっているのでありがたい。

喪中ハガキの準備もしなくちゃ。

「介護なんてされる前に死にたい。」
と常に言っていた父はそれを全うした。
互助会に積み立てもし、保険関係、税務署関係、自治会関係、その他契約関係を全てわかりやすいようにファイリングして部屋に置いていた。


四十九日を終えた時、本当の悲しみがやってくるのだろうか。


私が一番大事にするべきは
母の側にいる事。


続く。


☆守屋惠美☆





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
人気シリーズ『深夜食堂』が
21日よりNetflixで配信されています。

私は第5話『たまご豆腐』の回に足出演。

試写会で何話見させて頂きましたが
どのお話も味があって、そしてお腹空きました。


☆守屋惠美☆



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。