禁煙・節煙意向を持つ6割以上の喫煙者が、今年10月から予定されている1箱当たり100円の増税を機に、たばこをやめたいと思っていることが、ジョンソン・エンド・ジョンソンの調べで分かった。

 調査は今年2月、禁煙・節煙を考えている全国の20-50歳代の喫煙者を対象に、たばこ増税が禁煙・節煙意向に与える影響などを把握することを目的として、インターネット上で実施。312人から回答を得た。

 調査結果によると、「増税を機に本数を徐々に減らし、やめたいと思う」が40.7%で最も多く、次いで「増税を機に完全にやめたいと思う」(21.5%)、「増税を機に本数は減らしたいが、やめたいとは思わない」(20.2%)、「やめたい、減らしたいと思っているが、増税とは関係ない」(17.6%)の順だった。

 また、禁煙・節煙関連の製品を選ぶとき、重要だと思うポイントを聞いたところ(複数回答)、「吸いたくなった時にすぐ吸いたい気持ちを抑えてくれる」(56.4%)、「効果を感じられる」(53.5%)、「禁煙時のイライラを感じない」(52.9%)、「簡単に使える」(50.0%)などが多かった。

 さらに今回のたばこ増税については、「やむを得ないと思う」が45.2%、「納得ができない」が54.8%だった。


【関連記事】
喫煙経験のない男性、イソフラボン摂取で肺がんリスク低下
来年度税制改正大綱を閣議決定―政府
「肺の生活習慣病」受診率は1割未満
【中医協】ニコチン依存症管理料継続へ
男性の喫煙率、過去最低に―厚労省調査

【月と太陽の物語】富士山 「日本一」光と角度で堪能(産経新聞)
札幌の老人介護施設で出火=入居者7人死亡の情報-北海道警(時事通信)
予防接種法の抜本改正でヒアリング実施へ(医療介護CBニュース)
参院選に進退懸ける=「勝つか負けるか正念場」-自民・谷垣氏(時事通信)
自殺報道の照会、原口総務相「事実関係調べる」(読売新聞)
AD