鳩山由紀夫首相の辞意表明に、夏の参院選に選挙区で改選数と同じ2人を擁立する民主党の県連幹部からは、当惑とともに党への支持回復に期待の声があがった。

 静岡県連の岡本護幹事長(県議)は毎日新聞の取材に「こんなに早くトップが交代するのは予想外で残念なことだ」と語った。その上で、鳩山首相が小沢一郎幹事長にも辞任要求したことを踏まえ「政治とカネの問題がつきまとった2人が辞めることで、党のイメージは回復できるのではないか」と期待を示した。

 また同県連の牧野聖修会長(衆院静岡1区)は「2人区に2人を擁立するのは実態に合わない。これを機に党は見直すべきだ」と複数候補擁立を進めた小沢戦略の見直しを訴えた。

 一方、郡和子宮城県連幹事長は「トップの決断なので、思いを受け止めるしかない」と鳩山首相をおもんぱかった上で「国民の信頼を取り戻せるように選挙で頑張って勝ち抜くしかない」と話した。【平林由梨、比嘉洋】

【関連ニュース】
【毎日新聞号外で読む】鳩山首相辞任 普天間迷走で引責
【写真で見る】鳩山首相退陣表明
【辞意表明詳報】鳩山首相辞任表明:両院議員総会詳細1 「国民のための予算成立 誇りに思っている」
【写真で見る】鳩山由紀夫氏の軌跡
■明快図説■民主党の党内人脈図

関東と沖縄を上方修正=5月の地域経済動向―内閣府(時事通信)
運転士がトイレで離席、回送列車40m動く(読売新聞)
<たちあがれ日本>中川氏、参院比例代表で出馬へ(毎日新聞)
注意報など細分化 22年度気象白書(産経新聞)
宮崎の種牛、49頭の殺処分終わる=優良5頭の無事祈る―東国原知事(時事通信)
AD