全日空のグループ会社「全日空商事」(東京都港区)の元社員らが、人気テレビアニメのキャラクターグッズを業者に架空発注し、同社から約8600万円をだまし取ったとして、警視庁は12日、元社員の谷屋隆史容疑者(35)(神戸市東灘区住吉本町3)ら3人を詐欺容疑で逮捕した。

 同庁は、3人が同様の手口で総額3億数千万円の架空発注を繰り返していたとみて調べている。

 このほか逮捕されたのは、同社元出向社員の天野正(37)(東京都港区芝1)、同社の取引先で洋菓子製造会社「ヒマラヤ東京」(港区、破産)元社長の津田和典(45)(世田谷区松原5)の両容疑者。

 発表によると、3人は2006年9月、ヒマラヤ東京が製造・販売するパンの景品として、人気アニメキャラクター「デジタルモンスター」のシール約560万枚を三重県の業者に発注したように装い、全日空商事から代金計約8600万円をだまし取った疑い。調べに対し、谷屋、天野の両容疑者は容疑を認め、津田容疑者は否認しているという。

 架空発注は全日空商事の内部調査で発覚。同社は07年4月、谷屋容疑者を懲戒解雇にし、08年6月に刑事告訴していた。全日空商事は、航空機部品の調達や機内サービス用の物品の企画・調達などを行っている。

4人を強殺容疑で再逮捕…長野・一家遺体遺棄(読売新聞)
もんじゅ運転再開 感無量、職員ら拍手 「やっとスタート台に」(産経新聞)
石原知事、漫画規制案で「非実在青少年って何?」(産経新聞)
ユニットコム、日本橋活性化キャラ「音々ちゃん」のネットブック、音声も収録
学校の認識不十分 江戸川虐待死 都審議会が最終報告(産経新聞)
AD