振り返る焦げ臭い日々。

テーマ:

 

もう時効だと思うので言ってしまうが、

 

以前エリック氏が連れて行ってくれた

 

"美味しいスコットランド料理の店"での出来事。

 

スコットランドのレストランに対して不安しか感じていない私は

 

外食する際にイタリアンかアジア料理しか食べないのだが

 

エリックが

 

「ここの店は本当に美味しいですから!」

 

と何度も言うので腹を括って行ってみることにした。

 

店内はなかなかお洒落で店員さんも親切だったため、

 

第一印象としてはこれ以上ない程完璧。

 

これはまさか、本当に期待できてしまったりするのでは?

 

と歴史上稀にみるであろう

 

美味しいスコットランド料理の登場を待っていた私だったのだが、

 

出て来たハンバーグを見て、絶句した。

 

 

 

 

黒焦げですやん・・・・・・。

 

 

 

 

表面がもう焼き目どころの騒ぎではないレベルで黒く、

 

あまりの光景に一瞬言葉を失う私。

 

え?何?ドッキリか?と思わず

 

ウェイトレスとエリックの顔を交互にまじまじと見てしまったが、

 

どちらもきょとんとしており、何かを気にする風ではない。

 

しかしここで

 

いや、何ですかこの炭は?スコティッシュギャグですか?

 

と突っ込む勇気のなかった私は、

 

ウェイトレスの去った後でとりあえずエリックに訴えてみた。

 

 

私 「ねぇ、この肉、明らかに表面が焦げていないか・・・・?」

 

エリック 「そりゃあ網焼きですから、焼き目はつくのでは?」

 

私 「いやでも、これはもう香ばしい焼き目なんてものを通り越して

明らかに発癌性物質にしか見えないぞ・・・。」

 

エリック 「そうは言っても、、お肉はきちんと焼かないと危ないですよ?」

 

 

 

いや、これはどう見てもきちんと焼きすぎや、ド阿呆。

 

 

 

とりあえず恐る恐る端っこを口にしてみるも、

 

口に広がるのは見た目通りの炭の味。

 

まぁそもそもが

 

日本人なら絶対に人には食べさせないレベルで焦げている訳で

(レストランで出そうものなら間違いなく速攻で潰れる)

 

これを美味しく頂こうという方がそもそも無理がある。

 

しかしチキンな私は親切な店員にこれを指摘することが出来ず、

 

仕方がなく脳内で

 

いかにこれが不味いかの実況中継を行いながら、

 

ひたすら水で喉に流し込む作業の繰り返し。

 

すると今度は、ちょうどハンバーグの中心辺りで、

 

なにやらシャリシャリと凍っているゾーンに到達した。

 

 

 

焦げの次は半生かい・・・・・。

 

 

 

恐らく中途半端に解凍したハンバーグを

 

グリルでガンガンに焼いてしたまった為に

 

表面は炭、内深部はシャーベットという悲劇が起こったのだろうが、

 

もはやここまで来ると気分はちょっとした悟りの境地である。

 

思えば英国のレストランの厨房で働いていたあの頃、

 

一目見ただけで明らかに火を通し過ぎている料理が

 

何の抵抗もなくホールへと運ばれて行っていたが、

 

意外と焼き加減やゆで加減に文句をつけてくる客はいなかった。

 

 

英国人は心が広いのか、単に英国舌なだけなのか・・・・・

 

 

真相は不明だが、

 

結局一番信頼できるのは自炊だと身をもって理解出来ただけ、

 

あの英国生活には意義があったと思う今日この頃である。

 

 

 

+++++++++++++++

 

 

 

昨日のブログにたくさんのご意見ありがとうございました。

 

 

>知人の方は北海道出身でしょうか?

 

北海道は米とルー別盛りなんですね。知りませんでした。

が、残念ながら知人は東京の人です・・・・。

 

 

>外国では別盛りです

 

うーん、私の知る限りは

日本と似たような形(でも米はお子様ランチ盛り)が多いかと思います。

国によるのかもしれないですね。

 

 

 

AD

コメント(13)