毎年冬になるとばぁばがこんなことを言う。

 

 

「もんちゃん、あんた今でも覚えとるかねぇ?

あんたが生まれたのは冬やったとよ」

 

 

だろうな。なんせ2月生まれだからな。

 

 

誕生日は28年前から変わっていないはずなので

 

生まれた当時も冬であったことは想像に難くないのだが、

 

何故か毎年誕生日が近づくと

 

まるで秘密の昔話をするかのような口調で

 

先述の話を切り出すばぁば。

 

続きも毎回ほとんど同じ語り口で

 

私が生まれた日に雪がしんしんと降っていたこと

 

母と一緒に病院までタクシーで行ったこと

 

延々と聞いてもいないのに教えてくれるのだが、

 

今年も例年通り「孫出生秘話」を語ってくれたばぁばが

 

最後にこう締めくくった。

 

 

「せやからね、もんちゃん、あんたが生まれた2月26日は

ばぁばにとって大切な日なんですばい。」

 

 

 

 

 

ばぁば・・・・・・

 

 

 

 

 

それ、私の誕生日ちゃう、妹の誕生日や。

 

 

 

 

 

まぁしかし一応孫が5人いるばぁばである。

 

じぃじの誕生日も2月22日で紛らわしい事この上ないので、

 

この位の勘違いは

 

むしろ普段のあれこれを鑑みるに可愛らしいくらいだろう。

 

そう思って母にこの話を語ったのだが、

 

今度はここで思ってもみなかった事実が発覚した。

 

 

 

母 「え?ばぁばが毎年そんな出生秘話を話してくるの?」

 

私 「そうそう、いい加減しつこいけど、まぁばぁばらしいよね。」

 

母 「いや、って言うか、あんたの生まれた日

雪なんか降ってなかったけど?

 

 

・・・・・・・・・ん?

 

 

私 「モモ(妹2)の生まれた日と混同してるとか?」

 

母 「いや、でもあの子の誕生日は異常気象レベルで暖かくて

とても雪なんて気温じゃなかったじゃない。

他の誰かと勘違いしてるのよ。」

 

私 「でも他の親族はみんな雪とは無縁の季節生まれじゃん。」

 

母 「ついでに言うと、ばぁば別に付き添いにも来なかったけど?」

 

私 「え?」

 

母 「結局間に合わなくて、生まれた翌朝に来たわね。

 

 

 

 

私の出生秘話

ほぼ勘違いかい、ばぁば!!

 

 

 

 

++++++++++++++++

 

 

 

【おまけ】

 

 

26日に妹2の誕生日ケーキをホールで買うので

 

大体私の誕生日は和菓子責めです。

 

 

 

 

 

 

桜餅、ゲットだぜ。

 

 

 

 

AD