クリスマスとは・・・。

テーマ:

 

 

もう遡ること去年の12月の話なのだが

 

ドイツとスコットランドに住む友人知人たちに日本から

 

クリスマスプレゼントを送った。

 

プレゼントを用意出来たのが12月中旬であったので

 

クリスマスには間に合わないだろうか・・・・

 

と少々心配ではあったのだが、

 

郵便局で相談したところ

 

「SAL便(安いやつ)でも多分いけますよ!」

 

と言って頂けたので、それほど心配もせずにいた。

 

ほどなくしてスコットランド組からは

 

「プレゼントありがとう!」

 

のメッセージがぱらぱらと届き始めたのだが、

 

待てど暮らせど、ドイツ組から何の連絡もない。

 

物理的にはドイツの方が日本に近いはずなのだが、

 

昨今のテロ問題もあるし、

 

きっとドイツの方が郵便物のチェックが厳重なのだろう・・・・

 

と勝手に納得し、

 

それ以降すっかり自分の送った物のことを失念していた私。

 

そのまま月日は流れに流れ、

 

世間がバレンタイン一色に染まり

 

そして私がクリスマスのことなど完全に忘れ切ったある日、

 

ふと自宅のポストを開けると

 

なんとどこかで見たことのある箱が入っているではないか。

 

 

 

お、お前は、クリスマスプレゼント・・・・!

 

 

 

一体今までどこで何をしていたのか不明だが

 

至るところがボロボロの満身創痍状態で帰って来たこいつは

 

間違いなく私がドイツに数か月前に送り出したプレゼントである。

 

送り出した時はキラキラにラッピングされていたはずなのだが、

 

角が破れたのかビニールテープでぐるぐる巻きにされた姿は

 

くたびれ果てたおっさんのような哀愁すら漂わせて、いっそ哀れ。

 

ふと荷物に添付されたドイツ語のメモに目を留めると

 

そこには

 

「宛先不明により返却」

 

と書かれている。

 

 

 

いやいやなんでや!!!!

 

 

 

念の為すぐさま友人に問い合わせてみたが

 

特に引っ越しの事実もなければ、

 

私が書いた住所にも間違いは一切なし。

 

意味が分からず憤りの納めどころに困っていたのだが

 

友人が言うには

 

ドイツの郵便局は基本的に適当なので

 

ちょっと探して家が見つからないとすぐに「宛先不明」扱いにされる

 

ということであった。

 

 

 

しばくぞコラ・・・。

 

 

 

引っ越してもなお、我々の期待を裏切らない国である。

 

 

 

+++++++++

 

 

 

ちなみにもう一つ別の知人宛てに送ったプレゼントは

 

つい先月届いたそうです。

 

もはやクリスマス関係なくなっとるがな!!!!

 

 

 

AD