がさがさ戦記。

テーマ:

 

 

今年もまた全身がバキバキに乾燥する時期がやって来た。

(これまでの私と乾燥の仁義なき戦いの歴史はこのへん

 

元々年中乾燥肌の敏感肌のアトピーで

 

紙やすりのような肌に悩まされている私だが、

 

特にこの冬は欧州から帰って来て初めての冬。

 

気候や水、湿度や食生活の変化のせいか

 

引っ越しをした年は毎回どうも肌の状況が悪化しがちで

 

これまで運命の相手と思ってきた保湿クリームが

 

突然合わなくなったりすることも多いのだが、

 

まぁその例に漏れずというか何というか

 

この1年半程常に全幅の信頼を置いてきたドイツ製クリームが

 

ここに来て全く肌に合わなくなってしまった。

 

 

 

お前だけは、私を裏切らないと思っていたのに・・・・・!!

 

 

 

やはりドイツとの環境の違いのせいなのか

 

風呂上がりにこのクリームをたっぷりと塗ると

 

なんとなく肌が汚くなるようになり

 

挙句の果てにはおでこに大量のニキビが出現。

 

これまで乾燥のし過ぎでニキビとほぼ無縁の人生だった私としては

 

「お前が噂に聞くニキビか!!」

 

とちょっと物珍しかったりもしたのだが

(そして調子に乗って潰してみたりもしたのだが)

 

さすがにこのニキビが頬に広がり始めたところで

 

一抹の焦りを覚え始めた。

 

しかしクリームの塗り過ぎかと思い控えてみたところで

 

今度は生え際と耳周り、鼻の下がゴビ砂漠化。

 

鼻の下に至っては乾燥しすぎて深い亀裂が走ってしまい、

 

鼻をすするたびに地味にざくっとした痛みが走る始末である。

 

 

そろそろちゃぶ台をひっくり返しても良いですか・・・・・。

 

 

唯一の嬉しい変化と言えば、

 

やはり日本の水質があっているのか、

 

ここ数年オイルマッサージをしても松の幹のようだった頭皮が

 

人類として許されるレベルの乾燥に改善されたことくらいだろうか。

 

それでも気を抜くとぱらぱらと頭皮が降って来るので

 

年頃の乙女としてはなかなか居た堪れないものはあるが、

 

べろんっと皮が剝けていた以前よりはマシである。

 

ちなみに脱毛体質は相変わらずで、

 

シャワー後に頭に指を通すと

 

ごそっ

 

と髪の毛が束で抜け落ちるのだが

 

最近はトイレの便器の真上で髪を梳かし

 

落ちた髪の毛をそのまま流すというテクを身に着けたので

 

少なくとも入浴後に洗面所に掃除機をかける手間だけは省けた。

 

 

 

一体いつになれば普通の人レベルに到達出来るのか。

 

今日も保湿クリームジプシーになりながら

 

ため息をつく私である。

 

 

 

+++++++++++++++

 

 

 

ちなみに現在のうちの風呂周りの状況は

 

 

・ 全身:イラクサ石鹸+オリーブ油

 

・ 頭:薬用シャンプー

 

・ 顔:ロゼットの荒性肌用石鹸

 

 

お湯だけ洗髪はいろいろな方に勧められて

 

何回もトライしてみたものの、

 

どうしても翌日頭が痒くなるので断念・・・・。

 

保湿は今はニベアの青いクリームで全身やってますが

 

まぁどこもかしこも干ばつの見本市になってます。

 

妹から昔馬油を勧められて使ってみたものの、

 

これもどうやら肌質にあっていないようで、

 

じゃあ何なら良いんや!!!!

 

状態です。

 

 

 

 

AD