旅する縫製工場日誌 in ロンドン

ロンドンで縫製スタジオを運営中。洋服作り、ファッションそしてロンドン情報を発信中!


テーマ:
先日行ったロンドンの自然歴史博物館での一枚



お越しの際は是非探されてください。

こんなんもおります。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
昨晩、岩手の弟夫婦がロンドンに無事到着されました。

熊本の故郷からさつま芋とラーメン。



そしてなぜかへら..

スムースらしいです。



2〜3日ゆっくり島巡りしてきます。

よかったら弟のブログです。→こちら
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回えらい長いブログです!関係者以外、おもしろないかもしれません!
 
 
・・・
 
 
実はまたベルギーにおりまする・・
 
休んでばかりでけしからんとお思いでしょうが、その通りです。
 
さて
 
 
スタジオのオランダ人の子が去年の暮れに帰国をした際、自転車をスタジオに置いて帰りました。
 
彼女は何とかして持って帰ろうとしていたので、僕がいつもの適当な感じで、「僕が後で送ってあげますけんが」と言って彼女はそのまま帰国しました。
 
ばってんしかし!簡単にいくと思っていた自転車の解体が思ったように上手くいかず、そして送料のほうも数万円という事態に!
 
こりゃ困ったということで、どうしたかものかと思っておりましたところあることに気づきました。
 
そう、僕は年末ベルギー行きの電車のチケットを2人分間違った日付で買っていたじゃありませんか!!
 
ビールを飲みながらぴゃっぴゃっと買ったチケットがなんと年末ではなく1ヵ月後の1月30-2月5日まで・・ちょうど1ヵ月引くとぴったりのチケットなのであります。
 
あら!?じゃ自転車持っていきますか。ということで行ってきましたオランダ。
 
でも、ただ持っていくだけじゃ面白くないということで、”こりゃたまっがった、あたがきたとね”作戦を決行いたしました。
 
説明いたしますと、連絡せずに突然自宅を訪問するというものです。
 
ばってんしかし! 僕はそんなにデリカシーがない男ではありません。
 
彼女は両親と住んでおります。突然どこの馬の骨に自転車をもって来られたら、もしかしたら迷惑をかける事態になってしまわなくもありません。
 
そこには生活があるのです!
 
なので一応、ラインでヒントとなるメッセージを数件送りつけました。
 
御存知の方は分かると思いますがこのMヤマさんは非常にまじめであまり人を疑ったりされない、とても純粋なお方であられます。
 
僕のうそのメールをことごとく信じておられました・・・まず。
 
”自転車の業者が見つかりました!しかも日本の業者です”
 
”わーありがとう!”
 
世間に擦れ切った方はこの時点で気づくかもしれません。日本の業者?
 
で、まだ気づいてないので・・
 
”ドライバーは日本人で助手はベルギー人です!”
 
”わーナイスなコンビ~!”
 
たぶんここでほとんどの方は、え?あ~!そういうことか~、となるんじゃないでしょうか?
 
しかし、まだ気づいてないもよう・・
 
どの運送会社なの?と聞かれたので
 
”M&M International delivery co” というと
 
”おっけー!” と・・・ これは僕と嫁様のイニシャルです・・・
 
金額と支払いはどうしたらいいの?、と聞かれたので。
 
ありえないくらい安い金額と、ポンド、ユーロそして円でも支払えるといいました。
 
も~いい加減ここで気づいてほしい!
 
ばってんしかし! 
 
”おっけー”
 
と、ご返事が・・・・
 
もーあとは野となれ山となれであります!
 
ん???
 
いや!まてよ!これは逆にこっちが騙されているのかも!??
 
彼女は気づいてないふりをして僕たちが突然訪問したと思いきや、逆をついて、驚かすという魂胆ではなかろうか・・??なんと卑怯な!

オランダのお酒と料理を準備しタイやヒラメの舞で僕たちを驚かすつもりではなかろうか・・??
 
こりゃいっぽんとられるばい・・と心配しながらついにその日がやってきました。
 
一応彼女には夕方の4時から9時までに配送されます。あと受取人のサインがいるので絶対に家にいるように!と念をおしました。
 
”おっけー!”
 
うん
 
僕たちに与えられたのは彼女の住所のみ。 しかもネットがほぼ使えない状態です。
 
ベルギーまでのユーロスターに自転車を30ポンドで載せ、ブリュッセルにつくとオランダの最寄り駅までのチケットと15ポンドの自転車料を払います。
 
この電車代が高い!もうすでにユーロスター代を超してます!
 
でもこんなんは彼女の驚く顔を見る対価と思えば安い!・・・であってほしい!
 
オランダにつくとそこからいろんな人に道を聞きながらよーわからん、水上バスに乗れと言われたり・・・
 
オランダでは、会う人会う人に”自転車のチェーンとれてるよ”と何度も言われました。
 
オランダは自転車大国です。自転車道も車道ぐらい広く。、国民が自転車を愛しています。
 
ここでよーわからんアジア人がチェーンが取れている状態で歩いていることは、おそらく、日本で外国人が割り箸を使うとき、割ったほうを箸先として使っているようなものです。 
 
ぼかこの外人あるあるをよく見かけます。その時僕達はかならず”箸、逆よ”と言うでしょう!
 
なんか、箸太くない?あ~逆!
 
これがオランダでいう”チェーンとれてるよ”なのでしょう。
 
すいません。話がそれました。
 
僕たちは彼女の家についにつきました。今一度家番号を確認して、ベルを押します。
 
すぐにドアが開きMヤマ氏がびっくりした顔で、え~~!!!
 
それにびっくりしたご両親様がでてきて、え?だれ?みたいな感じだったので、すぐにMヤマさんが説明するとえらい喜んでくれました。
 
彼女は完全に気づいてませんでした。 
 
なのでタイやヒラメの舞はありませんでした。
 
それからなぜか近所のおじちゃんも来て皆でワイワイ盛り上がり。
 
それから夜ごはんも頂き、いろんな話をしました。
 
戦争の話になり、彼女のおじいさんは南方で日本軍と戦ったと話をしました。
 
ぼくの祖父も大東亜戦争中インドネシアでオランダ軍と戦いました。
 
そして今、突然自転車をもって来たよーわからん日本人と一緒にみんなで仲良くご飯を食べてます。
 
70年前は・・・非常に不思議な運命を感じました。
 
・・・
 
泊めてくださいとは言えなかったので、(僕一人なら言いますが)10時ごろ、駅まで送ってもらい、熱い別れをし電車に乗りベルギーに行きました。
 
電車に乗っていると彼女の携帯にメールが。
 
お父さんから、
 
”今聞いたけど今夜ベルギーに帰るの!?”
 
サプライズの方がここにもおられました。
 
 
 
以上
 
 
 
 












 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
人生初オークションでミシンを販売しました。

日本じゃあんまりメジャーでは無いと思いますが、こちらではebayと言うヤフオクのようなものが人気です。

スタジオを初めた当初ロックミシンがなかったので嫁様の親戚のおばちゃんから譲り受け、わざわざベルギーからロンドンまで運んでもらったミシンです。

Juki Mo-353




まー古い。でも動いてました。モーターも新しいのに交換しました。

でも結局別の新しいのを知り合いから譲ってもらったので使った記憶無しであります。

このミシン、日本から輸入されたもので、ミシンの引き出しには日本語ので書かれた物やなぜか京セラの部品とかも入ってました。

はるばる日本からオランダに運ばれ(おそらく韓国経由)そしてベルギー..でロンドンの僕の所へ...

そして

ミシンさんの次の行き先はいかに!!??

...

ebayでミシンを売るのはちょっとためらいます..

使わずともずっと一緒にいたミシン思い入れがあります。

でも狭くなる一方のスタジオ..

しぶしぶ売ることにしました。

ベルギーからわざわざ持ってきてもらった家族のようなミシンちゃん。


絶対に安売りはしない!

売れないなら結構!

仲間を安くは叩けない!

....

入札スタート!



最低価格100円から




わ~妥当~

。。。。。

ばってんしかし!予想に反し荒れました。

人気の低い工業用ミシンカテゴリーで入札数まさかの11件

結果、値段は60ポンド、1万ぐらいでした。

ほーなかなかいくもんです~



昨日落札した方がスタジオに来られたのであります。

一見して縫製関係じゃないのがわかりました。

輝く貴金属、そして雨降ってたのに絶えずサングラス...

縫製関係者ならカラフルな糸くず、目には拡大鏡です。

聞くと貿易業者

どこに送るかと聞くと...

アフリカだそうです。

ミシンの旅は続きます..

あーミシンに名前刻んどけばよかったー!

こんな旅するミシンは少ないんではないでしょうか。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は朝からバーミンガムと言う街までミシンを引き取りに行きました。



特殊ミシン2台

実は2台別々のとこから譲ってもらいましたが、かなり近所だったので一日で上手く回れました。

まつりミシンとピコミシン!

今年はパチミシンから始まりピコ太郎からのピコミシン!

このピコミシン日本のKansai Special PX302-4W というミシンです。

ちなみに英語でもPicot sewing machineです。

あんまり耳にしたことが無いと思いますが、すごい仕事をする子です。
またぼちぼちアップします。

ちょっとこれでいろいろ企んでおります。

面白いフィニッシュなので興味がある人Youtube でチェックされたし。

Picot machine



走行距離350キロ疲れもした..

マニュアルは慣れんですね..

無事家にたどり着けました。ありがたや..


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
だいぶ前の事ですが、家の近所のStoke Newingtonに 警察署があります。

その前にこんな店があります。




日本警察独特のシステム、そう交番!

コーバン.. Koban...Coban...

こりゃ間違いなく日本人の仕業と考えていた毎日...

おそらくロンドン在住の邦人の皆様がこの前を通る度、同じ考えを持って過ごされていたかと存じ上げます。

ばってんしかし!

ついにこれに終止符を打つときが。

いってきました交番。

化けの皮を剥がす時がやってきましたよ!

...

結果..オーナーはトルコ人。

日本とは一切関係なし..

トルコの街の名前で発音はキューバンみたいな感じだそうです。

でも僕の交番説にえらい興味持ってもらって、漢字も教えてあげました。

漢字をプリントして店の前に貼るばいた!

と言ってました。

あれから半年ぐらい。

毎日店の前通ります。

プリントされたものは特に見当たりません。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
金曜の夜、ぼか一人ロックミシンの押さえを削ってます。

なかなかの出来ですな~笑

ビフォー



アフター



いかがででょうか?!

分かる人には分かるこの金曜の夜の素敵な過ごし方。

今日知ったこと..例のパチミシン、Wimsewがスタジオに実はもう一台あったこと ..

この子をカスタムしています。

どーなることやら...

完成したらアップします。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
注: ミシン好き向けブログです。

台湾のSirubaというミシンメーカーがあります。

日本にいた時当時は聞いたこともないメーカーでしたがイギリスに来てよく目にするメーカーです。

僕のスタジオにも2台あります。

話はそれますがヨーロッパでも工業用ミシンのトップはJukiのようです。他のBrother、Yamato、kansai Special、Pegasus 等々日本勢が頑張っております。

あとなんと言ってもドイツ勢!

最近他にも色々なメーカーがあります、
特に!大手ミシンメーカーを製造している工場がミシンショップなど向けに提供している、メーカー名を変えて自社製品のようにして販売しているショップブランドが結構あります。

イギリスに住んでいるアパレル関係の人なら見たことがある、Wimsew。

これはWimbledon sewing machineというミシン屋のブランドです。

ここの社長はミシン屋さんですがいつもダブルのスーツを着て葉巻をすいながら接客します。

あとTysew。これも上同様大手メーカーのミシンの名前を自社ブランドに変えて販売しています。

値段も2ー3割本物より安いです。

こんな感じのミシンを売ってるショップは中古を取り扱っている所が多いです。

おそらく他のメーカーは取引したくないのでしょう..

今回いろいろなメーカーの販売情報を聞いてきました。これはまた後日....

話は戻りまして... Siruba!

年末ここのミシンを探していて今日遂にスタジオに届きました!!





Wimsew!!!

そうなぜかいろいろあって例の葉巻のミシンがやってこられました。

ちなみにこれWimsew  F007J というやつ...

で元はSiruba F007J というミシン。

品番一緒..正直者です。


ミシンは出会い!

ロンドンの自転車ウェアーのブランドの工場から破格で譲り受けたのです!

ありがたやー









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。