スピリチュアルトラベルアドバイザー(SPTA)道上和生の人生という名の旅ブログ

旅をヒントに様々な悩める人々の価値観の破壊と創世をお手伝いして、解決への道を切り開いていきます!

ソウルプレイスを探して幸せになる!!

☆旅で培ったスピリチュアルを元に悩みを解決し、自分の理想の生活を手にいれるサポートセッション(体験版)60分3,000円Skype可

☆魂を成長させる旅のコンサルお試しセッション60分3,000円Skype可

☆激安で旅行できる、コンサルセッション60分無料!!対面のみ

☆スピリチュアルツアー随時開催

☆激安パワーストーンブレスレット販売1,000円~
NEW !
テーマ:
今日は東京で出版関係の方々と打ち合わせ&飲み会でござります。




先ほど打ち合わせてて、なぜか、ぼくの口からひょっと出てきた話がなぜか、編集の方のツボについたらしくそれについて、ブログにでも書いちゃおうと思い、思い立ったいま、書いてみます。




みなさん、お金好きですか?




もちろん、大体の人は




YES!




と答えられると思いますし、ぼくだってお金は好きです。




ただ、自分がどういうものを好きになってるのかについては知っておいたほうがいいと思うので、あえて書いてみます。




みなさん、お金ってどうして、ここまで汎用性が高いのか考えたことはございますか?




それは、みんながお金という記号であり、存在にお金という名の役割を共通認識として認めているからであります。





どういうことかというと、お金は食べれないですし、なんなら、何かの役に立てることもできません。




なぜなら、それは単なる金属と単なる紙であるからです。




つまり、そのもの自体には何の価値もなく、勝手にひとの都合でお金に価値をつけているだけです。




例えば、アマゾンのジャングルに墜落したとして、無事生き残ったあなたは紙幣を使ってそこに住んでいる原始の生活に近いライフスタイルをもったひとにお金で食料を得ることはできません。





なぜならば、お金の価値を認めてないからです。





例えば、大災害か何かでインフラが壊れ、経済に大打撃を受けたとして、お金の持つ価値はそれを認めないで、現物こそを重視するひとたちが増えることで存在が揺らぎます。





そもそも、お金は実際のものの質量に関係なく数字という形に変容しますが、その仮想の世界にですら価値を見いだすことができることそれ自体が貧富の差を作る原因にもなっているのです。





持てる範囲でしか持てなければ、ひとは過剰に持ち過ぎることもなく、自然と富は分配されてもいくことになるとぼくは思います。





よく、お金をエネルギーだとかいう方々もいますが、厳密に言うと違います。




あなたの貯金通帳の残高にしても、もし、パソコンのシステムがおかしくなって、ぶっ飛んだとしたら、あなたのお金は存在しないです。




じゃあ、お金とエネルギーは消えたのか?




消えたのはデジタル情報であって、そこにエネルギーやなんやは存在しません。



じゃあ、お金はエネルギーではないかと言われるとそれもちょっと違います。





お金という概念にものと交換できるというルールというか仕組みを敷いていて、それをみんなでそうだよネーーー!!




て認めた時点でそこにエネルギーとしての存在を許されるわけです。





よく、お金がないから自由がないとぼやくひともいます。




ですが、お金と自由は本質的に言うと全く関係ないです。




そもそものルールから離れてしまえばお金はあなたを縛りません。




今後、世界は解放へと向かいます。




いろんな概念からです。




経済はもはや不要という認識も高まっています。



こそこそと貯金して人生ゲーム逃げ切ろうなんて考えはもはや古くなりつつあります。




生きていく原動力をお金に縛る時代は終焉を迎えるでしょう。



その時にそういう意識の解放、覚醒を迎えれた方が、今後生きやすくなっていくとぼくは思っています。



人生の目的、貢献、使命について、改めて考え直すタイミングが来ているのかもしれません。



{D77DE6BC-5EAB-40A8-B2FD-A3DD388AAFEA}

いいね!(27)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
丁度、龍神リトリートに行く前に、前にイエメンを旅していた友達から当時の写真をいただきました。





それは、7年前のもので、写真を見ることで当時の感情だったり、気持ちを垣間見ることになりました。



{62CF03AB-26C0-43EB-84CD-545986C8C2E4}
ヘブンと呼ばれる絶景ポイントでぼくはぼくなりにいろいろなことを考えてました。





将来だとか、お金のやりくりだとか、女のことだとか。




そして、それはそれそれで置いといて、今を一生懸命に楽しむということにもフォーカスしていました。


{036783CC-034F-4B4F-88CE-06AD8DD7813B}

全身で五感をフルに活用して、その経験していることにフォーカスしまくる。




とくに、怪我、命を落とすかもしれない危険な場所に立つのが好きでした。




そこにはとてつもない景色が広がっていることが多くありました。




そこに立って何かあったら、ぽっくり死ねるかもという期待。




そこに立てる事で自分は特別な存在になった気になれたこと。




そこから無事戻るたびにつく、無駄な自信。




結構無茶しても何とかなる悪運の強さを試すように挑み続ける無駄なチキンレース。




{F07298AA-5615-4723-A3DC-5E881BF9BC56}
おどけてふざけて仲間に喜んでもらうとなぜか、楽しくなる。





{FE1CC053-1184-4B00-AC39-B71D4883E7E6}
それこそ、分け隔てもなくひととつながる事が最高に楽しかった。




そーんな写真たちを見てると、ぼくは気付いたのです。




そう、




ぼくの自分の為の漂泊の旅、気づき学んで繋がっていく旅はとっくの昔に終わっていたのだと。




これに気付いた時、ぼくは家族と一緒に世界一周をするのは、別のタイミングであって、近々の話ではないという事がやけに腑に落ちました。




三人目の子どもが妻のお腹にいるとわかった時、凄い嬉しかったのと同時に、急にずっとゴールとして定めていた事を手放さなければならないという事実に、ある種の不条理を感じてたりもしましたが、この日にぼくはその理由も含め、肚に落ちたのです。




今ではないと。



そして、その家族漂泊の旅までにやるべき事。



つまり、様々な旅を通して、ひとを地球を宇宙を目醒めへとつなげていくこと。



自分ではなく、ひとへ、地球へ、宇宙へ旅を届けていくこと。



そこに、フォーカスしていくことをこれからは進めてまいります。



そんなぼくの覚悟の詰まった覚醒の旅はこちら。




いいね!(33)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて、みなさん、先日の満月はいかがでしたでしょうか?僕らはというととっても綺麗なお月様を拝めることができました!




しかも、なにやら、仏教的にいうと777年に一度の満月だったらしく、エネルギーワークもかなりパワフル!




それこそ、スピリチュアル的にいうと今年に入ってからずっと試されている。




そこに踏み込むのかそこのままで止まるのかを。



そのギャップが昨日の夜にまたぐわっと開いたようで、この流れはもう止まらないのかもしれません。


{941AD969-C757-446E-85A3-473D8CA72533}

入り口であり、出口でもある。



そして、月は実はずっと満月なのです。



だって、実際月はどこも欠けてない。




月をどこから見るのかの違いですよね?




欠けているという共通認識をしているのはある特定の人類の共通観念であって、それはもう古いモノとなりつつある。




もちろん、古いモノにだって価値はあるという価値観が古いモノに価値を与える。




でも、真実はそういうモノではできていない。




どんなに価値のあるモノ、例えば777年に一度の奇跡の夜であっても、共通認識の時間で仕切ってしまえば24時間と呼ばれる時間という概念の中で簡単に終わってしまう。





{7D5A6E25-41FE-4497-9BAB-C3AFB5A5B679}


結局、素敵な時間、奇跡の時間、孤独が辛くて耐えられない時間全てに対してその瞬間という概念で捉えるから終わりが来る。





そもそも生きていてその経験、その存在への喜び、己が在るという事実とそこへの感謝をいだければ、生きてるということはずっと楽で、楽しくて、どんな苦しみですらもいつか乗り切れるというモノだったりするのです。



{1B1428C2-F499-4177-BE1D-6738595BE94A}


夜も絶えず、龍神水は流れ続けています。



つまり考えようによっては僕らはずっと777年に一度の奇跡の満月の中にいるのかもしれませんね!

いいね!(47)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{0A7B54AF-3D73-4301-A7F2-6A98EE4AD4D6}

今宵のウエサク祭にて龍神満月リトリートほぼマンツーマンツアーを開催いたします!



お日柄は最高!



雲ひとつない朝から始まり、駅は謎の警官だらけ、君らがぷらぷらするだけで税金が使われるのだよ。




まあ、警視庁管轄だから、都民のだろうけど笑




今日はマジで何かスゲーことになるよ!




縁起が、運命が、生命が廻る音が聞こえてくる様です。




{84F48261-AF19-4703-B353-AD558873D524}
大盛りの煮干しラーメンも平らげたし、エネルギー充電し過ぎたし、あとは、御月の出づる時を待つのみ!





{3544C94F-AD74-4D92-A678-96ABA8C78C37}

さあ、さあ、始まり始まり!
いいね!(35)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて、秩父のスピツアーの後、向かう先は藤沢!



山の次は海!!




まさに、山幸海幸w




先に、宿でくたびれているであろう嫁と子どもたちのところへすすみます。




で、結局着いた時間は22時過ぎ^^;




朝までゆっくりしていざ江ノ島へ!


{AC08AEDE-A2CB-444F-B43F-58BDBAA35915}
イベント会場の真ん前がこの景色!



月並みな表現かもしれませんが、マジでロスとかを思い出してしまうような景色であります。




景色だけでなく、なんとなく空気感もロスっぽい。




打ち合わせの前に家族でランチした状態で今回唯一のフルコース参加者のM氏とまったりカフェで過ごす。




何が凄いかって、もともとぼく自身初対面でもなじみやすい性格をしている方ではありますが、あって、ランチを進めるにもかかわらず、昼を食べたぼくと同じくスイーツのケーキセットをオーダー。




初対面同士のいい年したおじさん2人でケーキを頬張りながら、




M氏「なんか、最近急に感じ始めたんですよぉ~」


SPTA「ああ、いわゆる覚醒ってやつじやないっすかぁ?」



みたいなトークを女子がわいわい恋バナで盛り上がってる横でまったりと話ししてる。



随分と変わった人生をチョイスしたんだなぁと今書きながらも感じております。




そんなこんなのおじトークに花を咲かせてるとコジちゃん登場で、また、なんやらかんやらを一からはなしをする羽目になっても、嫌な顔一つ見せずに一から懇切丁寧に教えてらっしゃって、えらいいい感じのMなM氏だなぁと思っちゃいました!




その後、会場入りをしたんですが、この会場はまさに江ノ島の真ん前で全面ガラス張りのオーシャンビューが、広がるとっても素敵なカレーやさんでした。




こんな中で今からスピリチュアルの占いコーナーや、がっつりのヒップホップが流れるっていう非日常が広がるということにとってもワクワクしながら、出店ブースの方々、ヒップホップブースの方々にご挨拶を行い、スタンバイへ。




なんだかんだでココまでたどり着いたのと、お客さん来るかなぁの不安も残しつつ、オープニングのご挨拶。




共同主催のKOJIEちゃんが最初っから感極まりながらのスタートに、ぼくもなぜかうるっちゃってました。




この2ヶ月の間に彼女がどれだけ試行錯誤をしてきたか、このイベントをやるにあたりどんだけの勇気と決意を必要としたか、準備にどれだけの時間を費やしたか、何度も心折れそうになりながらぼくに「ねぇ、やっぱ辞めよう?」を言いたいと思ったのだろうか?とかここにたどり着くまでの軌跡を思い出すだけでなぜか、胸の中がいっぱいになるのでした。


そして始まった酔龍

{C6FE242D-BF23-4F09-9AD1-449D6A539B90}

オープニングのテツオさんのラップ



超、ぼく好みだったし、何より彼の音楽に対するさまざまな思い、新しい家族への思いやりなんかがにじみ出るそんな優しくも軽快で胸に響くラップに何故か涙が溢れちゃって。



そして外を見れば青空と砂浜と江ノ島。



素敵すぎでした。



スピリチュアルブースにもポツポツ人が来てくれ、ぼくの招待した友達も来てくれてその一人一人の来てくれる方々がいることが、こんだけありがたいものだったのだと久々に気付かされたのでした。




簡単に言えば集客不足。



予定していたよりもずっと少ない人数しか呼ぶことができず、イベントは大赤字でした。



これ、ぼくに原因があって、クラブイベントの方をKOJIEちゃんのみに任せていて、ギリギリまで動いてなかったんです。



初めての試みって知ってたにもかかわらず、多分、こうなりそうだなってずっと前から警鐘はなっていたにもかかわらず、KOJIEちゃんはクラブイベントやったことあるから大丈夫だろうとか彼女を信用すると言う名の責任投げっぱなしジャーマンスープレックスをかましていた自分が招いたことの一つだったのです。



いやはや、自分が情けなかったです。



でも、この素晴らしい失敗のおかけで改めて集客の大事さ、計画の立て方、イベント来ていただく人たちへの感謝を改めて学ぶことができました。



自分のパワーストーンブースは一件だけご依頼を頂いてでも、その時には結構酔っ払って、頭ん中プワプワの中、何度もミスりながら完成させたのですが、思ったのは、飲みながらのアクセ作成は結構大変だなということでした^^;



しかも、ぼくは家族で参戦してて子どもたちも走り回り、暴れまわりで、妻が占いの鑑定してる時はぼくが子どもを見たり、招待をした知り合いに見てもらったり、本当に何でもありなイベントで、とっても楽しかったです!



最後のKOJIEちゃんパートの開始でいろんな意味での終わりが近づき、たくさんの人たちに助けられながらここまで来たイベントも終焉を迎えたのですが、これからがまた、長い夜の始まり。



超特濃キャラの有志の方々と打ち上げへ向かい、スーパーディープなトークで盛り上がり、終いには浜辺で飲むという、かつてぼくが大学時代に沖縄で経験していたことをこの時期の関東で行うことになるとは^^;




{C9BA79AE-1701-4159-8AC3-A65379F0C7C2}
浜辺から見える夜景


本当に色々とありましたが、一生忘れない貴重な経験ができました。



KOJIEちゃん、みんな、そして、マイファミリーへ


マジで、ありがとうございましたm(._.)m

いいね!(20)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)