檸檬のころ

テーマ:

檸檬のころ


静かなロングセラーとなっている豊島ミホの

「檸檬のころ」を、長編映画1作目となる新鋭の

岩田ユキ監督が映画化。

出演は、榮倉奈々、谷村美月、柄本佑、石田法

嗣、平川地一丁目の林直次郎。ほか浜崎貴司、

中村麻美、石井正則、大地康雄。

コンビニもない山と田んぼに囲まれた町に通う

高校生達。吹奏楽部の指揮者である高校三年

生の秋元加代子は、なんだってうまくこなし
成績も優秀。卒業後は、東京の大学に進学する

と決めている。野球部の西巧は、いつも加代子を

見つめていた。忘れられない、中学時代の淡い

思い。だが加代子は、野球部のエース佐々木富

蔵と付き合う事にする。

加代子と同じ教室の片隅で音楽にのめり込んで

いる白田恵は、将来は音楽ライターになると心に

決めている。ある日、白田は軽音楽部の辻本一

也を知る。盛り上がる音楽談義に、辻本が初めて

作った曲の作詞を白田に頼む。
文化祭で披露された、たくさんの痛みを通じてあふ

れ出た白田の作詞が加代子に響き、富蔵や西に

も影響をあたえていく。

5人、それぞれの思いが交錯していく中で季節は

移り変わり、別れの日が近づいてきていた。

作品は、榮倉奈々と谷村美月のエピソードが交互

に描かれ、途中で重なったりする構成。
誰しもが通り過ぎてきた、甘くて痛いあの時間。

青春のほのかな日々を繊細に綴る。
地方から、都会の大学に進学して高校時代に辛い

別れをした人には、たまらない作品です。
また今後が楽しみの女性監督の誕生です。

115分 3月31日より池袋シネマ・ロサ&渋谷シネマ・

アミューズにて公開。

AD