飛行船の気まぐれ☆☆新作映画紹介

ブログのレビューを ほかの映画サイトで一部を掲載しています        
「シネマプレイス」 http://www.anka28.com/index.html

NEW !
テーマ:


女性型アンドロイドの如月ハニーと彼女を狙う犯罪組織パンサークローとの戦いを描き、人気を博した永井豪原作のセクシーアクションを基にしたSFドラマ。
http://www.cutiehoney-movie.jp/

人気モデルで歌手や女優としても活躍する西内まりやが如月瞳を演じるほか、石田ニコルが敵役に扮し、激しいアクションに挑戦する。

AIに支配された漆黒の世界が広がる近未来。

上層階で暮らす僅かな富裕層の生活を維持するため、下層階の貧困層の人々は上層階から垂れ流される汚染物質による雲に覆われた中で暮らしていた。

そんなある日、上層階からアンドロイドの瞳が落下してくる。

上層階の新聞記者(三浦貴大)や下層階のレジスタンス(高岡奏輔)らとの出会いを通し、瞳の運命は動き出す。

サトエリ主演の前作はパンサークローとの話を現代に置き換えてかなり無理があったが、今回は近未来が舞台でパンサークローは出てこない。

でも、近未来特有の富裕層の生活する上層階と貧困層の人々が生活する下層階というありがちな設定。

この2つの層を隔てている汚染物質による雲を除去するカギを握るのが、女性型アンドロイドの如月ハニーだったというはなし。

演出は、コミカルシーンもセクシーなシーンなくて、敵も強いんだか弱いんだかよく分からない展開。

それにしても「テラフォーマーズ」もそうだったけど、なんで近未来の設定は「ブレード・ランナー」の真似にしか見えないんだろう?

92分 10月1日より新宿バルト9ほかにて公開
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

2014年に上演され、ヒットを記録した舞台を実写化した時代劇。

平凡な武将にもかかわらず豊臣勢の急先鋒に祭り上げられて当惑する真田幸村が、忍者の猿飛佐助らと手を組んで大坂の陣に挑む。

監督には、「20世紀少年」「SPEC」シリーズなどの堤幸彦。

主演を歌舞伎俳優の中村勘九郎が務め、舞台版のメンバーだった「ツナグ」などの松坂桃李が共演。さらに「ロマンス」などの大島優子が、主人公たちの幼なじみである女忍役で出演や伊武雅刀、佐藤二朗、加藤雅也、松平健、大竹しのぶらが共演。


重厚なストーリーや広大なセットにも圧倒される。


関ヶ原の戦いから10年、徳川家康は天下統一を着々と進めていた。

そんな徳川に反旗を翻す豊臣秀頼の勢力は、天下の武将として名を馳せる真田幸村と彼が率いる真田十勇士を急先鋒に立たせて合戦に臨む。

しかし、真田は容姿が良かったばかりに百戦錬磨の武将だと勝手に思われているだけで、本人も平凡な武将であるのを自覚していた。

そんな差異に苦悩する彼の前に、抜け忍となった猿飛佐助が現れて実際に猛将へと仕立てあげようと協力を申し出る。

佐助は霧隠才蔵など10人の仲間を集め、大坂冬の陣・夏の陣に挑む。


久しぶり登場する派手な大型時代劇。何故か、出だしは何故かアニメーションからスタートする。

大坂冬の陣&夏の陣までは、派手な立ち回りや空中戦などもあり豪快なのだが、仲間が減って妙な作戦を立てた辺りから、おかしな方向へ。

「天空の蜂」は真面目だったのに、今回はラストでおふざけが出ちゃいました。

そういえば、服に火を付けてのアクションは、「マッハ!」のトニー・ジャーからのオマージュかな?

135分 9月22日より新宿ピカデリーほかにて公開
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


交際のきっかけとなった「Mr.&Mrs. スミス」以来となる、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー・ピット共演のラブストーリー。
http://www.shiroiboushi.jp/

1970年代の南仏を舞台に、あることがきっかけでそれぞれの殻に閉じこもった夫婦の関係を映す。

「グランド・イリュージョン」などのメラニー・ロランや、「わたしはロランス」などのメルヴィル・プポーらが共演。

監督も務めるアンジーを様々な側面で支えたブラッドとの力作に注目。


1970年代、アメリカ人小説家ローランド(ブラッド・ピット)と妻ヴァネッサ(アンジェリーナ・ジョリー・ピット)は、バカンスで南仏を訪れ、海辺近くのリゾートホテルに滞在する。

ある出来事によってお互いすれ違ったまま、夫は村のカフェに通い詰め、妻はホテルに引き籠っていた。

そんなとき、ハネムーンで若い男女(メルヴィル・プポー、メラニー・ロラン)が隣室にやってきて……。


アンジェリーナ・ジョリーが結婚して2年になる夫ブラッド・ピットとの離婚を申請したとCNN.comやTMZ.comが報じたが、今回からアンジェリーナ・ジョリー・ピットと改名しただけあり、なんかタイミングが良すぎる。

1970年代の南仏の雰囲気はあったけど、世代の異なる2組のカップルの交流の描き方は、「ヤング・アダルト・ニューヨーク」の方がよかったかな。

122分 9月24日よりシネスイッチ銀座、渋谷シネパレスほかにてロードショー
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ジェイソン・ステイサムが、精密機器のように完璧に暗殺を遂行し“メカニック”と呼ばれる凄腕の暗殺者を演じるアクションの続編。
http://mechanic-movie.com/

一度は足を洗ったものの、陰謀に巻き込まれ、超難関のミッションに挑む暗殺者の運命を描く。

トミーリー・ジョーンズやジェシカ・アルバ、ミシェル・ヨーら豪華な顔触れが脇を固める。


殺し屋稼業から足を洗っていたビショップ(ジェイソン・ステイサム)は、幼少期に暗殺者として一緒に育てられたクレインから暗殺の依頼を受ける。

一度は断るが、なんの罪もない女(ジェシカ・アルバ)を人質に取られ、やむなく現役復帰する事に。

ターゲットは武器商人として世界を裏で操る3人の巨大フィクサーで、ミッションの結果に関わらず、死が待っている事を知る。


前作も見ていたし、キャスティングにも惹かれて見たのだが、ミシェル・ヨーはアクションをやらないし、ジェシカ・アルバもちょっとだけ。トミーリー・ジョーンズなんかは、勿論するわけない。

ということで、見所は武器商人として世界を裏で操る3人の巨大フィクサーを事故に見せかけて暗殺を遂行するミッション。

この3人目に登場するのが、トミーリー・ジョーンズ。何で登場したかというと、もし続きを製作したときに出演する為です。

99分 9月24日より新宿バルト9ほかにてロードショー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

山田孝之が高金利の金融屋を演じる人気シリーズで、真鍋昌平による原作コミックの「フリーエージェントくん編」と「中年会社員くん編」を基にした社会派ドラマ。
http://ymkn-ushijima-movie.com/

女性を口説くためネットビジネスで一獲千金を狙うフリーター&遊ぶ金欲しさに借金を重ねるサラリーマンに丑嶋馨が立ちはだかる。

主演の山田のほか綾野剛、本郷奏多、藤森慎吾らが出演。

監督は、これまでのシリーズ同様、山口雅俊。

欲にまみれた登場人物たちの行く末と、大金が動く危険なマネーゲームが見どころ。


今日も高金利で金を貸す金融屋「カウカウファイナンス」の丑嶋馨(山田孝之)。

フリーターの沢村真司(本郷奏多)は偶然知り合ったモデルのりな(白石麻衣)にあおられて、ネットで1秒間に1億円を稼ぐという天生翔(浜野謙太)のビジネスに身を投じ、カウカウファイナンスを巻き込んだある計画を考える。

一方、サラリーマンの加茂守(藤森慎吾)は妻帯者でありながら遊ぶ金欲しさにカウカウファイナンスで借金を重ね……。


このシリーズは、ドラマも映画も話を最終回やラストで完結させているので、次へと繋がってはいかない。

ドラマの“シーズン2”からレギュラー陣が増えたり、カウカウファイナンスの女性店員が代わったりはしているが、どこから見ても問題はないでしょう。

そして、今回はパート3とFinalが続けての公開だけど、はなしは全く繋がっていない。

今回の物語は大きく分けると2つあって、ゲスト主人公は、本郷奏多と、オリエンタルラジオの藤森慎吾。

藤森は、頭から被せられた布の袋に火を付けられていたが、軽傷で済んでいたのが凄すぎる。

131分 9月22日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほかにて公開
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第73回アカデミー賞短編アニメ賞に輝いた「岸辺のふたり」のマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督が8年の年月を費やして完成させた初長編アニメーション。
http://red-turtle.jp/

嵐で大海原に放り出されて無人島に漂着した男が、その後どのような運命を辿るのかを活写する。

「かぐや姫の物語」などの高畑勲監督やプロデューサーの鈴木敏夫がスタッフに名を連ねた。

第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門特別賞受賞の力作に魅了される。


嵐の中、荒れ狂う海に放り出された男は、九死に一生を得て、ある無人島に辿り着く。

ところが今度は、必死に島から脱出しようとするも、見えない力によって何度も島へと引き戻されてしまう。

絶望的な状況に置かれたある日、男の前にひとりの女が現れる。


最初から最後まで全く台詞がない無声アニメーション。

なので、主人公がどっから来たとか、無人島での出来事も分からないことが多い。

でも、映像は高畑作品に似ているし、物語も“浦島太郎”や“鶴の恩返し”のような昔ばなしに近くて日本人には身近に感じる。

スタジオジブリ関連作品だけど、大人向けの作品です。

81分 9月17日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほかにてロードショー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「チャーリーとチョコレート工場」などで知られるロアルド・ダールによる児童文学を、スティーヴン・スピルバーグ監督が映画化したファンタジー・アドベンチャー。
http://www.disney.co.jp/movie/bfg.html

10歳の少女の勇気が、大きな巨人を動かし、イギリス最大の危機を救うさまを描く。

「ブリジット・オブ・スパイ」のマーク・ライランスが、心優しき巨人を演じる。

ロンドンの児童養護施設で暮らす10歳のソフィーは好奇心旺盛な少女。

真夜中に目覚めた彼女は、ベッドから“巨大な手”に毛布ごと持ち上げられ、巨人の国へ連れて行かれる。

彼女を連れ去ったのは、夜ごと子供たちに夢を届けるやさしい巨人のビッグ・フレンドリー・ジャイアントだった。

ソフィーは、彼と次第に心を通わすようになる。


「チャーリーとチョコレート工場」のロアルド・ダールによる児童文学を映画化しているので、子供向けの作品。

今夏のディズニーは、「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」、「ファインディング・ドリー」、「ジャングル・ブック」があったので、公開が今頃になった。

物語は、「PAN ネバーランド、夢のはじまり」のように、施設にいた主人公が連れ去られ、「ジャックと天空の巨人」のような巨人の住む場所に連れて行かれる。

主人公を連れ去った巨人はベジタリアンだったが、他の更に巨大な巨人は肉食だったので、イギリス女王に頼んで生け捕りにして、島流しにしようとするはなし。

このベジタリアンの巨人は、夢を調合している仕事をしているのだが、何で?そんな事をしているとか、どのようにして誕生したとかいう説明はない。

しかも、「エミアビのはじまりとはじまり」もあった、子供が喜びそうな下ネタが入っていた。

118分 9月17日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほかにてロードショー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

オダギリジョー、蒼井優、松田翔太らが顔を揃え、佐藤泰志の小説を映画化したラブストーリー。
http://overfence-movie.jp/

「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続く“函館3部作”の最終章として、愛をなくした男と愛を望む女の出会いを描く。

監督を務めるのは、11月に「ぼくのおじさん」が公開される山下敦弘。

41歳で他界した作家の実体験を基に綴られた原作の魅力が光る愛の物語に心奪われる。

これまで好きなように生きて来た白岩(オダギリジョー)は妻(優香)にも見放され、東京から生まれ故郷の函館に舞い戻る。

彼は実家に顔を見せることもなく、職業訓練校に通学しながら失業保険で生活していた。

ただ漫然と毎日を過ごしてしていた白岩は、仲間の代島(松田翔太)の誘いで入ったキャバクラで変わり者のホステス聡(蒼井優)と出会う。


今回も、愛をなくした男と愛を望む女の出会いを描いた作品なのだが、前の2作品と比べると割とアッサリしている。

「海炭市叙景」のようにドキュメンタリータッチでもなく、「そこのみにて光輝く」のようにドロドロもしていない。

しかも、前半は職業訓練校のエピソードがメインで、後半が蒼井優との微妙な恋愛ばなし。

松田翔太は全体を通して登場しているが、サブ役なので何故出演したのか不思議。

でも、フジテレビ「僕らの時代」で、3人が楽しそうにトークをしていたので、また共演はあるかも。

ちなみに、オダギリジョー&蒼井優は「蟲師」に続いての2度目の共演です。

112分 9月17日よりテアトル新宿ほかにて公開
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「横道世之介」「さよなら渓谷」などの原作者・吉田修一のミステリー小説を、「悪人」でタッグを組んだ李相日監督が映画化。
http://www.ikari-movie.com/

現場に“怒”という血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄を舞台に三つのストーリーが紡がれる群像劇で、前歴不詳の3人の男と出会った人々がその正体をめぐり、疑念と信頼のはざまで揺れる様子を描く。

出演には渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、宮崎あおい、広瀬すず、妻夫木聡など日本映画界を代表する豪華キャストが集結。


東京の八王子で夫婦殺人事件が発生し、犯人は現場に“怒”の血文字を残し、顔を整形して逃亡を続けていた。

それから1年後、千葉の漁港で暮らす洋平と愛子の親子の前に田代が、東京の大手企業に勤める優馬の前には直人が、沖縄の女子高生の泉は無人島で田中という、それぞれ前歴不詳の殺人犯らしき男と出会い運命を狂わされていく。


未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄を舞台に3つのストーリーが混ざり合った群像劇。

前歴不詳の3人の男のうち果たして逃亡者は…というはなし。

なので、あとの2つの物語は関係ないのだが、3つの(捜査する刑事のはなしを入れると4つ)うち、逃亡者のはなしが一番つまらない。

なので、あとの2つの物語で救われている。

綾野剛&妻夫木聡と、広瀬すずのファンにはショッキングなシーンがあるので、鑑賞される際は覚悟してください。

142分 9月17日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほかにて公開
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

幕府の陰謀で5日以内の“参勤”という難題を突き付けられた東北の弱小貧乏藩が、知恵を絞って危機に立ち向かう続編。
http://cho-sankin.jp/

前作で行きの“参勤”を果たし藩の取り潰しを免れた湯長谷藩一行だが、彼らへの復讐に燃える老中が仕掛けた謀略により、帰りの“交代”で更なる大ピンチに見舞われる様を描く。

主演の佐々木蔵之介をはじめ、深田恭子、伊原剛志ら主要キャストが続投するほか、古田新太、渡辺裕之、中尾明慶、宍戸開ら多彩な面々が新たに参戦する。


江戸時代、幕府から5日以内の“参勤”という無茶な難題を、知恵と工夫で何とか果たした湯長谷藩。

藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)率いる一行は帰途に就く“交代”の道中、湯長谷で一揆が起きたという知らせに仰天する。

これは、彼らに敗北した老中・松平信祝(陣内孝則)の逆襲によるもので、一揆を鎮めるため大急ぎで帰郷した政醇たちだったが、城は奪われて、妻や子供は捕らわれていた。


5日以内の“参勤”という難題をクリアして、今度は“交代”をする続きもの。

だが、一揆が起きて城は奪われ、妻や子供は捕らわれてしまう。これは、全て老中・松平信祝による逆襲で、更に渡辺裕之、中尾明慶、宍戸開らの柳生一族が刺客に放たれる。

アクションシーンの無い時代劇映画が増えているなかで、こちらは前作よりもアクションシーンが増えた時代劇映画。

といってもメインは、コメディだけどね。でも松竹らしい痛快時代劇となっています。

ちなみに、松竹の本格的時代劇「真田十勇士」が、22日から公開です。

119分 9月10日より新宿ピカデリーほかにて公開
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。