飛行船の気まぐれ☆☆新作映画紹介

ブログのレビューを ほかの映画サイトで一部を掲載しています        
「シネマプレイス」 http://www.anka28.com/index.html


テーマ:





「愛の渦」「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」などの門脇麦を主演に迎え、小池真理子の小説を映画化したサスペンス。
http://nijuuseikatsu.jp/

抑え切れない好奇心から、近所の既婚男性を尾行することにハマっていく主人公を描写する。

ヒロインを取り巻く男性たちを「鈴木先生」シリーズなどの長谷川博己、「そして父になる」などのリリー・フランキー、「共喰い」などの菅田将暉ら豪華キャストが熱演。

大学院に通う25歳の珠(門脇麦)は、19歳のときに遭遇したある出来事をきっかけに長い間絶望の淵をさ迷っていたが、最近ようやくその苦悩から解放された。

そして、一緒に住んでいる恋人卓也(菅田将暉)とは、なるべく揉め事にならないよう、気を使いながら生活していた。

あるとき、珠は恩師の篠原(リリー・フランキー)から修士論文の題材を提示される。そのテーマは、ひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”だった。

珠が尾行に選んだのは、近所に住んでいて出版社に勤める石坂(長谷川博己)。

だが、珠が尾行をしたことによって石坂や珠の生活に変化が起こってしまう。


わざわざチラシを4人分も作成する程の面白いキャストを揃えたと思ったのに、物語はそれほどでもかった。

ちなみに、2015年に日本で公開した中国映画「二重生活」とは、何の関係もない。

結局は尾行がバレてしまい、そこからの展開があったから門脇麦が選ばれたのだろう。そして、長谷川博己は役得。

けど、リリー・フランキー&菅田将暉の役は活かされてなかった。

126分 6月25日より新宿ピカデリーほかにて公開

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「凶悪」の白石和彌監督と「新宿スワン」などの綾野剛がタッグを組んだ、日本の警察における不祥事をモチーフにした作品。
http://www.nichiwaru.com/

2002年に覚せい剤取締法違反容疑などで逮捕され“黒い警部”と呼ばれた北海道警察の警部の、逮捕までの26年間が描かれる。

脚本は「任侠ヘルパー」などの池上純哉、音楽を「八日目の蝉」などの安川午朗が担当。

白石監督の演出と、劇中で体重を10キロ増減させ衝撃的な実話に挑んだ綾野の壮絶な演技に引き込まれる。


柔道で鍛えた力を買われて、北海道警察の刑事になった諸星要一(綾野剛)。

裏社会に入り込んでS(スパイ)をつくれという、敏腕刑事・村井(ピエール瀧)の助言に従い、Sを率いて“正義の味方、悪を絶つ”の信念のもと規格外の捜査に乗り出す。

こうして危険な捜査を続けていった諸星だったが……。


「凶悪」に続いて、このタイトルにどんな悪さを見せてくれるのかと思えば、これがかなり笑えるコメディタッチ。

グロはなくてエロが多く、前半は「新宿スワン」の延長戦のよう。そして、ピエール瀧の出番も少しだけだった。

中村獅童との一緒のシーンが一番面白かっただけに、獅童の出番が終わった終盤からは、どんどん落ちていくだけ。

あれだけクスリはヨクナイと自分で言っていたのに、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕。このハマっていった動機が腑に落ちなかったのだけど、何か他に描かれていない出来事があったんじゃないだろうか?

135分 6月25日より丸の内TOEIほかにて公開

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「ザ・ロード」「欲望のバージニア」などのジョン・ヒルコート監督が手掛けたクライムアクション。
http://999-movie.jp/

悪徳警官と元特殊部隊員から成る強盗グループが、万全の警備体制が敷かれた政府施設の襲撃に挑む。

「ジェシー・ジェームズの暗殺」などのケイシー・アフレック、「それでも夜は明ける」などのキウェテル・イジョフォーをはじめ、ノーマン・リーダス、ウディ・ハレルソン、ケイト・ウィンスレットらが結集する。

二転三転するストーリー展開も注目。


アメリカ・アトランタ。元特殊部隊員と悪徳警官たちで編成された強盗グループを率いるマイケル(キウェテル・イジョフォー)は、銀行襲撃を成功させたのを機にロシアンマフィアとの関わりを絶とうと決意する。

だが、ボスであるイリーナ(ケイト・ウィンスレット)はそれを許さず、マイケルの息子を人質にして国土安全保障省の施設を襲うように迫る。

警官銃撃を意味する緊急コードであるトリプルナインを発動させ、10分だけ市警の機能をストップ。その間に襲撃に挑むマイケルたちだったが……。


悪徳警官と元特殊部隊員に、ロシアンマフィアと登場するのはワルばっかり。

しかも登場人物が多いので、誰と誰が仲間で、誰が裏でツルンデルのが分かりづらい。

そして、次々と殺されていく誰が生き残るかムービー。

それにしても、一番のワルのロシアンマフィアのボスがケイト・ウィンスレットって、どうなのよ?

115分 6月18日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにてロードショー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ティムール・ヴェルメシュのベストセラー小説を実写化したコメディードラマ。
http://gaga.ne.jp/hitlerisback/

独裁者アドルフ・ヒトラーが突如として現代に出現し、奇想天外かつ恐ろしい騒動を引き起こす。

舞台を中心に活躍するオリヴァー・マスッチがヒトラーを演じ、「トレジャー・ハンターズ アインシュタインの秘宝を追え!」などのファビアン・ブッシュや「ビッケと神々の秘宝」などのクリストフ・マリア・ヘルプストらが脇を固める。

21世紀の民衆が、知らず知らずのうちにヒトラーに扇動されていく様に注目。


ナチス・ドイツを率いて世界を震撼させた独裁者アドルフ・ヒトラー(オリヴァー・マスッチ)が、現代に蘇る。

非常識なものまね芸人かコスプレ男だと人々に勘違いされるなか、クビになった局への復帰を目論むテレビディレクターにスカウトされて出演。

何かに取り憑かれたような気迫に満ちた演説を繰り出す彼を、視聴者はヒトラー芸人としてもてはやす。

出版した「帰ってきたヒトラー」は、ベストセラーとなり映画化も決定。

念願だった監督となったテレビディレクターだが、ひょんな事からヒトラーが本物だと気付くのだが……。


映画のジャンルで当てるのが難しいといわれているのがコメディで、しかもブラックな話というのは尚更難しい。

この作品も、何処まで笑っていいのか考えてしまう作品。とりあえず、犬好きは見ない方がいいだろう。

コメディにしては、珍しいラストは考えオチ。簡単に現代に馴染んでしまうのが、一番面白かったかな。

116分 6月17日よりTOHOシネマズ シャンテほかにてロードショー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「回路」「トッペルゲンガー」などの黒沢清監督がメガホンを取り、第15回日本ミステリー文学大賞新人賞に輝いた前川裕の小説を映画化。
http://creepy.asmik-ace.co.jp/

隣人に抱いた疑念をきっかけに、とある夫婦の平穏な日常が悪夢になっていく恐怖を描く。

黒沢監督とは「LOFT ロフト」に続いて4度目のタッグとなる西島秀俊が主演を務め、彼の妻を竹内結子が好演。

そのほか川口春奈、東出昌大、香川照之ら豪華キャストが集結している。


刑事から犯罪心理学者に転身した高倉(西島秀俊)はある日、以前の同僚だった野上(東出昌大)から6年前の一家失踪事件の分析を頼まれる。

だが、たった一人の生存者である長女の早紀(川口春奈)の記憶の糸を手繰っても、依然事件の真相は謎に包まれていた。

一方、高倉が妻(竹内結子)と一緒に転居した先の隣人は、どこか捉えどころがなく……。

物語は2つ。6年前の一家失踪事件の分析と、お隣さんの娘が一緒住んでいるのが父親ではないと告白した理由は?というはなし。

途中から原作を大幅に変更して、不気味なオドロオドロシイ黒沢ワールドが全開。覚悟して見てね。

130分 6月18日より新宿ピカデリーほかにて公開
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


世界でも評価の高いJホラーの2大キャラクター、「リング」シリーズの貞子と「呪怨」シリーズの伽椰子の対決を描くホラー。
http://sadakovskayako.jp/

貞子と伽椰子、さらには「呪怨」シリーズの俊雄も絡み、恐怖のキャラクターたちによる衝突を活写する。

主演は、「小野寺の弟 小野寺の姉」「女子ーズ」などの山本美月、「オオカミ少女と黒王子」の玉城ティナ、「セーラー服と機関銃 -卒業-」の安藤政信。

監督には、「戦慄怪奇ファイル」シリーズや「ボクソール★ライドショー~恐怖の廃校脱出!~」などの白石晃士。

Jホラー界を代表するキャラクターたちの対決の行く末に期待。


女子大生の有里(山本美月)は、あるビデオを再生する。それは、観た者に貞子から電話がかかってきて、2日後に死ぬという「呪いの動画」だった。

一方、女子高生の鈴花(玉城ティナ)は引っ越し先の向かいにある「呪いの家」に入ってしまう。

霊媒師の経蔵(安藤政信)は二つの呪いを解くために、呪いの動画の貞子と呪いの家に居る伽椰子を激突させようとするが……。


「リング」では呪いのビデオを見ると死ぬのは1週間後で、その間にビデオを見せると助かるという設定だったが、この作品では2日で、阻止方法もデマになっていた。

しかも、ビデオの映像も井戸から貞子が出てくるというのから変わっていた。

そして、呪いの家も以前と違う場所になっていたし、裏には都合よく井戸があったのだが、これは今までの作品とは繋がりは無いという事なのだろうか?

霊媒師の経蔵により、貞子を呪いの家に居る伽椰子を激突させて消滅させようとするのだが、そんな都合よく解決する訳がない。

佐津川愛美が余計なことをしていったけど、次回はそこからの続きかな?

99分 6月18日よりシネマート新宿ほかにて公開

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」などのヒットメーカー、J・J・エイブラムスが製作を担当した異色スリラー。
http://10cloverfieldlane.jp/

思いがけずシェルターの中で過ごすことになった男女を待ち受ける、想像を絶する出来事が展開していく。

「リンカーン/秘密の書」などのメアリー・エリザベス・ウィンステッド、「バートン・フィンク」などのジョン・グッドマン、テレビドラマ「ニュースルーム」シリーズなどのジョン・ギャラガー・Jrらが出演。

手に汗握る心理劇と、一気になだれ込む衝撃の展開に息をのむ。


ミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)は目覚めると、自分が見ず知らずの2人の男性とシェルター内にいることに気付く。

その日を境に、彼女を助けたと主張するハワード(ジョン・グッドマン)とエメット(ジョン・ギャラガー・Jr)との奇妙な共同生活がスタートする。

ミシェルは、外は危険だという彼らの言葉を信じるべきかどうか悩んでいた。


物語は、外はウィルスで汚染されていて出るのは危険というのを信じられないミシェルの脱出もの。

「クローバーフィールド」からの続きではなく、POV撮影でもない。

この作品は、時間配分を間違えている。脱出するまでの時間がメチャクチャ長い。

これ、続編製作されなかったら見たことを怨みます。

104分 6月17日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほかにてロードショー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「半落ち」「クライマーズ・ハイ」などで知られる横山秀夫の原作を基に、「感染列島」などの瀬々敬久監督と「ザ・マジックアワー」などの佐藤浩市主演で映画化した犯罪ドラマの後編。
http://64-movie.jp/

昭和時代の最後の1週間にあたる昭和64年に起きた未解決誘拐事件と、新たに発生した類似の事件の謎に迫る。


後編からの登場は、緒形直人、渡辺真紀子、忍成修吾など。

後編の物語は、事件の行く末はもちろん、警察と記者クラブとの摩擦や警察内の対立、主人公の娘の行方など怒涛の展開。

あまりにも広報室に情報が入って来ない為、またしても記者たちとの確執が出来てしまった三上は、以前に相棒だった刑事を頼る。

そして、捜査車にまで同行させて貰うのだが、ロクヨンと今回の模倣誘拐事件が繋がっていることを知ってしまうという展開。


NHKのドラマの最終回だけ見てないので、チラシにも書いてある原作と異なるラストというのが、どれぐらい違うのかが分からないのだが、多分犯人逮捕の仕方なんだろう。

結局、昭和64年に起きた誘拐事件の動機が分からなかったのだが、やはり金だったのだろうか?

119分 6月11日より全国東宝系にて公開

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「映画 ビリギャル」「ストロボ・エッジ」などの有村架純をヒロインに迎え、「あなたへ」「ふしぎな岬の物語」などの森沢明夫による小説を映画化したヒューマンドラマ。
http://natsumi-hotaru.com/

将来や恋人との関係に不安を覚える主人公が、父との思い出の場所で出会った人々との交流を通して、新たな道を歩み始める姿を描きだす。

メガホンを取るのは、「ストロボ・エッジ」でも有村とタッグを組んだ廣木隆一監督。

日本の原風景の美しさや、人との絆が織り成す温かい物語が心に染みる。


夏美(有村架純)は写真家になるという夢と、付き合っている慎吾(工藤阿須加)との関係で悩んでいたある日、父が遺してくれたバイクで懐かしい森に向かう。

小さな店を営む地蔵さん(光石研)とその母であるヤスばあさん(吉行和子)と知り合った彼女は、しばらく泊めてもらうことになる。

夏美は地蔵さんの友人雲月(小林薫)には反感を覚えながらも、自然に囲まれた場所で地元の人々と触れ合い、食事を楽しむなど、充実した日々を送っていた。

舞台は千葉県の山間部。そして、廣木監督作品らしくまたも長回しの多い作品。

物語は、偶然に泊めて貰ったことから巻き起こったひと夏の出来事から、人生の選択を決める“きっかけ”ムービー。

メジャーなキャストが揃っているが、配給はイオンエンタテインメントなので、イオン系の劇場のみでの公開です。

108分 6月11日より有楽町スバル座ほかにて公開

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


一流の腕を持ちながらトラブルを起こして転落した元二ツ星シェフが、新天地ロンドンで三ツ星獲得を目指して奮闘する人間ドラマ。
http://futatsuboshi-chef.jp/

再起を図るワケありの天才シェフを、「世界にひとつのプレイブック」などのブラッドリー・クーパーが熱演する。

共演には「アメリカン・スナイパー」などのシエナ・ミラー、「最強のふたり」などのオマール・シー、「ラッシュ/プライドと友情」などのダニエル・ブリュールら実力派が集結。

「8月の家族たち」などのジョン・ウェルズがメガホンを取る。


腕は確かなもののトラブルを起こし、キャリアを台なしにした人気シェフのアダム・ジョーンズ(ブラッドリー・クーパー)。

パリの二ツ星レストランから姿を消して3年後、起死回生を狙いロンドンの友人トニー(ダニエル・ブリュール)のレストランに乗り込む。

世界一を目指してかつての同僚ら最高のスタッフを集め、華々しく新店をオープンさせるアダムだったが、過去のトラブルの代償が立ちはだかり……。


腕はいいのに人間的にはダメダメな料理人が、新天地で再起を掛けて三ツ星獲得を目指すが、果たして上手くいくだろうかというはなし。

色々とシェフを引き抜いてきて寄せ集めの厨房は、彼のスパルタで戦場へと化す。テレビにも出演して、オープンを迎えるが初日は失敗。

だが、徐々にチームワークも取れ、遂にミシュランの調査員がやって来るのだが…。

実際にはどうなのかは知らないけど、この作品ではミシュランの調査員の特徴が既に分かっていて、そこから話の流れが変わってくる。

そんな簡単に見抜けていいのかと思ったら、やっぱりなというオチだった。

それにしても、このレストランの料理は賄いの方が美味しそうに見えたのは、料理人が楽しそうに食べてたからだろうか?

101分 6月11日より角川シネマ有楽町ほかにてロードショー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。