政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)が20日決めた事業仕分け第2弾の対象から、候補に挙がっていた農林水産省所管の独立行政法人水産総合研究センター(本部横浜市)が外れた。同センターは8日にウナギの完全養殖に世界で初めて成功したと発表しており、この成果が仕分けを免れるのに一役買った可能性が指摘されている。
 農水省の山田正彦副大臣は20日の政務三役会議後の記者会見で、同センターが対象から外れた経緯について「どういう基準か見当が付かない」と指摘。一方で、三役会議では「ウナギの完全養殖に成功したことも関係しているのではないか」と話題になったことを明らかにした。 

【関連ニュース】
民間「仕分け人」メンバー
ネット中継で5社選定=事業仕分けで
仕分け対象の独立行政法人と事業
特別会計見直しに着手=首相が指示
仕分け対象の独法決定=47法人、151事業

【from Editor】「フラ」のもう一つの顔(産経新聞)
児童買春容疑で補導員逮捕=女子中生2人にわいせつ行為-警視庁(時事通信)
<成田貨物機炎上>原因は異常操作と「ウインドシア」警報(毎日新聞)
<寛仁親王殿下>5月にトルコ公式訪問へ(毎日新聞)
学力テスト方式移行「大失政の典型」橋下知事(読売新聞)
AD