自民党の舛添要一・前厚生労働相は17日、「政治家にとって、政策は基本だ。新党を作るとか、誰と組むとかを先にやるからおかしくなる」と述べ、鳩山邦夫・元総務相が目指す新党結成の動きとは一線を画す考えを示した。党本部で記者団に語った。

 これに先立ち開かれた、舛添氏が会長を務める「経済戦略研究会」の会合では、山本一太参院議員らから「鳩山氏から秋波を送られて、あたかも応えているような印象(を与えること)は避けてほしい」と、鳩山氏と連携しないと明示するよう求める意見が出た。

 また、小池百合子・元防衛相はツイッター(簡易投稿サイト)で、鳩山氏から先月、新党参加の誘いがあったが、断ったことを明らかにした。

 一方、与謝野馨・元財務相を中心とする「正しいことを考え実行する会」は同日、党本部で会合を開き、大島幹事長ら党幹部の刷新を谷垣総裁に求めることで一致した。

Microsoft 社内には 1 万人を超える iPhone ユーザーがいる
<交通事故>練習中の競輪選手トラックにはねられ死亡 千葉(毎日新聞)
看護師の業務拡大へ=範囲明確化、医療の一部も-検査など想定・厚労省検討会(時事通信)
甲子園8回の野球部監督逮捕=傷害容疑で-広島県警(時事通信)
強風にあおられ男性転倒、後頭部打ち病院へ(読売新聞)
AD