来年のNHK大河ドラマの主人公で浅井3姉妹の末っ子、江(ごう)のゆるキャラ「江姫」の人気が振るわず、思わぬ苦戦を強いられている。

 滋賀県長浜市の住民による出資会社「まちづくり湖北」などが考案。江姫は平成20年誕生の長女「茶々姫」に続き、次女「初姫」とともに昨年登場した。

 しかし3人そろっての出演は過去14回にとどまり、江姫単独の出演依頼はゼロという。同社の担当者は「注目度は高いはずなのに」と首をかしげている。

「うーん、わからん」豪腕小沢幹事長が顔赤らめ2分で退場(産経新聞)
北海道の飼料会社で溶接作業中に爆発、7人病院へ(読売新聞)
性同一性障害の夫「嫡出子」認定を法相に直訴(読売新聞)
<五輪フィギュア>小塚選手に声援 中京大キャンパス(毎日新聞)
10年以内に財政健全化=政府予算の対案を了承-自民(時事通信)
AD