安倍首相、その他の政治家たちに、

昭和天皇の「人類の平和を願うお心」を、

ほんの少しでも、見習って欲しいです。

 

「アメリカの核の傘に守られている」、なんていう幻想は捨て、

良心にかえり、

まずは日本に2発の原爆を投下したアメリカに謝罪を求め、

国連で制定された、「核禁止条約」に大賛成するべきです!!

 

昭和天皇は、

世界が核競争になることを未然に防ぐため、

技術レベルでは原爆を開発することができ、

それを米国に撃ち込むことさえできたにもかかわらず、

それを人類のためにと、却下されたのです!!

 

人類文明そのものを破滅させるにちがいない、と理解されていたのです!!

 

先を見通す知性と、良心を、持っておられたのです!!

1945年の時点で!

 

=======================

原爆被害を受けた広島の市街地は、陸軍基地ではありません。
ただの市街地です。
そして広島で原爆によって亡くなられたのは、一般市民です。


戦時国際法は、

一般市民の大量虐殺を「してはならない」

と明確に規定しています。
すなわち、原爆投下は明らかな戦時国際法違反行為です。

 

さらに、原爆を投下しなくても、「日本は確実に降伏したであろう」ことは、

アメリカも分かっていました。

 

それなのに・・・・・!!!

 

 

広島に原爆が投下された8月6日、
長崎に落された8月9日、

終戦の8月15日、
 
日本人が絶対に忘れてはならない日だと思います。
 
なかでも広島と長崎への原爆投下は、その残虐性、大量殺戮性、無辜の市民に対する暴力行為のはなはだしさとして、
人類史上、最悪の出来事として記憶されるべきものです。

広島だけで20万人の市民が殺されました。
長崎では14万9000人の市民が殺されています。
ただ死んだだけでなく、原爆の熱戦を浴びて、その何倍もの多くの人が、苦しみ続けています。
大きな被害が起きた事件です。
しかもそれは、地震などの自然災害でなく、人為によって起こされた大厄災(人的災害)です。

 

 --まず、8月6日に広島上空に投下された原爆、通称「リトルボーイ」は、「ウラン235型」原爆です。
次いで8月9日に長崎に投下された通称「Fat Man」は、「プルトニウム型」原爆です。
そしてこの二つは、まったく種類の異なる原爆です。

 

2つの「種類が違っていた」という事実そのものに、たいへんに大きな意味があります。
このことについて、米国で原爆開発のマンハッタン計画を担当した ロス・アラモス研究所は、

広島、長崎への原爆投下のあと、次の公式見解を述べています。

******

「我々は、史上二度の『原爆実験』に成功した」
******

これは実に衝撃的な声明です。
我々は「実験に成功した」というです。
あの二度にわたる原爆が「実験」だというのです。
そして、「実験」だからこそ広島と長崎には、それぞれ別な種類の原爆が投下されたのです。
その「実験」は、わたしたち日本人の命(いのち)に対して行われたものです。
彼らは、民間人への人的被害の発生を承知で、この「実験」をしたということになります。
その「実験」によって、広島長崎合わせて、約35万人の命が奪われているのです。

 

      ~~~ 途中 略 ~~~

 

さて、話が大きく脱線しました。
もういちど原爆に話を戻します。なぜ日本に原爆が投下されたか、です。

なるほど日本には、米軍に対する本土決戦による反撃の可能性はありました。
目論見通りにいけば、日本はもしかすると戦争に勝っていたかもしれません。
戦争というのは、それほどまでに、切羽詰まった紙一重のものなのです。

けれど、沖縄戦終結後の米軍にしてみれば、この時点で日本には戦争継続能力が失われ、もはや日本には戦争遂行能力がなく、仮にあったとしても、それはあくまで本土迎撃の範囲を出ない、というものでしかなかった。


つまり言葉を変えて言えば、この時点で米国は、日本にいかなる非人道的なことをしても、日本から反撃される可能性は、皆無とみなされた、ということです。
すくなく見積もっても、この時点で日本は、米国本土や、フェリピンなど米国の占領地域に対して攻撃や報復を行うだけの能力を持ち合わせていません。
そのことを米国はちゃんとわかっていた、ということです。


ここで「米国がなぜ二つの種類の異なる原爆を投下したのか」という疑問の点と点が繋がります。


つまり米国はこの時点で、「米国が日本に何をしても、絶対に日本から報復を受けるおそれがない」と踏んだから、日本に対して原爆投下「実験」をしたのです。

つまり、米国が日本にむけて原爆投下実験をした理由は、ただひとつです。
それは、
「その時点で、日本に何をしても、日本からの反撃や報復攻撃を受ける可能性が皆無だった」ということです。
日本に原爆が投下された以降、世界各地で、戦争はたくさん起こりました。
けれど、いずれの戦争においても核が使われたことはありません。
なぜなら相手国に核を打ち込めば、自国がその報復を受けるからです。


ところが日本には、原爆が投下されました。

理由は「実験」のためです。
なぜそれができたのか。
その時点で、「日本に反撃能力がなく、日本から報復される心配がまったくなかったから」です。
反撃される心配がないから、日本人は、実験材料としての「モルモット」にされたのです。


古来、モルモットは、さまざまな動物実験に用いられています。
なぜモルモットが使われるのかといえば、答えは簡単です。
モルモットが人間を襲う確率が100%ないからです。

モルモットは、過ちを犯したから実験材料に使われるのではありません。
人間の都合で実験材料にされているのです。
なぜなら、モルモットが人間に反撃する可能性が皆無だからです。

----------
広島の平和記念公園には、
「安らかにお眠り下さい。過ちは二度と繰り返しませんから」と刻まれた石碑があります。
広島に原爆が投下され、長崎にも投下され、
35万人もの犠牲者を出した日本の、
では、いったい何が「過ち」だったのか、
そのことを碑文は書いていません。

けれど、実験に使われたモルモットが、
「もう過ちは繰り返しません。わたしたちは二度と実験しません」と
言ったところで、実験が終わることはありません。
モルモットは、人間の「都合」で実験材料に使われているだけだからです。
同様に日本は、米国の「都合」で実験材料にされたのです。
反撃の心配がないからです。

もうひとつ大切なことを補記しておきます。
広島、長崎に原爆が投下される前に、日本は、すでに原爆の開発を終えていました。
開発途上だったという人もいます。そうではなく完成段階にあったという説もあります。
はっきりしていることは、その原爆(これを日本では新型爆弾と呼びました)は、すでに使用できる段階にまで至っていたという事実です。

当時、軍の上層部は、この新型爆弾をもって米国に乾坤一擲の大勝負を挑みたいと昭和天皇に奏上しました。
これは記録に残っています。
けれど昭和天皇は、この上奏を却下しました。


そのとき昭和天皇は、次のようにおおせであったそうです。

=========
その新型爆弾によって、
たとえ我が国の戦況が有利になることがあったとしても、
そのために、
相互が新型爆弾の投下合戦にいたり、
結果、何百万もの無辜の民が死ぬようなことになるとしたら、
私はご先祖に申し訳がたたない。

=========
陛下はそのように述べられ、原爆の製造の禁止を、現下に却下しただけでなく、その開発の中止までをも命じられています。
そしてそのような事実があったからこそ、日本は、広島、長崎に原爆が投下されたとき、それがすぐに新型爆弾(原子爆弾)だとすぐにわかったのです。

日本は、原爆後、すぐにスイスを通じて米国政府に抗議文を出しています。
その抗議文です。

~~~~~~~~~
【米機の新型爆弾による攻撃に対する抗議文】

今月6日、米国航空機は、広島市の市街地区に対し新型爆弾を投下し、瞬時にして多数の市民を殺傷し同市の大半を潰滅させました。
広島市は、何ら特殊の軍事的防衛機能や、そのための施設を施していない普通の一地方都市です。
同市全体を、ひとつの軍事目標にするような性質を持つ町ではありません。

本件爆撃に関する声明において、米国トルーマン大統領は、「われらは船渠(せんきょ)工場および交通施設を破壊した」と言っています。
しかしこの爆弾は、落下傘を付けて投下され、空中で炸裂し、極めて広い範囲への破壊的効力を及ぼすものです。
つまり、この爆弾で、この投下方法を用いるとき、攻撃の効果を右のような特定目標に限定することは、物理的に全然不可能なことは明白です。
そして本件爆弾が、どのような性能を持つものであるかは、米国側は、すでに承知しているものです。

実際の被害状況は、広範囲にわたって交戦者、非交戦者の別なく、男女老幼を問わず、すべて爆風および幅射熱によって無差別に殺傷されました。
その被害範囲は広く、かつ甚大であるだけでなく、個々の傷害状況を見ても、「惨虐」なるものです。
およそ交戦者は、害敵手段の選択について、無制限の権利を有するものではありません。
不必要の苦痛を与えるような兵器、投射物その他を使用してはならないことは、戦時国際法の根本原則です。
そのことは、戦時国際法であるハーグ陸戦条約規則第22条、及び第23条(ホ)号に明定されています。

米国政府はこのたびの世界大戦勃発以来、再三にわたって、
「毒ガスその他の非人道的戦争方法の使用は文明社会の世論によって不法であり、相手国が先に使用しない限り、これを使用することはない」と声明しています。
しかし、米国が今回使用した本件爆弾は、その性能の無差別かつ惨虐性において、従来かかる性能を有するが故に使用を禁止せられをる毒ガスその他の兵器よりも、はるかに凌駕するものです。

米国は国際法および人道の根本原則を無視して、すでに広範囲にわたって日本の大都市に対して、無差別爆撃を実施しています。
多数の老幼婦女子を殺傷しています。
神社や仏閣、学校や病院、一般の民家などを倒壊または焼失させています。


そしてさらにいま、新奇にして、かつ従来のいかなる兵器、投射物とも比べ物にならない無差別性、惨虐性をもつ本件爆弾を使用したのです。
これは、人類文化に対する新たな罪悪です。

日本政府は、ここに自からの名において、かつまた、全人類、および文明の名において、米国政府を糾弾します。
そして即時、かかる非人道的兵器の使用を放棄すべきことを厳重に要求します。


昭和20年8月11日

~~~~~~~~~~~~~~~
日本国政府は、この抗議文で、原爆を「非人道的兵器」と呼び、その使用を米国政府に「放棄せよ」とまで言っています。
科学技術としての開発はともかく、それを兵器として使用することは、人道上許されないと明確に述べています。これが日本です。


原爆を投下によって無差別大量殺人をしていながら、大統領声明で「広島は軍事基地だ」と強弁した米国政府、それが自国の原爆開発をむしろ積極的に放棄した日本国政府と、理はどちらにあるのでしょうか。

亡くなられた広島や長崎の一般市民が「過ち」をおかしたわけではないことは、疑いのない事実です。
では、日本という国家が、過ちを犯したのでしょうか。何が日本の「過ち」だったのでしょうか。
戦争をしたことでしょうか。
その戦争によって、東南アジアはもとより、世界中の植民地となっていた民族が、国家を築き、独立を勝ち得ています。
もし大東亜戦争がなかったら、500年続いた欧米列強による有色人種への植民地支配は、21世紀となった今日でも、なお続いていたことでしょう。
世界でただ一国、たったひとりになっても、正義のためには武器を持って戦う。その武士道の国が、世界の有色民族を、独立へと導いています。

そしてその日本は、戦争の末期、敗色が濃くなった厳しい状況下にあっても、なお、自ら開発した原爆を製造中止にし、その使用をやめています。
一方、同時期に原爆の開発をしていた米国は、報復のおそれのない日本に対し、「実験」と称して広島長崎に原爆を投下しました。
人類史上、「過ち」を犯したのは、果たして誰なのでしょうか。


日本はなぜ実験に使われたのか。その答えは、「日本に報復能力がなかったから」です。

私たちは、そこから大切なことを学ぶ必要があると思います。
それは、正義には常に「報復能力」が必要だ、ということです。
「報復能力」がなければ、人の命も道徳も正義も、すべて踏みにじられてしまう。それが世界の現実だということです。

もうひとつたいせつなことは、昭和天皇が、世界が核競争になることを未然に防ぐため、技術レベルでは原爆を開発することができ、それを米国に撃ち込むことさえできたにもかかわらず、それを人類のためにと、却下されたということです。

このことは、終戦の詔勅にも明確に述べられています。
========
敵ハ新ニ残虐ナル爆弾ヲ使用シテ無辜ヲ殺傷シ惨害ノ及フ所真ニ測ルヘカラサルニ至ル而モ尚交戦ヲ継続セムカ終ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招来スルノミナラス延テ人類ノ文明ヲモ破却スヘシ斯ノ如クムハ朕何ヲ以テカ億兆ノ赤子ヲ保シ皇祖皇宗ノ神霊ニ謝セムヤ

(口語訳)
敵国は新たに残虐なる原子爆弾を使用し、いくども罪なき民を殺傷し、その惨害の及ぶ範囲は、まことにはかりしれない。
この上、なお交戦を続けるであろうか。
ついには、わが日本民族の滅亡をも招きかねず、さらには人類文明そのものを破滅させるにちがいない。
そのようになったならば、朕は何をもって億兆の国民と子孫を保てばよいか。
皇祖神・歴代天皇・皇室の神霊にあやまればよいか。

========
世界中、どこの国でも、すべてに優先するのが国益です。
どの国も、自国の利益のためだけに思考し行動します。
けれど、昭和天皇は、「人類文明そのもの」と述べられています。
人類史上、人類の福祉と幸福のために、身を切る覚悟とその実行をしてきたのは、昭和天皇のご意思です。
私たち日本人はそういう国の民です。

 

追加動画

世界平和祭典での原爆投下映像へのプーチンとオバマの相反する反応 

ムを噛みながら原爆投下シーンに拍手する似非平和主義者を暴露するオバマと十字を切るプーチン、

真実は愛を語る

 

以下から、抜粋させて頂きました。

知らなかった!広島原爆の投下直後に、日本政府が出した「アメリカを糾弾する文書」更新2017年04月11日 23時17分07秒 |   光りの進軍  光りよ通え・・・☆

   ↓       ↓

http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/3ccfde92b522b2fb515ef47e8fe3eb3f

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

地球上のすべての生命は宇宙人によって科学的に創造された!

 『宇宙人によるインテリジェントデザイン論』

 

本を無料でダウンロードできます。

  ↓     ↓

https://www.raelianjapan.jp/

 

AD

昨日、7月7日は、人類にとって画期的で、素晴らしい記念日になりました!

署名して下さった皆様、本当にありがとうございました!

 

私たち一人一人の意識が大切です。

核兵器が存在する限り、人類滅亡の可能性がありますから。

度重なる核実験でも、どれだけの環境と生命を破壊してきたことでしょう!!

 

日本は残念ながら、唯一の被爆国でありながら、出席すらできない、という情けなく恥ずべき結果でしたが。

122カ国が賛成!!

 

被爆者の方々は頑張っておられましたね。

素晴らしい!!

 

以下、毎日新聞より抜粋

 

採択後、交渉会議を主導した南アフリカの代表は「被爆者がいなければここまで来られなかった」と述べ、被爆者らの条約制定への働きかけをたたえた。

 米国の圧力を受けた日本は3月会議で冒頭、「建設的かつ誠実に参加することは困難」と説明し、その後は欠席。

唯一の被爆国として核保有国と非核保有国の橋渡し役を自任してきた日本だが、今後、核廃絶をどう主導していくかが問われることになりそうだ。

 

{335F2153-FF6B-4184-A498-5730D7AFF4B7}

 

以下、

マイトレーヤ・ラエルのコメント:

とっても素晴らしい成功です。

も、人類の生存そのものにとって脅威となる原子爆弾を保持したいごろつき諸国家の政府、特に米、英やフランスの政府、に10月にこれに署名させるように今や活動を続けないといけません。

人類を救うために自分たちの政府にこれに署名させるのはこれらの諸国の人たち次第です!
最終期限は今や10月ですので私たちの活動は継続しなければなりません。

特に偽善的なのは、支配的な5カ国が自分たちだけが核兵器を持ったままでいたいと主張していることです。

インドやパキスタンも持っているのに。

もっと偽善的なのはイスラエルが100以上の原子爆弾を持っていることを皆知らないふりしていることです。

最もおかしなのは、支配的な西欧勢力の攻撃目標になっている諸国が核兵器を持たないように細かく調べて念を押していることです。

イランが廃止に投票しているように。

廃止に反対投票したオランダも恥ずべき。。。

全てのこのような諸国は人類の破滅に対して責任があります。

もしそれが起きたとには。

大国を動かす唯一の方法はできるだけ多くの世界の小国が原子爆弾を手にするように願うことにあります。

そうなったら誰しもがとっても恐れてそれを禁止することになるでしょう。

 

希望はまだありますからあきらめないことです! 

それまでは核賛成運動の指導者米国に圧力をかけましょう:

私は平和を愛するすべてのひとたちに厳粛にお願いします。

全てのアメリカの製品、サービスや観光をボイコットし、その代わりに禁止を支持した諸国の製品、サービスや観光を買うように。

スエーデン、スイス、オーストリア、ブラジル、南ア、エジプト、インドネシアやフィリピン、などは観光に素晴らしい諸国です。

米国よりもずっと面白い。

 

注目すべき最後の点:

米国、フランスや英国の主流メデイアは一社としてこの投票のことを報道していません。

最悪の大規模な操作です。

 

もう一つ:

原子力兵器を禁止する条約に反対している国はハッキリとしたごろつき国家です。

というのも彼らは人類の小さな少数派ですから:

偽善的な”非核拡散条約”のおかげで核兵器を所有する唯一の国であることでヒドいファシスト帝国主義で世界を支配し続けることを望み、180ヶ国の中の5国という小さな少数派に過ぎないのに、民主主義を推進したいなどと引き続き主張することなどできないのです。

 

=========================

 

以下のブログから、このような事がよく分かります。

ぜひ、お読み下さい。

 

『核兵器の使用だけではなく、核兵器を使用するという威嚇することを加えた』 

素晴らしい!!

 

日本は どんなに弁解しても既に出遅れました。

条約が成立してしまった以上、120カ国に対して「核兵器をなくしましょう」などとは言えなくなったということです。

いくら美辞麗句を並べ立てて『世界平和』を訴えても、所詮『核兵器容認の国』なのですから全く説得力はありません。

「お前が言うなよ」と揶揄され偽善的なスピーチにしかなりません。 

日本は、『被爆国でありながら核兵器を廃止に反対した国』 というレッテルは永遠に残ります。 


AD

とても興味深いですね(^_-)-☆

 

今回も、素晴らしいデザインのサークルが、沢山出ています。

 


AD

素晴らしい!!

「コオロギ合唱団」

 

これは、自分で聞かないと信じられないですハート

ぜひ、お聞きください!!

 

動画では0:48頃から始まります

 

 

エロヒムがこのように設計されたのでしょうか?

いつの日か、人間が気づくように・・・

 

エロヒム、ありがとうございます。

私たちの周りに、沢山の美しく、素晴らしい動植物を創って下さって。

 

========================

 

動画の解説文の翻訳

 

2010/10/05 に公開

私のウェブサイト: http://spiralcreations-mirrors.blogsp...
私のプレイリスト: http://www.youtube.com/user/mirrorcre...

 

「神のコオロギ合唱団の裏側のストーリー」

この普通でないレコーディングには二つのトラックが含まれています。

 

トラック1 コオロギの鳴き声の自然な音

トラック2 コオロギの鳴き声を、人間の平均寿命の長さに合わせて反映させるようスローダウンしたもの

 

普通のコオロギの鳴き声と共に聞こえる天使のコーラスは、合成音でも合唱団の歌声でもありません。コオロギ自身が作り出したものです。

 

彼らが完成させた素晴らしい作品がこちらです。

 

穏やかで癒され、自然で落ち着く雰囲気を作り出すためにこのレコーディングをBGMとして繰り返し流してもいいでしょう。


この「神のコオロギ合唱団 (Gods Cricket Chorus) 」は、1992年に次の二人によって制作されました。

 

ジム・ウィルソン&デイビッド・カールソン
Jim Wilson & David Carson

 

(翻訳終了)

 

http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12288533436.html  より

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

地球上のすべての生命は宇宙人によって科学的に創造された!

 『宇宙人によるインテリジェントデザイン論』

 

本を無料でダウンロードできます。

  ↓     ↓

https://www.raelianjapan.jp/

 

 

 

 

 

 

2016年7月~ のミステリーサークルの素晴らしい画像が沢山あります。

 

このような素晴らしいサークルが、一晩のうちに、誰にも見られずに出来るんです。

 

しかも、人間が作ろうとした場合、茎がポキッと折れてしまい、収穫できませんが、

本物は、1本1本に節ができていて栄養が届くため、倒れている部分も全て収穫できるんです。

人間に、迷惑をかけないように、作られています。

 

綺麗に編みこまれていたりもします。

 

今の人類に、このような技術はありません。

 

人間が、このような精密な模様を、誰にも見られずに短時間に作れるでしょうか?

絶対に、無理ですよね。

 

という事は・・・???

 

→ ここに真実があります。

   http://ja.rael.org/download.php?view.32

 

 

 

 

 


これは、感動しますよ。

 

私たちは、一つ。

 

地球は丸くて、宇宙から見たら、「国境」という線はありません。

 

「○○人は苦手だ」

「日本人であることを誇りに思う」、など

 

人種差別も、愛国心も、戦争へと繋がります。

 

世界は一つ。

私たちは一つ。

みんな同じ。

みんな、兄弟姉妹。

 

繋がっています。

 

 

一刻も早く、世界が平和になりますように。。。。。


人間の才能は、素晴らしいですね。

 

平和であれば、

全ての人が自由に、自分らしく、幸せに生きられますね。

 

人間は、本来幸せであるように創られています。

DNAに、幸せが書き込まれているそうですハート

 

 

人生は、こんなにも楽しく、素晴らしいのに、

21世紀になった現在でも、

戦争をしたり、

人種差別をしたり、

貧富の差が激しく、

5秒に1人の子どもが餓死している!

5秒に1人ですよ!!

 

その一方で、飽食で成人病になったり、

野菜の値下がりを防ぐために野菜を捨てている!

 

なんて、

なんて愚かな事でしょうか!!

 

 

国連によると、いま世界で毎日およそ25,000人の人々が飢餓あるいは飢餓に関連した死因で亡くなっているそうです。

そのうち4分の3は、5歳未満の子供たちだそうです。

実に5秒に1人の割合で子供達が飢餓で亡くなっているわけです。

概算すると、毎日約19,000人の子供たちが餓死している事になります。

 

幸せな人は、戦争をしたい、などと考えません。

人を殺したり、争いをする人は、

幸せではない人、脳に異常がある人たちです。

 

そういう一部の狂った人たちが、

核兵器のボタンを押しませんように!!

 

彼らも、生まれた時は、

純粋で無邪気な、可愛い赤ちゃんだったはずです。

彼らに愛を送りましょうハート

 

彼らが、穏やかで、安心して、笑って、

平和な日々を過ごせますように・・・

 

==========================

 

エロヒムからの教え

「地球人は科学的に創造された」  P139より

   ↓

人は、他人に害を及ぼさない限り、

他人がどう思うかを気にする必要はなく、

自分の望みと好みに従って、

自己を開花するように努力すべきです。

 

まず、人に迷惑をかけない事を確かめ、

その上で、他人の思惑などは気にしないで、

実行して下さい。

 

 

=========================

 

 

 

天才は、ユーモアも兼ね備えていますね爆  笑

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

地球上のすべての生命は宇宙人によって科学的に創造された!

 『宇宙人によるインテリジェントデザイン論』

 

本を無料でダウンロードできます。

  ↓     ↓

https://www.raelianjapan.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

署名して下さった皆さま、本当にありがとうございました!!

 

日本全国で皆様のご署名にご協力いただき、

衆参両議院・内閣総理大臣あて

併せて 32,968名分の署名が集まりました。

 

皆様の 人類 平和に向けた 愛と優しさに 心より感謝いたしますハート

 

そして、この署名を 内閣総理大臣 衆参両議院の方へ

お渡し致しました地球キラキラ

 

地球上から

全ての核兵器、武器、暴力が、消えて無くなりますように。

 

世界が、平和になりますように!!

 

以下に写真があります。

   

     ↓    ↓

 

分かりやすいアニメーションです。

ぜひ、ご覧ください。

 

日本も安倍政権のもとで、もう、かなり進んでいます。

動画で、よく分かります。

 

世界中が、危険な状態です。。。

 

多くの人が気付いて、行動しなくては!!

 

私たちに出来る行動とは、

   ↓  ↓

愛の瞑想

ポジティブな、精神的エネルギーを、

馬鹿げた政治家たちに送ること

笑顔でいる

笑って、歌って、踊る

幸せでいること

 

動画の下に、オンライン瞑想についてもご案内してあります。

これは、科学的なことです

 

思考は波動で、世界中の人々に伝わります。

特に、世界の鍵となる リーダーたちに、愛の波動を送ることで、

世界を救うことができます。

 

 

========================

 

♡人類を救うために出来ること♡

http://ameblo.jp/raelianjapan/entry-12278219842.html  

「日本ラエリアン・ムーブメント公式ブログ」 より

 

平和のための瞑想はみんなが集まってやると、

更に強力なものになります。

                          -ラエル氏-

 

 

毎日 21:00よりオンライン瞑想をしていますふんわりリボン

 

ご参加ご希望の方は、お気軽にメッセージもしくは、下記メールにご連絡下さい照れ

*参加無料です。

ご連絡くだされば、オンライン瞑想のリンクをご案内しますふんわりリボン

 

参加希望右矢印 rafysinger@gmail.com

 

 

今、世界のたった数カ国だけで 16000発以上の核兵器が保有されています。

人類には、核兵器よりも 愛と優しさが必要ですチューリップ

世界の鍵となる リーダー達にも 愛を送りましょうラブラブラブラブ

 

 
とても美しい、ポジティブな、精神的エネルギーを、
馬鹿げた政治家たちに送るんです。
そうすると、未来を変えることができます。
泣くことや、眠れなくなることでは、変えられません。
そうすると、どんどん植物みたいになって、
政府を変えるための、精神的なテレパシー的なパワーを使うことは出来なくなります。
ですから、みなさんが人類を救いたければ、
笑顔でいてください。
笑ってください、、
歌ってください、、
踊ってください、、、
人類にとって、最悪のときなんですが、
みなさんは今までで、いちばん幸せでいなければいけないです。
もっとエネルギーを持つためにです。
世界を救うためにです。
これが、私たちの使命です。
        -ラエル氏-
 

誤った選択をしないように

愛と優しさを 選択しますように

すべての 苦しみが なくなりますように

すべての 悲しみが なくなりますように

 

私たちは ひとつですピンクハート

あなたと同じように 世界に向けて 人類に向けて

たくさんの愛を送ってくれている人のことを感じますキラキラキラキラ

 

みなさまの 愛の存在に ありがとうございますイエローハーツブルーハーツ

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

地球上のすべての生命は宇宙人によって科学的に創造された!

 『宇宙人によるインテリジェントデザイン論』

 

本を無料でダウンロードできます。

  ↓     ↓

https://www.raelianjapan.jp/

 

 

 

素晴らしい生物たち。

全て、エロヒムの傑作爆  笑

 

それがなんと、毎日 100~300種の生物が

今も絶滅し続けているなんて!!

 

1年ではなく、毎日ですよ!

 

少なくとも、毛皮や象牙などで出来ている物を買うのは、

やめましょう!!

 

 

生物は互いに支え合っています。
クマノミはイソギンチャクと、

ワニチドリはワニと共生しています。


私たちの体の中にも、腸内細菌のような菌が住んでいます。
細菌類が全くいなくなると私たちも生きていけません。


種の絶滅はその場の生態系の崩壊を意味しています。

一種の生物の絶滅が引き金になって、ドミノ倒しのように人類を含めた生物の全滅につながる可能性があります。

 

=======================

 

以下、「地球人は科学的に創造された」 P26より 抜粋

 

(エロヒムの)科学者たちは、プランクトンから小魚へ、

そしてもっと大きな魚へ、と。

この小世界が平衡を保つように、

また、死に絶えることがないように、

彼らは小魚が食べる藻類や、

その小魚を食べるもっと大きな魚などを

創造しました。

 

こうすることで自然界のバランスを維持し、

ある種が別の種に食べられて、

完全に滅亡することがないようにしたのです。

これは現在、あなたがエコロジー(生態学)と呼んでいるものに相当します。

 

彼ら(エロヒム)が魚の次に創造したのが鳥です。

・・・・・・ 続く・・・・・・

 

=======================

以下の動画からも、生命は偶然に進化したものではない事が理解できると思います。

芸術家がデザインし、科学者がDNAを操作する事によって、100%科学的に創造されました。

 

その素晴らしい創造物たちを、人類が自分たちの都合で破滅に追い込んでいるなんて、許されないと思います。

生態系を壊すと、自分たちにも悪影響が及んできます。

 

 

 

 

 

 

◆絶滅は加速度的に増えている

現在、ホ乳類の1/4、鳥類の1/9など、全生物の 25%が絶滅の危機にさらされています。

現在の絶滅は「大絶滅」よりも急激で大規模で、生態系の破壊により、根こそぎの種の絶滅のため、約 2000万種の生物のうち、毎年5万~15万種(毎日 100~300種)の生物が今も絶滅し続けています。
この絶滅の速度は過去の絶滅の数万倍です。こうしたことを受け、国連機関や世界的な研究所が次のような報告を発表しています。


「生物多様性を保つことは既に手遅れ」( 99年国連UNEP報告)

「現在は大量絶滅時代に突入」( 03年米ワールドウオッチ研究所)

 

生物種の絶滅.jpg

◆絶滅の原因

19世紀までの絶滅は、食糧や毛皮、羽毛などを目的とする乱獲によって、リョコウバトやトキのように特定の種の生物が絶滅してきました。
しかし、現在は森林伐採や河川の汚染、乱開発による生態系の "根こそぎの破壊"が進行しています。
(山の切り崩し、 湖沼や河川の埋立、河川や海岸の護岸工事、ゴルフ場、リゾート、コンビナートなどの開発や農薬などによる環境汚染など)
とくに生物の宝庫といわれる熱帯林の破壊は深刻です。
自然淘汰の 10,000倍の速度で絶滅が進んでおり、 30年以内に熱帯の植物や鳥類の25%が絶滅すると世界銀行が報告をしています。
環境破壊や開発の加速を考えると、種の絶滅の加速は予測不可能なほど悲惨な状況です。


◆種の絶滅は人類の絶滅

象の群れ
生物は互いに支え合っています。
クマノミはイソギンチャクと、ワニチドリはワニと共生しています。
私たちの体の中にも腸内細菌のような菌が住んでいます。
細菌類が全くいなくなると私たちも生きていけません。
種の絶滅はその場の生態系の崩壊を意味しています。
一種の生物の絶滅が引き金になって、ドミノ倒しのように人類を含めた生物の全滅につながる可能性があります。

 

http://www.chikyumura.org/environmental/earth_problem/extermination.html


より 抜粋

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

地球上のすべての生命は宇宙人によって科学的に創造された!

 『宇宙人によるインテリジェントデザイン論』

 

本を無料でダウンロードできます。

  ↓     ↓

https://www.raelianjapan.jp/