環境省は7日、新潟県佐渡市で産卵した可能性が高いとみられていた放鳥トキのペアの巣で、卵があることを確認したと発表した。環境省職員が6日、巣から約150メートルの地点から目視で確認した。自然界で産卵が確認されたのは、野生トキが存在していた79年以来31年ぶり。放鳥トキの産卵は初めて。

 産卵が確認されたのは3歳雄と1歳雌。3月下旬からこの雄と雌が交代で巣に残るようになっていたことから、環境省は卵を温めている可能性が高いとみていた。

 国産トキは03年に絶滅。環境省は中国から贈られたトキを人工繁殖で増やし、08年から佐渡市で放鳥を始めた。これまでに30羽が放鳥され、3組が巣作りしている。

<雑記帳>「国内初のクレーター」公式認定めざし論文(毎日新聞)
元妻刺し死なす=殺人未遂容疑、男逮捕-「復縁断られ腹立った」・三重県警(時事通信)
普天間政府案、首相は月内一本化こだわらず(読売新聞)
「処理追いつかず」申請書放置、茨城県係長停職(読売新聞)
<上関原発>島民らの妨害を禁止 山口地裁支部(毎日新聞)
AD