証拠品のナイフの刃を折るように部下へ指示したとして、警視庁は19日、蒲田署地域課の警部補(60)を停職3カ月の懲戒処分とした。不正を知りながら適切な対応を取らなかったとして、上司だった元地域課長の警視(59)も減給1カ月(100分の10)の懲戒処分とした。
 警部補は「ほかにも一件やった」と話しており、同日付で辞職。同庁は証拠隠滅教唆容疑などで警部補ら4人を書類送検する方針。
 同庁によると、2008年11月16日午前1時ごろ、警部補の部下2人が東京都大田区内の資材置き場で、正当な理由なく刃渡り6センチ以上のカッターナイフを所持した男を発見した。
 部下の報告を受け、警部補は銃刀法違反より軽犯罪法違反容疑で処理した方が手続きは早いと考え、同法の対象とするために刃を折って短くするように指示した。
 警視は同月20日、この事実を知ったが、上司への報告を怠るなどした。「定年まであと一年。無事に退職させたかった」と話しているという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
警察官の偽証は違法=「無罪の可能性も」、道に賠償命令
元暴力団幹部射殺で無罪=指示役らとの共謀否定
警部補、証拠差し替え=広島県警が書類送検
自治会長の自宅に銃弾=暴力団追放運動と関連か

<SFCG>債権額2900億円 破産管財人が集会で報告(毎日新聞)
「ラテアート」滋賀の村山さんが日本一に(読売新聞)
支柱に衝突、大学生5人死傷=アイスホッケー部、練習帰り-北海道(時事通信)
組織改革、見直しに着手=防衛省(時事通信)
日本IBM4千億円の申告漏れ、国税が指摘(読売新聞)
AD