子供の性行為を描く漫画など「2次元児童ポルノ」規制のため、都が今定例議会に提出した青少年健全育成条例の改正案について、都は17日、緊急に見解を明らかにした。「キャラクターが幼く見える」といった主観的な理由は規制の対象にならないなどとしている。

 都によると、今回の措置は改正案反対を訴える電話やメールが殺到しているため。寄せられる意見の大半は、「恣意(しい)的運用を招く」など、条例案への誤解に基づくものだという。

 改正案をめぐっては、最大会派の民主などが継続審議を求める方向で調整しており、今定例会での成立が微妙な情勢となっている。

阪神なんば線開業1年 商機つないだ新線力 百貨店・ホテル・大学潤う(産経新聞)
慶大、囲碁で単位OK 4月から私大初 梅沢五段、講師に(産経新聞)
mixiまねて「mixy」… 携帯ぞろぞろ偽サイト(産経新聞)
<スナメリ>海遊館に登場 ニッコリ“初笑い”(毎日新聞)
【日本人とこころ】白川静と出遊(上) 漢字を読み解く知的冒険 (産経新聞)
AD