東京都は6月22日、都市部の低所得高齢者対策住居である「都市型軽費老人ホーム」整備事業の説明会を開催し、入所定員や設備関係など施設の許可審査基準などについて説明する。

 同事業は、23区と武蔵野市、三鷹市の一部の社会福祉法人、医療法人、株式会社、土地や建物のオーナーなどが対象。「創設・買取」で300万円、改修で210万円まで整備費を補助する。

 説明会は午前10時からと午後2時からの2回、文京区の東京都社会福祉保健医療研修センターで。申し込みは6月15日までファクスで受け付ける。


【関連記事】
6月にショートステイ整備事業の説明会―東京都
「介護サービス情報の公表」制度でシンポ
男は「妻」、女は「プロ」に介護されたい─ヒューマが意識調査
福祉サービスへの苦情、横ばいの2500件余-全社協調査
「介護事故」の定義を明確に―日本介護福祉士会

口蹄疫 種牛49頭の救済要請 農水省、結論示さず(産経新聞)
<東京都>政府に要望 水道事業、海外展開で国の支援を(毎日新聞)
5歳女児に虐待容疑=母親と祖父母逮捕―千葉県警(時事通信)
<器物損壊>成田空港の予定地で看板壊す 容疑の60歳逮捕(毎日新聞)
CO中毒、カツオは無関係(産経新聞)
AD