エルムステークスの予想 2017出走馬、軸馬、買い目情報。

第22回 エルムステークス2017(GIII) 3歳以上オープン 1,700m (ダ) 別定 レースの予想、軸馬、買い目などの情報を提供します。プラス収支を目指して奮闘中。


テーマ:
8/14(日)札幌11R・ダ1700mにて
《エルムステークス》が開催されます。





ダートの猛者たちが集結して
激しいレースが繰り広げられる。


上位人気馬の優勝が続いてるが、
果たして2016年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


まずは出走馬を見ていきましょう。


==============
エルムステークスの出走馬
==============


枠 馬番 馬名 斥量 騎手
1 1 ナムラビクター 56 服部茂史
2 2 ヒラボクプリンス 56 吉田隼人
3 3 ジェベルムーサ 57 岩田康誠
4 4 リッカルド 56 黛弘人
5 5 ロワジャルダン 57 モレイラ
5 6 サイモントルナーレ 56 横山和生
6 7 マルカフリート 56 四位洋文
6 8 ナリタスーパーワン 56 池添謙一
7 9 ブライトライン 56 福永祐一
7 10 ショウナンアポロン 57 松岡正海
8 11 モンドクラッセ 56 三浦皇成
8 12 クリノスターオー 56 幸英明


以上、出走馬12頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


モンドクラッセ

昨年まで函館・札幌で計4戦4勝。

前走の大沼Sもレコード勝ちで
北のダート“V5”達成。

ノリにノッている北の舞台で
重賞初制覇を狙い撃つ。


ロワジャルダン

5月の平安S(10着)で、
ダート15戦目にして初めて掲示板を外した。

今回は仕切りなおしの一戦。

鞍上は今週から短期免許で来日する
香港No.1騎手モレイラとの初コンビ。

大敗のショックをリセットするには
またとない鞍上となった。

秋への期待をふくらませるためにも
初の札幌で弾みをつけたい。




クリノスターオー

昨年1番人気に応えられず4着に敗れた。

今回は調教でも猛時計を叩き出し
好調さが際立っている。

昨春のアンタレスS以来となる重賞Vへ。

札幌で復活を果たすか注目。


ジェベルムーサ

昨年の覇者。

前走(ブリリアントS=8着)は
距離も未知数だったが、
一番の敗因は休み明け。

今回は調教も順調にきているし、
鞍上も岩田騎手とのコンビ再結成。

昨年制している舞台で健在さを
アピールしたいところ。


リッカルド

これまでずっと条件戦で堅実な
走りを見せている昇級馬。

ここ10戦で3着を外したのは
1度だけという堅実派。

今回が初の重賞挑戦。

初のオープン挑戦が重賞でも
軽視できない存在。




============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【2-0-3-5】
2番人気【4-1-0-5】
3番人気【3-1-1-5】
4番人気【0-1-0-9】
5番人気【1-3-1-5】
6番人気【0-0-1-9】
7~9番人気【0-3-2-25】
10番人気以下【0-1-2-34】


1~3番人気はいずれも複勝率が50%と
堅く決まる傾向にあるレース。

二桁人気は3頭が馬券に絡んでるが
いずれも10番人気。

11番人気以下は全滅なので注意。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-0-2-5】
2枠【0-0-0-8】
3枠【0-1-0-6】
4枠【2-2-1-9】
5枠【1-2-1-11】
6枠【2-1-2-11】
7枠【2-1-1-12】
8枠【0-1-1-14】


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-0-3-5】
先行【5-8-2-8】
差し【0-0-2-33】
追込【0-0-1-29】
マクリ【3-0-0-1】


直線が短く、前有利のコース形態。

データ上でも先行馬が活躍し、
差し・追込みは厳しい結果。

前で競馬ができる馬か、
早めに自分から仕掛けれる馬でないと
厳しいレースといえる。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==========
予想情報局の総括
==========


北海道シリーズにおけるダート重賞として
注目を集めるエルムステークス。


そのせいか、大波乱という結果は望みにくい。


このところの結果を見ても
上位人気馬であると同時に前で競馬が出来る
タイプが好ましいことがわかる。


追込み馬どころか、差し馬でさえ
買うのは危険度が高すぎるのだ。


過去10年のデータを見ていくと
3着以内30頭中27頭が、
前走が6着以内だった馬である。


また、30頭中23頭は

「JRAのダート1600~1700mの
 重賞かオープン特別」で

連対経験がある馬だった。


そして30頭中12頭は、
前走が札幌&函館のダート1700m。


8月開催となった2012年以降を見ると、
前走重賞が3着内12頭中8頭。


よって、「前走重賞好走馬」、
~~~~~~~~~~~~~~
「前走札幌&函館ダート1700m好走馬」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
に注目して予想を構築したい。
~~~~~~~~~~~~~~




本命は【クリノスターオー


前走の平安Sは2着。

また2年前のこのレースで
2着の実績がある。

コースとの相性もよく、
久しぶりの勝利が近いとみた。


対抗は【モンドクラッセ


前走は大沼Sを1着。

また、札幌ダート1700mは3戦3勝。

重賞のこのレースでも
十分勝機はあると判断し対抗。


以上を加味した馬券戦略は

◎:クリノスターオー
○:モンドクラッセ
▲:ロワジャルダン 
△:ショウナンアポロン
△:ジェベルムーサ 


9年連続で1~3番人気の馬が勝っている。

2~3着には穴馬が来ているが、
勝ち馬は上位人気から選択した方が
データからは期待値が高い。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!



その他の最新ニュースはコチラから

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter


今号は以上となります。


エルムステークス予想2016ブログTOPへ戻る
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
★★★★★★★★★★★★★★★★
第20回 エルムステークス(G3)
★★★★★★★★★★★★★★★★


8/16(日)に札幌・ダート1700mにて
エルムS》が開催されます。




北海道で開催されるレースの中で
唯一のダート重賞。


中心となるのは昨年アタマ差で
2着に惜敗したクリノスターオーなど
なかなかのメンバーが揃った。


果たして2015年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


まずは出走予定馬を見ていきましょう。


===========
エルムSの登録馬
===========


アウヤンテプイ
ウルトラカイザー
エーシンモアオバー
クリノスターオー
グレープブランデー

マルカフリート
ゴールスキー
ソロル
カチューシャ
マイネルバイカ

ジェベルムーサ
ヒラボクプリンス
フレイムコード
シセイオウジ
ダブルスター

アドマイヤブルー
ロサギガンティア
サクラエール


以上、登録馬18頭になります。




==========
予想情報局の注目馬
==========


クリノスターオー

昨年の同レースで2着の惜敗。
今年はG3を3勝している。

G1に手が届いてもおかしくない
実力を持った馬で、
ここを勝って波に乗りたいところ。

スピードを生かせる条件で今年も好走が期待。


ジェベルムーサ

馬体重560kg台と大型な馬だが
パワフルな捲りが持ち味。

1週前追いきりを見てみると
マリーンS時同様の好気配。

陣営からの意見にもある通り
輸送競馬がポイントになるだろう。


ソロル

力はあるが脚の使いドコロが
非常に難しい馬。

そして流れが上手くハマらないと
好走につながらないことが多数。

ただ、ブリンカーをつけての2走は
安定しているので当レースでも
チャンスはあると考えている。

前走は完勝の内容だったし
アタマまで十分ある1頭だろう。


グレープブランデー

過去にはジャパンダートダービー
フェブラリーステークスを制した
こともある実績馬。

かつてほどの勢いはないが、
ここ3走は掲示板を確保しており
復調気配が見られる。

距離延長も歓迎で、古豪復活に向けて
万全の準備で勝負に挑む。


カチューシャ

“北海道巧者”の6歳牝馬。

武豊との久々のコンビ再結成で
初タイトルを狙う。

2戦2勝の札幌で5度目の重賞挑戦。

ただ…今回は相手が強力なので
通用するかに懸念が残る。




============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の人気データを見てみましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【2-0-3-5】
2番人気【4-1-0-5】
3番人気【3-1-1-5】
4番人気【0-2-0-8】
5番人気【1-2-1-6】
6番人気【0-0-2-8】
7~9番人気【0-3-1-26】
10番人気以下【0-1-2-34】


比較的平穏なレースになる傾向が高い。

1~3番人気はいずれも
複勝率が50%とまずまず。

1~3番人気がそろって連対を
外したのは06年のみで、
いずれかが2着までに来ると考えてよい。

また極端な人気薄を狙うのは無謀。


→ エルムステークスの最新予想はコチラ(無料) 


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-0-2-5】
2枠【0-0-0-8】
3枠【0-1-1-5】
4枠【1-1-1-11】
5枠【2-2-1-10】
6枠【2-1-1-12】
7枠【2-2-1-11】
8枠【0-1-1-14】


やや外枠が優勢。

ただし、同レースはほとんど
前で競馬した馬での決着となっている為
枠はそこまで重要では無い。

内枠でも前にいける脚の馬なら
要注意が必要。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-0-2-6】
先行【6-8-3-7】
差し【0-0-2-33】
追込【0-0-1-29】
マクリ【2-0-0-1】


札幌ダ1700mは直線が短かいコース形態。

その為、先行馬が活躍しやすく
差し・追い込みは厳しい結果。




=========
予想情報局の総括
=========


今回は比較的豪華な出走メンバーが
揃っているレース。


ただ有力所の馬はどれも不安材料を
抱えているのは間違いない。


逆にハマればどの馬も勝ちきるだけの
強さを持っている。


データを見てみると
最も期待値が高いのは2番人気の馬。


データ通りなら【ソロス】の好走が期待できる。


ただ、当レースに関して言えば
レース展開や強行馬同士の枠順で
狙いが大きく変わるので、

ここは焦らずに枠順の発表と
各馬の調教具合を精査し

情報が出揃ってから再度馬券を
組み立てていこうと考えている。


ただ、まだ現時点での考察に過ぎないので
他の馬の調子や、各陣営に取材を続け、
読者の皆様に有益な情報を届けられるよう
引き続き情報収集を続けていきます。


新たな情報が入り次第、ご連絡させて頂きます。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
エルムステークス


週末27日(日)は札幌にて第19回エルムステークス(GⅢ・ダート1700m)が開催されます。
登録馬は以下の通りです。

エルムS 登録馬21頭

アスカクリチャン 58.0
アンコイルド 56.0
インカンテーション 57.0
エーシンミラージュ 56.0
エーシンモアオバー 57.0

グランプリブラッド 56.0
クリノスターオー 57.0
クリールパッション 56.0
グレープブランデー 58.0
ケイアイレオーネ 57.0

サトノシュレン 56.0
サトノプライマシー 56.0
ジェベルムーサ 56.0
ジョウノボヘミアン 56.0
シンボリエンパイア 56.0

ソロル 57.0
タイセイスティング 56.0
ナリタシルクロード 56.0
ブライトライン 57.0
フリートストリート 57.0

ローマンレジェンド 58.0


GⅠ(地方交流含む)実績馬2頭と、GⅢタイトル馬が7頭。
なかなか人気が読みづらいメンバーが揃いましたが、有力馬をピックアップします。


ローマンレジェンド
重賞2勝しているGⅠ馬のローマンレジェンドです。
6歳ということで、引退かと思われたがここで登録してきました。休み明けで58kgという不安もあります。ズブくなっているので小回りのこの距離はどうか・・・。
ただ、ダートの重賞はキャリア豊富な高齢馬の活躍が目立つのでこの復帰戦を機に勝ち上がっていっていくかも。


ジェベルムーサ
56kgの馬の中では抜けた存在かと思われます。賞金は12番目ですが、なにせ強豪が多いので難しい。
賞金的にも加算しておきたいところ。


ソロル
前走は平安S(GⅢ)で2着。3月のマーチS(GⅢ)で重賞初制覇をあげています。
ここまで相当使ってこられているので体調・疲れが心配ですが、どうやら元気は一杯のようですね。


全体的には強い先行馬が集まった印象です。
こうなると馬場と枠順が重要になってきそうですね。


エルムステークスの3連単の買い目を配信している予想サイトがあるので、こちらを参考にしてみては。


↓↓↓


エルムステークスの3連単買い目はコチラ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。