稲毛エルム歯科クリニックのブログ

皆さんこんにちは、稲毛エルム歯科クリニック院長、長尾周格です。
このブログでは、当クリニックが行っている予防歯科関連の記事や、歯科治療に関する記事をアップしています。
興味深い記事をたくさん用意していますので、是非ご覧ください。


テーマ:
僕の知り合いにも、食べられないものを聞くよりも、食べられるものを聞いた方が早いというくらい偏食な人がいました。大人になって偏食だと、周りも気をつかうし、何かと大変です。子どもの偏食は親のしつけの問題だと思われていますが、果たしてそれだけでしょうか?

人間は食べ物から栄養を得て生きています。ですから生きるためには食べ続けなければなりません。しかし、食べ物には栄養分も含まれますが、毒素や細菌など、身体にとって良くないものもまた、含まれます。

食べ物を食べる時に、歯触りで食感を感じたり、舌で味覚を感じたり、鼻でにおいを感じたりしているのは、なにも美食のためではありません。基本的には異物が入っていないか、腐っていないか、食べられるかを判断しているのです。

人間は食べ物から多少毒素や細菌を取り込んだとしても、肝臓での解毒能や免疫機能によって身体が守られています。より多くの種類の食べ物を摂取すれば、それだけ栄養を満たしやすくなる半面、毒素や細菌感染のリスクも高まります。一方で食べる物の種類が減れば、栄養補給には不利ですが、それだけ肝臓や免疫は対処しやすくなります。

ですから偏食というのは、免疫機能が低下していたり、肝臓での解毒能が低下しているという身体のサインなのかもしれません。生まれながらにこのようなハンデを持っている子どもというのは、妊娠中の母親の栄養状態に問題があることがほとんどです。

僕は予防歯科の観点から、母体の妊娠前の十分な栄養補給の重要性を訴えています。それは健康で丈夫な赤ちゃんを産むために必要な事なのです。妊娠前の栄養補給を怠ったり、妊娠中や授乳中の母親の食生活に問題があったりすると、そのツケが子どもに払わされます。ですから子どもの偏食を叱る前に、自分の胸に手を当ててください。「自分は妊娠前や妊娠中に正しい食生活で十分な栄養補給を行っていたのか?」と。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
乳製品において乳糖が多量に含まれるものは、牛乳とヨーグルトです。ヨーグルトは乳糖を分解して発酵していると思われていますが、どんなに発酵が進んで酸っぱくなったヨーグルトでも、70%以上の乳糖が未発酵のまま残っています。ですから牛乳やヨーグルトにおいては、乳糖不耐かどうかにかかわらず、摂取しない方が良いでしょう。

これに対し、バターやチーズは牛乳に含まれる脂肪分やタンパク質(カゼイン)を取り出したものであり、乳糖はほとんど含まれません。ですから安心して摂取して良いでしょう

乳製品に対しては、カルシウムの吸収効率の問題や、リンの含有量が多く、カルシウムをうまく取り込めないという問題も聞かれます。しかしこれは、疫学的調査や動物実験での仮説であり、相関関係は認められても因果関係があるとは限りません。様々な食品が栄養素の含有率の違いの元で存在していることを鑑みれば、牛乳の成分比率だけがことさらに害となるとは考えにくいでしょう。

また、乳牛に与えられた成長ホルモンなどのホルモン剤や抗生物質、飼料として与えられた遺伝子組み換え作物や残留農薬の蓄積に関しては、家畜動物全体の問題であって、乳製品に特有の問題という訳ではありません。

以上のことを踏まえるなら、乳製品において恐らく問題となることが確実なのは乳糖であり、したがって乳糖を多く含む牛乳やヨーグルトは極力避け、乳糖をほとんど含まないバターやチーズについては摂取に特に制限を設ける必要はないと考えるのが、妥当だろうと現時点では思われます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ならば、ラクターゼ分泌能を持つ人なら、牛乳やヨーグルトを摂取しても良いのでしょうか?いえ、そうとは限りません。確かに乳糖を分解できる人は下痢をしたり腸内環境を悪くすることは無いでしょう。しかし問題は、乳糖が分解され、吸収された後にもあるのです。

乳糖はブドウ糖とガラクトースに分解されてから、生体内に吸収されます。ブドウ糖は多くの糖質の基本構成成分であり、人体には代謝系が整備されています。しかしガラクトースはそうではありません。

ガラクトースは基本的に解糖系で代謝され、エネルギーとすることができません。しかも、ガラクトースは果糖同様、ブドウ糖の10倍も糖化能力の高い糖です。全身の細胞を糖化することで、様々な疾患を引き起こす原因となります。このため、ガラクトースは小腸で吸収後、肝臓でブドウ糖に変換されます。しかし、牛乳やヨーグルトに含まれる乳糖は多量なので、肝臓で
処理しきれないガラクトースが全身に回る危険性があります。

実際、ガラクトースは白内障の原因物質としても知られており、老人が骨粗鬆症対策として飲んだ牛乳によって白内障が多発することが知られています。乳糖を分解できる体質だからといって、牛乳やヨーグルトを積極的に摂取することにはリスクが伴うのです。

ちなみに自然界には乳糖以外にもガラクトースは存在します。また、人間にとってはガラクトースはプロテオグリカンやガングリオシドの構成成分としても必要です。特に出産後間もない赤ちゃんは、急速に成長していきます。この時期には多量のガラクトースを必要としますから、母乳に含まれる乳糖由来のガラクトースは問題を起こしません。

しかし、成長がある程度落ち着くと、ガラクトースの生体需要は非常に低下します。人間以外の哺乳類はこうなるともう母乳を摂らなくなるので問題ないのですが、人間は成長が落ち着いた後でも乳糖を摂り続ける場合があり、この場合に過剰に摂取されるガラクトースが問題となるのです。

またまた長くなったので、続きは次回で。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。