稲毛エルム歯科クリニックのブログ

皆さんこんにちは、稲毛エルム歯科クリニック院長、長尾周格です。
このブログでは、当クリニックが行っている予防歯科関連の記事や、歯科治療に関する記事をアップしています。
興味深い記事をたくさん用意していますので、是非ご覧ください。


テーマ:
以前も何度か書いていますが、今日は腸カンジダという病気について書こうと思います。

カンジダ症というのは、カンジダ菌が異常増殖することで、様々な病気を引き起こすことを指します。カンジダ菌というのはどこにでもいるありふれた菌(常在菌)であり、イースト菌の一種です。イースト菌は真菌といって、病気を引き起こす細菌とは別の種であり、真菌はカビの仲間です。

イースト菌といえばパンを膨らますための菌として知られています。お家でパンを焼いたことがある人なら知っていると思いますが、パンを焼くときに、甘い菓子パンでなくても生地にイースト菌と一緒に砂糖を入れます。なぜ砂糖を入れるのかというと、イースト菌は砂糖が大好物であり、砂糖を栄養にしてどんどん繁殖するからです。イースト菌は砂糖をエサに繁殖する時に、二酸化炭素とアルコールを作ります。これによってパンがふんわりと膨らむのです。


イースト菌は砂糖があるところでは、他の菌よりも優先的に繁殖します。そして繁殖する時に自分以外の菌が繁殖できないように、他の菌の繁殖を阻害する物質を分泌します。この物質が、人間の体の粘膜に作用すると、炎症を起こします。人間の腸(特に小腸)でカンジダ菌が異常増殖することで小腸粘膜に炎症が起こることを、腸カンジダといいます。

小腸には元々誰の体にも、多少はカンジダ菌が住んでいます。しかし通常はビフィズス菌や乳酸菌のような腸内細菌がたくさん住んでいるので、カンジダ菌は増殖できません。しかしカンジダ菌の大好物の砂糖や甘い物を普段からたくさん摂るような生活をしていると、カンジダ菌が異常増殖してしまいます。カンジダ菌の出す物質は小腸粘膜に炎症を引き起こし、またカンジダ菌の増殖によって人間の健康にとって重要な役割を果たしてくれているビフィズス菌や乳酸菌が住めなくなってしまいます。

全身の皮膚と人間の消化器官の粘膜とは全てひとつながりになっていて、外界とつながっています。皮膚に特定の原因(うるしに触ったなど)が無いにもかかわらず、皮膚に炎症が起こることがあります。アトピー性皮膚炎やにきび、乾癬などです。皮膚疾患が起こると、人は自分の目に見える部分の疾患のみを治そうと考えます。皮膚科で薬をもらってきて、炎症のある皮膚に薬を塗ります。しかし、それではほとんどの慢性的な皮膚疾患は治りません。

なぜなら、そもそもの炎症の原因は、人間の目では直接見ることのできないところ、すなわち腸粘膜にあるからです。小腸の粘膜に慢性炎症が起こると、多くの場合小腸だけでなく全身の皮膚や粘膜にも症状が出ます。目に見える皮膚の症状だけが治ったとしても、病気の根本原因である腸管粘膜の炎症が放置されていれば、簡単にまた再発し、増悪していく事でしょう。

この、腸管粘膜の慢性炎症を、最近では「リーキーガット症候群」と呼んでいます。原因不明の難病の多くも、突き詰めてみれば何のことは無い、砂糖の摂り過ぎで腸カンジダになっているだけというのが意外と多いのです。こういう事実を知ってもらえれば、砂糖を摂らないことが単にむし歯の予防になるというだけでなく、人間本来の健康を維持していく上で極めて重要であるということに気づいてもらえることでしょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
人間が食べた食物は消化・分解され、小腸で吸収されます。糖質、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどは小腸の粘膜から吸収された後、門脈を通って肝臓に行きます。しかし脂質だけは、その大部分が直接リンパ管に入り、そのまま全身へと運ばれていきます。

西洋医薬のほとんどが脂溶性なのは、この脂質の吸収のメカニズムを利用するからです。水溶性だと門脈から肝臓へと運ばれ、そこで代謝を受けてしまいます。基本的に薬物は毒物ですから、肝臓で無毒化されてしまうと薬効が発揮されなくなってしまいます。

脂溶性の薬物はまた、脳の血液脳関門も通りやすく、脳に作用する薬物はもっぱら脂溶性となります。脂溶性薬物は最終的には肝臓で代謝されますが、一部は体内の脂肪組織に入り込み、ずっと残り続けます。


向精神薬の解毒が難しいのは、脂肪細胞内に取り込まれたり、脳の髄鞘(神経細胞を保護する脂質の層)に取り込まれたりするからです。脂質代謝を活発化させ、古い脂質を新しいものと置き換えることで、解毒を行うことが可能です。この際に重要なのが、脂肪細胞からの脂肪酸の放出を抑えるインスリンを分泌させないようにすることと、良質の脂質をしっかりと摂ることです。

またこれは、人間のみならず動物でも当てはまります。家畜動物に与えられた薬物は、その脂肪部分に高度に蓄積していきます。ですから家畜動物を食べる時には、飼育環境に気をつけなければいけません。これは乳製品も同様です。

脂質は人間の健康を維持する上で非常に重要な栄養素です。普段の食事の40~50%が脂質となるよう、積極的にとりたいものです。しかしながら、脂溶性薬物の蓄積も考えるべきで、脂質摂取においてはその質がとても重要なのです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
歯科界には様々な詐欺がまかり通っていますが、今日はそんなものの一つ、「マウスピース矯正」について書きましょう。

マウスピース矯正とは、透明なマウスピースのような装置を歯に被せて、歯並びを整える矯正治療の事です。「見えない矯正」みたいな宣伝がされていることもあります。見えない矯正というのは本来「舌側矯正」といって、矯正用ブラケットを歯の裏側に付けて行う矯正治療のこと。最近ではマツコ・デラックスさんがやっていますね。

ところがこの舌側矯正は、技術的に非常に高度ですので、日本で確実に治療できるドクターは非常に限られています。特殊な技術で扱えるドクターも少ないので、費用もまた高くなります。


このため、一般の歯医者にとっては取り入れることが非常に困難なのですが、今の時代、歯医者は不況なので、自費診療の売り上げを増やしたいと考える歯医者がたくさんいます。そんな歯医者が手軽に始められる自費診療として、マウスピース矯正が流行しているようです。

しかしどんな装置を使おうとも、矯正治療自体は非常に高度な知識と技術を要する治療です。誰でも簡単にできて、確実に結果が残せるなんてわけも無く、当然のことながらトラブルが頻発しています。

しかしマウスピース矯正の流行の一端には、不況にあえいでいる歯医者をカモにしたい人たちの思惑も存在します。というのも、こういうマウスピース矯正のセミナー(大抵は一日か二日で修了認定を出す)を行っているのは、矯正専門医なのです。

昨今の歯科不況は、なにも保険診療中心の一般の歯医者だけではありません。矯正専門医もまた、一般歯科からの紹介患者の減少によって、経営が苦しくなっています。そういう矯正専門医が、割のいい小銭稼ぎとして、一般歯科医向けのセミナーを行っているのです

そういう矯正専門医が行うセミナーの鉄板がマウスピース矯正と、プレート矯正です。さすがにマルチブラケットの治療は非常に高度ですから、そう簡単に一般歯科医は導入できませんが、実はそこもデーモンシステムだなんだと、無知な一般歯科医向けのセミナーが存在する始末。

そうして無知な人間にいいかげんな矯正治療が伝わり、無知な患者がカモにされる。というわけで、最終的に割を食うのは患者だという事です。

当たり前のことですが、本物の技術というのは簡単に手に入るようなものではありません。そして、本物の技術を持つのはいつの時代もごく一握りの人間だけなのです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。