稲毛エルム歯科クリニックのブログ

皆さんこんにちは、稲毛エルム歯科クリニック院長、長尾周格です。
このブログでは、当クリニックが行っている予防歯科関連の記事や、歯科治療に関する記事をアップしています。
興味深い記事をたくさん用意していますので、是非ご覧ください。


テーマ:

今週末はいよいよ最終回、8月28日(日)「炭水化物が人類を滅ぼす」でおなじみの夏井先生の講演です。演題は「糖質制限で健康になろう」です。テレビでおなじみ夏井先生の生のお話が千葉で聞ける貴重な機会ですから、この機会にぜひご参加ください。なお、懇親会は現在のところ満席となっています。懇親会参加希望の方はキャンセル待ちとなりますので、ご了承ください。

講演会の参加費は各2000円となっています。
講演会の後は懇親会の予定もあります。懇親会は4000円で飲み放題となっています。講師の先生と直接お話しできる機会ですから、お時間の許す方は是非ご参加ください。
懇親会はやるき茶屋、津田沼南口店で行います。

お問い合わせ・お申し込みはメール(elm-dental@cube.ocn.ne.jp)、または電話(043-255-8341)にて受け付けます。

お申し込みの際は、お名前、フリガナ、連絡先電話番号、懇親会の参加の有無をお知らせください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて、これで肥満に関する全ての謎が解けました。今までのお話をまとめましょう。
・肥満は糖質の過剰摂取と栄養欠乏によって起こる
・肥満を解消するためには、糖質を極力摂取しないようにすべき
・特に甘みの強い砂糖や異性化糖などの糖類は、一切摂取してはいけない
・栄養欠乏を改善するために、栄養豊富な食物をたくさん摂取すべき

・栄養豊富な食べ物とは、肉や魚介類などの新鮮な動物性食品
・食事制限や断食、過度の運動は栄養欠乏を悪化させ、食欲を増強するので慎むべき
・栄養状態が改善されると、自然に適切な体型や健康状態となる
ということですね。

要は、肥満は食生活の問題によって起こるのだから、食生活を改善すれば肥満は解消するという事です。そして肥満の治療や予防に最適な食事法はといえば、肥満が無かった時代の食事法や、肥満の存在しない社会の食事法という事になります。

肥満が無かった時代というのは、農耕開始以前の狩猟採集で生活していた時代のこと、また肥満の存在しない社会というのは、狩猟採集で生活している先住民族のことを指します。ですから狩猟採集型の食生活こそが、肥満の解決法であり、また予防法となるのです。

狩猟採集型の食生活とは、分かりやすく言えば、僕の提唱している「先住民食」という事になります。これは元々予防歯科実践法としての食事法として考案されたものですが、肥満や様々な慢性疾患の治療や予防にもまた、効果があることが分かっています。

そしてそのコンセプトを簡単にまとめれば、「断糖肉食」という事になります。糖を断って肉を食う、そういう食生活が肥満と無縁な生活を営む秘訣となるのですね。

以上で「あなたが太っている理由」シリーズはすべて終了です。皆様最後までご愛読いただき、ありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回で話は終わったとお思いのあなた、まだ話は終わっていませんよ。

前回までのお話で、「糖質が肥満の原因なのでは?」というご質問がありました。鋭いですね、その通りです。しかし前回までは糖質が肥満とどういった関係なのか、解説していませんでした。その意味で前回までの話では、なぜ人は太るのか?そしてどうすれば良いか?について、半分しか答えていません。

というわけで、今回は肥満と糖質との関係についてお話しします。


肥満というのは太ること、体重が増えることを指しますが、厳密にいえば太っているのは筋肉や骨ではなく、脂肪細胞です。脂肪細胞が細胞内に中性脂肪を過度に取り込むことによって、肥満が起こっているのです。では、なぜ脂肪細胞は中性脂肪を過度に溜め込んでしまうのでしょうか。

脂肪細胞の脂肪の出入りをコントロールしているホルモンは、インスリンといいます。インスリンは膵臓のランゲルハンス島というところにある、β細胞から分泌されるホルモンで、血糖値の調節を行っています。糖質を摂取すると小腸で糖(ブドウ糖)が吸収され、血糖値が上昇します。上昇した血糖値を下げるために、インスリンが分泌されます。インスリンは脂肪細胞に働きかけ、ブドウ糖を取り込んで中性脂肪に変換して蓄えるようにします。ですから、インスリンが分泌されればされるほど、人は太っていく事になります。

インスリンはまた、脂肪細胞中の中性脂肪を血液中に放出することを防ぐ働きも持っています。ですから、インスリンの血中濃度が常に高い状態になると、脂肪細胞は脂肪を溜めこむ一方になり、どんどん太り続けます。

砂糖などの甘みの強い糖類は、特にインスリンの過剰分泌を引き起こします。これが頻繁に起こると、インスリンが常に過剰に分泌されるような状態となってしまいます。これが、低血糖症です。

ただし、低血糖症の人が全て太るわけではありません。低血糖症に伴い放出される種々のホルモン(グルカゴン、アドレナリン、糖質コルチコイド、チロキシン、成長ホルモンなど)には、代謝を活発にして脂肪を燃焼させる効果を持つものもあり、低血糖症=肥満とはならないのです。

しかしまた、低血糖症によって各種ホルモンの過剰分泌が起こると、代謝が活性化し、栄養素が過度に消費されます。肥満の人は前回までで説明したように、栄養欠乏がありますから、糖質の過剰摂取による低血糖症は、栄養欠乏をさらに悪化させます。

インスリンを過剰に分泌させるのは糖質であり、特に吸収の速い糖質はさらにインスリンを過剰に分泌させます。そしてインスリンが過剰の状態になると、脂肪細胞が脂肪を放出しなくなり、さらに血中のブドウ糖も優先的に奪ってしまうため、他の細胞はエネルギー欠乏となって、飢餓状態となってしまいます。これがさらなる空腹感を引き起こし、過度の食欲が起こってしまいます。そして糖質を貪り食って・・・、悪循環ですね。

というわけで、肥満の人は栄養欠乏だけでなく、糖質の過剰摂取もまた存在します。そしてこれらは相互に関係し合い、肥満を悪化させていきます。ですから肥満解消にはただ単にたくさん食べるだけでは不十分です。肥満を促進する糖質を極力排除しなければ、糖質過多のみならず、栄養欠乏もまた解消されないでしょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。