稲毛エルム歯科クリニックのブログ

皆さんこんにちは、稲毛エルム歯科クリニック院長、長尾周格です。
このブログでは、当クリニックが行っている予防歯科関連の記事や、歯科治療に関する記事をアップしています。
興味深い記事をたくさん用意していますので、是非ご覧ください。


テーマ:
僕は何も自分のことを差し置いて、他人のことを“家畜”だと罵倒しているのではありません。僕も家畜化されていると思っています。家畜化された人生を歩んできて、31歳の時に潰瘍性大腸炎になりました。野生の人間は決してならない、家畜化された人間に特有の病気だということも知らず、西洋医学的治療を続け、悪化していきました。

食事に気をつけるようになったものの、親の勧めで東城百合子の玄米菜食を実践したものだから、ちっとも良くなりません。ついには潰瘍性大腸炎の急性増悪で大腸に穴が開き、本当に死にかけたことでやっと玄米菜食が実は間違っているのではないか?ということに気が付きました。

その後はオーソモレキュラーとの出会いや、プライス博士の著書を読んで先住民族の生き方を知り、先住民食を中心とした予防歯科専門クリニックを立ち上げることになりました。潰瘍性大腸炎を完治させ、自分の体調が見違えるほど好調になっていくにしたがって、思考も研ぎ澄まされるようになりました。

今までの自分の人生を振り返り、真実を自分で探究するようになって、自分が家畜として生かされていたことを悟りました。世の中の構造を知るにしたがって、家畜化された人生からの脱却、人間本来の生き方、野生動物的な人間とはどういうものか、実感したくなりました。

現代人が家畜化された人間なら、先住民族は野生の人間といえます。だから僕は、自分の中に眠っている野生の人間性を取り戻したいと願うようになりました。それが食事のみならず、ベアフットランニングを始めた理由です。

先日も裸足で3キロほど走りましたが、まだまだ野生の人間性を取り戻せていません。40年以上も家畜化されてきた人間が、いきなり野生の本能を取り戻せるはずもありません。でも、いつか必ず取り戻してやると意気込んでいます。野生の人間性を取り戻すこと、人間を取り戻すことの素晴らしさを伝えること、それが今僕が最もやりたい事です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こないだ動物愛護の観点から肉食を否定する人の文章をみていたら、興味深いことが書いてありました。それは、「牛に与える穀物を人間が消費すれば、11倍の人間を養うことができる」というものでした。なるほど、動物愛護の人ってこういう考え方をするんだなと、改めて感心しました。

そもそも牛は草食動物ですから、穀物は食べません。家畜動物に穀物を与える理由は、早く大きく、太らせるためです。太らせるのが目的ですから、穀物肥育と呼ばれます。しかし牛本来の食べ物では無い穀物を大量に食べさせれば、消化器官に問題が起こってきます。この問題を回避するために、穀物肥育の牛には大量の抗生物質が与えられます。

世界三大珍味の一つであるフォアグラは、ガチョウやアヒルの肝臓の事ですが、肝臓を脂肪肝にするために、大量のトウモロコシを無理やり食べさせます。牛にせよ、豚や鶏にせよ、フォアグラにせよ、穀物は脂肪を蓄えさせ、太らせるために家畜に与えるものなのです。

そう考えると、さっきの牛に与える穀物を人間に与えるべきという話も、違う捉え方になります。要は、家畜のエサを人間に食わせろ。人間は家畜として生きるべきなのだから、家畜にふさわしい物を食うべきであり、家畜を食うべきでない、と。

確かに穀物中心の食生活をしている人たちの生活をみれば、さもありなんとうなずけます。朝から晩まで労働力を搾取され、雇用者に従順な労働者が模範とされます。人間本来の運動能力を失い、家畜のように丸々と太って今にも出荷されそうな人たちが街にあふれています。太ってはいなくても、様々な病気や問題を抱える人たちばかりであり、人間本来の健康的な肉体や精神を持つ人などまれにしか見かけません。

しかし、穀物が家畜のエサである最たる所以は、人間の思考を奪う事なのかもしれません。穀物中心の食生活をしている人は、家畜根性というか、奴隷根性丸出しの人が多いのですから。家畜の幸せを訴える人たちとは、僕は全く仲良くなれそうもありません。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
子どもは何でも親のマネをしたがります。これは、自分が所属する共同体の中で生きていくために、自分の存在を認めて欲しいからです。男の子も女の子も、5歳くらいになれば親の後についていき、見よう見まねで大人の生活技術を身に付けていきます。

親の仕事は早く子どもを共同体の成員に仕立て上げること。親は子どもに自分の生きざまを見せ、生きていく力を与えます。生きる力とは、男の子であれば狩猟の技術であり、女の子であれば、採集や料理、裁縫などの技術です。

ですから親は子どもが5歳くらいになったら、自分の仕事を見せた方が良いのです。言葉で説明するのではなく、生きざまを見せることが重要です。家でゴロゴロしている所しか見せていなければ、男の子が父親を尊敬するようになるわけがありませんから。...

女の子もまた、家事を積極的に手伝わせるべきです。刃物の扱い方も含め、小さいうちからどんどんやらせた方が、人間力が高まりますし、何より親を尊敬するようになります。親子関係は尊敬の念が無ければ正常に育まれません。正常な親子関係を幼少期に築けなかった子どもは、大きくなっても正常な家庭を作れなくなってしまいます。

近年飛躍的に文明が発達し、我々の生活は激変しました。しかし、人間の本質的な部分はそう簡単には変わりません。社会の様々な問題の多くは、人間の本質に逆らうような行為によって生み出されています。ですから伝統的な生活を営む先住民の生き方から、我々が失ってしまった大切なものを取り戻すヒントを教えてもらう事は、非常に価値のあることだと僕は考えます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。