ミッケとは「ミレニアム」シリーズに出てくるミカエルの愛称。この映画に出ていたミカエル・ニクヴィストはまさに本で読んだとおりのミッケそのもので、見る者全てを魅了していたので私はずっとミカエル=ミッケと呼んでいた。

 

「ミレニアム」ではヒロインのリスベットがいろんな意味であまりにも逸脱しているため、常に彼女を優しく包み込むミッケの存在が読者にも観客にも精神安定剤の役を果たしていた。優しい父親、頼れる兄貴分、気を許せる恋人、それら全ての役割を兼ね備えた人物=ミッケを完璧に表現できたのはミカエル・ニクヴィストその人の資質が大きかったのだろう。

 

そう思っていた私は次に「ゴースト・プロトコル」でミッケを見た時そのあまりの変わりようにショックを受けたものだ。あの懐深く優しい男性の姿は影も形もなく、いるのは冷酷で頭の切れるテロリスト。常に鼻先でイーサン・ハントをするりと交わし、己の計画の実行のためなら命もかける狂信者。「あのミッケはどこに行ったの?」と私はひたすら呟いていたものだ。ミッケはジャーナリストとして広い視野と多面的な物の見方を備え、人助けを厭わない人物だったのに、「ゴースト・プロトコル」では自分の信念を貫くためならあらゆる方法で敵を排除する殺人者だったからだ。

 

でも考えてみれば、二つの人物像は鏡の表と裏のように似てもいる。ミッケだって自分の信念を貫くためなら犠牲を厭わない人間だ。ただそこで犠牲にしてよしとするのが自分自身だけか、自分以外の全ての人間か、というのが違うだけなのだ。その違いは天と地ほども隔たってはいるのだが。ミッケがほとんど聖人に近いのは、自分以外の犠牲を決して容認できない点にある。

 

翻って「ゴースト・プロトコル」「コロニア」「ジョン・ウィック」では。ミカエルは自分以外の全ての人間を平気で使い捨てにできる男であった。そういう演技をしていると、ミッケの時とは顔まで変わってしまう。天使が地に墜ちたらあんな顔になるのかもしれない。

 

悪役として私がミカエルを見た上の三作の中で、飛び抜けておもしろかったのはやはり「ジョン・ウィック」のヴィゴだろう。ロシアンマフィアの親分だが、他の二作の悪役と違って冷酷ながら非情に人間味にあふれた男だった。彼が最高の悪役を演じてくれたから、キアヌの良さが光り、だから「ジョン・ウィック」がスマッシュヒットとなったのだと思う。

 

タイトルロールのジョンに執拗に命を狙われる内、たぶん自分の今の状況を客観的に見て可笑しくなってしまったのだろう、ヴィゴが妙にはしゃぎ出す。自分の命が風前の灯火なのに、銃を求める部下の手に渡すと見せかけてはヒョイと取り上げる。普通なら最も緊張感に満ちるべきシーンでの、このしょーもないイヤガラセ。恐怖で汗まみれになっているのに、何故そんなことをする? それが、ミカエルが作り上げたヴィゴという人間だからだ。あの生きるか死ぬかの場において、そんな脱力系のギャグをかましても不自然に見えないというのが、ミカエルの演技力のすごいところなのである。

 

私の中で「ジョン・ウィック」は3大バカ息子映画の一つに輝いている。ちなみにあと二つは「ザ・レイド 極道」と「ラン・オールナイト」で、どれも父親が一代で築き上げた悪の帝国が、バカ息子のアホな行動のせいで一夜にして瓦解するというストーリーだ。どのオヤジも叩き上げで渋くて腕っ節も強いのだが、ユーモアがあったのはミカエルのヴィゴだけだ。だからこそ、その死に様も記憶に残るというものだ。

 

あのヴィゴは、ミッケ同様、他の誰にも演じることはできないだろう。もっともっとミカエルの演技を見ていきたかったのに……。享年56歳という若さでこの世を去ってしまうとは、残念この上ないことだ。

 

さようなら、天使のようだったミッケ。「ミレニアム」がある限り、あなたの姿は永遠です。そして「ジョン・ウィック」ある限り、ヴィゴもね。

 

今はただ心からのご冥福を祈ります。

 

AD

『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』ミカエル・ニクヴィストさん、肺がんで死去 56歳(シネマトゥデイ) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000017-flix-movi @YahooNewsTopics

 

映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』シリーズなどで知られるスウェーデン人俳優ミカエル・ニクヴィストさんが肺がんのため亡くなった。56歳だった。

【写真】『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のミカエルさん

 「ミカエル・ニクヴィストの代理人たちと家族を代表して、愛するミカエルが長きにわたる肺がんとの闘いの末、家族に囲まれながら静かに息を引き取ったことを残念ながらご報告します。彼はスウェーデンで最も尊敬され、熟練した俳優の一人でした」と代理人の一人がPeopleなどに発表。彼の魅力とカリスマ性は否定しがたく、一緒に仕事をした人は彼がいかに演技を愛していたかを感じ取れたはずだと続けている。

 30年にわたり俳優として活躍したミカエルさんは、スティーグ・ラーソンさん原作の『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』シリーズでジャーナリストのミカエルを演じて世界的に知られるようになり、その後、『ジョン・ウィック』『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』『コロニア』などに出演。今年米公開予定のジェラルド・バトラー、ゲイリー・オールドマン共演の映画『ハンター・キラー(原題)/ Hunter Killer』にも出演している。

 

 2010年には自伝「ジャスト・アフター・ドリーミング(原題)/ Just After Dreaming」を出版し、子供時代や演劇学校の思い出を執筆。また、赤ん坊で養子に出された彼が、30歳の時に本当の両親を捜し出した詳細についても書かれており、スウェーデンで高く評価されていた。(澤田理沙)

 

 

AD

アカデミー各賞に輝き、日本でも結構話題になってた映画「ララランド」。 私はワリと好きでした。歌もダンスも楽しいし、主役二人は可愛いし♪

 

このあと内容に触れますので未見の方はご注意下さい。

 

 

しかし日本のウェブで見かける記事では手放しで褒めてたの、あんまり見なかったような。逆に『男性上司が「ララランド」見ろとすすめてウザイ』とか、『「ララランド」を見て元カノ語る男性続出』とかいう類の記事が目についてびっくりしたものですよ。そういう記事では大体映画についての正当な評価はされてなくて、見た後の人間の反応をとりあげているわけです、主に男性が元カノを思い出して胸にこみ上げるものがあったという。

 

これはよく言うアレですね、女の恋は上書き、男は名前つけて保存、という。昔の恋人とのあれこれを昨日のことのように思い出すというのは、やはり男性側に多いことなのでしょう。それでそのことを興味もないのに延々と語られる側の女性が恋愛感情の有無にかかわらず頭に来るというのが「ララランド現象」だったような。

 

非モテ一筋で一生を生きてきた私には元カレなんていないので、もし昔の恋人と一緒になってたら……なんて幻想の生まれる予知もないため、虚心坦懐に見られた分「ララランド」を手放しで楽しめたのかもしれません。

 

でもね、女性の目から見るとちょっと不自然だな……と思われる場面はあったのよ。ええ、私も上書き保存する女性ですからね。

 

「ララランド」のクライマックスはセブ(主人公)と別れたミア(ヒロイン)が女優として成功を収め、優しい夫と結婚して可愛い娘まで授かっているという幸福の絶頂にある時に、たまたま入ったナイトクラブでセブを見かける所から始まります。セブは二人が夢に描いた店をやっているので、彼は彼なりに成功しています。それを見たミアが、あのとき二人が別れず、そのまま愛しあい続けていたら……とつい思い描いてしまうんですね。そして出会いのシーンからもう一度やり直せたら……とそれまで映画で描かれたシーンを彼女の理想通りに直して早送りで数年分一気に見せていく。この一連のシーンが最高なのですが……。

 

でもさ、優しい夫と結婚して最愛の娘を授かって幸福の絶頂にいる女がさ、たまたま昔の恋人見かけたからって、その人と人生を歩んでいたら……なんて激しい後悔と共に思い出すかね? セブとに日々を思い描いている時のミアの顔って、女としてはあり得ないと思うんだけど、私。そりゃキライで別れたわけじゃないにしろさ、今の夫と出会って結婚するまでにはそれなりの恋愛をしたわけだろうし、娘はめちゃくちゃ可愛がってて仕事は充実してて順風満帆なんだからさ、昔の男なんてどうでもよくない? 

 

その一点で、私にとっての「ララランド」は「楽しい」だけの映画になってしまったわけですよ。だって、あれ、女心じゃない。

 

だからこそ、「ララランド」を見た男心に響いてるんでしょうなあ。

たとえ今カノと幸せの絶頂にいても、元カノのことを別枠で思い返せる心情、それこそ名前をつけて保存できる男の特技なんじゃないでしょうか。

AD