スィートマーレライ(トールペイント)&タッセルサロン

さりげない日常を大切にしていくとき、
ひとつひとつの出来事がキラキラと光る宝石のように輝いてくる
そんな宝石を拾い集めて感謝に換えていきたいと思います


テーマ:

サンケイさんから宅急便が届きました。


中味は10年くらい前にスクラップブッキングのサンプル作品を

お仕事で作らせていただいた時のものです。




副社長さん自らのお手紙まで添えて送ってくださいました。




この時は、丁度、娘が大学生でイギリスに留学を前に、母娘でドイツ・オーストリアを旅した直後だったので、その思い出を形にさせていただいたのでした。


ザルツブルクのマルクト、訪れるたびに心が弾みます。

民族衣装を布で張り付けました。



この頃はまだデジカメではなくフィルムカメラで撮っていたので

写真屋さんでプリントしてここに張り付けたのだったと思います。

懐かしい~~!


そして、ザルツブルクは「サウンド・オブ・ミュージック」のロケ地ですね。

どの映画より何より一番好きな映画です。


トラップファミリーのペイントは、サンケイさんのコンテスト展で「招待作家」として

サウンド・オブ・ミュージックを描いた作品の一部を写真に撮った物です



インスブルックから→ドイツのオーバーアマガウへ。

壁画とトールの原点ともいえる絵付けの家具を見たくて。

バスを乗り継いでたどり着き、ここで一泊。




ウィーンではマリアテレジアとエリザベートの面影を感じました。

色鉛筆で文字を書いていますね。アナログです~



ミュンヘン。この旅の時には、まさか娘が(本人自身も)ミュンヘンを州都とするバイエルン州に嫁ぐことになるとは夢にも思わず。


サンケイさんのおかげで思いがけず、思い出を振り返ることが出来ました。


それにしても10年もの間、大切に保管していてくださったサンケイさんには驚きと同時に感謝の思いでいっぱいです。

きっとこの間(かん)には、お部屋の移動なども一度ならずあったことかと思います。

それなのに、なくしてしまう事なくこんなに大切にとっておいてくださったのですね。


サンケイさんは、トールペイントの老舗です。

日本に最初にトールペイントを紹介した会社です。

トールペイントは心!!

手創りする人の心がこもって初めて意味があるのではないかと思います。

こうして心を大切にしてくださるサンケイさんとこれからも末永くお付き合いさせていただけたらと願います。


サンケイさん、奈々子さん、本当にありがとうございました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Erikoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。