マリーの物語を書き起こしてみたので、

見てやって下さい。
~~~~~~~~~~~~~~~

淡く煙る空の下、草がなびく丘の上にその小さな家が見えてきた。



簡素な白壁の家。マリーはその家こそが自分の家と信じ、



丘を上り、家の木のドアを開けた。



ロシア語で「ただいま。」と家に声をかける。



カールした金の髪にブルーの瞳が愛らしい人妻マリーは、



鞄をエントランスのフロアーに置くと、



そそくさとまた外へ出て家の裏手に回る。



裏手には、表の庭を手入れする為の園芸道具が揃っている。



散水機と花の種を持ち出し、表の庭に周り、作業に没頭するのだった。



「この時こそが私の人生、ここが私の家。」と呟いた。その瞬間に目が覚めた。



白いシーツのベッドでのうたた寝だったが、「いい夢だった」と思った。



窓の外にはあまり馴染めない日本の街の風景が広がっている。



ただ、夫とのドライブで、とあるフラワーパークにて、



花をサラダにして食べさせるメニューがあり、



その花のサラダの中のブルーフェローを食べてから、



あの丘の上の家の夢に入る事が出来るようになった。



その青い花は丘の上の家の生垣でも満開だった。



買い置きの花のサラダも、もうじき無くなりそうだ。



マリーはそのブルーフェローが野生で採れる地を求め、



世界地図と花の図鑑を開き、目を輝かせるのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


はな

いえ
このイメージストーリーのアロマのURLは、以下の通りになります。
http://rhodopis.shop18.makeshop.jp/shopdetail/000000000010/sample1/page1/order/

このストーリーの薫りのついたムエットを無料で御送り致します。
こちらまでどうぞ。

http://rhodopis.shop18.makeshop.jp/shopdetail/000000000020/

これからも、アロマブランド 「ロドピス」を宜しくお願い致します。

世界初、天然香料使用で10時間薫りが持続する特許取得の、

アロマブランド ロドピス ホームページ

http://rhodopis.shop18.makeshop.jp/

※低アレルギー、アルコール不使用のアロマです。

ロドピス アロマ」で検索しても出て参ります

<
AD