これからのキャリア&ビジネス書

元アマゾンのカリスマバイヤーで、現在は人気メルマガ「ビジネスブックマラソン」編集長。NHKラジオ「入門ビジネス英語」の連載や「ラジオNIKKEI」でも活躍中の土井英司が、これからのキャリア&読むべきビジネス書を指南。


テーマ:

こんにちは、土井英司です。

コンビニ全盛時代を築いた、セブン&アイ・ホールディングス会長兼CEO、
鈴木敏文さんがついに退任という衝撃ニュースが流れました。

この機会に、鈴木敏文さんからビジネスセンスを学べるクールな一冊を読んでおきましょう。

いくつも良い本があるのですが、直近のものかつ今役立つのはコレ。

『売る力 心をつかむ仕事術』

一時は成長の踊り場にあったコンビニを、著者がどのようにしてまた成長軌道に乗せたか、その秘密が書かれた一冊です。

最近のセブン-イレブンは、プライベートブランドが全盛ですが、その陰には、知られざる企業努力、そしてトップの未来を読む確かな目がありました。本書では、この両面に光を当てています。

どうすれば、顧客の心を知り、「売る力」を身につけられるのか。本書は、この商売人の永遠の課題に、こう答えています。

<「売る力」とは、お客様から見て「買ってよかった」と思ってもらえる力である>

では、「買ってよかった」と思ってもらうには、どうしたら良いのでしょうか。

本書には、そのヒントがたくさん書かれています。

本書が秀逸なのは、変わりゆく顧客ニーズをロジカルに説明し、そのニーズをつかんで成功した商品・サービスを具体的に紹介していること。

モノあまりの時代の消費者ニーズを端的に表現した、以下のパートを見ていただきましょう。

<わたしはよくこんなたとえ話をします。テーブルにいろいろな料理が並んでいる。お腹が空いているときは、全部食べられるから、あまり好きではないものから食べ始めて、最後に好物をとっておこうと考えることもできる。これに対し、お腹がいっぱいのときは、好きなもの、そして、目新しいものを選んで食べようとする。いまはモノあまりで、お客様はお腹がいっぱいの状態にある。だから、新しい価値を提供できるものしか売れない>

この「新しい価値」を追求したのが「セブンプレミアム」ということなのでしょうが、これが見事に当たっています。

著者は、新しい商品・サービスを生み出すフレームワークとして、「上質」と「手軽」の2軸でできたマトリックスを考えるそうで、これがなかなか使える思考法です。

曰く、<「上質」と「手軽」の「空白地帯」にヒットあり>。

賢明な読者は、この思考法が「セブンカフェ」を生み出したことに、ピンとくるのではないでしょうか(「セブンカフェ」は手軽で上質)。

ほかにも、消費の動向、売るためのヒントがたくさん書かれており、興味深い。

「海辺の店でなぜ、梅おにぎりが大量に売れるのか?」のくだりは、顧客ニーズを掴むことの奥深さを感じさせる、良いエピソードでした。

<昼には、かなり気温が上がりそうだから、釣り客の心理からすると、時間が経っても傷みにくいイメージのものを求めるはずだ。「それなら梅のおにぎりが売れるのではないか」>

新書の割に読み応えがあり、このノウハウびっしりの内容で770円は安すぎる。

売り切れる前に、今すぐ買って読んで欲しい一冊です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、土井英司です。
みなさん、「ビジネスブックマラソン」読んでますか?

本日の「ビジネスブックマラソン」では、
毎回、100号毎に発表している「BBM大賞」を発表!

このブログでも、今回特別に発表しちゃいます!

栄えある第36回大賞に選ばれたのは!!!

大反響だった浜口隆則さんの、『起業の技術』(かんき出版)です!



2376円と、高額にもかかわらず、他を圧倒して堂々の1位!
ぜひ本書を読んだ起業家が、今後活躍してほしいものです!

見事大賞に輝いた浜口さんとかんき出版の編集者さんには、賞状と
記念品(今回はインドネシア土産です)を贈呈いたします。

この度は本当におめでとうございます!

【第36回 BBM大賞 トップ10タイトル】

■■■第1位■■■『起業の技術』(浜口隆則・著 かんき出版)
起業家支援事業、オフィス賃貸事業で成功した起業家、浜口隆則氏
による本格起業マニュアル。ビジネスの種や、競争優位を見つける
ためのフレームワークが惜しげもなく披露された、珠玉の一冊。

■■第2位■■『外資系金融のExcel作成術』(慎泰俊・著 東洋経済新報社)
モルガン・スタンレー・キャピタルで「エクセルニンジャ」の異名
を取った投資プロフェッショナルが、外資系金融エリートしか知ら
ない、グローバル基準のExcelフォーマットを披露。

■第3位■『嫌われる勇気』(岸見一郎、古賀史健・著 ダイヤモンド社)
言わずと知れたベストセラー。哲学者の岸見一郎氏と、アドラー心
理学に衝撃を受けたというライターの古賀史健氏が、「対話篇」と
してまとめた、アドラー心理学講義。

4.『魔法の「口ぐせ」リスト』(中島孝志・著 ゴマブックス)
作家、中島孝志さんによる自己啓発書(電子書籍)。人間関係を円
滑にするために、ぜひ身につけておきたい「口ぐせ」を指南。

5.『トランジション』(ウィリアム・ブリッジズ・著 パンローリング)
人生で直面する「トランジション」(転機・節目)について論じた、
不朽の名著。41刷、51万部。今なお売れ続けるロングセラー。

6.『私の起業ものがたり』(本郷孔洋・著 東峰書房)
日本最大規模の税理士法人の理事長であり(スタッフ総勢720名)、
名立たる財界人と人脈を持つ経営者、本郷孔洋氏による起業物語。

7.『資本主義の終焉と歴史の危機』(水野和夫・著 集英社)
カリスマエコノミストが、「資本主義の終焉」を予想した、衝撃
の一冊。これから世界経済がどうなるのか、指針となる必読書。

8.『仕事に効く 教養としての「世界史」』(出口治明・著 祥伝社)
ビジネスマンならでは世界史の楽しみ方を、ライフネット会長兼
CEOの出口治明さんが教えてくれる一冊。

9.『ウェブとはすなわち現実世界の未来図である』(小林弘人・著 PHP研究所)
「ワイアード」「ギズモード・ジャパン」の仕掛け人が、進化し
続けるウェブの未来を概観した、注目の論考。

10.『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(藤野英人・著 星海社)
JPモルガン、ゴールドマン・サックス系の資産運用会社を経て、
独立した藤野氏が、お金や経済の本質を喝破した注目の一冊。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近売れている、

『人生がときめく片づけの魔法』 (45万部)と

『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』 (20万部)、

両方に共通する点を考えてみました。


ビジネスの世界では、

よく「選択と集中」ということが言われます。


これは、「20世紀最高の経営者」と称された

GEの元CEO、ジャック・ウェルチが広めた言葉です。


なぜ事業において「選択と集中」が大事なのでしょうか?


それは、企業が持っている資源には限りがあるからです。


では、資源とは何か?


通常、企業活動に関して言われる資源とは、

ヒト、モノ、カネですが、個人においてはこれは正しくないと思います。


特に、ヒトもモノもカネも持っていない若年ビジネスマンにとっては、

「時間」以上に大切なものはありません。


しかし、情報化が進み、容易に人と人がつながる現在においては、

われわれの時間は奪われる一方で、誰もが時間に追われて、

バタバタしています。


『人生がときめく片づけの魔法』、『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』の

2大ベストセラーは、この時間資源を有効活用する視点を提供した、

という点で売れているのだと思います。


「選択と集中」と言っているはずのビジネスマンの机の上が、

およそ「選択と集中」とはほど遠い状態にある。


それは、彼が「捨てる」ことをできないでいるからです。

『人生がときめく片づけの魔法』は、まさにそこに切り込んだ一冊です。



そして、『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』です。

なぜ財布が膨らんでしまうのか?


それは、彼がお金を欲しいといいながら、

実際にはお金を生む活動に集中できないでいるからです。


本書には、こんなことが書かれています。


<稼ぎ続けることのできる人たちは、財布をはじめ、お金の周辺にあ
るあらゆる部分にこだわりをもっているからこそ、そしてお金その
ものをもないがしろにしないからこそ、高い水準のお金を引き寄せ
ることができている>


『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』は、

単なるジンクス本ではなく、こういった心構えを教えてくれる本なのです。


ここまでわかっていて、なぜわれわれは今もなお、

机や財布にゴミをため続けるのでしょうか?


それはおそらく、われわれが「不安」だからです。


不安だと、とっておきたくなる。

関係を切るのが怖くなる。


だから、訪れることのない「いつか」のために、

とりあえず、とっておいてしまう。


そうしているうちに、「とりあえず」の人生が訪れるのです。


今、個人にとって必要なのは、「選択と集中」。


たくさん情報があふれている時代だからこそ、

読んでおきたい2冊です。


『人生がときめく片づけの魔法』

『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、土井英司です。

オフィスの片づけついでに、いろんな本を読んでいます。


その流れで、益田ミリさんの漫画

『ほしいものはなんですか?』( ミシマ社)を読みました。


「このまま歳をとって、"何にもなれず”終わるのかな…」


専業主婦のミナ子と、独身一人暮らしのタエ子、

2人の対比を通じて、生き方を考えさせてくれる、

そんな漫画でした。


「大人って歳をとりたくない話が好きだな~」という

子どもの目線から、大人たちの矛盾が、恐れが、生き方が、

客観的にみえてくる。


一見、ほんわかした漫画ですが、

ここまで客観的に心情を語れる益田ミリさんの感性に驚きました。


人間は「条件」だけでは幸せになれない。


幸せが主観にあるとすれば、「主」である私を変えないことには、

幸せなどやってくるはずもない。


読んでいて、そんなことを考えさせられました。


アラフォーになったら、ぜひ読みたい一冊です。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝の読売新聞「ビジネス5分道場」で、

『ビジョナリーカンパニー3』 を紹介しました。


衰退しているときに「一発逆転策の追求」を

しているなら、もう末期症状。


経営における規律の大切さを教えられた内容でした。


詳細に関しては、BBMバックナンバーズ をご覧ください。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、土井英司です。


日本語には、「定石」という言葉があります。


Wikipediaによると、定義は、「お互いが最善と考えられる手を行った場合の一連の手のこと」。


さらに、「定石の一手一手はそれ自体が手筋の応酬であり、

単なる丸暗記ではなくその一手一手の意味を考えながら定石を学ぶことは

詰碁と並んで囲碁上達の基本とされている」と書いてあります。


昨日読んだ、ハーバード・ビジネス・スクールのアンドレイ・ハギウ博士、

平野敦士カール氏の共著になる『プラットフォーム戦略』は、インターネットビジネスに関するこの「定石」を、まとめたもの。


※参考:『プラットフォーム戦略』
http://amzn.to/9bPsrW


楽天、アマゾン、グーグル、アップル、フェイスブックなど、ITの覇者たちがどうやって

プラットフォームを築き上げたのか、外部のプラットフォーム化の圧力に屈せず

続けてこられたのか、その秘訣が書かれています。

本書には、楽天、アマゾン、アップルなどのプラットフォーマーに参加
企業がどう対抗すべきか、という戦略も書かれており、まさに実践的な一冊。
ぜひ読んでみてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ファッション好きのみなさん、「かいけつゾロリ」シリーズ最新刊、
『かいけつゾロリ きょうふのちょうとっきゅう』はご覧になりま
したか?

※参考:『かいけつゾロリ きょうふのちょうとっきゅう』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4591110591/businessbookm-22/ref=nosim

なぜファッション好きのみなさんかと言うと、今回のお話には、大
金もち、「カバリス・キルトン夫人のすてきなファッション」が登
場するからです。

ボロ・タリーヌのぼうし、シャレルのジャケット、ワニクロのベル
ト、ジマンシーのスカート、ゴリチェのフトッキング…。

よくもまあ、ここまでパロディにできるものだと感心します。

本編もかなり面白いので、ぜひお子さんと一緒に読んでみてください。
土井英司
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)