これからのキャリア&ビジネス書

元アマゾンのカリスマバイヤーで、現在は人気メルマガ「ビジネスブックマラソン」編集長。NHKラジオ「入門ビジネス英語」の連載や「ラジオNIKKEI」でも活躍中の土井英司が、これからのキャリア&読むべきビジネス書を指南。


テーマ:

こんにちは、土井英司です。

 

メキシコシティでスリに遭って、

スマートフォンをなくしたことをFacebookでお伝えしました。

 

ご心配おかけしたので、せめてものお詫びに、

そこで得られたことを書いておきます。

 

まず、第一段階。スマートフォンをなくすと、なくしたことの不便・不都合を考えます。写真が撮れない、wi-fiにつないで調べ物ができない、LINEの無料通話ができない、などです。海外にいるので、この思いはとても強くなります。

 

第二段階では、なくしても意外と支障がないなと思い始めます。まあ、どんなものもなくてはならないなんてものはないですし、なくてもそれなりに楽しめるからです。ここで、いかに自分が携帯に依存している生活をしていたかを考えます。

 

そして第三段階になると、なくしたことによって得られるものに気づきます。土井の場合、最も大きかったのは、言語を取り戻したことでした。具体的に、それに気づいたシーンについて振り返りましょう。

 

土井は初日、たまたまコヨアカン植物園(Viveros de Coyoacan)の側に宿を取りました。ここは、メキシコを代表する女流画家、フリーダ・カーロ(1907-1954)の家を公開したフリーダ・カーロ博物館(Museo Frida Kahlo)があるところ。別名「青の家」とも呼ばれる彼女の家の青の壁に沿って、並んでいる時、いろいろと考えたことをお伝えします。

 

余裕を持って、近隣の博物館をひと通り見る予定が、ホテルでNTTドコモのサービス停止手続きなどをしているうちに、時間ギリギリ。青の家に着いたのは17:00でした。博物館の閉館時間は17:45ですから、まだ時間があります。ただし、誤算がありました。フリーダ・カーロの家は、私邸としては大きいですが、たくさん訪れる観光客をさばくには十分ではなく、入れ替えのために入場制限をしているのです。そのため、青の壁に沿って、大行列ができていたのです。

 

列の最後に加わると、親切なメキシコ人男性が英語で教えてくれました。「ここに並んでいればいいよ。もしかしたら入れないかもしれないけれど、可能性はあるから」。そう、そこに並んでいた十数人は、その可能性に賭けていたのでした。

 

僕らの前に、陸上競技のハードルのような小さなゲートを持った管理人のおじさんがいて、あたかも「これ以降は入れないよ」と言っているかのようでした。

 

途中、英語を話していたヨーロッパ人3人が抜け、いよいよ閉館時間が迫った時、おじさんは僕らを手招きして、ゲートの前に入れてくれたのでした。僕は、最後から3人目でした。

 

並びながら「入れないかもしれない。なんて運が悪いんだ」と思っていた時は、漆黒に

近かった青の壁が、入れるとわかった瞬間に、明るい青に変わったのです。夕刻に向かって外は暗くなる一方ですから、おかしな話です。

 

土井は忘れていました。ビジュアル表現とは、色や形だけではない。それを見る人間の心情も含むのだということを。

 

前回のヨーロッパ旅では、美しい風景をスマホのカメラで撮りまくって、片っ端から

instagramにアップしました。たくさん「いいね!」もいただき、調子に乗っていました。言葉の仕事についているのに、明らかに、言葉を軽視していたのです。

 

もちろん、ビジュアルは大事です。最近は特にビジュアル系の方とのお付き合いも増えていて、その威力も感じています。土井が伝えたいのは、そうではなく、何かを制限することによって、磨かれる何かがあるということです。そのことを忘れていました。

 

「青の家」に入った後は、「映像なしでフリーダ・カーロの世界をどう伝えようか?」そんなことばかり考えていました。すると、そこに精神的な世界が立ち現れてきたのです。障害を持って生まれた上、深刻なバス事故に遭い、身体に障害が残ったために愛する人との子を流産したフリーダ・カーロ。その後も愛する夫の裏切りと離婚、トロツキーとの恋など、波乱万丈の人生を送った彼女の「痛み」が、いたるところから伝わってきたのです。

 

『事故』や、離婚後描いた『二人のフリーダ』など、その時々の心情を表現した絵。逝去した年に描かれたという『スイカ“生命万歳”』に至るまで(この時、彼女は愛するディエゴと再婚しています)……。

 

彼女の作品は、痛みのなかから生まれてきたのでした。

 

過激な作品と対照的に、芸術的ながらも安らぎのある家。彼女は芸術にも暮らしにも、癒やしを求めていたのかもしれません。

 

「飛ぶための翼を持っていれば、どうして足など必要だろうか?」

 

これは彼女が残した中でも、有名な言葉です。

 

ずっと身体が不自由で、運命にも翻弄されたけれど、彼女の精神が、表現が、彼女に自由を与えたのでした。

 

なくしたことによって得られたもの。それは、フリーダ・カーロの精神に迫ることでした。この感動が得られるなら、スマホぐらいなくしても構わない。そう思えるほど、充実したメキシコシティの初日でした。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

こんにちは、土井英司です。

 

ひさびさの更新。それもなぜかサルディニア島からです。

 

というのは、長年憧れていたホテルに泊まり、きれいな海を見ているうちに、ふとある考えが浮かんだからです。

 

それは、「浦島太郎は、40代のために書かれたのではないか」という仮説。

 

どういうつながりがあるのかわかりにくいと思うので、順を追って説明しますね。

 

先日、ご招待いただいて参加した、ベストセラー作家・本田健さんのセミナーで、本田さんがこんなことをおっしゃっていました。

 

「僕は今、自分が小さい頃に見た夢のなかを生きています」

 

この話を聞いた時、自分も「ああ、今自分は夢のなかを生きているのか」と、

妙に腑に落ちたことを覚えています。

 

素晴らしいですよね。

20代、30代を頑張った人には、40代以降に夢を楽しむ権利と時間が与えられるのです。

 

このことをウォーレン・バフェットの言葉を使って説明しましょう。

 

「成功とは望むものを手に入れることで、幸福とはそれを楽しむことだ」

Success is getting what you want, happiness is wanting what you get."


つまり、人生は手に入れるのが半分で、楽しむのが残りの半分なのです。

 

ところが、欲しいものを手に入れるために必要な資質であった勤勉や倹約は、人生を楽しむのに邪魔になることがあります。

 

バフェットが最初の奥さんと上手く行かなくなったのも、それが理由でした。

 

だから、手に入れた人には、それを心ゆくまで楽しむことをおすすめしたい。

 

ただ、土井が今日申し上げたいのは、その先の話です。

 

心ゆくまで楽しんだ後は、どうするのか? という話です。

 

哲人皇帝マルクス・アウレリウスが『自省録』のなかでこんなことを述べていました。

 

「円形闘技場やその類いの場所において演じられるものは、いつも同じ見せ物であり、同じ類いのものが見物を退屈なものとしているがゆえに、おまえを不快にする。まさにそれと同じような目におまえは人生全般においても遭うのである」

 

これを読んで、長年の疑問が解決されたのです。

 

「なぜ金持ちが読む雑誌には、旅の情報や高級品、グルメ情報ばかりが載っているのか?」

 

つまり、彼らは退屈なのです。

 

退屈で仕方がなくて次の刺激を求めるが、それも満たされてしまい、また次の刺激を求めてしまう……。

 

これがずっと続いたら、どうなってしまうのか?

 

人生が無為なものに感じられてしまうんですよね。

 

だからこそ、「人生こそ最大のエンターテインメント」という考え方へのシフトが必要になる。

 

だからエリエスには、出版にチャレンジしようとする人が絶えないのかもしれません。

 

で、やっとここで浦島太郎のお話です。

 

みなさんご存知の通り、浦島太郎はとても真面目な青年でした。

 

ある時、亀がいじめられているのを見た浦島太郎は、いじめられっ子たちと交渉し、亀を助けてやります。

 

そのお礼に、竜宮城に招待を受けるのです。

 

今日の前半の話とくっつけると、要するに浦島太郎は成功するのに必要な条件を満たしていた青年で、それゆえに成功した。そして、人生を楽しむチャンスを手に入れたのです。

 

ただ、楽しんだ時間が長かった。

 

もっと早く戻って来られたら、彼は竜宮城で英気を養い、もう一度人生を生き直すチャンスがあったでしょうし、世の中の流れからも取り残されずに済んだでしょう。

 

でも、彼は長く居すぎた上に、俗世に帰ってみたら、あまりに世の中が変わり過ぎていたため、不安になってつい玉手箱を空けてしまった。

 

そして、玉手箱を空けてみて、こう言われてしまったのです。

 

「あなたは年をとり過ぎました」

 

40代は、人生を楽しむことのできる、素晴らしい時間です。

でも同時に、「もう一度生き直せる」タイミングでもあるのです。

 

だから、こう思うのです。

 

「浦島太郎は、40代のために書かれた」と。

 

もちろん、成功にも健康状態・意欲にも個人差がありますから、これを「50代」「60代」と読み換えていただいても構いません。

 

ただ、人生の残り時間を考えた時、楽しむのはほどほどにしておいた方がいい。そして生き直すにはタイミングがある、ということを申し上げたいのです。

 

土井は、今年で42歳になりました。

今から新たなことに挑戦すれば、あと20年はまた成功と幸福を楽しむことができます。

 

そして願わくば、62歳になった時、まだ生き直す気概と寿命が自分に残っていますことを。

 

みなさまの人生が豊かなものになるよう、お祈りしています。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、土井英司です。

今日、スタッフのs君から、
「土井さん、柔軟なことがいい場合と頑固を貫くことがいい場合とがあると思いますが、このバランスはどう取ればいいんですか?」と質問されました。

土井なりに考えたことを書いてみましょう。

5W1Hってありますよね。

Why
What
When
Where
Who
How

のことですが、この下位にあたるものは柔軟に変えていいと思うんです。

経営の優先順位から考えれば、一番大事なのは「理念」ですよね。
つまり、その事業をやる理由・目的=Whyです。
そして、次に来るのがおそらく戦略=Whatです。
その他は、When=いつ(タイミング)、Where=どこで(戦いの拠点)、Who=誰が(リーダー、チーム)を整える。そして、How=戦術・武器が最後に問題となるわけです。

どんなにすごい武器を入れても、When、Where、Whoが伴っていなければ、
宝の持ち腐れ。暗闇と日中では使う武器は変わりますし、狭い場所と広い場所でも違います。使いこなす人によっても最適ツールは違うはずです。だから、Howに関しては最も柔軟でなくてはいけない。どんなにすごい塾講師のテキストでも、こどもに合わなければ使わせちゃいけないのと同じです。

この目的(Why)に対しては頑なに、手段(How)に対しては柔軟に、というのが基本原則です。

でも、プロフェッショナルにアドバイスを求める際、「知的に見せたい(=目的)。でも、色は黄色でよろしく!(=手段)」と言ってしまう人が多い。

そうでなくて、チェックは逆であるべきです。

「これで知的に見えますか?」
「もっと知的に見せられませんか?」

違和感や疑問を持ったら、すぐにこう聞きましょう。
相手が本当にプロなら、これで大体うまくいくはずです。

ぜひ、試してみてください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、土井英司です。

今日は、人気の「塚田農場」もしくは「鳥貴族」に行くべく、新宿は歌舞伎町に向かったのですが、さすがは両人気店。どちらも満員で入れませんでした。

仕方なく、近所にあった「やきとりセンター」に入ったのですが、偶然、待合スペースで会った外国人カップルに話しかけ、すっかり意気投合しました。

彼らはシアトルから来ている元マイクロソフトのエンジニア(夫)+油絵画家(妻)のペアで、話し終わった後、向こうからメールアドレスを渡してきました。

さんざん店に断られてたどり着いた店だったけれど、そのおかげで良いご縁ができました。

失敗は成功の始まり。成功は失敗の始まり。

何事も前向きにとらえていきたいものです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、土井英司です。

ひさびさに「どうでもいい話」です。
といっても、結局はキャリアに関する話なのですが。

3週間ほど前からダイエットを始めまして、予定通りキープしています。

もともとは人から言われて始めたのですが、今日、原宿のショップを見ていて、「そうか、やせればあんな服も着れるんだ」と、新たな気づきを得ました。

いやいや始めたことでも、やっている過程で、「やってみたい」ことが見つかる。

これをビジネス用語で言うと、「プランB」と言います。

起業の世界では、もともとの「プランA」がうまくいくことはあまりなく、現実がわかってから出された修正プラン「プランB」の方がうまくいく。

要するに「やってみてわかったこと」というのは、かなり有望なアイデアだということです。

なぜ「やってみてわかったこと」が良いのか。ざっくり言って2つポイントがあると思います。

1.チャンスに気付くこと
2.自分が本当にやりたいかどうかがわかること

ビジネスにおいては、資源(お金・時間)を投入する前に、吟味しなければならないことがたくさんありますが、この2つは特に重要だと思います。

ビジネス的に言い換えると…。

1.それは本当にチャンスなのか
2.本当にやり遂げられるのか

職業選択をするときにも、新規事業に取り組むときにも、この視点はぜひ持っておきたいところです。

以上、「どうでもいい話」でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、土井英司です。

今回、『お金持ち入門』で「資産」のことについて書きましたが、おそらく人生で持ち得るもっとも大きな資産は、お金でも不動産でもない。

持ち得る最大の資産とはおそらく、「信」なのです。

ひとつめの「信」=信用があれば、お金はいつでも生み出せる。問題は、生み出す方法には、信用の元本を取り崩す方法と、元本を増やす方法があるということです。

そしてもうひとつの「信」=信念があれば、人は前に進んでいける。人生を切り拓く力もまた、未来のお金を生むという意味で資産なのです。

起業家になりたいなら、自分がこの2つの「信」を持っているか自問自答すること。仮に起業した後、いたらないことがあるなら、この2つの量が十分かチェックすること。

偉そうなことを書きましたが、土井も努力している途中です。

今日もビジネスを頑張りましょう!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、土井英司です。

若い頃、自分は雨男でした。

テニスの大会、大事なイベント、すべてに雨が降る。

でも、高校生の時に、それが変わりました。
人との出会いにより、ネガティブな思考にさようならをしたのです。

それから、家族からは「英司が帰ってくると晴れる」、
仕事相手からは「土井さんが来る時はいつも晴れますね」と言われるようになりました。

ひょっとしたら、晴れた日と降った日は等しく訪れているのかもしれない。
でも、自分が物事をポジティブにとらえられるようになったから、
変わったのだと思います。

「いつも雨なんだよね…」と同情を引くのではなく、
どんなに降っても、明日は晴れると信じる。

10日のうち、9日降っても今日は晴れたと感謝する。

そうすれば、きっと人生は上向くのだと思います。

それでも雨が降るとしたら…?

それがあるから、ときどき虹も掛かるのです。

この一年間でたくさん虹を見ました。

一生分の幸せをいただきました。

残りの人生、頑張って働きます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、土井英司です。

ビジネスにおいて勘所の悪い人と話していると疲れますね。

勘所が良い/悪いというのは、
つまりどうすれば相手を利することができるのか、という点において、
正しい認識を持っているかどうか、ということです。

そういう意味で、こういう人とは、お付き合いするのに躊躇してしまいます。

1.自分の要求ばかりで、こちらに対するメリットが提示できない
 (仮にお願いだけでも、その後返してくれる信頼関係があればOK)
2.メリットを提示しておいて、その実、裏切りのシナリオを描いている
3.こちら側のビジネスメリットの軽重を正しく理解していない
 (ビジネスモデルへの理解が甘い)

これまで、数多くの営業マンと接してきましたが、デキる営業マンは、
この点をきっちり押さえています。

なかでも、大きな契約を狙う営業マンは、3番目に対する理解ができています。

仮に、公開情報から正しく理解できない場合でも、きちんと質問して、
ビジネスモデルを理解し、メリットの軽重を測ってから、提案をしてくるものです。

自分には何もないのに、ビジネスができるのか、人脈ができるのか、
と悩む人がいますが、人間にニーズ・ウォンツがある限り、
メリット次第で人はいくらでもつながります。

提案力を鍛える、という言葉がありますが、
その前提となるのは、この「勘所」なのではないでしょうか。

珍しく、雑感をまとめてみました。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日、子どもたちに話したこと。


・受けた恩を感じない人は、成功できない(第一法則)


・受けた恩を返そうと努力しない人は、成功できない(第二法則)


・返しきれない分を、後の世代に返す(恩送り)人は、社会的に評価される(第三法則)


他愛もない話ですみません。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

――先日乗ったタクシーの運転手さんに聞いた話――


仲間の運転手の話なんですけどね。

東京駅で乗せたお客さんが高速バスを逃しちゃって、銚子まで乗せて行ってくれっていったらしいんですよ。


なんてったって銚子でしょ。こりゃもうボロ儲けなわけですよ。


で、ここからがそいつのバカなところなんですが、

そいつ調子に乗って、高速道路で例のお客さんが逃した高速バスを抜いちゃったんですね。


そしたら、お客さんもそれをよく覚えてたんですね。

次の高速バスのバス停で降ろしてくれって話になって、そいつその後Uターンして帰ってきたんですよ。

ホント、おバカでしょ。


―――――――――――――――――――――――


お客さまのために一生懸命になることが、時としてあだとなることがある。

いやあ、商売って本当に難しいですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)