これからのキャリア&ビジネス書

元アマゾンのバイヤーで、現在は人気メルマガ「ビジネスブックマラソン」編集長。「ラジオNIKKEI」でも活躍中の土井英司が、これからのキャリア&読むべきビジネス書を指南。


テーマ:

 

こんにちは、土井英司です。

本日、大変ショックなニュースが飛び込んできました。

神宮外苑のイベント会場で、木製のジャングルジムで遊んでいた

子どもが、火災に巻き込まれ、亡くなったというのです。

このイベント会場は土井の自宅からもほど近く、
息子とは何度も訪れていた場所です。本当に悲痛なニュースでした。

 

今のところの現場検証によると、どうも火災の原因となったのは、

ジャングルジムに絡みついていたおがくずではないかということ。

 

で、火災発生の前の写真を見てみると…。

http://www.asahi.com/articles/photo/AS20161106002602.html?ref=yahoo

これはひどい。
 

リンク先がなくなったときのために念のため活字でも書いておくと、
要するに装飾のためにおがくずを大量にジャングルジムに絡みつけていたということです。

 

土井は小学生の時、スピーチの最中に火をおこすというパフォーマンスを

したことがあります。

 

その際、燃えやすくするための媒介として使われたのが、おがくずでした。

 

おがくずを木製のジャングルジム(子どもが遊ぶ+容易に脱出できない+容易に救出もできない)に絡めるとどうなるか…。デザイナーは想像するべきでした。
(これが滑り台だったら問題になっていません)

事件が起こったから言うんじゃないんです。予見できたことなんです。

 

なぜなら、おがくずを使って燃えやすくするのは、人間古来の知恵だからです。
これは、デザイナーがそれを知らなかったから起きた事件なのです。

 

土井がセガで働いていた頃、同じ営業所管轄の店舗で、事件が起きました。

子どもがシーソーに頭を挟まれ、植物人間になるという事件です。

 

このシーソーの反対側には、作り物のクマがいて、子どもはそのクマに抱きつこうとして、シーソーの下敷きになったとのことです。

 

このシーソーは、シーソーが完全に降りきるとスイッチが入り、また上がりだすという仕組みでした。だから、子どもの頭が挟まっても、スイッチが入るまで降り続けたのです。危険を予見できなかった、設計上のミスです。

多様性の時代、デザインの時代のトレンドはこれからも続くと思います。

 

だからこそ、デザイナーはきちんと基本を学んで欲しい。

食事で大事なのは味だけれど、もっと大事なのは食中毒を起こさないこと。

建築物、構築物で大事なのはデザイン・機能性だけれど、もっと大事なのは崩壊や火災を防ぐこと。命を守ること。

笹子トンネルや渋谷シエスパの教訓を忘れてはいけません。

亡くなったお子さんのご両親は、どれだけ悲痛な思いで過ごしているでしょう。

お子さんのご冥福をお祈りするとともに、

二度とこのような悲惨な事故が起こらないよう、祈っています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、土井英司です。

突然ですが、起業って恐怖ですよね。
土井の周りの起業家に聞いても、大体みんな最初は怖かったと言います。

だって、安定収入が絶たれちゃうかもしれないんですからね。

起業した今は、本当の安定は大企業かどうかじゃなく、
顧客リストを持っているかどうかだということがよくわかりますが、
最初のうちは、そんなこと、気づくわけがありません。

毎月確実に振り込まれる給料がなくなって、
毎月その都度稼がないと、一家全員路頭に迷うかもしれない。
怖いのは当たり前です。

でも、その恐怖を乗り越えないことには、本当に稼ぐことなどできはしない。
そこで本日は、その恐怖を乗り越える方法をレクチャーしたいと思います。

方法1:安定収入を確保する
中途半端にやると、いつまでも副業で終わってしまうためおすすめしませんが、途中から思い切ってシフトできるなら副業で始めてみる、というのも手です。あと意外と有効なのは、「パートナーに稼いでもらう」です。作家の鈴木光司さんはこの方法で、奥さんに支えられて見事にベストセラー作家になりました。

方法2:失敗しても何度もチャレンジすると決める(あきらめなければ負けじゃない)
「一勝九敗」という言葉がある通り、起業では多少失敗しても、一度の勝ちが負けを上回る利益を稼ぎだすものです。ということで、十回に一回しか成功しないチャレンジでも、十回やればほぼ成功できるので、ひたすら挑むと決めることです。

方法3:なるべくお金を使わない
企業が倒産する理由は、キャッシュがなくなるからです。であれば、なるべくキャッシュを使わない、サービスを提供するよりも先にキャッシュが入ってくる仕組みがあればいい。お客様からお代をいただくのは先、取引先への支払いは後にしておけば、うまくいくことが多いと思います。

とはいえ、こんな方法だけでは恐怖を乗り越えられるものではありません。
そこでメンタル的に効くのはこの方法。

1.バカになる
理性が邪魔をしているので、理性をやっつけるために感情的になります。わざと現状に腹を立ててみたり、自分がサービスを開始しないために不幸になっていく人を思い浮かべたり、愛する人のことを考えたりします。とにかく、お金や安定以上の価値を掲げないと、バカにはなれません。

2.死ぬことを考える
神様に聞いてみたら、「じつは自分の寿命は明日まででした」みたいな感じで、まさに今、死ぬ可能性があると考えます。これによっていきなりやるべきことが明確になります。アマゾン創業者のジェフ・ベゾスは「後悔最小化理論」というのを打ち出していますね。

3.明日、すごいインフレが起こる、もしくは政府がお金を巻き上げると考える
人間は失うことが前提の場合、思い切ってギャンブルに出る傾向があります。そこで、頭の中でもう奪われることを考えるのです。すると、やけっぱちになって勝負に出る。恐怖の源はほとんどが命とお金ですから、それが奪われる前提なら、行動はぐっとラクになります。

以上、起業の恐怖を乗り越える方法をお話しましたが、
これでもできない人のためのおまけもお伝えしましょう。

1.神社に行って、一番高いお守りを買う
2.すごい人とつながりまくって、こんな人とつながっているんだから大丈夫だと思い込む
3.思い切って貯めたお金を全部使う夢を見る→使うことが怖くなくなる!

まあ、無責任に書き連ねましたが、起業した人はみんないろいろやっているはずです。
セミナーや講演会に参加した時は、ぜひこの手の話、リアルに聞いてみましょう。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、土井英司です。

見ているようで見られている、評価しているようでされている、はめているようではめられている、世の中には、そんな場面が少なくありません。

たとえば、スーパーで買い物をする時。

お肉やサラダ、お惣菜などを買う時、こんなことってありませんか?

「ベーコンの薄切りを二〇〇グラムでございますね。かしこまりました。あっ、少しオーバーしますが、よろしいでしょうか」

これはアイルランドの伝説的スーパー、スーパークインの創業者が書いた『ブーメランの法則』の中の一節なのですが、店舗ではこうしたさり気ない「かっぱらい」が横行しています。

彼ら店員は、ベーコンをはかっているつもりでいますが、じつは彼らは「誠意をはかられている」のです。

商売においては、お客様をバカにしてはいけません。「現代広告の父」デイヴィッド・オグルヴィも『ある広告人の告白』で、こんなことを言っています。

「消費者はバカではない。消費者はあなたの奥さんなのだ。彼女の知性をあなどってはいけない」

「はかられているのは誠意である」。商売人は日々この言葉を胸に活動したいものです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、土井英司です。

仕事がら、「ヒットの法則」について聞かれることがあるのですが、「ビジネスブックマラソン」で過去に紹介した本に良いヒントがあったので、ご紹介します。

カリスマイラストレーター、寄藤文平さんによる『絵と言葉の一研究』(美術出版社)という本です。

寄藤さんは、30万部を超えた『海馬』で装丁家デビューして以来、『ウンココロ』、『年収200万円からの貯金生活宣言』など、ヒットを連発してきた人物。フリーペーパー「R25」の表紙や、「大人たばこ養成講座」などでご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。

『絵と言葉の一研究』は、そんな寄藤文平氏の頭のなかを、絵と言葉を使って解説した、じつに学びの多い本ですが、この本のなかに、気になる記述がありました。

<絵を使ってインフォメーションを作る。当時は、それが新しかった>

<一般的に、多くのイラストは「絵画」の延長として考えられていた。イラストを「情報」として作るイラストレーターは、ものすごく少なかった>

こうしてみると、寄藤文平氏のイラストというのは、イノベーションであったということがよくわかります。

戦略論の権威、リチャード・P・ルメルト氏の『良い戦略、悪い戦略』に、こんな記述がありました。

「未踏の高地を手に入れる一つの方法は、自前のイノベーションによって作り出してしまうことである」

画期的に売れるものは、既存の商品と同じ指標で測られる「良い商品」ではなく、イノベーションによって創られ、まったく新たな指標で評価されるものだということがよくわかります。

かつて歯磨き粉が「虫歯予防」だった時代に「歯が白いこと」をウリにしたサンギ、「素材の良さ」をウリにした「俺のイタリアン」「いきなり!ステーキ」、「手軽」と「上質」の2軸で勝負したセブンカフェ…。

良い商品は、やっぱり画期的なコンセプトを含んでいるものなのです。

ちなみに、「実践ビジネス英語」の杉田敏先生に先日聞いた話ですが、杉田先生が「やさしいビジネス英語」の講師に採用された当時は、「ビジネス英語」自体が珍しいコンセプトだったようですね。それが、時代を超えて、「女性+ビジネス英語」がウケて、関谷英里子さんが「入門ビジネス英語」に抜擢された。

時代が変われば、必要となるコンセプトも変わる。

ヒット商品のヒントは、やはり時代を見ることで見つかるのだと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、土井英司です。

どんなにデキる人でも、時折自分の選択に自信が持てなくなること、
あると思います。

「失敗したらどうしよう」
「後で笑われるのではないか」
「周りの人の意見を聞いてからでも」
「メディアは何と言っているのだろう」

しかし、本当に良い投資の場合、情報がどこにもないことはよくあること。

念入りな聞き込みは大事ですが、それでチャンスを失ったら元も子もありません。

直感が「Go」と言ったら、すぐに行動すること。

「それでダメだったら?」というもう一人の自分がいたら、
彼にはこう言ってやってください。

「自分の感性が信じられないなら、どのみち長い人生を生き抜くことはできない。
毎回、判断を他人に頼るわけにはいかないのだから。
もし今失敗すれば、若いうちに感性を磨いていける。だからGoサインだ」

人生は判断の連続なのだから、いちいち怯えていては、人生が楽しくなくなります。

致命傷にならないのなら、学ぶつもりで思い切って投資してみる。

やはり経営者、投資家には胆力が重要です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、土井英司です。

たまには、真面目に経営について書いてみます。

人口減少により、国内の需要が見込めない中、企業によっては、「利益重視」を謳った戦略を打つわけですが、これがじつは利益面でも縮小を招いてしまいます。

なぜ縮小にいたるのかというと、利益を考える時、「売上-費用(コスト)」で考えてしまうからではないかと思います。

未熟な会計士・税理士も同様のアドバイスをする傾向がありますが、売上が固定だから、費用(コスト)をコントロールして利益を出そう、というのは、大概サービス低下につながり、業績を悪化させてしまう。

経営の本質は、じつは「売上-費用(コスト)」ではないのです。

では、一体どうとらえれば、経営を間違わずに済むのか。

そこで提唱したいのが、以下の公式です。

原因(費用(コスト))⇒結果(売上)

コスト増によって、お客様をより満足させる原因を作れば、売上は自ずと上がる。これが経営の本質です。

まずはお客様を満足させる企み(企画)を考え、それができれば費用(コスト)がかからなければ良い。決して順番を逆にしてはいけないのです。

ブロックバスター戦略』に、利益を管理しようとして業績悪化を招いたNBCエンターテイメントのジェフ・ザッカーCEOの話が載っていましたが、
これこそまさに、原因と結果を取り違った例です。

下手なビジネス書を読むより、
ジェームズ・アレンの『原因」と「結果」の法則』を読んだ方が、
経営者にとっては良いのかもしれません。

ちなみにどちらもおすすめの一冊です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、フェイスブックにこんなコメントを書き込んだところ、

経営者を中心に、大きな反響がありました。


-----------------------------------------------------

最近思うこと。世の中にはいろいろと言う人がいるけれど、続ける
ってそんなに簡単なことじゃないんだよってこと。だから、続けて
いる経営者は、素直に尊敬します。サラリーマンでさえ3年続かな
い時代に、10年続けている社長さんに会った時の感想です。

-----------------------------------------------------


そのなかで、NPO法人を営んでいる方がいて、

「すべてのNPOは課題が解決して
、その組織・事業が不要になることが目的のはず」

というコメントを残されたのですが、確かに、これも一理あります。


ということで、続けるビジネスと期限付きビジネスの違いについて考えてみました。


その結果、思い至ったのは、

問題解決ビジネスというのは、本来、問題が解決されたら解散していい。

一方で、顧客に「寄り添う」ビジネスの場合、それは継続した方がいいということ。


われわれが馴染みの喫茶店を使う時、そこには問題解決を望んでいるというよりも、

ただ寄り添っていて欲しい、という感情があるはず。


ただ在るだけで価値があるビジネス、それこそが長く続くビジネスの要諦ではないかと

思い至りました。


事実、帝国データバンクがまとめた『百年続く企業の条件』 のなかには、

業歴800年以上の主な老舗のリストが出てくるのですが、

そのほとんどが、温泉旅館や祝儀用品、仏具店、酒蔵、茶の製造販売など、

「寄り添う」ビジネスです。


■企業名 ■創業年 ■事業内容

金剛組 578年 寺院建築

西山温泉慶雲館 705年 温泉旅館

古まん 717年 温泉旅館

善吾楼  718年 温泉旅館

源田紙業 771年 祝儀用品・紙製品

田中伊雅佛具店 889年 仏像・華鬘、厨子、灯籠などの製造販売

須藤本家 1141年 酒蔵 

通圓 1160年 日本茶の製造販売


世界最古の企業といわれる金剛組は、寺院の建築ですが、

まさに人々の信仰と寄り添ってきたビジネスと言えるでしょう。


問題解決ビジネスが、役割を終えても居座ろうとすると、

逆に問題を起こす側になったりするので、問題ですが、

寄り添うビジネスであれば、続けることは善といっていいのではないでしょうか。


この辺の見極めは、経営者自身がしっかりしないといけないのでしょうね。


ちょっと思いついたことを書いてみました。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

『Tsuna・Good!社員が走りたくなる8つのシカケ』 という本を読みました。


採用・マネジメントの本としてはベーシックな内容ですが、

気になったのは、以下のフレーズ。


「挨拶より大事な仕事はない」


同社では、たとえ社員が打ち合わせ中でも手を止めて

挨拶をする習慣があるそうです。


社内の人間関係で悩んだときは、まず挨拶から。


挨拶を最優先していることを、上司が率先してアピールすると、

社員の意識も変わるのですね。


なお、この本を書いているツナグ・ソリューションズという会社、

どうやらパート・アルバイト専門の採用コンサルティング会社だそうです。


世の中には、いろんな切り口の会社があるものですね。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、盛岡・八戸出張から帰ってきました。


初日は盛岡の書店4つをめぐり、2日目は八戸でセミナーというスケジュール。


正直、お金の面だけを見ると、まったく効率の悪い仕事でした。


しかしながら、初日のさわや書店さんのためになるお話や、

2日目に会った魅力的な人たち。


ベストセラーのヒントをいただき、ベストセラーを狙える著者候補を発掘し、

それだけでも、行ったかいがありました。


宅急便の祖、故・小倉昌男さんではないですが、

ビジネスでは、時に進んで損をすることも必要。


効率にばかりとらわれていると、肝心の効果を見失うことがあるのです。


ビジネスにおいて最も重要なのは、お金ではありません。

目的や夢を実現することなのです。


利益も資源も、結局はそのための手段にすぎない。


だからこそ、経営においては大義が重要なのでしょう。


エリエスの理念は、「人類の英知を後世に伝えること」。

そのためには、たとえ効率が悪くても、優秀な書き手を探さなくてはなりません。


そして、ビジネス書を通じて実現したいのは、

「すべてのビジネスマンに学びの機会を」。


たとえ家が貧しくても、学歴が低くても、情報格差があっても、

それは、学びによって乗り越えることができる。


そう信じて、今日もメルマガを書いています。


「ビジネスブックマラソン」、まだ読んでいない人は、

ぜひご登録ください。

http://eliesbook.co.jp/bbm





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、「ビジネスブックマラソン」で、

ミリオンセラー作家である山田真哉さんの新刊、

『目のつけどころ』を紹介しました。

※参考:『目のつけどころ』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763199919/businessbookm-22/ref=nosim

内容は、ベストセラーを連発する山田さんの頭の中を公開したもので、

2つのフレームワークから成っています。

1.自分のなかで、アイデアや発想を生み出すためのフレームワーク
2.コミュニケーションのなかで、説得力や切れのある発言をする
  ためのフレームワーク
この本は、どちらかというとクリエイティブな仕事に寄っていますが、
いわゆるビジネスセンスがある方、というのはまさにこの『目のつけどころ』が
いい人です。
セミナーで重要なビジネスヒントを話しているのに、ぼうっとしている人、
たった一つのキーワードに反応してそこから億単位のビジネスを作る人。
この違いは『目のつけどころ』にあるのです。
土井が考えるに、クリエイティブな仕事も、ビジネス創造も、
共通点は「メタファー」や「抽象化」にあります。
現在、目で見ているものや、セミナーで聴いていること、
あるいは本で読んでいることを、メタファーで、抽象化して考えられるかどうか。
他人がくだらないことを言ったときに、
「男がやったら面白くないけど、女がやったらどうか」
「ターゲットが大人だったらそこそこだけど、中学生だったらどうか」
と考えられるかどうか。
こういった考え方ができる人は、どんなことからでも学び、
吸収することができるはずです。
ぜひ『目のつけどころ』
を読んで、ビジネスセンスを磨いてください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)